素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   出会いは「土偶」のお導き?   Ⅰ

 「多聞会」という会が主催で縄文式土器の時代について、またその時代のものとして発掘される「土偶」についてのお話を聞く機会があった。

 最近むやみに縄文式土器の時代の文化がもてはやされて、現代の混乱を救うのは縄文式土器の時代の生活・精神の在り方だ、などと言われるので、そのことにも・・・・批判的な…興味があって聞きに行った。

 京都の町が非常な人出で込み合う日に行われたその会に、私は大幅に遅刻して駆け付けた。

DSC02770 - コピー


 そ~っと障子を開けて会場となっていた部屋の後ろに紛れ込むと、話はすでに・…当然のことながら・・・既にずっと進んでいた。
 会場は建仁寺の塔頭の一つ「両足院」。

 お話を補足する資料が前の方から順番に回されてきて、お隣の方に手渡す。

 そのお隣さんだった方がこの方。

DSC02771 - コピー


 まあ、美人と見れば手当たり次第に声をかけるのだなあという大方のご批判は甘んじて受けましょう。

 「歴女」なる言葉があって、戦国武将は言うに及ばず神社巡りをするものもあれば、城めぐりする若い女性もあるという。
 縄文弥生の世界にも若い女性が興味を持つのは、悪くはない。悪くはないが・・・・、なと思いながらちらちら見るのだが、古代以前に興味関心があるという事から勝手にイメージする「地味」な感じとは幾分違うような。

DSC02773 - コピー


 そうこうしているうちに話は一段落して「質問はありますか?」という事になり、
 さらに、それでは最後に次回への展望も含めて、次の会の講師をしていただく○○さんから今日の話に関連して少し発言を・・・と司会の方が会場の客席に目をやる。

 促されて、やおら立ち上がったのがこの方。

 なんと「歴女」などというレベルの人ではなかったのか?!

DSC02774 - コピー


 あえて誤解を恐れずに言えば「歴女」的なアプローチとアカデミックな歴史・考古学的な研究との間にトンネルを彫る役割を果たしていると言う様なスタンスの方の様だ。

 土偶を「この子たちかわいいんです。」という、こういう言葉を歴史講座で耳にすることなんていまだかつてなかった。新鮮といえば実に新鮮で、一部方面の方は眉をしかめること確実そうなのだ。

 そうなると俄然野次馬根性がわいてくるのが私の「悪い癖」。

DSC02775 - コピー


 土偶の掘り出される現場では麦わら帽子に長靴スタイルなんでしょうが・・・・もっともこの方は「考古学者」と言ったような意味では土堀が専門ではないんですが・・・、煌めくアクセサリーにピンヒールが普段の姿。
 このギャップが考古学的な土っぽい世界に新鮮な風を吹き込んでいるようなのだ。

DSC02776 - コピー


 そういうことを知ると「その人を知りたい虫」がもぞもぞと動き始める。

 たまたま私が人物の写真を撮っていることをご存知の方が、今日の司会をされている方で、会の主催者の中心人物。で、そうなれば「写真撮らせていただけませんか?」となるのが当然の?流れ。

 ・・・・えっ?! 何が、どこが当然の流れなのかですって。  いや、まあ、その、何です・・・・・。・・・・

DSC02782 - コピー


 
  1. 2016/01/11(月) 00:00:24|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<素敵な人たちと  by 蒼樹   出会いは「土偶」のお導き?   Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと    by 蒼樹   膠彩画・竹村寛来 さん>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2016/01/11(月) 22:22:28 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

いつもご訪問いただきありがとうございます

はじめまして、わにまろでございます。いつもお越しいただき、誠にありがとうございます。

社長さまが、こちらのご婦人をご覧になられました折「俺が以前に、大恋愛した女性に感じがそっくりや。いつもこんな風に凛としたいでたちやったわ」と仰っておられます。

熱いひと時をお過ごしだったのでございましょうか・・・。大人の恋愛は、どこまで許されるのでございましょう。
  1. 2016/02/13(土) 17:30:01 |
  2. URL |
  3. わにまろ #1wHy5JPY
  4. [ 編集 ]

わにまろ さんへ

コメントありがとうございます。

難しい問でお答えしかねます。

  1. 2016/02/14(日) 20:10:38 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1713-faee91b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)
人物 (945)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (147)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (219)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (22)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (31)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR