素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     カメラ講習会の名のもとに  Ⅱ

 ずいぶん以前に「〇〇さん『を』撮る」なのか「〇〇さん『で』撮る」なのかという事を考えたことがあります。
 これを厳密に二分することは、ついにできないのでしょうが、これは時々念頭に置きたいなあと思っている問題意識です。

 『で』撮る方をしようとすると、フォトマヌカンをしていただく人にも、そこを汲んでもらわねばなりません。
 そういうフォトマヌカンとなってくれる人がほしいのです。

DSC00945 - コピー



この2枚のうち、どちらを採りましょうか。
そもそもどちらを撮りたかったのかといえば両方なんですね。
この人は上の方がいいと・・・。  
私は下の方なんですね。

DSC00948 - コピー


 この場所はいいなあと思うところがあっても、なかなかそこで撮れなかったりするのです。
 
 高野川という川があるのですが、その川が間もなく賀茂川に合流するという地点にバス停があるのです。
 そのバス停は、その撮りたい場所なんですね。
 その場に行きにくいという事と、そこでカメラを持った私がどこに立つかという事が問題で、「轢かれちゃいますよ。」という事になるんですね。
 でも、そのバス停だけでも私にはなにか物語を感じさせるので、白いシャツの女性にバスを待ってほしいんです。

IMG_1610 - コピー


 この人がいいなあと思う人はいたのですが、・・・・。

 今日フォトマヌカンをしてくれている人も帽子が似合いますから、また少し味の違う好もしい絵になると思います。 

 IMG_1614 - コピー


 少し前に私は不遜にも「僕は絵の具がほしいなあ。」と言ったのです。
 そうしたらその人は「私もそのうちの一色になれますか?」と言ってくれたのです。


 IMG_1617 - コピー


 昨日、陶芸家さんの工房にお邪魔して写真を撮らせてもらってきました。
 台湾料理店のご主人の紹介でした。
 今度の個展にも12人の男性の働く人々・職人さんたちを撮った写真を出します。
 このジャンルを評価してくれる方たちも少なからずおられます。私もそれが好きですから機会を見つけてできるだけそうした対象を撮っていきたいと思います。撮影をするときにいつも力が入ります。 

IMG_1631 - コピー


 その一方で、個展の際に来場される男女を問わない方が、女性の写真に見入っておられます。
 こちらにも喜んでくださる方がいます。そして私も楽しい。
 人を撮る写真も、いいものです。

IMG_1632 - コピー



IMG_1628 - コピー

「英語には「serendipity(セレンディピティ)」という素晴らしい単語があります。幸福な偶然、もしくは予期せぬ幸運な瞬間、といった意味です。そういった偶然は写真には不可欠ですが、準備なしにその瞬間を捉えることはできません。準備には、念には念を入れて突き詰める、という日本的な慣習が必要です。その心構えを何年も常に持ち続けていれば、特別な瞬間が来たとき直感が働いて、写真に収めることができます。カメラや他の装置も同じです。魔法の瞬間がきたら、すぐさま捉える準備はできています。何年もかけて追究した、視覚的な言葉が備わっているはずです。慣れ親しんだ機械はまるで手指の一部のようになじみ、カメラとの一体感が感じられるでしょう。こうしたことは不可欠です。バイオリンの練習と同じなのです。多くの人が写真は簡単で、カメラを手に取りさえすれば写真は撮れるものだと思っています。でもバイオリンのように、30年もしくはそれ以上練習を積み重ねて、ようやくうまく撮れるようになるのです。」( Jim Brandenburg ・・・USA)    NIKON「世界の写真家たち」より
  1. 2015/11/22(日) 00:00:45|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと      カメラ講習会の名のもとに  Ⅲ | ホーム | 素敵な人たちと     カメラ講習会の名のもとに  Ⅰ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1661-c6a6d170
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)
人物 (945)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (147)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (219)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (22)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (31)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR