FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     京都ファインダー倶楽部   Ⅰ

 私は写真を撮るのが好きなのですが、そうかといってどこかの先生に教えていただくとか、何かの写真の同好の会に入れていただくとかいうことはしてきませんでした。

 すでにある特定の「写真」のイメージに取り込まれることがイヤだったからですし、魅力的な団体も見当たらなかったからです。
 少なくないグループ展を見せていただいて、むしろそういうものに対しては私にとってはあまり好ましくないイメージが付いて回りました。
 
 写真コンクールにも出品しません。

 そんな私が昨年暮れにある写真の同好の会に入れていただきました。

 それが「京都ファインダー倶楽部」です。

 この会は、すでに今回を含めて20回を数える写真展をしてきています。ですから、京都の写真の世界をよくご存じの方は、この会についても知っておられて、この会に対しては毀誉褒貶様々なようです。 そういうことは加入後に知りました。


 私はこの方の推薦で入れていただきました。 現代画作家です。

DSC09773 - コピー

 
 関西の芸術系大学の教授でご自身が作家だという事は知っていましたし、個展で作品も見せていただいたことがあります。
 そして、たまたまその個展会場で写真を撮らせていただきました。 私よりずっと先輩なのですがとてもおしゃれでダンディーだったのです。

 その方が、私の個展に来られて・・・・実はこういう経歴と実績の方が私の写真展に来られるという事は普通はないのですが、そこにはある事情がありまして・・・・一回りしてお話をする機会に「ど~や、ファインダー倶楽部に入らへんか。わしが推薦するから…。」と言っていただいたのです。

 この会に入るためには会員二人の推薦が必要なのです。

DSC09774 - コピー


 誤解があってはいけませんので、早めに書いておきますが、この方が私の写真に見るべきものがあって私の作品展にいってみようと思われて来てくれたわけではないのです。

 じつは、この方は私が以前、足しげく通っていた洋食屋さん・・・・このお店の料理はおいしのです。・・・・のご常連だったのです。そんなわけで時折席を並べて食事をする機会があり・・・・カウンター席に腰を据えることがお互い多かったのです・・・・時に芸術論や学生の育成などについてお話を交わしていたという関係なのです。

 そしてその店のマスター夫婦が先に私の個展に来られて「先生の写真が展示されてる。」とご注進に及んだというわけです。

 それに加えて、会のメンバーも高齢化が進んでいますから、相対的に若手に属する私のようなモノでも入れようという心づもりもあったのでしょう。

DSC09776 - コピー


 会の創立のメンバーです。
 会の気質を形作っている方だという事を、今度の写真展を通じて知ることになりました。

 写真展らしくない写真展はこの方の性格や価値観によるところが大きいようです。

 かなり強い個性をお持ちで、その言うところは時に爆弾のような破壊力を持ちます。人によっては心証を悪くすることは大いにあるかと思います。 私自身写真展の間にも「その発言は控えたほうがいいなあ。」と思うことがありました。

 しかし、

DSC09778 - コピー


 強い信念の持ち方は決してかたくなではなくて、子供のような無邪気さを内包しているのです。
 そして、他人の在り方に強い批判を持っていて激しい言葉を口にしたとしても、その一方でその人の挑戦的な試みについては「ええやないか、好きにやれば。それができんようではアカンで。」とおっしゃる方でもあるのです。


DSC09779 - コピー


 タバコがお好きなんですが、会場では喫えません。ですから「君、珈琲飲みに行かんか。」と人を誘うのです。
 「いえ、今、受付の当番ですし・・・。」
 「ええやないか、他にも居るし・・。」
 「えっ?! しかし、そういうわけには・・・。」
 すると周囲から「いいですよ、行ってきてください。」  
 事情がお分かりの方たちはコーヒーはタバコの口実に使われていることをよくご存じで、この方をいたわり大切にする気持ちからこういうのです。

 そして私が席を外しているときに私のお客さんが来場されたとすると、この方の携帯電話に連絡が入るのです。

 「君、お客さんが来とるらしいで・・・・。」

DSC09782 - コピー


 この方の作品展がグループ展の翌週に同じ建物でありました。
 
 洋を学んで和を高めたというんでしょうか。  京都生まれで京都育ちの教養や趣向がにじみ出ています。

 滲み、ぼかし、筆の勢い、そして何より「間」≒空白が生き生きと緊張感をもって呼吸しています。

 DSC09788 - コピー


 私は抽象画が苦手ですが、この方のものにはとても関心があります。
  1. 2015/09/23(水) 00:01:27|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<素敵な人たちと     | ホーム | 素敵な人たちと  >>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2019/08/04(日) 01:31:46 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1600-6261cbae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (198)
人物 (1338)
絵画 (269)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (198)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (440)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (40)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR