fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと    幸せの国からの留学生  Ⅰ

 先日、仏師の写真をアップしました。 その仏師さんが、私が撮影を終えてカメラをリュックにも同窓とするときに・・・、
「私たちはウイークデーに実演をするけれど、土日には学生が実演しています。それが夏休みで日本の学生が帰省してしまうので、その二日は  国からの留学生が実演するんですよ。」と教えてくれたのです。

 その国とはブータン王国。

DSC08821 - コピー


 ブータンの国王夫妻が来日した際に、この京都伝統工芸館を訪れていたく感心されたようで、こうした若者を工芸習得のために留学させているとのこと。
 この青年も国王からの激励の言葉に送られて来日、いったん帰国した時には金工の成果を国王に奉呈したといいます。
 そして木工の習得のために再度来日して勉強しています。

DSC08822 - コピー


 「日本語は大丈夫ですか?」と「尋ねると「大体は分かります。もしよければ英語ならもっといいのですが…。」との返事です。
ブータンでは小学校1年生から英語学習があり「70%くらいの国民は英語を理解します。」とのことでした。

 私の言語能力は日本語を一歩も出ませんので、・・・・。

DSC08827 - コピー



 まだ金工を専門にしていくのか木彫を選ぶのか、決めかねているようですが「どちらもとても好きで面白いのです。でもこれに取り組んでいるときには他の事は考えません。う~ん・・・?。」
 「集中するんですね?!」
 「一つのことをしているときに別のものに気持ちを移すことはしません。」

DSC08828 - コピー


 日本の食事は?と尋ねると、満面の笑みを浮かべて「大好きです。おいしい。」


 国王の計らいで留学してきている彼には強い自負心と責任感があります。
 しかし、そうしたものは表にギラギラしてはいません。穏やかな言葉と物腰です。

DSC08830 - コピー


 写真撮影を申し出ると、静かに座りなおして制作に戻りました。
 私がカメラを置くまで、少しも目を離さずに制作に気持ちを向け続けます。
・・・・もっともほとんどの職人さんたちが、撮影に協力的で、「もうこれくらいでいいだろ?!」なんていって制作の手を止める人は滅多にいません。・・・・

 そして多くの方とともにこの人も『撮らせてやっている』という空気を・・・・私が単に鈍感なのかもしれませんが・・・・微塵も感じさせません。


DSC08835 - コピー


 まだ新しさを感じさせる鑿たちは良く研がれています。そして蛍光灯の明かりにきらりと光ります。

DSC08845 - コピー


 こうした撮影の場合AFはあまり信用できませんし、肝心のポイントにフォーカスさせにくいのです。
 ですからMFで撮るのですが、α900で良かったと思う時です。
 ただ問題は私の視力とフォーカスしきるまでしつこく追い続ける気力がいつまで続くのかという事です。
 

DSC08848 - コピー


 職人の集中や気迫、あるいは熟練などをどう表現すればいいか。
 毎度同じような写真を撮りながら繰り返し考えます。

 百年一日のごとき繰り返しの中に前進があるんでしょうか?

DSC08849 - コピー


 私は今度のグループ展には暗い画面の働く男たちの写真を出すことに決めました。
 働くといっても多くはこの人の様に下を向いて黙々とモノづくりに取り組む姿です。
 おそらく会場の暗い中にさらに目立たない一角を作るだろうと思いながら、グループ(京都ファインダー倶楽部)への第一回目の出品は、こうした作品で臨もうと思っています。

 ここにも留学生がいました。
 そして、海外の若者に触れて、また私の怠惰な毎日が反省させられます。

DSC08852 - コピー
  1. 2015/08/24(月) 00:02:35|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと    浴衣でブラリ京歩き  Ⅲ | ホーム | 素敵な人たちと    浴衣を着て京ぶらり   Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1569-462c5191
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1486)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (228)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (577)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR