fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     緑が輝きだしたら   Ⅲ

 最近お会いしたある作家さんがこんなことを言っておられました。
 「世界のいろいろな国の様々な人たちが異なった文化をもっているのは知られたことだけれど、例えば人と人との間隔についてどういう感覚を持っているのかも違うんだ。」
 例えば人は自分の周囲50センチメートル以内は極めて個人的な空間だから人の侵入を拒む感情が湧く。逆にその範囲に入れてもらえるということはとても親密な関係だと認めている、と。

IMG_0827 - コピー


 これを本やネット上の記事で読んだとしても、その記事を一体どこの国の人が書いたかを確認しなければ日本人に当てはめて良いかどうか判断ができないということになる。
 
 私は高校生の頃初めてフロイトの学説を紹介したものを読みましたが、これはキリスト教が自分の誕生以来の文化として刷り込まれた人たちにしか通用しないと思いました。
 なぜ日本人の学者たちが、これをヒントに日本人についてあらためて虚心坦懐に研究しようとしないで、これをずいぶんありがたがって、そのまま何にもかににも当てはめようとするのかが疑問でした。

IMG_0833 - コピー


 だから私は写真を撮りながらこの人からいろいろな気配を教えてもらいます。

 人として尊敬しあうためには、お互いを知らねばなりません。そこには、共通点も相違点もあります。
 『そんなのは人間としておかしい』 というのは、日本人の感覚、道徳感情・意識とは違っているということを意味するだけです。相手からも同じことが言えるということをまず認めねばなりません。


IMG_0860 - コピー


 欧米や中国・韓国の若者は今や年々世界に出て学んでいますし、働いています。
 若者が触れ合えば一生を誓うことになってもおかしくありません。無論、娘や息子が外国人と結婚するということを経験する人もまたそれに比例して多くなります。
 そしてそのことの幸福と軋轢もまた多数経験して、人類総和として人々のつながりの多様性について経験的に習熟していきます。
 これは世界史的必然です。

IMG_0871 - コピー


 
 世界の結合、それが資本主義の歴史的使命なのですから、資本主義を元に戻さない以上、このことはいやおうなしに進んでいき、そこに人類の未来が垣間見えるのです。
 いくら中国人や韓国人を悪しざまにののしってもこのことを押しとどめることは絶対にできません。
 
IMG_0882 - コピー


 私はこの人のような若者に出会い、話す機会を得、写真まで撮らせてもらうことになると、大げさに言うと世界史の先端を見ているようでドキドキするのです。

IMG_0890 - コピー


IMG_0884 - コピー


 先日もバスの中で十代の可愛らしい外国人の女の子たちと隣り合わせになりました。
 私が小銭を手にして数えているのを目の端でとらえたのでしょう。 バス停が近づくとさっと立ち上がって通路をあけたのです。
 中国の留学生に聞くと、交換留学に来てそういうエチケットを教えてもらったというのです。この時の子たちは二人が白人で一人がアジア系の子でした。

IMG_0899 - コピー


 よその国に来て・・・その国の若者の十中八九ができていないエチケットですが・・・・この国では、と言われた「エチケットを実践できたことが「うれしかった。」と、その中国からの留学生は言います。
 そういうふうに謙虚に学ぶ力のある国民こそ尊敬できるのだと思います。

  1. 2015/07/13(月) 00:02:30|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと     京名物・お漬物  | ホーム | 素敵な人たちと     緑が輝きだしたら   Ⅱ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1527-34981a57
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (75)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR