fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     現役テーラー   Ⅰ

 私はこの地に引っ越してきてまだ5年あまり。
 引っ越してきて間もなくのころにご近所を散歩していて「おやっ?!」と注目した物があります。

 それが誂え紳士服のお店です。   
 今や誂え紳士服の店など、まして工場に発注するのでなく、お店で縫製している店など滅多にみることはできません。 私の郷里の街ならいったい何軒が営業できているでしょうか。おそらく片手の指の数がほとんど余るのではないでしょうか。

IMG_0704 - コピー


 既製服に押されて、かなり高額所得のある人でもスーツを誂える人はたくさんはいないと思います。
 外国ブランドのスーツをデパートでは20数万円で販売しています。それだけ出せば服を誂えることができても、多くの人は職人の仕立ての技よりもブランドやみかけのデザインを採ります。


IMG_0706 - コピー



 そういう流れがすっかり定着してしまっている今なお店を続けていられるのは、よほどの腕をお持ちか・・・・・。
 しかも、この辺りは住宅街です。ふらっとお店に入る人はまずないでしょう。

 IMG_0571 - コピー


 この方は御年82歳だそうです。 現役です。

IMG_0576 - コピー


 私の亡くなった父は洋服の仕立て職人でした。
 その父は30年ほど前には洋服屋を廃業してしまいました。 事情はいろいろありましたが、要するに仕事がなくなったのです。
 私の高校時代の学生服は父の仕立てでしたから、純毛の生地をウエストを絞った裁断で縫ったもので、裏地は黒の絹地でした。
 父親の職業欄に「洋服仕立て業」と書くのが息子には・・・・父の意には反していましたし、それは経済的な困難を意味していましたが・・・・何となく誇りでした。


IMG_0580 - コピー


 仕事に対する父の職人としての誠実さが私には誇りだったと思います。

 そんなことがあるものですから、このお店の前を散歩で通るたびに、ずっとご主人とお話をしたくてなりませんでした。

IMG_0583 - コピー


 既製服の裁断も随分と改善されてきて様々な癖のある人にも見かけ上フィットしているようになりました。
 私などは幸い既製服でもサイズも合い、着てもおかしくは見えないのですが、 しかし、根本は体を服に合わせているわけです。

IMG_0594 - コピー


 人体は、実は左右対称でさえなく、私の体のようにいろいろにねじれたり歪んだりしているのですから、その体に沿わせながら、かつすっきりとスマートに見えるように体を包み、そのうえ方もひじもスムースに動かせるなど機能的でもなければなりません。

 IMG_0597 - コピー
  1. 2015/07/04(土) 00:00:54|
  2. 服飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
<<素敵な人たちと     現役テーラー   Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと      耽美情念の世界 Ⅲ>>

コメント

こんにちは~!
ぼくのじいさんもテーラーやってました。
テーラーと言うより仕立屋さんって感じでしたが^^
  1. 2015/07/04(土) 09:35:37 |
  2. URL |
  3. かっぱのしんちゃん #-
  4. [ 編集 ]

かっぱのしんちゃん  さんへ

コメントありがとうございます。
私の父も街の小さな洋服屋・仕立てやさんでした。

こちらのお店は幾人もの職人さんを抱えておられたようです。
  1. 2015/07/05(日) 14:00:29 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1518-750521c6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (75)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR