FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと    象嵌の職人…京都メッセにて  Ⅰ

  京都府、京都市の財政難でこうした職人さんたちの公開実演の機会がぐっと減っています。



  というわけで・・・・・貴重な機会をできるだけ生かしていきたいと・・・・。
 

 DSC01644 - コピー


 実演会場の撮影条件は、私が勝手に作るわけにはいきませんから時として私の手に負えない場合があります。
 それも練習的課題の一つだと思って・・・・。
 今回は職人さんが手元を照らす蛍光灯をご自分にまぶしくないように調整してギャラリーサイド向けています。

DSC01646 - コピー


 窓が遠くて自然光の届きにくいこの場所ではなかなか辛いものがあります。

 今この方がされている作業は、縦横に刻みをいれた(大体1ミリの間隔に10本ぐらいの細い溝が刻まれています)金属板に金をたたいてくいこませて、その上に施した漆をこすり落としているのです。


DSC01648 - コピー


 こそげ落とすということなんでしょうが、金属の先のついた道具でこすっていくと下から金の模様が浮き出てきます。
 時々手前の湯呑み茶碗の液体をその金属の先につけていますので、何か特殊な液体かと尋ねてみると「いや、これはただの水ですよ。」とのこと。

DSC01656 - コピー


 帯留めのひもを通す部分の形状が違いますから、この金属の板が作業中に動かないようにするための台も交換です。
 先ほどの台は木製ですが、こちらは松脂です。
 製品が平板な場合は木製のものでもいいのですが、湾曲している場合はそれでは力が入りません。それで、温めれば柔らかくなって基盤の形状になじんでくれる松脂の土台が必要なんです。
 柔らかい松脂の土台には基盤をいくらか埋め込んで固定できますからその意味でも便利なんですが、最近は強い磁石を利用して基盤を固定するのだそうです。

DSC01657 - コピー


 だいぶ絵柄が浮き出てきましたね。


DSC01661 - コピー

 仕上がり具合はいかがですか?

DSC01664 - コピー

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

  もうすぐ統一地方選挙で京都府京都市の議会議員選挙の投票日ですが、自民も、民主も、維新も随分いい加減なことを言っています。
ある党は 「身を切る財政改革」という名目で議員定数の削減などを主張しています。が、そもそもそれは住民の意見反映の手立て≒権利の保障装置であって、それを削減することは民主手j黄権利の削減です。 議席にまつわる「特権」をお手盛りしてきたのが誰であるのかを批判も反省もせずに、自分のものでもないものを「身を切」ってなどと、いかにも自らも慎むかのように粉飾するのは本末転倒。
 またある党は、地方を衰頽させる政策を一貫して推進し、今日またまたアメリカの農業利益の前に日本の農業と食料の安全・自主的確保を犠牲にしようとしてきているのに「地方創生」などというのは盗人猛々しいとしか私には思えないのです。
 
 地方首長選挙に国政と地方政治とは違うなどと言って自民、民主、公明などがほとんどすべて相乗りしてきた政治の退廃の付けが、地方自治をここまで衰退させてきたとおもいます。
 住民から遊離して地方政治の与党と中央・地方財界が利権を山分けしてきた地方政治は、大阪都構想に一定の支持を与えるほどに地域住民から離れたものにされてしまっていると思います。
 どうせ議員がいても何の役にも立たないなどという空気を醸成してきたのは圧倒的多数の自民党をはじめとする保守党とそれになし崩し的に同調してきた民主党の先輩や今日の彼らと保守系無所属の議員たちです。議員定数を削除してもいいというのはどうせ役に立たないものだったらお金をかけなくたっていいということことでしょう。
 
 
 今や「地方自治は民主主義の最良の学校」などという考えはどこからも聞かれません。大阪都構想などはこうした住民自治の方向とは真逆のものです。大阪の人々の見識が問われます。

 京都の元知事・蜷川虎三氏は「憲法を暮しの中に生かそう」と呼びかけていましたが、人任せの政治ではなくて住民自身が生活を作る事業に参加する自治を期待して支援していました。
 
 今は地方自治のわからない目先の利益追求の「政治家」ばかりが目につくようです。

 京都の「伝統と革新」の気風を育てていくためにも今度の選挙を大切にしたいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  1. 2015/04/09(木) 00:00:05|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと    夜桜を見に そぞろ歩いて   Ⅳ | ホーム | 素敵な人たちと    夜桜を見に そぞろ歩いて   Ⅲ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1422-3b275c72
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (198)
人物 (1338)
絵画 (269)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (198)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (440)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (40)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR