fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   高瀬川幻想     Ⅳ

(本文と写真には何の関係もありません。文中に登場する人物および人間関係、組織・団体名は架空のものです。)


 なんだい、ぺットボトルのお茶を持ってきていたのかい。
 あの二人は、僕が何もできない、しないと固く信じてるからなあ。
 君も洗脳されてるってわけか。君の家で一緒に食事などすると、必ず持って帰らせるからなあ、貴ちゃんは。
 それを見てあいつは決まってからかうし。

 いやいや大庭に迷惑をかけるなとか何とか言ったんだろ。まったく余計なお世話だ。

DSC09812 - コピー

 おやおやいよいよ深く入ってしまったね。
 じゃあ、おじさんは勝手に撮ってるからね。
 あいつはカメラを手に入れる時もドイツ製のむやみに高いやつを買って、そのくせちっとも腕が上がらない。
 部屋中をオーディオにしてるくせにフルベンやらカラヤンを聞いていればご機嫌なんだからカメラやアンプがかわいそうというものだ。  
 もうちょっと年齢とともに枯れないのかなあ。  まあ、そうはいっても、そこがあいつのエネルギーが人より大きい証左かもしれないがね。
 僕にはもう疲れるよ。

IMG_9674 - コピー


 で、今度、君を撮るって言ったら「よろしく。」だろ?
 なんか拍子抜けなんだよなあ。
 あいつはいつ頃まで君を撮っていたの? 中学生まで?  高校までか!?
 えっ?! 高校入学のときの制服姿までかい。  あっ、そうか。
 あのころあいつはドバイに行ったんだよね。丸2年だっけ?!   貴ちゃんが労働争議をいくつも抱えてるって、大変な時だったもんなあ。  それに法律事務所のこともそろそろ肩にかかり始めてたしね。できる人は仕事が増えるってことだ。
 で、大学に入ったら君が留学というわけか。
 帰ってこないなんてことになったらどうしようと真顔で心配していたあいつの顔が思い浮かぶよ。
 僕が、綾ちゃんはちゃんと親の気持ちがわかる子だし、君らに認められないまま行動に出るような子じゃないよといくら言ってやっても・・・・、貴ちゃんと二人で慰めて、励まして、大変だったよ。
 
 貴ちゃんから聞いた?!  あいつは案外そうして君にそういうことが伝わることを計算してる節もあるからなあ、
 話半分に聞いておくがいいよ。

DSC09815 - コピー


 まあそうだね、僕もあのころは日本に三分の一、イタリアに三分の一、残りは東南アジアかな。
 あいつがドバイにいったから鬼の居ぬ間に洗濯しようと思ったがなかなかどうしてそういうことにはならなかったね。
 おかげでいい個展が開けたけれど。

DSC09816 - コピー


 そう、その時に ノーマン君が来てくれたんだ。

 えっ?! もうその話はいいって?!  だって会場であいつと鉢合わせしちゃったんだもんなあ。
 僕らも焦ったよ。

DSC09817 - コピー


 えっ?! なに、変なものを見つけたんじゃないだろうねぇ。
 なんだそれか、イタリアの地図だろ?
 今度君が行きたいっていってたから上げようと思ってさ。  ボンジョルノー、グラッツィエ、ブオーノぐらいは覚えて行きなさい。
 どうせ食べるほうは片っ端から指さしで行くんだろうから、綾ちゃんは。  こう見えて色気より食い気だからね、そこは貴ちゃんとよく似てるよ。

 もうイタリアは語は中級だって!?・・・・相変わらずだね君は。そういうところも母さん似だねぇ。


DSC09821 - コピー


 イタリアに行くってだけでご機嫌が悪かったんだろ、あいつは。
 イタリアに行くのは僕のような遊び人の男ばかりだとか何とか、向こうでは気を付けろよなんて。

 うん?!   今日、話があるっていうのはそのイタリア行きと関係があるのかい。

 DSC09823 - コピー


 だってイタリアには観光で行くんだろ?!
 じゃ、ないって?

DSC09828 - コピー
 

  1. 2015/03/04(水) 00:00:18|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと   「線と糸」  二人展・ギャラリー知にて   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   高瀬川幻想   Ⅲ>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/04(水) 10:40:05 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2015/03/04(水) 18:44:04 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

違和感が消えてゆく

一寸ノスタルジックな描写ですが、一枚だけに某社のペットボトル。
最初違和感を覚えたのですが、すぐにそれが消えてしまうように溶け込んで見えます。
不思議な空間を感じました。
みかんの色と、温かいペットボトルのキャップの色が成せる雰囲気なんでしょうか。
白いキャップで500mlだったら壊れていたかもしれません。
  1. 2015/03/06(金) 09:31:31 |
  2. URL |
  3. MK #-
  4. [ 編集 ]

MKさんへ

 コメントありがとうございます。
 やはりちょっと違和感がありましたね。イメージ上の雰囲気を作ろうとしているのに商標の見えるペットボトルはあまりに現実的で、…こう言ってはメーカーにも消費者にも申し訳ないけれど・・・ペットボトルは、ちょっとチープな感じですから、やはり画面に合わないかなと思いました。
 ちょっと遊んでみたかったのと、ご指摘の通りキャップのオレンジ色とラベルの黄緑色とみかんの取り合わせも一興かな・・と。
 ペットボトルの裏側はあまりに色気のない風景ですから、あえてこちらに向けました。NHKでもありませんし、民放のようにどこかのクライアントに気兼ねをする必要もありませんから。

 ただ、見る人はどうしてもラベルの文字を読んでしまいますし、写真としてどうかと言うことになれば、やはり少々やりすぎたかなとも思っています。

  1. 2015/03/06(金) 10:59:42 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1394-c3ebdca4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR