fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     仏具師

 この方は仏具を彫刻しています。
 厨子などを作る方です。
 この方が木材を削り組み立てて形を作ってから、漆をかけたり金箔をはったり金具をつけたりということをそれぞれの職人さんが施して完成していくわけです。

 DSC09640 - コピー

 仏像はまた別の仏師が作るのです。
 「お顔がね、やはり違うんですよ。私らがやってやれないことはないのですが、それはまた全然別の世界になりますね。」

 DSC09643 - コピー

 職人の魂は細部に宿る。
 ここに仏像を載せる光背がついた台があります。
 これに漆を施そうとしたらこのままでは細かな部分に筆が届きません。
 そこで真ん中の芯にちょうど「だるま落とし」の部品のように下から積み重ねていくのです。それが細かく分解で来て漆が塗れるのです。
 地上界から天上界への階層がそれぞれ彫られています。

 右手に見える小さな椅子は禅宗の高僧が掛けるものですね。
 これもまた部分に分解できます。
 漆を塗ったり箔を置くと厚みができますから、それをあらかじめ加味してほぞがきってあります。つまり少しゆるいのですね。
 次の職人の仕事を予想しやりやすくしてあるわけですが、「あの人はできる」という評価を、後ろに続く職人にされるようにならねばならないわけです。

DSC09635 - コピー

 私などもこういう仕事を見るとつい扉の内側、床、天井を覗きたくなるのですが・・・・・。

 厨子の天井はこのように精巧な格天井でした。
 ただ漆を塗って・・というのではないのですね。
 こういうことは職人の心ひとつなわけですから「いい仕事をしようとすると、持ち出しになってしまうんだねぇ。」

DSC09631 - コピー


 各宗派によっていろいろ約束事が違うし、意匠の決め事があるのだそうですが、
 「基本的な約束事を守る範囲で、あとは職人に任されているから、工夫のしようはあるんですよ。そこが面白いところかな。」 

DSC09645 - コピー


 これは屋根周りの壁につく「雲」を彫っているところです。 

DSC09646 - コピー

 今お持ちの小刀も柄の木材が刃のつくあたりが削られて薄くなっています。ご自身の手指にあわせられているんですね。
 一枚目の写真をご覧ください。
 小刀がずいぶんずんぐりしているでしょ?
 コックのナイフと同じで「研いでいるうちにこんなになってしまった。」のだそうです。
 しかもこれは刃物屋から買ったのではなくて、とある工場で廃棄されるはずの堅い鉄の板を手に入れてご自身で刃をつけたのだそうです。
 これは日本刀が硬い玉鋼を柔軟性のある鉄で挟んで強化しているのとは違って「身」が薄いのです。
 「そうしないと、細かいところに入らないし曲線を彫りにくいんだね。厚いと刃が回らないんだよ。」

 やはり職人は道具!!ですね。

DSC09652 - コピー


 先ほどまでこの施設の学芸員のような方がこられていて盛んに質問をされていました。そのおかげで私もいろいろ解体して見せていただいたりできたわけです。が、たいへん親切な方です。

DSC09658 - コピー


 雲も唐草も微妙な太さやエッジの切れ込みなどで多様な線を表現しています。
 ふつうに見たのではとても目が届かず気づかれないようなところにも職人の技が及んでいます。
 きっとこの後の漆職人はこの人の技を生かしつつ塗るのでしょうね。

 DSC09647 - コピー
  1. 2015/02/25(水) 00:02:55|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   高瀬川幻想   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと     from England>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1387-281d74ed
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (320)
人物 (1775)
絵画 (341)
陶器 (67)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (229)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (81)
音楽 (768)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (94)
書 (16)
状景 (22)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR