fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   ある出会い   Ⅵ

 街の景観を守るために条例によって建物や看板の色遣いが厳しく制限されている京都では、なかなかお目にかかれない色です。 

DSC02939 - コピー

 
 でも、街にある小さな色たちを探して歩けばもっともっと見つかるかもしれません。

DSC02947 - コピー


 元来、仏教寺院も神社もアジア的色彩が派手に使われていたわけで、金ピカに極彩色だったわけです。
 それが禅好みというか、詫び寂びというか、あらたなフィルターにかかって地味に落ち着いてしまいました。

 もっとも、そんな中でもここぞといところにはきちんと色を効かせていることを見逃せませんが。

DSC02952 - コピー

 それをモノクロで撮れば・・・・。

DSC02956 - コピー

 うまく撮ればの話ですが・・・・カラーもモノクロもそれぞれに生かしたいものです。 

DSC02961 - コピー

 この人がとっさに見つけてくれた壁です。
 「えっ? ただ白いというだけの壁?  証明写真にならないといいけれど、・・・・」
 私の感性が遅れをとっていますね。

DSC02967 - コピー

 カメラ女子誕生に協力しています。

DSC02986 - コピー

 今度の撮影のときには泣いたり怒ったり笑ったりもしてもらいましょうか。

DSC02993 - コピー


DSC03002 - コピー
  1. 2014/09/05(金) 00:02:25|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと    京人形の頭に「髪つけ」 | ホーム | 素敵な人たちと    ある出会い  Ⅴ>>

コメント

「今度の撮影のときには泣いたり怒ったり笑ったりもしてもらいましょうか。」

それって いいですね
キレイな モデルさん?
きっと ステキな写真が撮れますよ
  1. 2014/09/05(金) 20:59:04 |
  2. URL |
  3. Chieko #-
  4. [ 編集 ]

Chieko さんへ

 コメントありがとうございます。
 いいモデルさんでしょ?!  ビジュアル的にも気に入っていますし、いろいろ刺激してくれるのでありがたいです。

> 「今度の撮影のときには泣いたり怒ったり笑ったりもしてもらいましょうか。」

 でも私の場合結局そういう演出はしないと思います。それがいいことか悪いことか・・・考えはあると思いますが、状況の演出が感情に反映されればいいなあと・・・そういうスタンスです。じわっと、です。

 
  1. 2014/09/06(土) 18:42:10 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

さすが!

『状況の演出が感情に反映されればいいなあと・・・』

ウ~ン あるがままに・・・ ですね
  1. 2014/09/06(土) 20:36:47 |
  2. URL |
  3. Chieko #-
  4. [ 編集 ]

Chiekoさんへ

> 『状況の演出が感情に反映されればいいなあと・・・』

 自分ながらかっこいいこと言ってますね(笑い) 

> ウ~ン あるがままに・・・ ですね

 まあそういうことになりますか。
 現実には、その方のキャラクターに対して私の感じるところに従ってあっちこっちうろうろおろおろするということだけなんですが。大概方向を見いだせなくって右往左往です。
 言葉って面白いですね。
 
  1. 2014/09/07(日) 20:26:17 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1213-3af8e683
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (701)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR