fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     人生交差点   

 原作・矢島正雄、作画・弘兼憲史の漫画に『人間交差点』という私の好きな作品があります。
 それをもじって「人生交差点」

 この方は版画家で、エッチングの作品を展示されていました。

 作品自身の魅力は写真の背景に写り込んでいますからご覧ください。

DSCF5837 - コピー

 最近、人にご紹介いただく機会が増えて、その際に「写真を撮っている蒼樹さん、うんぬん」と言っていただくことが増えました。時には説明が面倒だと見えて「写真家の蒼樹さん」と言われてしまうことがあって居所に困ります。
 作品を見ていただいた裏付けがないところが少々以上に「虚偽表示」商品臭いのですが、

DSCF5838 - コピー

 「まあ、しかし、写真家などというのは国家試験があるわけじゃないし、自分で名乗った者勝ち」なんて冗談に言われたあとだったりすると、そのに上にさらに「人物を撮っている珍しい人なんですよ。」とつけ加えていただく幸運に恵まれたりなんてことにもなります。すると、これ幸いに・・・お願いすることがしやすいというわけです。
 しかも、出会うことも、話すことも・・・・それまで考えられなかったような方に。


 この方の個展会場でだというのに、「いいですよ。(モデル)しましょうか。」なんてことも起こるのです。
 芸術系の大学で学んでくると、お互いにモデルをしたり他コースの人からモデルを依頼されたりして「経験者」だったりするのです。
 で、大人のアンニュイな表情でも、・・・次のように大学卒業したての若い女性のような笑顔でも。

  これでは男性は所詮女性には・・・・・・・・なんて余計なことはいいません。

DSCF5847 - コピー

 作家さんによる作品紹介です。  

DSCF5859 - コピー

 で、私の撮影練習のお手伝い?
 ポーズの撮り方はどうにいっています。一を聞いて十を知る態です。

DSCF5862 - コピー

 残念なことに、この方は遠くにお住まいの方ですから、何度もフォトマヌカンをしていただくことはできません。が、お住まいの町まで出かけていけば、していただけそうです。
 
 この方の個展を祝っての夜の集まりに、私は好奇心が手伝って「招かれざる客」として参加しました。
 こういうところが最近の私のずうずうしいというか、昔よりましになった点というか・・・・。

DSCF5864 - コピー

 この方を囲んでの会ですが、あちこちで大変興味深く、刺激的なお話を聞くことができました。
 この方の個展が交差点になって、さまざまな、相当したたかな人生たちが一瞬交差していったという感じです。
 どうも病み付きになりそうな感じですね。

DSCF5866 - コピー

 そういうしたたかな会話の中で丁々発止、時には柳に風と応じて見せる女性の実力ある魅力。

 IMG_8271 - コピー

今月の24日に富士山のすそ野で陸上自衛隊という名の軍隊が国内最大規模の実弾射撃訓練をしたという。
富士山のすそ野には北富士、東富士演習場があって射爆場として使われている。
 富士山を世界遺産に推薦しようということが話題になった時に、軍事演習場を含んだ地域が世界遺産にふさわしいと提案する神経を疑ったが、それを認定したのも、裏事情として何があったか知らないが、決して賢明な決定ではなかったと思った。

 そのことはさておき、24日といえば、既に高知県での甚大な豪雨被害に続いて九州北部でも北海道でも、そして広島でも豪雨による災害が起こり、かつさらにひどい災害が全国的に警戒されていたときだった。
 その時に、全国から人員2300人を集めて、あまつさえ・・・・・福島の原発被害や東北の震災被害の復興もイライラするほど遅れているというのに・・・弾薬費用として約3億5千万円を無駄に捨てた。
 こうした計画はずいぶん以前からのモノで「粛々と実行した」のに違いないし、災害救助と領土・主権保全とは話が違うなどと理屈を言う人もいるに違いないが、こんな不要不急のことに・・・・なぜなら韓国も北朝鮮も中国も今日・明日にも10年後にも攻めてくることなどおよそないからである・・・・無駄な人員と税金を使う必要などないのである。

 百歩譲って、そういう訓練が必要であったにしてもこのタイミングで・・つまり繰り返すが全国的に大災害の現実的な危険性が迫っていたのに・・・・それを横目に足りない人員と予算と車両をつぎ込んで演習を実施するという軍人・国防官僚たちの神経が「国民の命と財産を守る」ことなどにむいていないことは明らかである。

 大きな災害が起きるたびに自衛隊が出動して多くの人々から感謝されているという。なるほど現地の人々の自然な感情だろう。
 しかし、我が国土の自然的な条件からいえば地震、台風を初め災害が頻発することは目に見えているし、現実としても毎年各地で災害が起きている。年々その規模、地域が拡大している印象を多くの国民が持っている。
 ところが我が国には災害救助や復旧を専門とする全国的組織がないのである。
 消防も警察も、まして自衛隊も本務の傍らやらざるを得ない。

 自衛隊の装備のどれだけが実際の災害救援や復旧に役立つのか。破壊と殺人こそ本務である自衛隊には先の演習で動員されたような戦車や戦闘機は充実していても災害救助の重機などが本格的に装備されているわけではない。そのための訓練も安倍氏の期待する本務ではない。

 毎年多くの人命と国民の財産が災害によって失われているのに、それを守ることに対しては「財政的に制約があって」などと全国に数千か所の地すべり危険個所を長年を放置しておきながら、来るのか来ないのかわからない敵に備えて人の住まない島を守るべく防衛予算を増やそうとしている。

 国民の生活を苦境に落とし、景気後退を招いてまで消費税を上げておきながら、国防予算の増額を要求する防衛省。無論、そこには安倍政権の目論見がある。

 こんな本末転倒した話があるだろうか。

 
  1. 2014/08/25(月) 00:00:35|
  2. 版画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
<<素敵な人たちと    頭の「髪つけ」 ②   Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと     15歳の時から  絞りの技>>

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/08/25(月) 21:32:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1202-ee3a5ddd
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR