fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     15歳の時から  絞りの技

 アジア・太平洋戦争の終結から69年。
 戦後しばらくは小学校唱歌に歌われたような風景・風物が全国にたくさんあったわけですが、1955年以来の高度経済成長、ことに「『国民所得』倍増計画」「全国総合開発計画」「列島改造論」などなどが打ち出された「高度経済成長期」の前後では日本の姿はがらっと変わってしまいました。

DSC02545 - コピー

 東南アジア・東アジアの諸国を旅すると感じるのは「町や村に匂いがある」ということです。それは今の日本人には異臭と感じられときには耐えがたい臭さとさえ感じられ、それが後進性の一つの象徴のようにさえ感じられるのです。
 しかし高度成長の前に日本にもそのアジア諸国と同じ兄弟だと感じられるその匂いがあったのです。

DSC02554 - コピー

 今でこそ子供たちはその同世代の50%ほどが大学に進学します。これは・…内容はともかく・・・驚くべき数字です。
 そして「就職」していきます。

 戦後しばらくはまだ中学を卒業して働くという姿は珍しくなかったし、奉公のような就業形態もありました。

 この方は15歳の時から「括り」の仕事をされてきたのだそうです。

DSC02562 - コピー

 「戦争が終わって・…60何年になったかね?  」
 その間ずっとこの仕事を一筋にされてきました。
 そういえば型染友禅の型を切る和田さんも15からその仕事を始めたとおっしゃっていました。中卒で職人の仕事に就くという人生は自分たちが最後段階の世代だとおっしゃっていましたが・・・・。

 ある仕事を一筋に・・・・というのは文字に書けば簡単なことですが

DSC02563 - コピー


 この方の指先の若いことには驚かされます。
 疲れやすくなったし、脚がね・・・・と言われます。 だから昔のような仕事はできないといわれるのですが。

 こうした絞りはとても根をつめた長い時間を必要とします。総絞りなら3年以上もかかります。途中で引き受け手が代われば絞りの様子が変わってしまいます。一人ひとり微妙に風合いが違うからです。
 引き受けた以上心身ともに3年間は健康でやり遂げなければならないという大変な仕事です。

 ペルシャなどの絨毯でも一生の間にそう沢山は織れないという話を聞いたことがあります。

DSC02569 - コピー


 ですから部分絞りの絵柄の着物でも、当然「安価」だというわけにはいきません。
 
 括って染め、また別の場所を括って染める・・・これを色ごとに何度も繰り返す場合もあるのです。
 先日、桶絞りを紹介しましたが、広い部分を覆っての作業でしたが、絞りにも幾通りもあるようです。細かい点のような絞りと手法も様々です。

 そうした労働の集約として出来上がる着ものはまさに工芸の華の一つですね。

DSC02574 - コピー


 実際にウインドウに並ぶ、いえ、お店の奥深くで初めて見せてもらうような絞りの着物は値札の「0」の数を数え損なうととんでもないことになります。
 でも職人さんたちは、もう少し手に取ってもらえ安くならないかと思われているのです。
 「私らの手間賃から計算するとねぇ~・・・・・」   職人さんの手間賃を単純に計算すればその数分の一に。
 流通や販売に何か問題があるのかも。

 一日実演を続けるのはなかなかしんどいです。そこで少しお休みされていたところを「よかったら撮らせていただけませんか。」とお願いして作業を再開していただきました。
 一旦始めると一面メトロノームのように正確に、他面では指先で舞っているように滞ることなく作業が続きます。
 
DSC02576 - コピー

 それをいいことに撮らせていただきました。
 ありがとうございました。

DSC02577 - コピー


 この人のあとを継ぐ若手は、数えるのに指を折らないでも分かるほどになってしまっています。

DSC02585 - コピー


  1. 2014/08/24(日) 00:03:57|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと     人生交差点    | ホーム | 素敵な人たちと     まだまだ暑い京の町で  Ⅳ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1201-c067f8a2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1486)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (228)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (577)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR