fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     珉珉物語  Ⅰ

 私が学生の頃は70年安保でした。
 4・23,4・28,6.23と連日のように集会にデモにと・・・・。

 集会が解散すると仲間と空腹を満たしに行きます。そのころよく通ったのが「珉珉」という中華料理店。大概どこも汚くて窮屈で居心地がよかった記憶があります。そして壁には学生たちのやりたい放題の落書き。

 反帝、米帝、革命、沖縄返還などの文字が踊っていました。「左翼小児病」という言葉はこのころ知りました。

 青年期の麻疹にしてしまった者も少なくはありませんが、どっこいここで学んだ民主主義や平和思想は今日まで細々とでも命脈を保って仲間の絆を作っています。そしてこの時に腕(かいな)を組んだ仲間たちはそれぞれが生きてきたその場その場で民主主義者としての行動を選択してきました。
 あの時の安保条約廃棄を求める広範な国民のうねりによって、軍拡派や憲法なし崩し派の思惑は、大きく修正を迫られました。 (今回も必ずそうなります。)

 と言ってもそれはウン十年前のこと。今の珉珉とは直接には何の関係もありません。店はきれいになっていますし、落書きはもちろんありません。

 でもそれはちょっとさびしいかな。

 偶然入ったある珉珉のお店。そこに「素敵な」タイショウがいました。

 私はかなり気に入っていますのでしばらく通いたいと思っています。
 
 それはこの人です。私は勝手に「タイショウ」と呼んでいます。

DSC01223 - コピー

 笑顔の魅力と人に対して・・・それが客であれ従業員であれ・・・細やかな気配りで声かけする心のしなやかさ。

 ビジュアルも相当気にいっています。

DSC01226 - コピー

 私たちに見せる表情はいつもにこやかで優しい感じですが、存外頑固で厳しい面も持っているのかもしれません。
 なあなあの優しさでない、と感じさせるからです。

DSC01228 - コピー

 
 私が誉めますと「このあたりがむずむずとして落ち着かない。」と首のあたりに手をやります。
 結構テレ屋です。
 
DSC01230 - コピー


 奥に餃子を焼く若者がいますが、彼からも信頼されていることがよくわかります。  
 この若者も愛嬌のある笑顔の持ち主です。  

DSC01231 - コピー

 年長者と若者との良い関係が、見えます。
 年長者がこういう気配を出せるということが大事だなあと思います。

DSC01232 - コピー
  1. 2014/07/26(土) 00:05:21|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<素敵な人たちと    | ホーム | 素敵な人たちと    扇子作り  Ⅰ>>

コメント

「私が学生の頃は70年安保でした」
ということは soujyu さんは・・・

じゃなくて 「タイショウ」の 笑顔
ホントに ステキですね 
  1. 2014/07/26(土) 15:16:19 |
  2. URL |
  3. Chieko #-
  4. [ 編集 ]

Chieko さんへ

やっぱり計算しましたね(笑い)
あなたの計算が間違えていなければ・・・・・。

きょうも、この「タイショウ」にあってきました。本当に気持ちよく食事ができます。
男っぷりがいいというのでしょうか。

  1. 2014/07/26(土) 17:44:48 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/07/26(土) 21:32:58 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1172-83dbbfbe
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (79)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR