fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと ベリーダンンス  Ⅰ

 ある方のご案内で新風館という建物で「スペイン料理祭り」という企画があることを知り、その会場でその方がフラメンコを踊られることを教えていただいて、撮りに出かけました。
 会場の混み具合も、そこで撮影の立ち位置を確保できるかも、まるで予想がつかないために、前日に下見を兼ねて出かけました。
 会場にはパエリアの大なべや生ハムなどが並び美味しそうな匂いがいっぱいで、ビールやワインの樽ががずらっと並んでいました。
 
 ステージでは何やら準備が進んで、今日は関西学生フラメンコ・サークルやフラメンコ教室の方たちの踊りがあるようです。

 と、スケジュール表を見ると、トップは「ベリー・ダンス」のようです。

DSC00075 - コピー

ベリーとはお腹のことだそうですが、お腹を振るというのかゆするというのか、かなり激しい運動です。
しかし、ダンサーのお話では、実はお腹というよりは骨盤の左右を上下することによって、腰から動かしているんだそうです。

DSC00076 - コピー


 ベリーダンスという言葉は耳にしたことがあっても実際にそれを意識して見る機会はありませんでした。(きっとテレビや何かでは見ていたのでしょうが)
 中東に発するダンスですが、なかなかセクシーです。トルコ語ではオルヤンタル・ダンス(英語ではオリエンタル・ダンスということですね)というそうです。
 魅惑的でビジュアル的にもよい被写体だと思ったのですが、そのセクシーさゆえにかえって?レンズを向けるのが何となく抵抗があったのですが、

DSC00089 - コピー

 やはりレッスンを重ねて舞台に上るだけあって、指先から身体全体の捌きまで、とても見事で「自分で垣根を作ってはいけない。」と呟きながら撮りました。

DSC00091 - コピー

明日のフラメンコを撮るためにも経験の一つでもあると思い・・・。

DSC00092 - コピー

 何しろダンス自体が初めて見るものだけに、こういうポーズになったら撮ろうとかいう事前の予測がつかないわけで・・・。

DSC00099 - コピー

 次第に衣装を脱いでいくのです。
 ですのでますますセクシーになっていきます。

 美容や健康のためにある程度の高齢者も教室に通われているとのことで、この方は福井から来られたインストラクターです。
 茶道・華道・着付けにも興味を持つ方で、和風文化にも通じています。

 写真ではお腹の激しい動きが捉えられていません。
 ダンスを撮るのは難しそうです。

DSC00100 - コピー

 
 胸と腰の衣装がベリーダンスの特徴のようです。

 この方の演技が終わって舞台から降りてきた際にたまたま舞台前の椅子席あたりでばったりとお会いしました。
 そこでいくらかお話を聴かせてもらい、写真の掲載のお許しもいただいたわけです。

 それにしてもスペイン料理祭りでなぜエジプトやトルコでさかんなベリーダンスが踊られたのか、そのへの事情は聞き逃してしまいました。
 しかし、私としては見せていただいたことに加え撮影のチャンスをいただいたことがありがたかったです。

DSC00110 - コピー

 それにしてもどの位置から、どんな高さで、どんな画角で、どんなシャッタースピードで撮ったらいいのか、どうすればダンスの魅力がつかめるのか、・・・・・。

DSC00111 - コピー


 明日(撮影日からの「明日」です)も楽しくも悪戦苦闘しそうです。 

DSC00113 - コピー




DSC00109 - コピー
 

  1. 2014/06/23(月) 00:02:57|
  2. パフォーマンス
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<素敵な人たちと   フラメンコ  Ⅰ | ホーム | 素敵な人たちと   撮りたいイメージ  Ⅲ   by 蒼樹>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1138-a8120c08
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (701)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR