fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  撮りたいイメージ Ⅰ     by 蒼樹

 私のような素人写真愛好者にとっては、あんな写真を撮ってみたいという、「ある写真」があるんじゃないでしょうか。
 あんなふうな写真が撮れたらなあ、と。
憧れですね.

DSC08516 - コピー

 それが木村伊兵衛氏の作品なのか、土門拳氏によるものなのか、はたまたアンリ・カルティエ・ブレッソン氏やボブ・ウィロビー氏の写真なのか。

 それは何も写真に限ったことではなくて、絵画や音楽、あるいはダンスやスポーツなどなどあらゆる分野においてそうなんだと思います。

 私自身にとっては・・・・・。

DSC08524 - コピー


 誰のという作家が思い浮かぶわけではありませんが、やはり過去に見た写真の記憶が目指すイメージなっていることは間違いがないと思います。
 映画撮影の合間に撮られたヘップバーンの写真もその一枚です。

 DSC08526 - コピー


 けれど、そういうイメージにたどり着く手立てがはっきり意識できているのではないというところに素人のかなしさがあります。

 DSC08530 - コピー


 私があるところで、この人を見つけて、二度目にお会いしたときに「写真を・・・」とお願いしたのはあるイメージが浮かんだからでした。
 それは珍しいくらいはっきりと言葉にできました。そのイメージを伝えて「いいですよ。」という快諾が得られた時には、うれしさと驚きがありました。

DSC08532 - コピー


  私にとって自分のイメージの写真を撮るためには、それにふさわしい人との出会いがなくてはなりません。
 これが難しい。
 もし見つけた!と思っても、いつもは肝心のその方に、なかなか声がかけられないんですから・・・・。

DSC08539 - コピー


 この人とはいろいろな偶然が重なって、実現しました。
 芸術系の大学を出たばかりの方です。だから撮られながらも画像を予想しています。聡明な人で、私も撮りながらいろいろ刺激を受けます。
 
 お父さんの影響もあってこういう場所にも親和性をもっています。 それがうれしい。

DSC08540 - コピー

 ここはどこだ?ですって。  1970年代の学生の街・京都をご存知なら、ああ、あそこかとおわかりだろうと思います。
 このお店のマスターは写真家としても知られた方です。

DSC08545 - コピー


 いい球が来たからといって打てるとは限らないのです。
 打つ方の心技体が問題なんです。 でもイメージを温めて待っていればこそチャンスをチャンスと認識できるわけで・・・。
 とにかくこのチャンスに挑んでみます。

 ・・・・と、ずいぶん大げさな話ですね。  しかし、まあ素人の私にはそれくらい興奮させるチャンスだということです。
 
 書いた文章を読んで恥ずかしくなりますね。  でも何かするにはこれくらいの『物語』が必要なんでしょう。私には。

 DSC08548 - コピー


  1. 2014/06/20(金) 00:00:02|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと    撮りたいイメージ  Ⅱ    by 蒼樹 | ホーム | 素敵な人たちと   出会いの不思議  Ⅳ    by 蒼樹>>

コメント

九州の田舎町に住んでいる若造でも、このお店の雰囲気見たことがあります。
モノクロフィルムで遊び始めた頃に買った写真集の中にありました。
京都、写真、本、間違いなくあの写真集を出された写真家の方のお店だと思います。

こういった場所でポートレイトを撮れるというのが純粋に羨ましいです。

  1. 2014/06/20(金) 10:16:43 |
  2. URL |
  3. はしもとたかし #-
  4. [ 編集 ]

はしもとたかし さんへ

コメントありがとうございます。いつも写真を楽しみにしています。
写真集なども手に入れて勉強されているんですね。
おそらく、はしもとさんが想像されている場所だと思いますよ。
「ほんやら洞」という同志社大近くの喫茶店です。

ここは甲斐という写真家がオーナーでです。これまで1万人を超える人を撮ってこられたそうです。想像をはるかに超えますね。私は3年と少しで700人ですから一体何年かかるんでしょう。
人数の問題より彼の人々に迫る感性と思想が注目に値すると思います。

またご批評ください。
  1. 2014/06/20(金) 20:15:07 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

ステキな方ですね
写真がいいからかな?

「1970年代の学生の街・京都をご存知なら」
という場所ですが・・・
残念ながら わかりません

寺町通の「三月書房」さんには
ときどき たまに行きます
変わった本屋さんですね
  1. 2014/06/20(金) 21:33:29 |
  2. URL |
  3. Chieko #-
  4. [ 編集 ]

Chieko さんへ

そうですね。この人はモデルとして私としてはとても気に入っています。
「写真がいい」ので余計によく見えるということがあったとしたら撮影した者としてはうれしいことです。

 この撮影場所は同志社女子大の東にある「ほんやら洞」です。ぜひ一度立ち寄ってみてください。

  寺町通の「三月書房」さんは文芸関係の人には有名のようですね。私は知りませんでした。何度となくお店の前を通っているんですけど。

 今度覗いてみようと思います。
  1. 2014/06/21(土) 10:52:55 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1135-e8dcf1ff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1601)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (242)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (702)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (75)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR