fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   台湾から  Ⅱ

DSC06026 - コピー

  
  この枝垂れ桜も毎年きれいなのですが、西から東に向かって眺めるとなおいいのです。東山を借景にできますから。
 この人たちが立ち去ろうとしたタイミングで撮っていますので、そうしたことまで提案できず、とにかく記念写真を、ということで終わってしまいました。
 いえ、私がもっと決断早く気を配ってあげればよかったのでしょう。

 下の写真になってしまったときに私が失敗してことを告げてカメラの背面の画面を見てもらったのですが「大丈夫です。」
 「うれしいです。」と私を気遣ってくれた。

DSC06027 - コピー

 

DSC06028 - コピー



DSC06023 - コピー


 京都で和服を着て観光というのは良いアイディアだと思いますし、そういうレンタル業者があることは結構なことだと思います。ですが、レンタル着もの屋さんの中には儲け重視で派手なだけで質の悪い着物をおいていたり、着つけに責任をもっていなかったりということが見られるように思います。
 
 海外の方がせっかくこうした日本の文化に関心を持ち伝統の着物に触れてくれていても、日本人の商売人根性が「わからなきゃいいさ。」という仕事をするのならば結局和服産業は出口を失うのではないでしょうか。

 河原町や四条などを歩いていて、あまりにひどい着付けや粗悪な着物を見て、ときどき唖然とすることがあります。日本の女性でも和服について知りませんから着せられるままです。


 京都(人?)が自ら京都を掘り崩す景色もなくはないのです。

DSC06024 - コピー


 西陣の職人さんたちの仕事が台無しにならないようにと思いながら、カメラマンをかって出ましたが、果たして彼女たちは喜んでくれたでしょうか。

DSC06025 - コピー


 このあと白人の観光客数人が彼女たちの着物姿を見て一緒に写真に入ってくれと頼んで一緒に撮っていました。
 何かちょっと不思議な光景でした。


 後日談です。
 私がお渡ししたカードにあるE・メールアドレスで連絡がありました。日本語の文章でした。
 私は中文ができませんし、英語もおぼつかないので困りました。・・・相手が日本語で書いてきているのだから、日本語でよいのですが・・・相手に負担をかけたくないという思いが出てくるのですね。それで稚拙な英文を書いたのではかえって余計に負担になるのに・・・・返信は英文にしました。その返信に写真を添付して送りました。
 するとお礼のメールはやはり日文でした。そこで今度は日本語で返信しました。

 小さいけれど楽しい経験でした。
 

テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

  1. 2014/04/15(火) 00:04:34|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4
<<素敵な人たちと   春の日に | ホーム | 素敵な人たちと    台湾から  Ⅰ>>

コメント

着物がよく似合う

着物がよく似合っていますね。
台湾の人たちは日本人の体形と似ているからでしょうか、違和感がありません。逆に、今の日本女性は体形が違ったのか、合わなくなっている。着物がかもし出す雰囲気を着こなせる日本人は少なくなるのでしょうか
  1. 2014/04/15(火) 19:12:58 |
  2. URL |
  3. いけの鯉 #-
  4. [ 編集 ]

いけの鯉 さんへ

そうですね、まるで普段から来ているように見えます。不思議ですね。
日本の若い女性たちと同じように普段は洋服を着ての生活だと思うのですが。
街で見かける日本の女性たちの中には和服と気持ちがあっていないなあと感じる方がときどき以上にいますね。
和服に閉じ込められた時代に戻る必要はありませんが、マッチしないと感じさせる背景には、どうもあまり喜べないこともあるのではないかと感じています。どうなんでしょうね。
もっともそれは女性に限った事ではありませんが。

  1. 2014/04/15(火) 21:00:12 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

とても、とても、素敵です。

撮る人の心が、

撮られる人の心を

動かせます。

素敵なのは、

あなたの心。
  1. 2014/04/15(火) 22:09:18 |
  2. URL |
  3.      松浦 アキオ #-
  4. [ 編集 ]

 松浦 アキオ さんへ

コメントありがとうございます。
お誉めいただいて恐縮です。

人がいて、その方の姿がわたしの心を動かします。そして惹かれるままに写真を撮らせていただきます。その間に余分な狭雑物が入らないといいのですが。

ヘイト・スピーチの心とは対極にありたいと念じながら。
  1. 2014/04/16(水) 10:18:19 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1066-5b444f9b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1484)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (576)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR