fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   フタリ展 「それぞれの物語」 Ⅰ

 写真展を見に行った時のことです。3階が写真展、4階が・・・・。
 私は写真展ばかりでなく絵画や表装や・・・などなんでも見るように心がけていますので、この時も「位置エネルギー」の有効利用からすれば4階を見て、階段で3階にと思ったのです。

 でエレベーターで4階に行ってドアが開くのを待つと、開いた扉のすぐ前に女性が二人うずくまっていました。
 何事ならんと一瞬後ろに下がると・・・・二人の女性が床に置かれた二人展お祝いの花の位置を移しかえていたのでした。
 そのお二人がこの方たちです。
 左手の方がアーティフィシャル・フラワーをされる方。右の方がグラフィックデザインをされる方。
 それぞれの作品とともにメーテルリンクの『青い鳥』を素材としてコラボ作品も展示されています。


DSC05300 - コピー

 お二人はすでに実績のある方々ですが、予備知識もない門外漢の私は、会場で思いついたことをつい口にしてしまいます。
 自分自身がカラー写真の「色」に悪戦苦闘していることやら、写真のフレームについてあれこれ思うことがあったりするものですから、その延長上でつい感じたことを口走ってしまうのです。

 
DSC05287 - コピー

こちらの方はフラワーアートをされるのですが、その花たちに物語を持たせるために・・・もともと日本画などをされてきた方ですから・・・背景を自身で描いて、重ね合わせて表現しようという試みをされていました。

DSC05285 - コピー


 イギリスでフラワーデザインを学んでこられ、インストラクターとして教室も開いておられるとか。

DSC05289 - コピー


 このような花柄の服が着こなせる・・・白のタートルネックを着て色や柄があふれるのをちょうどよく抑制しているところなどさすがですね・・・方は珍しい。
 さすがフラワーデザイナーさんですね。

DSC05291 - コピー


 鉛でつくった花もあしらわれていて、活け花+造花+ペインティングした背景+フレーム  と新たな表現を模索されています。
 絵を描くような気持で花をアレンジしておられるというのがよくわかります。

 DSC05292 - コピー


 普段インストラクター(先生)をされている方が門外漢の頓珍漢な批評に耳を傾けられるということだけでも敬意を表するに値します。

DSC05296 - コピー

 

 私が過去の何枚かの写真の見ていただいて、「お二人の写真を」と申し出ますと、一も二もなくお許しいただけました。

 私が一番気に入った作品とご本人です。


DSC05298 - コピー


テーマ:女性ポートレート - ジャンル:写真

  1. 2014/04/11(金) 00:00:46|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
<<素敵な人たちと   フタリ展  「それぞれの物語」 Ⅱ | ホーム | 素敵な人たちと   晴れ、ときどき(写真展)>>

コメント

こんばんは。すばらしい肖像写真を撮ってるのですね。
 写真はやっぱり「人を撮る」というのが至高だと思います。
 好きな事に取り組み仕事になっているという事は優れた人たちですね。私のように仕事が嫌いでしょうがない者からは想像もできない日々を過ごしておられるのでしょう。
 ところで、写真とか絵、お花なんかの作品は門外漢が見ても「いいなー」と思わせなければならないので、どんな事にも答えられる準備はしてらっしゃるでしょう。おおいに「御高覧」なさればいいかと、私は思います。
  1. 2014/04/12(土) 17:20:41 |
  2. URL |
  3. harada #-
  4. [ 編集 ]

harada さんへ

 コメントありがとうございます。

>  写真はやっぱり「人を撮る」というのが至高だと思います

 「至高」かどうかはわかりませんが、とてもも大事な部分だとは私も思います。
 「ハイ・アマチュア」や「プロ」の方々がもっと人物を撮っていただきたいなあと思います。

>  ところで、写真とか絵、お花なんかの作品は門外漢が見ても「いいなー」と思わせなければならないので、どんな事にも答えられる準備はしてらっしゃるでしょう。おおいに「御高覧」なさればいいかと、私は思います。


 おっしゃる通りだと思います。私も写真を作品として見ることを普段されていない方たちにも説得力というか、心動かすものを撮れたらなあと思います。表現の大切な点だと思います。その世界の仲間にしか分からないというのではあまり意味がないと思います。
 と同時に他のジャンルの作品を見せていただくときに、私自身がそれを見る目を育てないと「素人」だということに居直る昨今の風潮と同じになってしまうなあと自戒しています。
  1. 2014/04/13(日) 12:04:17 |
  2. URL |
  3. soujyu2 #-
  4. [ 編集 ]

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  1. 2014/05/02(金) 00:20:52 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://soujyu2.blog59.fc2.com/tb.php/1062-3d8f883a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (253)
人物 (1486)
絵画 (293)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (228)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (577)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (50)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR