素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   From 台湾 和服のリデザイン.

 台湾から。
 日本語はあまりできないそうです。それでサポート役の日本人女性がついています。
 着物地を手に入れて洋服にします。そのデザインがなかなか興味深いです。

DSC05301 - コピー - コピー


 柄や色合いの趣味は、やはり中華系の人と日本人ではかなり違うようですが、その応用は大胆で刺激されます。
 そこが楽しい。

DSC05303 - コピー - コピー


 背景にある写真は同じグループのメンバーの作品だそうです。
 モデルがとてもきれいなので、そう言いますと『台湾には色白で細身のスタイルの美人がたくさんいる』と、サポート役女性の情報です。
 おお、それじゃあぜひとも写真を撮りに行かないと、食べ物もおいしいそうだから。

DSC05310 - コピー - コピー


 実はこの人も別の壁面の写真のモデルをしていて、それは驚くほど妖艶で素晴らしいのです。
 照明が見事でこの人からその妖艶さを引き出しています。着ている服も今この人が身に着けているコルセット様のものを中心に・・・。
 
 そしてこの人のウエストの細いこと・・・・。

DSC05311 - コピー - コピー


 食べたものが通るのでしょうか?!
 
 けっこうたくさん食べる方のようですが、この細さは・・・・・!!

DSC05312 - コピー - コピー



それにしても外国でこうした展示を企画実行する気持ちの強さはどうでしょう。
本当に感心します。
日本の若者も自身お作品をもって積極的に海外に出ていていますし、活動拠点を海外に置いているものも少なくはありません。
世界はますますボーダーレスなんですが、私の意識は依然として・・・・他府県にさえ出られない。


DSC05315 - コピー - コピー


 英語は堪能なのでサポート役の方とは英語で意思疎通。
 そしてこうしてサポート役ができる人がまた素晴らしいですね。
 
DSC05316 - コピー - コピー


 今度5月には昨年、撮った「古楽アンサブル」グループがドイツ、日本でCDをリリースします。そのCDのジャケットに私の写真を使ってくれます。写真だけは国境を越えましたが・・・・。

 台湾への旅費は北海道に行くより「安い!!」そうですから、台湾で活躍している許さんを頼って写真展をしようかなあ。

DSC05317 - コピー - コピー


 
  1. 2017/04/28(金) 00:00:57|
  2. 服飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹  フランス人作家、和の美を活かす   Ⅱ

 セーヌ川にはこういう紅葉の枯葉は浮かぶのでしょうか。
 

 DSC00716 - コピー


 このギャラリーは高瀬川沿いにあるのですが、桜の花の咲くころばかりでなく、新緑の頃も、そしてこうして紅葉の頃もとても楽しめます。
 このロケーションについてはどうですか?

 ずいぶん気に入っているようです。

 DSC00717 - コピー


 実はこの人のフェイスブックには素晴らしく魅力的なこの人の写真が掲載されています。
 うまい写真です。この人の魅力がよくつかまれています。
 この人の作品の紹介のために撮られた写真もカメラマンが撮っているようです。ですから写真に対しての知識や見る目は相当お持ちだろうと思われますので、いささか緊張します。
 先日イタリア人の若い女性とも撮影のお約束をしたのですが「私も写真を撮ります。」と言われて動揺してしまいました。
 ヨーロッパの人は写真を高く評価し、優れた鑑賞眼をお持ちだと感じていますので、よい交流にできたらなあと思うのです。

DSC00718 - コピー


  太陽は南中点をほんのわずか過ぎたところですから、こうした逆光のポジションを選ぶと少々難しいことになります。
  今日のレンズにはフードもついていませんし。
  個展中のお時間をいただいているのですから長く引っ張ることもできないので、もしこれが依頼を受けて撮るようなプロの場合だったらと思うと・・・ノンプロの道楽で良かったと思うのです。
 (この緩さがあなたの写真を足踏みさせるんだという声が周囲から・・・。)

DSC00719 - コピー



 被写体自身がこんなに魅力にあふれた人の場合(撮らせていただく大概の場合にそうなんですが)撮る側の出番とはどういうものなんだろうかといつも思わせられます。
 

DSC00721 - コピー



 今日は秋晴れの穏やかな日です。
 こういう日にこういう場所でこういう方に出会って写真が撮れる・・・・リッチな生活だなあ、と「小市民」の幸福かな。 

DSC00723 - コピー


 おや、新しいお客さんが来たようです。
 ほんのしばらくの幸運な時間でした。
 

DSC00724 - コピー
  1. 2016/11/25(金) 00:20:21|
  2. 服飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹   torici からの ニットの提案   Ⅱ 995

 現代では背広を「誂える」ことができるのは富裕層だ。それは確かだと思う。
 私は仕立て職人だった父にスーツを誂えてもらったことはある。結婚式の時の服が最後だったと記憶している。
 が、その後の生活では無理な話だった。

 生地を選び、寸法を採り、仮縫いを体に当て、そして仕上げる・・・注文して手に入れるまでには数週間も一月もかかる。
 月給の一月分もはたくのだし、何日もたつのだから、いつ注文したら、その服がいつ着られるのか計画しなくてはならない。その日が楽しみだ。
 今のように、今日見つけて今日買って明日着るというようなサイクルではない。

DSC02280 - コピー


 このKnitも注文性だから、次の冬に備えて今・・・・ようやく冬の寒さを脱して暖かくなってきた桜の季節に・・・・展示販売をしている。

 高い技術で丁寧に編むためには時間を要する。「ポチっ」として数日後に届くという消費行動とは相いれない。
 そういう面でも今の消費文化を意識的に変革する努力を伴わないといけない。

DSC02281 - コピー


 だから、単に良いものを作れば売れるだろう・・という話ではなさそうだ。

DSC02285 - コピー



 私の息子は、自分でシナリオを書き、一緒に劇づくりをする役者、スタッフを集め、箱を借り、演出して、時に自らも演じ、上演している。
 東京で「劇団82-party」という劇団の名前を見たり、聞いたりしたら少し関心を持ってやってください。
 親父がこういう事を書いていることを知るとあまり機嫌は良くないだろうが、まあ5年にして初めて書くのだからいいことにしてもらおう。たまたま同い年で夢を抱いている青年に会ったからの筆の滑りだと思って。

DSC02286 - コピー


 既にいくつもの面で父親を越えている息子だが、母親からすれば毎日の心配の種であることは間違いない。
 息子の将来を思うと夜も寝られないと、時につぶやく。


 「同じような、息子を持つ親としてどんな風にお考えですか?」と尋ねられた。

 子は子として親のことを思うのだろう。

 しかし、我が身を振り返っても「親の心子知らず」がいつまでもの真理だろう。それは仕方のないことだし、それでよいと思っている。

DSC02287 - コピー


 「親になって知る、親心」だ。
 いつも亡くなった親を思って心が痛む。これも順繰りの事だろう。
 やむをえまい。

DSC02288 - コピー


 親は未来を語る息子の目の輝きを誇りにも思い、うれしくも思うものだ。
 息子たちよ、娘たちよ ガンバレ!!

DSC02296 - コピー
続きを読む
  1. 2016/03/31(木) 00:00:49|
  2. 服飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹   torici からの ニットの提案   Ⅰ 995

私の息子と同い年だそうです。

今回が、ここでの2度目の展示販売会。Knit Brand を立ち上げて郷里である京都での展示販売会です。

DSC02265 - コピー


 半時ほども話し込んだでしょうか。
 自分のしたいことを明確にイメージされていて、今何に注力しようとしているかをしっかりと意識されています。

DSC02266 - コピー



 イタリアの撚糸に注目し、日本の編の技術を生かそうとし・・・・。

DSC02268 - コピー


 大量販売の短い流行の中で消費されていくものではなくて、10年着てもらえる品質とデザインを求めています。
 
 ブランドを立ち上げて2年。まだ傍らバイトの身だそうです。

 そこに我が息子の姿が重なります。

 二人とも東京に拠点を置いての頑張りです。

DSC02271 - コピー


「スーツ一着に2本のズボン」で〇〇円!! と言う様な、糊でくっつけプレスで無理やり型を付けて、途上国の低賃金を前提として作られた「スーツ」が売られています。
誰の体にも合い、だから誰の体にも合っていない服が街のあちこちにあふれています。

ボディーに着せられていてさえ皺が寄り、襟が波打つような服がウン万円で販売されています。

服の文化の貧弱な日本で、さらに理解をしてもらえるだろうかと心配になるKnitの「良いもの」を普及したいという情熱。

DSC02273 - コピー


「今年流行するデザインは・・・」「今年のトレンドの色は・・・・」などという宣伝い文句にのせられて服は買われていく、着られている。

しかし、それでは飽き足らないという消費者が静かに増えているのも事実。そこに豊かさの質が問い直されている日本の消費文化の一面が現れてはいる。

非正規雇用が雇用者の半数になり、ブラック企業と言われる企業が当たり前のようにはびこる中で、よい消費者になるのはあまりに困難かもしれない。


DSC02277 - コピー


 彼は良い撚糸と良いニッターとをつなぎ、十年の消費に耐えるデザインを提案する。
 例えば価格は8万円とか9万円。でも10年着れば一年につき1万円を割る。
 つまらないデザインの貧弱な加工のものは、続けて着られる運命を持たない。それはコストパフォーマンスがよいと言えるだろうか。

 かつて紳士のスーツは、やはり十年物だった。

 流行で「あなたの個性」をお仕着せられる日本の消費文化はもう少し大人になる必要があると思う。

DSC02278 - コピー
  1. 2016/03/30(水) 00:00:52|
  2. 服飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   西陣の職人たち

「量(的変化)の質(的変化)への転化」

2月も中旬ですね。 3月の末になると私がこのブログを始めて満5年になることになります。
未だに1000名の方を撮ったというところにまでは達成していませんが、まあ、少なくない方にお願いしてきたことは事実です。それで、ちょっと事態が変化し始めています。


とても分かりやすいところでは・・・・・。

ある日私のE・メールボックスに一通のメールが届きました。

手描き友禅の職人さんからです。 自分たちが公開の実演をしているから来てみたらというという事でした。

勿論喜んで伺いました。

 この方が案内をくれた方です。 ユニークな方で伝統の絵柄とは違う意想外のものを描かれることがあります。

DSC00798 - コピー


 今回この場では帯に竜の絵を描いておられました。
 「防染」をしないで、絹地に描く日本画とほぼ同じ手法で絵を描いていきます。
 ですから防染をしてモノとは違うぼかしやにじみが使われて何とも言えない情感と品が生まれます。

DSC00799 - コピー


 私が職人に興味を持って写真を撮っていることを好感をもって見ていただいていて、その機会をやろうという配慮です。

 この方の師匠にあたる方の写真を撮っていたことが一つのきっかけでもあるのですが。

DSC00801 - コピー


 注文によってイタリアの名車、フェラーリを着物や帯に描きこむというような、ちょっと先輩方が眉を顰めかねない図でも積極的に描かれます。
 それにしてもそういう注文をする方もおられるのですねぇ。 フェラーリのエンブレムも取り入れるのだそうで、フェラーリの人からも注目されているのだそうです。
 江戸期の円山派からの伝統も引き継ぎながら、方やそういう革新的な絵柄にもどんどん取り組んでいく方です。

DSC00806 - コピー


 そういうスタンスだからでしょうか、私など門外漢に対してもとても開放的でざっくばらんな一面を持たれています。

 で、お誘いによって会場に着くと、その会場には6名の職人さんがおられましたが、なんとそのうちの5名の方は、すでにこれまでに別の場所でもお会いして写真を撮らせていただいた方々でした。
 私の個展に足を運んでくださった方もお二方居られました。案内をくれた方も「この前の個展には行けなくて悪かったね。」と。

 この女性は「金彩」の方ですが、やはり以前撮らせていただいて、その写真を以前の個展で使わせていただいてもいます。

 撮影させていただいた後お会いできていませんでしたので、この偶然に手元に持ち歩いていたお写真を差し上げることができました。

DSC00793 - コピー

 
 娘さんも活躍されています。

 DSC00794 - コピー


 この方幾度かブログに登場していただいていますが、いつも気さくに声をかけてくださる方です。

 「あんたが小刀の刃の光という事を言うから、それ以降、それが見てくれる人に見えるように工夫しているんだよ。」と。

 この方についてはもう断りもなしにカメラを向けるのが普通になってしまっていますが、この時には、その葉の輝きを撮るために集中させてもらいました。

DSC00814 - コピー


 短時間なんですが、こうして相互に通じ合って集中できる時間はとても楽しいものです。
 
 芸子さんが舞を舞うように、そして裾を瞬時輝かすように小刀が動くのです。

 ある種妖艶な瞬間を生みます。

DSC00816 - コピー


 題材は源氏物語です。

 名人が投げてくれる球を打とうとするのですが、斯くのごとしです。

DSC00819 - コピー
  1. 2016/02/13(土) 00:00:13|
  2. 服飾
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:3
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (920)
絵画 (204)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (208)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (27)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR