FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   京仏具・木彫   渡辺宗男 氏

 伝統工芸師で叙勲もされている京仏具の木工彫刻師です。
 とはいってもこの方は漆もされるし、生地も作られますからただの木工彫刻師ではありません。

工芸の最高峰は京都にあると見定めて南東北から京都に出てきたと言われる方です。

 ずいぶん厳しい修業時代を経てこられたそうですが、地元でも彫の修業をしてきて「地方の彫は京都では通用しない。」と言われたことで一層発奮して向上に努めてきたのだと話されます。

DSCF4452 - コピー


 工作の道具も自分で「鋼を探してきてグラインダーで削って自分で作る。」ことが多いのだそうで自宅に鉄鋼の工作機械もお持ちなんだそうです。しかもそれらの中には既に「動かない」からは遺品となったものを買い取ってきて自ら買い取ってきて、部品を取り換え磨いて再生したものもあるのだとか。
 「小さいころからとにかくモノを作るのが好きだし、絵が描けたから、やってこられたんだね。」


DSCF4455 - コピー


 下絵を描く時点でもう頭の中には三次元の像が浮かび、作業の手順と必要な道具を思い浮かべているのだそうです。

 そしてありとあらゆる場面で、植物にしろ人の姿にしろ、観察しスケッチしているのだそうです。

 とにかく事実を究明してリアルに把握することが大切だとおっしゃいます。

DSCF4459 - コピー


 欄間にしろ仏壇の飾りにしろそこに描かれたレリーフ、透かし彫りの花鳥風月に嘘はないのです。

DSCF4460 - コピー


 胸に下げられるようなペンダント場の仏像も作っておられましたが、こういうことをしていたんじゃもうかりはしないね。ただ好きだから作るんだ。

 そういってお話しするときの表情はまるで子供が自分の宝ものを自慢するようなはつらつとした輝きがあります。

DSCF4470 - コピー


 叙勲されたころは心身ともにとても不調な時だったそうです。それで仕事も長くは続かないかと思ったのだそうですが、叙勲を機会に、こうして認められたのだからと一層励むようになったのだそうで、今はとてもお元気に「好きなものを彫っているよ。」とのことでよいお仕事を選んで制作しておられるようです。

DSCF4479 - コピー


 京人形師の方が「仕事が呼んでいる」時に仕事に向かうとおっしゃておられました。(先日の京人形市の御尊父談)
 また最近は良い素材を使って高度な技能を発揮して創るような注文が少なくて、こういう仕事の水準を保つのが難しくなっているし、若い職人の成長を補償できないということをそれぞれの言い方でお話していました。

 昔の資産家たちは良いものを作らせて収集するような文化力があった・・・・それで日本の文化を高めてきたわけですね・・・けれど今の金持ちはさらに増やすことしかしないし、金をバラまいて優越感に浸って喜んでいるような品の無い低劣な者が多いんじゃないかと危惧します。

DSCF4482 - コピー


 低所得者層の文化的内容も貧弱になってきていますが、金持ちの低劣化はそれに輪をかけているのかなと思うことがあります。

DSCF4487 - コピー
  1. 2019/03/27(水) 00:00:00|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   京人形師・木股博人氏

 京都木屋町通り仏光寺近くにありますギャラリー高瀬川四季AIRで京人形師木股博人氏が実演をしておられました。
 この方は以前にも撮影させていただいたことがあるのです。
 たまたま、この実演の前日の搬入の際に「やはりあなたでしたか。」と、久しぶりのご挨拶をしました。

DSC00650 - コピー


 実演前日にこのギャラリーでお目にかかっていたことと、ギャラリー・オーナー氏が「どうぞ、写真を撮ってください。」とご配力くださったこととで、すんなりカメラを取り出すことができました。
 
 会場には博人市氏の御尊父も見えておられて、様々なお話を親しく聞かせていただくことができました。

DSC00657 - コピー


 このような立派な跡継ぎがあるのですが、ご尊父の目はかなり厳しくて、「まだまだです・・。つい色々言いたくなります。」と笑っておいででした。

DSC00662 - コピー


 ご尊父には撮影を固辞されてしまいましたが、博人氏はこれがこの日のご自身の役割だと心得ておられたためでしょう、快く撮らせていただけました。

DSC00669 - コピー


 この日、階上では和独楽の展示、お話しもあってお客さんも少なくないようです。

DSC00676 - コピー


 人形は新作の制作は勿論、幾代にもわたって受け継いできたという人形の修復もされています。
 中世、近世から受け継がれてきている価値ある人形の修復には昔の職人の技が見えて大いに学ぶところがあり、また大事な仕事にたいして緊張、責任感を感じると言います。
 別の日に京仏具の木彫の職人さんとお話をしましたが、やはり同じことをおっしゃっていました。

DSC00679 - コピー


 博人氏の御尊父とお話をしていて一つ大いに考えさせられたことがありました。

DSC00682 - コピー


 それは、代々受け継がれてきた人形をお持ちの方が、傷んだ人形の修理を依頼されるときに、その修復に全力を尽くしつつも、修繕なった人形を、これからもまた長く長く継承していく責任をその方やその後代の方に負わせることの重い意味です。

DSC00684 - コピー


 例えば「町屋を保存しましょう。」というのはたやすいけれど、維持管理にも多くの費用を必要とし、生活の快適さもある程度我慢しなくてはならないことをその屋の方に強いることになるわけです。文化財級の建築物や品々を持つ人は、それをおろそかにできません。
 それを受け継ぐ人はそのモノに縛られることになります。
 時代も変わり、生活習慣や価値観も変わる中で、さらにまたいく世代もこの人形を守り継承する責任がその持ち主と継承者に生まれるという事です。
 なかなか簡単な問題ではないようです。

DSC00696 - コピー



 この問題はまた別の角度からも考えなくてはならぬ点があります。
 それはまた別稿で。

 それはともかく、私はこうして、たまたま京都という町でカメラを手にしていることで撮ることのできる情景があるということを幸せに思うのです。

DSC00697 - コピー
  1. 2019/03/26(火) 00:00:12|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹   蒔絵

 シャッターチャンスに後ろ髪はない!

 そう思って自分の行動をコントロールしようとしているのですが、臆せずに「撮らせてください。」と口に出すことができないことが度々です。自分の中に「抵抗勢力」があって、なかなかそうはならないことが少なくないのです。

DSC08130 - コピー


 こういう公開の場では「撮らせてあげよう」としている人にお願いするのだから、話は簡単じゃないかと思われる方は多いと思います。
 でもそこに微妙な事情が絡むんですよね。

DSC08132 - コピー


 この微妙な事情というものを察する人とそうでない人、大したことではないと思える人とそうでない人とでは当然に動きが違ってきます。
 梅の季節、桜の季節が近いですが、カメラを手にした多くの人たちの動きを見るにつけ、そういうことを感じます。

 こうした実演をご覧になり、またカメラに収めたい人は、私だけではありません。
 またこうした機会に職人さんと交流されたい人、尋ねたいことをお持ちの人、ご自身もこうした分野で仕事をしたりしていて本格的な交流をされたい人などなど・・・お客さんも様々です。 親族の方も来られます。

DSC08134 - コピー


 そうした中で撮影のチャンスをいただくことは、必ずしも容易ではありません。

DSC08136 - コピー


 この方にもいったん撮影をお許しをいただいたのですが、直後にごく親しい方がこられて長いお話をされます。それで私はここを離れて他に移り、しばらくして戻りましたが今度は職人同士のお話をされていました。
 そうこうしているうちに戻らなくてはならない時刻となってしまいました。
 私はこういうことを繰り返す人間なんですね。

 時々我がことながらため息が出ます。

DSC08138 - コピー
  1. 2019/02/24(日) 00:00:41|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   仏師

 仏像を彫るところをじかに見る機会はあまりありません。
 わたしは男女一人ずつの仏師を知っているだけでした。

DSC08114 - コピー


 この方は大ベテランの仏師さんです。

 一木造や寄木造などの仕組みや特徴を懇切に教えていただきました。

DSC08116 - コピー


 鎌倉期の仏像づくりに見られる水晶などで入れる「玉眼」についても仕組みや作り方も教えていただきました。
 頭部の前面が切り離されるようにできていて、中は空洞。くりぬかれた目の内側に湾曲するように削られた水晶(今ではガラスも使われる)の板を当て、それに墨などで裏から直接に瞳や目尻、あるいは毛細血管を描いたうえ、動かぬように真綿あるいは紙などを押し当てるとともにその色をで白眼を表現するのです。

 なかなかの迫力ですが、瞳を墨で入れるときにはとても緊張するそうです。
 「これで表情が決まりますからね。」

 画竜点睛の言葉もありますしね。

DSC08118 - コピー


 ここでは公開で実演していますので、「撮らせていただいても良いですか。」とのお願いには大方の職人さんが快く応じてくれます。
 でも、やはり、仏像や木彫に興味をもっていろいろお話を伺える準備があったほうが良いと思います。

 そうすると、ただ珍しいからとか、旅の記念にという様な事で撮影を許していただくのとは違った空気を出して実演をしていただけるような気がします。

DSC08124 - コピー


 私はこれまで幾度となくこうした公開実演の場で職人さんを撮ってきました。
 公開なんだから「撮るのは簡単だろう?」とおっしゃるかもしれません。確かにそうなんですが、そうとばかりは言えないということに気付きます。
 お客様サービスで「撮らせてあげている。」という場合と、職人としての矜持・技を撮ってもらいたいと思っていただける場合とがあるからです。

DSC08126 - コピー


 職人さんも「本気で撮ってほしい。」という思いをお持ちなのです。
 私が記念の2,3枚を撮るのではなくて、四方から観察して幾枚も挑戦するのを察知すると醸す空気がぐっと変わってくることがあります。

DSC08127 - コピー


 そういう時にいい写真が撮れることがあります。

 有難いことです。

DSC08128 - コピー
  1. 2019/02/23(土) 00:00:48|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  西陣織・下絵   Ⅱ

 この人は祇園祭の長刀鉾の浴衣の図案を、もう4年も描いているのだそうです。
 今年も依頼されているので「かなりのプレッシャーです。でも名誉職ですから、有難いです。」と。
 祇園祭の長い歴史にご自身の仕事が入るのですからすごいことですね。
 しかもお稚児さんが乗る長刀鉾ですから一層注目されます。

DSC07978 - コピー


 周囲の目も気になるそうです。
 そりゃそうですよね。
 各鉾、山ごとに町の威信にかけて浴衣を出すのですし、鉾や山に乗ってお囃子をする人も、またそれを曳く人もこの浴衣次第で誇りにも思い、意気も上がるでしょうからね。
 
DSC07979 - コピー


 1年おきに浴衣の意匠を変える町もあれば、長刀鉾のように毎年変える町もあります。
 先ほど書いたように「お稚児さん」が乗る特別な鉾ですから、「毎年新たにしてお稚児さんに失礼の無いようにする」のだそうです。

DSC07982 - コピー


 この方は業界では若手です。
 お父上も下絵をされていてその跡を継いだそうなんですが、今後についていろいろ思うところがあるようです。
 「伝統」工芸がただ古いものであっては生き延びられませんしね。
 基本的に伝統工芸もあくまで「生業」だということが大事な点です。

DSC07984 - コピー


 どうしたら現代、未来に息づけるかという事、それを探求せねばなりません。
 そうでなければガラスケースに入ってしまいます。

DSC07987 - コピー


お互いに以前お会いした記憶が戻りましたから、打ち解けて入りいろなお話を伺えましたし、なんというかこの方の覚悟のようなものも伝わってきました。

DSC07988 - コピー


私にできることはレンズを向ける≒注目することしかありませんが、応援していきたいと思っています。


 DSC07990 - コピー




DSC07992 - コピー
  1. 2019/02/08(金) 00:00:18|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (149)
人物 (1226)
絵画 (250)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (146)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (196)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (374)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (12)
状景 (16)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (55)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR