FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    城間びんがた工房 職人   Ⅱ

 今この人が話しているお相手は「染」がお好きで、京都にも何度も来ておられるというご婦人です。
 私がこの職人さんの話を聞きながらケめらを向ていたところに加わりました。

DSC05654 - コピー


 私が低い位置から撮ろうとしたり、あるいはお話を伺うのに立ったままでは「上から目線」になるのでそれを避けるために床に膝立ちで向き合うことが多いのですが・・・・。

DSC05655 - コピー


 その後婦人は私と同じように腰を低くして話に加わりました。
 
 聡明な礼を知る方だなあと思いました。

DSC05657 - コピー


 広島を出て豊田市で開かれている「クリムト展」を見てこちらに来たのだそうです。

 クリムト展を見終わったら「もう夕方で、明日はどうしようかしらと・・・・東京に行くはずだったけれど、京都にしたんです。この会館に来て見学もしたかったし・・・。」ですって?!

 私とは180度行動パターンの違う方です。何と旺盛な行動力と判断の柔軟さ・・・・その点でも私とはまるで違うタイプの方のようです。

DSC05659 - コピー


 沖縄に行った時には数度この城間工房も尋ねたことがあるそうで「染」についての知識もかなりのもの様でした。

 「(染料ではなくて)摩擦などに弱い顔料を使っているのはなぜかしら?」
 「確かにそうなんですが、染料は耐光性が弱くて沖縄の強い光では、早く退色してしまうので・・・・。そういう点も含めていろいろ模索中なんですが・・・。」


DSC05662 - コピー


 この工房の職人さんたちが、この産業を主体的にになって「これから日本の人口は減るし、そういう意味で世界的な展開をしないと・・・・。」などという認識もしっかり共有しているのです。
 だからこそこうして京都まで琉球紅型の普及のために幾人ものスタッフを高い交通費を捻出して送り出してきているのです。

DSC05663 - コピー


 こういう世代の方たちがたくさん高い意識をもってこの琉球紅型に向き合ていることは「希望」ですね。

 京都の伝統工芸よガンバレ!というところです。

DSC05664 - コピー



 私はこの後、先ほどのご婦人としばし立ち話をしてしまいました。
 珍しい経験でした。

 そしてちゃっかり11月の写真展の宣伝をしますと「じゃあきっと見に来ます。」と言っていただいて
 「えっ?!だって広島からでしょう?」と大いに驚いたのです。

 宝塚まで音楽を聞きに行く…遠いしなあ
 鳥取まで写真を撮りに行く・・・遠いしなあ

 ついつい<ものぐさ、出不精モードに陥る私という人間が如何にダメなのかということを気づかされました。

DSC05665 - コピー
  1. 2019/09/13(金) 00:00:24|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   琉球紅型よ、世界に ・・城間びんがた工房  Ⅱ

 伝統工芸存続発展のために必要なことの一つは、消費者に対して如何に情報を提供しまた求めるところを引きだすか、そして新たな商品開発のために様々な分野の生産者とのコラボレーションを豊富化・活性化するかということにあると思います。

 活用できる資金はどこにあり、どうすればそれを集めることができるか、それも問題です。

 そのコーディネートやプラニングがなかなか組織だってできないところに一つの隘路があると感じます。

 その鍵を握る人がどうやらこの人のようです。

DSC05613 - コピー


先ほど海外からのお客さんに流ちょうな英語で説明をされていました。

 世界を視野に入れて琉球紅型を広めようと意気盛んです。

DSC05615 - コピー


 この工房の人たちは皆さん「志」を一にしているという感じで、前向きです。

 今自分たちにとって何が大事か、何をしなくてはいけないかと共有していることがひしひしと伝わってきます。

 こういう集団にいることは幸せなことだと思います。

DSC05614 - コピー


 一企業の利益を越えた普遍的な目標を共有していることのすがすがしさも感じます。

DSC05616 - コピー


 この方の先祖は中国大陸からこの琉球紅型のもとになる技術を伝えられた方なんだそうで、そういう意味でも「自分がやるべきこと」に対する強い思いがあるのだろうと思います。
 それにしてもこういうことを聞くといかにも琉球だと感じますね。

DSC05617 - コピー


 中国、韓国、日本、台湾、そして更に広く東南アジアの様々な地方との交易のネットワークの要にいて「琉球国は南海の勝地にして、三韓の秀を鍾め、大明を以て輔車となし、日域を以て唇歯となす。此の二の中間に在りて湧出する蓬莱島なり。舟楫を以て万国の津梁となす」という位置と歴史を見る気がします。

DSC05618 - コピー


 新しい世代が新しい意気込みを抱いて、しかしそれがしっかりと歴史に結びついているとき、力強さを感じます。

DSC05621 - コピー
  1. 2019/09/08(日) 00:00:20|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   琉球紅型よ、世界に ・・城間びんがた工房  Ⅰ

京都、堀川今出川辺りはかつて西陣と呼ばれた地域。
そこには京都西陣織会館があります。
ここでは西陣織や京友禅の職人さんが公開の実演を見せてくれます。

そんな場所に、・・・・琉球紅型の職人さんが。

DSC05600 - コピー


沖縄の「城間びんがた工房」の方です。
この工房が沖縄では最大の琉球紅型の会社だそうで、その総力を挙げて琉球紅型をメジャーなものにしようと打って出たのだそうです。


DSC05604 - コピー


 琉球紅型は沖縄の宝でもあり、日本の宝でもあります。そうであるはずです。

 敗戦必至の情勢の中「もう一度叩いてから」多少とも相手(米軍に)にダメージを与えて、降伏条件をよくしようと、如何なる犠牲を生じても「国体(天皇制)を護持」しようとして戦争をいたずらに長引かせていた天皇以下、日本の戦争指導者たちは本土決戦をできるだけ回避し、本土の被害を軽減するために敵を沖縄に引きつける作戦に出ました。
 そのために制空権をもたない=護衛機を飛ばすことのできない状態であるにもかかわらず戦艦・大和も片道の燃料で出撃させるという愚かな作戦に出ました。それで大和はほとんど米軍に損害を与えることもないまま多くの兵士たちとともに海の藻屑と化しました。

 沖縄は敵に出血を強いるための本土≒天皇制(国体)の壁として敵の猛攻撃にさらされることとなりました。

 多くの人々の命と生活が決定的に破壊されましたが、その際に琉球紅型のほぼあらゆる遺産が灰燼に帰しました。

DSC05607 - コピー


 かつて琉球は中国の冊封下におかれ、また一方島津藩の軍事支配のもとにもありました。
 冊封は中国皇帝の支配に服属する各地の王が貢納品を差し出し(朝貢)、その見返りにそれぞれの地を支配する権限を中国皇帝より認められるという国際的な秩序でした。
 琉球の貢納品の重要品目が琉球紅型で染めた布でした。(ですから庶民はこれを身に着けることができない)

DSC05601 - コピー


 1945年4月から6月23日までの「鉄の嵐」によって島の形が変わると言われるくらいの打撃を受けた沖縄には伝統的で高級な紅型染めの着物もその生産のための用具も資料も灰に帰して受け継がれることがありませんでした。

 それを戦後、沖縄の職人たちやそれを愛する人々の営々とした努力で回復してきはしたものの歴史的な逸品は中国故宮など海外にしか現存しないという現状があります。

DSC05608 - コピー


 中国皇帝はこうした高い技術の工芸品を朝貢してくる王たちに下賜しましたから、それらは世界に広がっていったはずです。
 当然シルクロードによってヨーロッパにも届き、きっと大英博物館などにも保存されているはずです。

 そこで、琉球紅型が非常に優れた工芸品であることを改めて世界に知らしめれば、かつて行き着いた様々な地に眠っている最高級の琉球紅型の着物が再評価され表に出てくる可能性があります。


DSC05610 - コピー



 そういうものが見いだされれば現代の琉球紅型の発展に決定的な革新となる手掛かりが得られることになる・・・そう考えておられるようです。

 全くなるほどと思います。

 最高峰の浮世絵の逸品がアメリカなどの美術館、博物館に収蔵されているのと同じことです。

 ただ違うのは浮世絵は日本にも多数保存されていますが、琉球紅型の着物は、「醜悪なあの侵略戦」に対する反撃のために、しかも国体存続の代償として焼き尽くされたという事です。

  1. 2019/09/07(土) 00:00:38|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    振袖に描く   Ⅱ

 下地のような大きな面積を占めている部分をムラなく染めるのはとても難しい技術ですので、それは別の職人さんが分業します。
 反物は13メートルあるそうで、その端と端ではいくら早くても10数分作業の間隔が空きます。そのことでいろいろな条件が変化しそれが色に現れてしまうのだそうです。
 ですから今日半分作業して後は翌日なんてことは、天候自体が変わてしまう場合が大いにありますから、簡単に決められないのです。

DSC04355 - コピー


 職人さんたちは天気図を眺め、温度や湿度、風のあるなしなどの変化を計算に入れ、クーラーも暖房もないしめ切った部屋で屋で作業するという具合です。
 気象予報「士」と化学「博士」と芸術的工芸的感性と技能と・・・・というのが職人さんなのです。

 だから職人さんを2年や3年で養成することはできないのですね。

DSC04359 - コピー


 職人さんの高齢化と後継ぎ不足はもう何十年も前から指摘されていますが、結局成り行き任せが大勢です。

 それでいて「美しい国を作る」なんてチャンチャラ可笑しいです。

 もう回復可能限界点をとおに越えてしまっています。

DSC04357 - コピー


 何かといえば京都を舞台とするテレビ番組を見ますが、その発想の安易さと無責任さを痛感します。
 
 市長が和服を着ていれば伝統工芸を重視していると考えるのはどういうものでしょうか。

DSC04364 - コピー


 
  1. 2019/07/26(金) 00:00:26|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   京仏具・木彫   渡辺宗男 氏

 伝統工芸師で叙勲もされている京仏具の木工彫刻師です。
 とはいってもこの方は漆もされるし、生地も作られますからただの木工彫刻師ではありません。

工芸の最高峰は京都にあると見定めて南東北から京都に出てきたと言われる方です。

 ずいぶん厳しい修業時代を経てこられたそうですが、地元でも彫の修業をしてきて「地方の彫は京都では通用しない。」と言われたことで一層発奮して向上に努めてきたのだと話されます。

DSCF4452 - コピー


 工作の道具も自分で「鋼を探してきてグラインダーで削って自分で作る。」ことが多いのだそうで自宅に鉄鋼の工作機械もお持ちなんだそうです。しかもそれらの中には既に「動かない」からは遺品となったものを買い取ってきて自ら買い取ってきて、部品を取り換え磨いて再生したものもあるのだとか。
 「小さいころからとにかくモノを作るのが好きだし、絵が描けたから、やってこられたんだね。」


DSCF4455 - コピー


 下絵を描く時点でもう頭の中には三次元の像が浮かび、作業の手順と必要な道具を思い浮かべているのだそうです。

 そしてありとあらゆる場面で、植物にしろ人の姿にしろ、観察しスケッチしているのだそうです。

 とにかく事実を究明してリアルに把握することが大切だとおっしゃいます。

DSCF4459 - コピー


 欄間にしろ仏壇の飾りにしろそこに描かれたレリーフ、透かし彫りの花鳥風月に嘘はないのです。

DSCF4460 - コピー


 胸に下げられるようなペンダント場の仏像も作っておられましたが、こういうことをしていたんじゃもうかりはしないね。ただ好きだから作るんだ。

 そういってお話しするときの表情はまるで子供が自分の宝ものを自慢するようなはつらつとした輝きがあります。

DSCF4470 - コピー


 叙勲されたころは心身ともにとても不調な時だったそうです。それで仕事も長くは続かないかと思ったのだそうですが、叙勲を機会に、こうして認められたのだからと一層励むようになったのだそうで、今はとてもお元気に「好きなものを彫っているよ。」とのことでよいお仕事を選んで制作しておられるようです。

DSCF4479 - コピー


 京人形師の方が「仕事が呼んでいる」時に仕事に向かうとおっしゃておられました。(先日の京人形市の御尊父談)
 また最近は良い素材を使って高度な技能を発揮して創るような注文が少なくて、こういう仕事の水準を保つのが難しくなっているし、若い職人の成長を補償できないということをそれぞれの言い方でお話していました。

 昔の資産家たちは良いものを作らせて収集するような文化力があった・・・・それで日本の文化を高めてきたわけですね・・・けれど今の金持ちはさらに増やすことしかしないし、金をバラまいて優越感に浸って喜んでいるような品の無い低劣な者が多いんじゃないかと危惧します。

DSCF4482 - コピー


 低所得者層の文化的内容も貧弱になってきていますが、金持ちの低劣化はそれに輪をかけているのかなと思うことがあります。

DSCF4487 - コピー
  1. 2019/03/27(水) 00:00:00|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (152)
人物 (1246)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (159)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (200)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (45)
音楽 (385)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (13)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR