FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    京仏具師    Ⅰ

 「京仏具師」という言葉があるのかどうか・・・・ちょっと疑わし、いのですがまああってもおかしくはないかな。

毎年京仏具の見本市のようなイベントがメッセで行われます。そこでは木地師や塗師や仏師、錺師などが実演をしてくれています。

この方は木地師になるのでしょうか。

 昨年もお話を伺い、その腕前を見せていただきました。

 私に気付くと「やあ、あんたは前も来てはったなあ。写真を撮ったはるお人やな。」と即座に思い出してくださいました。
 なんという記憶力!!

DSC08524 - コピー


 御年83歳。安倍晋三氏ならこんな個人情報は漏らさないでしょうけど、私は口が軽いので。
 まさに名人、匠と呼ばれるにふさわしい実績と現在のある方です。
 上の写真で見せてくれている作品は何と足掛け10年の製作期間を費やした小さな大作です。(お値段を付けるとなると私の現役時代の年収を悠に上回るもので、なんと最早。それで「どこの仏具店でも扱ってくれんのです。」と却ってうれしそうです。
 中に照明もつけられているほかいろいろな仕掛けもしてありますが、全部自分の創意工夫で「何か作るのがとにかく好きなん」だそうで、今でも作るのが好きで好きでたまらんとおっしゃいます。

DSC08526 - コピー


 道具を見ていただくとその中に柄が異なった木を継いであるのが分かりますか。
 鉛筆と同じでね、ちびてくると自分で継ぐんだよ、とおっしゃるのですが、それ自体が工芸品のようです。

 彫刻刀もその刃が細いとご自身で付け根を補強しますし、ご自身でのこぎりも作ってしまうのだそうです。

 やはり道具は職人の手足、命なんですね。

DSC08531 - コピー


 お元気です。好奇心と成長意欲の塊みたいな人です。
 
 初めて小僧として親方のもとで働いた時の苦労を忘れないと言います。
 それでそれを思い出しては、若い職人の卵たちに優しく丁寧に指導されるそうです。

 そこに指導を受けた伝統工芸大学校の、今年卒業するという学生が来られました。
 「どう厳しくて恐い先生だったんじゃないの?}
 「いえ、とても優しくて丁寧に教えていただきました。」

 そのことはここではない別のところでも学生から聞いています。

DSC08527 - コピー


 私が人に教えるようなものになるとは思わなんだけど、若い人に伝えられる言うのんはうれしいことやなあ。

DSC08532 - コピー
  1. 2020/02/08(土) 00:00:15|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹   絞り職人

帽子絞りをされています。
少し見ている感じでは、率直に言ってあまり手際が良くありません。
長年この仕事に取り組んだ人とは見えないのです。
どういうわけなのかなあ、手指を故障して作業がしにくいのでしょうか。


DSC04627 - コピー


 お話を伺いました。
 合点がいきました。

DSC04636 - コピー


 この実演はそれぞれの組合で引き受けるのです。そして組合員が調整して実演に参加するのですが、この方は実は「桶絞り」が専門の方でした。
 「ここで桶絞りの実演はしにくいから、急きょ帽子絞りを見てもらうことにした。」という事情がおありになったわけです。
 「京絞り」の組合も組合員が少なくなり、むろん高齢化もしています。

DSC04635 - コピー


 「本疋田はとてもできないけど、それ以外は一通り修業時代に経験しているから、なんとか・・・・。」
 たしかに「本疋田」は一朝一夕にできないのでしょうね。あまりに細かな作業ですしね。

 そういうわけで久しぶりの帽子絞りで少々普段と勝手が違うということでした。

DSC04640 - コピー


 「じゃあ、写真を撮らせていただくと具合が悪いですかね? 本職じゃないし。」
 「いや、かまわないよ。」ということで撮らせていただきました。

DSC04642 - コピー


 来年のグループ展は「職人」でやるというのが第一候補ですから、チャンスがあればきちんと取り組んでおかねばと思うのです。
 このグループに属している意味合いは一面ではもうとても希薄になっているのです。ただ別の面では参加し続ける意味が大きくなっていると・・・・、何を言っているかお分かりにならないと思いますが。
 
DSC04646 - コピー


 どこにも「虻」は必要でしょうしね。

 大した棘は持っていませんが。

DSC04644 - コピー

 
  1. 2019/12/19(木) 00:00:36|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   五代目絞り職人   

 後継者の無いことに悩む?伝統工芸の世界。
「?」を入れたのは、もう表面上悩んでもいないかもしれないからです。
 もう限界点を越えたから「後継者の養成など無理な話だ。」ということが職人さんたちの共通理解だろうからです。
そうです、友禅や西陣の世界はもう完全に滅びの段階に入っています。  行政の無策がその一つの原因です。


DSC04202 - コピー


 そんな中にあって絞りの世界に期待を一身に負う新人が現れました。

 この人のお婆様、お母様から話は聞いていました。 絞りの仕事に入ってくれると言っていると。
 小学校低学年の頃には、『おばあちゃんの仕事を継ぎたい。』と言っていたそうです。

DSC04203 - コピー


 そのお婆様が3代目ですから、「この人は5代目。

 お婆様もお母様も・・・・どうもこの表現はぴったりしないなあ。
 お婆さんもお母さんも、この仕事の大先輩ですから、高い高い峰を見ながら成長できるのは何より幸運なことです。

DSC04207 - コピー


絞りの技術にはいろいろありますが・・・桶絞りや子帽子絞りなど・・・この人のおうちは「本疋田絞り」の匠です。
今絞りの組合ではこの人に期待して、すべての絞りの技術を受け継いでもらおうと総力を挙げてこの人の育成にかかっています。

この人は絞り染めの今日の状況をよ~く知っていますから、それによく答えて勉強に次ぐ勉強をしています。

DSC04206 - コピー


 伝統という名の重い思い使命をずしりとこのかぼそい肩に担いでいます。

 それを本当によく自覚しています。

 私のことはお婆さん、お母さんから聞かされていたようで、初めてお目にかかったのですが、その日が来たという感じでした。

DSC04205 - コピー


 職業として絞りの世界にはいったのが2年前。 そして今年21才です。

 公開実演は今回でデビューという訳です。

DSC04209 - コピー


 座りっぱなしの作業ですし、こうしてずっと首をうなだれての作業ですから肉体的にもきついでしょうし、手指はとても痛いことでしょう。
 台もなしに腕を宙に浮かせたままの長時間労働です。
 本疋田絞りはとても細かな爪先の作業ですし、細かな作業を単純に繰り返す仕事でもあります。

 とても男には務まらない辛抱ができない仕事です。(それで女性が担ってきたというのは、女性に対する差別の結果でもあったのでしょう。)  他の絞りは男性がしても本疋田絞りは女の仕事です。

 ここに自分の人生を伝統工芸に重ねようとする凛々しい女性の姿があります。

DSC04213 - コピー
  1. 2019/12/10(火) 00:00:46|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   つづれ織り   Ⅰ

 西陣織でも最も手間暇がかかり豪華なものがこのつづれ織りです。
 一日集中して作業しても1,2センチの幅しか織れないと聞いたことがあります。

DSCF6251 - コピー


 杼が一体何本あるんでしょうね。それだけたくさんの色を緯糸として使うという事ですね。
 どれだどれやらわからなくなりそうですが、これがいわばパレットに取り出した絵の具みたいなものでしょうか。

DSCF6263 - コピー


 経糸の下の原画が敷かれていて、それを見ながら糸を選んで、必要な本数の経糸を潜り抜けさせて杼を通します。
 そうしておいてその緯糸をくしの歯状に削った指の爪や髪をくしけずる櫛のようなもので掻いてぎゅっと押し詰めます。

DSCF6262 - コピー


 京鹿の子の本びったと同じようにとにかく根気と辛抱の塊のような仕事です。
 そしてこういう仕事は大概女性が専門です。
 男女差別をするわけではないですが、少なくとも歴史的な事実として男はしてきていません、というかできないのだと思います。

 新たにこの色が必要なようです。それでこれを杼に組み込みます。

DSCF6272 - コピー


 


DSCF6276 - コピー
 



DSCF6280 - コピー
  1. 2019/09/30(月) 00:00:40|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    城間びんがた工房 職人   Ⅱ

 今この人が話しているお相手は「染」がお好きで、京都にも何度も来ておられるというご婦人です。
 私がこの職人さんの話を聞きながらケめらを向ていたところに加わりました。

DSC05654 - コピー


 私が低い位置から撮ろうとしたり、あるいはお話を伺うのに立ったままでは「上から目線」になるのでそれを避けるために床に膝立ちで向き合うことが多いのですが・・・・。

DSC05655 - コピー


 その後婦人は私と同じように腰を低くして話に加わりました。
 
 聡明な礼を知る方だなあと思いました。

DSC05657 - コピー


 広島を出て豊田市で開かれている「クリムト展」を見てこちらに来たのだそうです。

 クリムト展を見終わったら「もう夕方で、明日はどうしようかしらと・・・・東京に行くはずだったけれど、京都にしたんです。この会館に来て見学もしたかったし・・・。」ですって?!

 私とは180度行動パターンの違う方です。何と旺盛な行動力と判断の柔軟さ・・・・その点でも私とはまるで違うタイプの方のようです。

DSC05659 - コピー


 沖縄に行った時には数度この城間工房も尋ねたことがあるそうで「染」についての知識もかなりのもの様でした。

 「(染料ではなくて)摩擦などに弱い顔料を使っているのはなぜかしら?」
 「確かにそうなんですが、染料は耐光性が弱くて沖縄の強い光では、早く退色してしまうので・・・・。そういう点も含めていろいろ模索中なんですが・・・。」


DSC05662 - コピー


 この工房の職人さんたちが、この産業を主体的にになって「これから日本の人口は減るし、そういう意味で世界的な展開をしないと・・・・。」などという認識もしっかり共有しているのです。
 だからこそこうして京都まで琉球紅型の普及のために幾人ものスタッフを高い交通費を捻出して送り出してきているのです。

DSC05663 - コピー


 こういう世代の方たちがたくさん高い意識をもってこの琉球紅型に向き合ていることは「希望」ですね。

 京都の伝統工芸よガンバレ!というところです。

DSC05664 - コピー



 私はこの後、先ほどのご婦人としばし立ち話をしてしまいました。
 珍しい経験でした。

 そしてちゃっかり11月の写真展の宣伝をしますと「じゃあきっと見に来ます。」と言っていただいて
 「えっ?!だって広島からでしょう?」と大いに驚いたのです。

 宝塚まで音楽を聞きに行く…遠いしなあ
 鳥取まで写真を撮りに行く・・・遠いしなあ

 ついつい<ものぐさ、出不精モードに陥る私という人間が如何にダメなのかということを気づかされました。

DSC05665 - コピー
  1. 2019/09/13(金) 00:00:24|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (209)
人物 (1343)
絵画 (272)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (202)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (50)
音楽 (450)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (52)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (36)
版画 (3)
手作り市 (64)
働く人々 (42)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR