素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   継承される刺繍

 寺院に伝わる様々な刺繍を繕っています。
 こうしたものは50年100年の単位で寄進されたりするのだそうで、寺院で公開されるのは一年に一度とか二度というようなものも多いのだそうです。
 それが100年150年と受け継がれていくうちにやがて少しずつ痛みます。


 DSC02751 - コピー


 しかし、仏に寄進したモノを痛んだ
からと言って、ハイ捨てましょうという訳にはいかず、多くの寺院では収蔵されたままになっていることが多いのだそうです。

 それで継げるところはできるだけ活かして補修しながら次の世代に受け渡していくこの仕事が、受け入れられたのだそうです。

DSC02754 - コピー


 刺繍された部分の生地を切り抜いて縫い付けています。
 そして刺繍自体もまた補修繕されていきます。

 ところで、この方、色白なところややや細身なところ、額の形などことなくある女優さんに、似ていませんか。

DSC02755 - コピー


 俯いていると余計にそんな感じがします。
 もう一人似ている人がいるように思うのですが、それが誰だったか思い出せません。

DSC02756 - コピー


 キャリアはまだ10年に満たないのだそうですが、成長著しくてなかなか優秀な技能の方らしいです。 

DSC02757 - コピー


 照明はLEDライトの様でかなり明るくなっています。
 LEDライトでないと「光で変色したり劣化してしまうので・・・。」という事でした。
 
 鮮やかな赤の布地を広げていますから、白い肌に強く色かぶりしています。

 それを調整しようとすると刺繍の方が現物の色から遠ざかってしまうので悩みどころです。

DSC02758 - コピー


 それにしても豪華なものですね。
 周囲には鳳凰や孔雀の見事な先品が掛けられています。

 伏見の工場にはかなり高齢の職人さんもおられて「年を取ってもできる仕事だから、続けられるように仕事を取りたいのですが・・・。」と。
 注文に時間的な長い大きな波があるのだそうで、そういう中で経営に苦労がおありのようです。
 でも職人さんたちを維持し、こういう仕事で社会に役立っていこうとする気持ちが責任者の方からひしひしと感じられました。

DSC02759 - コピー


 それを耳にしながらこの職人さんも安心して仕事に励めるだろうなあと思いました。

DSC02761 - コピー
  1. 2017/02/05(日) 00:00:56|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   西陣織下絵

 昨年暮れから新年にかけて例年より暖かい日が多かったように思うのですが、この前の土日頃からは本州でも寒い日が見られるようになりました。

 これから寒さの底に近づきますね。
 自転車で出かける私にとってはうれしくないことですが、「冬来たりなば春遠からじ」の期待を持ちたいところです。
 もう梅が咲き始めていますからね。
 
DSC02307 - コピー


今作業をしている場所の脇には以前の下絵の原画が置かれています。
原画は基本的には問屋さんに手渡されるものですから、下絵の職人さんが保有しているものはまれなのです。
そしてご自身のものでなくなったものはこうして展示することも「いいよ、写真に写っても。」とは言えないわけなのです。
そこも職人と作家の違いでしょうか。

DSC02308 - コピー


 経済成長が順調な時には注文の帯も金銀が施され絵柄も複雑で豪華なものだったようです。
 結んだ帯の太鼓のところに絢爛たる織りや刺繍や箔が施されているのですが、結んだ時に見えない部分にまで手の込んだ仕事がされています。

 ところで、かつての話ですが、
 結んだ内側になれば見えないのですから「無駄」と言えば無駄なんですが、そこにまで行き届いた仕事をさせるのが「豊かな」人たちの「好み」だったわけです。
 今の成金たちはそういうことは求めないようです。見せて驚かせて感心させてナンボですから。
 だから彼らの発言は底が浅く、行き当たりばったりで、しかも欲得づくが露骨で、それに居直っている品の無さです。誰がとは言いませんが、まあお判りでしょう。


DSC02311 - コピー


 最近では抑えめの色遣い、意匠のものが多いんだそうです。
 服飾のデザインが時代の空気に影響されるというのは当然と言えば当然なんでしょう。
 私自身の服も今や「着られればいいか」のレベルです。何しろ掛け値なしの年金生活者ですからね。

DSC02312 - コピー



 カメラを買うか服を買うかと言えば、「両方!!」なんて贅ができないことは当然の事、まあ壊れるまで、破れるまでは我慢しようということにならざるを得ないわけなんですね。
  
DSC02313 - コピー


 私たちの後の世代は、ますます…今のままの政治では・・・しんどくなるわけですから、こうした高度な伝統産業の行く末も良い展望がないわけなのです。
 労働者が賃上げのストライキをし、それに職人たちも加わるようでないと、事態は好転しないのでしょうね。
 労働者もまた職人たちのえとぁざの文化的価値とともに収入に関心を持つべきでしょ

DSC02315 - コピー
続きを読む
  1. 2017/01/17(火) 00:00:35|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   西陣の行く末を憂う   

 伝統工芸士であり「京の名工」でもあり・・・・。

 この道、四十有余年

DSC02100 - コピー


 しかし、「この業界では(私は)若い方で、   私より下は・・・・指折り数えて・・・・ほんのわずかだねぇ。」

 この仕事は織物を作るうえで、下絵を縦糸と横糸の関係に「訳し変えて作業図」にするものです。
 方眼紙に下絵を書き写しながら横糸の指図をするわけです。
 傍らには糸の色指定もされています。

DSC02102 - コピー


 この仕事は以前にもご紹介しました通り、今ではほとんどコンピューター上の作業になっています。
 「私らみたいにこの仕事を経験してきて、それをコンピュータ導入の誕生期からずっとしてきたものと、この手書きの仕事の経験のないものとではおのずから仕事に理解も精度も違ってくる。自分たちの後ではもうこういう技術は無くなるわけだね。」

 DSC02103 - コピー


 「やってみると面白い仕事なんだがなあ。」と幾度も繰り返されます。

 ご自身がこの「意匠紋紙」の組合の責任者もされておられるので、この仕事のこれからをとてもとても心配されています。
 「色々取り組んでみるんだが・・・・。」と悔しさを隠しきれません。

DSC02104 - コピー


 ところで、

  続きを読む
  1. 2017/01/13(金) 00:00:49|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと   by 蒼樹   帯の下絵職人   Ⅰ

 帯の柄の下絵を描かれています。
 この机の脇に作品があります。 
 様々な色の箔が押された豪華なものです。ですが、けばけばしくなくて落ち着きのある豪華さです。

IMG_6813 - コピー


下書きは彩色する場合もあれば、こうして線書きの図案で問屋に渡す場合もあるんだそうです。
「前に別の下絵を渡して帯を作っている場合は、『この前の感じで…。』と言えば問屋も織りても色の選び方や箔の置き方も分かる」んだそうです。
 さすがに専門家同士の阿吽の呼吸です。


 IMG_6819 - コピー


 着彩して問屋に渡しても問屋の判断で色を変えたり、図案の一部を切り取ったり組み合わせを変えたりします。
 私など「自分の作品を勝手に変えるなんて、・・・・。」と思うのですが「自分の下絵を活かしてより良いものにしてくれるとそれは又うれしいもので・・・。」と言われます。

IMG_6822 - コピー


狭量な著作権意識や膨満した独自性とは違った考えをお持ちなのだなあと感じました。

 江戸時代の農学者は自分の発見や・工夫を広く農民に開放しています。
 無論、領主がそれを封じ込めたり、研究者自身も自分の名声や栄達のために秘密主義に陥ることがありました。その最たるものが「御家流」「家元制」ですが、しかし飢饉に苦しむ人々のために積極的に知見や工夫を広めたものも多かったのです。
 
 エイズの特効薬の特許を秘匿する某国家と製薬資本。研究者の倫理も問われます。軍産学複合体が拡大すればこういう傾向は一層はびこります。日本の大学に軍事研究の「飴玉」がぶら下げられているのが危惧されます。

IMG_6825 - コピー



 それにしてもこうした伝統工芸の世界が衰弱している姿は目を覆うばかりです。

IMG_6833 - コピー
 

 もう残された時間はほとんどないのに・・・・。
 財界などが観光利益ばかりを狙って(心ある人々の善意とはうらはらに)進める「世界文化遺産」などということにうつつを抜かしている場合じゃないと私は思っているのです。

IMG_6835 - コピー


 こうした伝統的な高度に洗練された工芸や芸術を現代と未来に活かしていかなければ、わが国固有の伝統文化などといってもその内容は空疎なものになり、やがて、張りぼての嘘にまみれた粉飾だらけの昔話だけになってしまうでしょう。

 伝統は現代に生かされなくては死んでしまいます。それを逆に現代に生きていけないのだから滅んでも仕方がない、それが現実だなどと訳知り顔で言う人がいますが、これだけの宝を現代生活に包容できないとしたらこれからの私たちの文化の可能性などたかが知れているということになると私は思います。

IMG_6839 - コピー



 IMG_6842 - コピー
 
 


 
  続きを読む
  1. 2017/01/08(日) 00:00:14|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹  帯下絵職人

 晩秋ですね。

DSC00758 - コピー



 以前お目にかかって写真を撮らせていただいたことがあります。
 覚えてくださっていました。そしてその時に見ていただいた若い女性七宝職人さんのことも「今はどうしてる?」と気にかけてくれていました。

 伝統工芸のほとんどの分野で若手がいなくて後継者が途絶えてしまう現実的な心配があるからです。

DSC00755 - コピー


 帯の下絵を描かれています。

珍しく?私よりいくらか年下です。
「いつも年かさに見られてしまうんですが、案外若いんですよ。」とご本人。


DSC00753 - コピー


 この下絵のようなデザインだと「織るのが難しくなる」のだそうです。色違いの横糸が多くなりしかもそれが錯綜すると織ったときにデザイン通りの切れが無くなることがあるんだそうです。となりあう糸の重なり具合というか、隣り合う具合というかそれが難しいんだそうです。
 この絵はご自身の創造です。
 こういう絵を描くためには様々な名品の意匠を学ぶ必要があります。そのためにご自宅には大判で分厚い資料がずいぶんたくさん「貯まってしまいました」とのことです。
 ご自身が無くなったら「もう下絵は焼き捨てられてしまうんだろうなあ。活かしてくれる人があれば・・・。」と遠い未来を眺めて言います。

DSC00754 - コピー


 そういうものを引き継ぐ人がいないので結局廃棄されるだろうとおっしゃるのです。
 そこで「そういうものは国有の財産として、世界に公開したらいいんじゃないでしょうか。」と申し上げました。
 京都の西陣で引き継げないんだったら人類の財産として、世界に公開するのです。知的所有権云々などと言っているル場合じゃないと私は思うのです。そうして世界のどこかで誰かがこの方の意匠を継承して発展させる、そういうことを構想してよいと思うんです。


DSC00739 - コピー


 なるほどそれもいいなあと好意的に受け取っていただけました。
 「ただし堀川さんの名前は敬意を持って表示するんです。」

 こういう下絵は買い取られていきますが、その通りに使われるとは限りません。

 ある着物の展示会で見た時に下絵の本画とそれを織って縫った着物とが並べて展示されていました。
 紙に絵の具で描いたものと実際に絹糸を染め、降り、金彩などを施したものではおのずから風合いや光沢が違いますが、明らかに色を変えたり、例えば花の一を微妙にずらすなどされていました。
 それが見事に成功しているので受賞もしていたりするわけですが、本画の方が落ち着きがあていいなあなどという場合も、人の好みによって生じるわけです。

DSC00744 - コピー



 知的所有権がやかましく言われていますが、人が生み出したものは人類の財産だという考えもあります。排他的に利益を得ないと承知しない資本主義の論理とは違う世界もあるんです。

 京都の伝統も世界に開いていかないと早晩衰退してしまうんじゃないかと、それを恐れます。

DSC00751 - コピー
 


 
  1. 2016/11/29(火) 00:00:41|
  2. 伝統工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (920)
絵画 (204)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (208)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (27)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR