素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   印章の名工


 現代の名工のお一人です。
 印章を彫っておられます。
 彫刻刀の下に引いている木片が[支点」となって役割を果たしています。

DSC02877 - コピー


 片刃の彫刻刀も使いますが、これは先端に刀身とは直角に刃がついています。

 刃の幅は様々ですがこの彫刻刀の場合は1ミリもありません。

 彫刻刀はご自身で作ります。 刃もご自身で付け、常に丁寧に研ぎに研ぎます。

DSC02879 - コピー


 道具は職人の命です。
 その方の手指の延長ですから、刃の角度もその人その人で違います。
 この方のものはかなり鋭角に切っ先までの角度をつけて、その先に刃がついています。

DSC02884 - コピー


 
 鋼に握りになるように柄を付けますが円錐を二枚に割ったような板で、鋼を挟みそれをタコ糸で何度もまきます。すべてご自身の手指の感覚に合わせて、ご自身の技能を最大限に発揮できる形にご自身で制作します。

DSC02897 - コピー


 粗彫りから仕上げに入ると周囲のふちも文字の線もエッジが明確になり俄然クリアになります。
 荒彫りの時でさえこんな繊細な線が・・・・と思うのですが、その線がまるでボケた曖昧なものに見えてくるのです。

 コンマ1ミリほどの周囲の縁の側面がきりりと立ち上がります。
 それを拡大鏡で見せていただきます。

DSC02903 - コピー


 こういう公開実演の場でするのは粗彫りまでが普通だそうです。
 そこまでならたとえ話しかけられても大丈夫なんだそうです。でも仕上げに進むと・・・・お店ではお客さんが来ても放置だそうです・・・・・深く深く集中します。
 話し込んでいるうちに「仕上げをして見せましょう。」とおっしゃって仕上げ用の彫刻刀をとって彫り始めてくれました。
 その集中する表情は先ほどまでの表情とは画然と違います。呼吸も違います。
 粗彫りのときでも随分な集中力だなあとみていましたが、それは全然違う精神的な集中の世界です。
 私がシャッターを切るこちらの世界に心はおられません。そんな感じがするほどです。

DSC02913 - コピー


「これでどうかな。」

DSC02914 - コピー

 
  1. 2017/11/19(日) 00:00:17|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   これから    Ⅱ

 七宝の職人なのですが、なかなか七宝の制作で思う存分のことができないようで・・・・・。
 和服文化の衰退に伴っての不振もあれば、七宝の食器などのしっかりとした色彩や硬さよりも透明感やさわやかな彩が好まれる傾向も影響しているのかもしれません。
 七宝の良さは確実にあるのですが。

 この時は銀の簪の制作中でした・・・・・。

DSC02359 - コピー


 お会いして間もないころには町中でも撮らせていただいたのですが、最近はなかなかそういう機会がいただけなくて・・・・大いに残念です。

 この写真で手前の目の睫毛にピントが合っているのは50ミリ単焦点で撮っているからです。
 このレンズはプラスチックの鏡筒で決して高価なものではないのですが、気に入っています。非常に素直に撮れます。
 これも年式で違うのですね。
 50ミリでこうして撮るためには相当身を乗り出して迫らなくてはなりません。

DSC02361 - コピー


 85ミリより広い画角は使い勝手がいいです。
 50ミリを「標準レンズ」という風に言うことがありますが、・・・・・その標準の「基準」が分かりませんが・・…確かに使いやすいレンズだと思います。

DSC02362 - コピー


 今年おいくつになったのでしょうか。
 初めて会った時には〇〇歳だったのだから・・・えーと?  
 リタイア後の私に気合を入れてくれた人の一人ですから徒や疎かにはできません。

DSC02366 - コピー


 というか職人としての行く末に思わず気をもんでしまいます。
 私よりずっとしっかりした人なんですが、誰にしてもなかなか思うような仕事はできないものですから。 

DSC02371 - コピー


 たまたま今日がこの会場での公開実演の最終日。
 それを知らずに訪問したのですが、お蔭で85ミリが「これだけずれたら使えない。」とはっきりさせることができました。
 それでも使いたくなる魅力のあるレンズなんですよねぇ、悩ましいことに。

DSC02373 - コピー
  



DSC02374 - コピー
  1. 2017/10/29(日) 00:00:24|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   これから・・・・。   Ⅰ

 初めて写真を撮らせていただいてからもう5年目に入るお付き合いでしょうか。
 と言っても年に一度か二度ご尊顔を拝する程度ではあるけれど、そのたびに無遠慮にカメラのレンズを向けさせていただいてきました。

 「今日も試し撮りしたいレンズがあるので来た。」というのが口実です。

 DSC02317 - コピー


 この人の方は、何しろじっとしていなければならないわけですから、私がぐるりを経巡りながら、ぶつぶつと独り言ちして撮りまわるのを逃れられないのです。が、それをいやな顔一つしないで受け入れてくれる極めて・・・私にとっては・・・・貴重な人です。
 まあ長いお付き合いがあればこそだろうと思うのですが、ひとえに私の図々しさによるところもまた大ではあります。

DSC02318 - コピー



 この人をきれいに魅力的に撮れないようなレンズでは話になりませんから、やはり単焦点で撮りたくなるんです。

DSC02320 - コピー


 私がのぞき込み、回りこんで良い光と表情のアングルを探し出すのを「へ~、そこからなんだ。」と目の端にとどめているのかどうか。静かに受け止めて視線も動かさずに制作を続けます。  

 私は床に座り込み体を傾けて・・・・・事情を知らないで会場にお見えになったとお客さんは、何事やらん、実に胡乱な輩がいる、係員に連絡しなくては、などと走りかねません。・・・・・撮るのです。

 DSC02322 - コピー


 やはり後ピンになる傾向が強いですこのレンズ。 というか後ピンです。
 困った。

 この人の睫毛をとらえられないようなレンズでは実際役に立ちません。

DSC02325 - コピー


 MFで頑張っては見ますが・・・・。


DSC02337 - コピー


 「作品展や即売会の時などのプロフィール用写真が欲しいので・・・・。」と言ってくれていますので、これ幸いに撮ります。
 
 その写真に「by 蒼樹」を入れていただけるのですが、こんな後ピンじゃ「お恥ずかしい。」

 ご自身の魅力で何とかカバーしていただきましょう。

DSC02341 - コピー

 
  1. 2017/10/28(土) 00:00:29|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   お久しぶりです  Ⅱ

 手指がきれいに出ています。
 ですから使えないレンズではないと思うのですが。


DSC07333 - コピー


 私の露出設定やピントのつかみ方に問題があるのでしょうね。
  
 まあ、うまくいかなければ「また練習に来たよ。」とお願いすることになるので、私としてはそれはそれでいいのですが。

DSC07334 - コピー


 キャノンはこのFDレンズを・・・・・といまさら言っても詮無いですね。
 
 やはりこのFD85ミリ LはニューF1に付けるのがいいようですね。

DSC07335 - コピー
 

 次の機会はフジX100Fの試し撮りにしたいと思います。
 このカメラには一年かけて慣れていかねばなりません。
 とてもよくできたカメラだとは思いますが、やはり一眼レフカメラが撮りやすいです。ファインダーはOVFで。

DSC07336 - コピー


 街を徘徊して「人探し」をするときに一眼レフでは重いから、このミラーレスカメラを購入したのですが、人に向かって撮ることをイメージした時に、やはりこのカメラでは「ちがうな」と思うのです。
 ストリート撮影用のカメラですね、やっぱり。
 でも一年後きっとある状況で役に立ってくれると思います。
 それで当分はカメラは三台持って撮ることになりそうです。荷物はますます重くなる。何だか自分の現状に逆行しているなあ。

DSC07337 - コピー


 う~ん、どうも左右のバランスが悪いなあ。

DSC07341 - コピー
  1. 2017/06/07(水) 00:00:22|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   お久しぶりです  Ⅰ

 この人にも随分お世話になっているのです。
 七宝を中心として彫金もするとてもしっかりした人です。

DSC07318 - コピー


 長らくお会いできていませんでしたが「しばらく京都に通いますのでよろしければ・・・。」と連絡をいただいたのです。
 
 ますます職人の指になっていますねぇ。
 我が家の女性陣の中ではCさんと、この人がことのほかお気に入りの若い女性なのです。

 私にとっても大切な人で一回目と二回目の個展の際にDMを飾ってくれました。

DSC07320 - コピー


 こういう場でお会いしなければ決して「撮ってもいいですよ。」とは言ってもらえなかっただろうと思います。
 ご本人もそう言っています。

 でも、・・・・。

DSC07325 - コピー


 今日はキャノンの単焦点レンズ85ミリ Lが使用に耐えるかどうかを「試させて。」という事で来ています。
 まあ半分は、会いに来るための口実ですが。
 FDレンズですがα900に付けて撮ってみようという訳です。

DSC07328 - コピー


 そう言う事情をお話しすると「どうぞご自由に・・・。」と許していただけます。
 私は返事をいただくまでもなくカメラを取り出して、撮る気満々です。

DSC07329 - コピー


 高校生の頃に絵を描いていたこともあって私の写真に少しばかり理解をいただいて、以前はずいぶん撮りました。
 個展にもだしましたが、まだまだ出したい好きな写真が何枚もあるのです。が、たまたま個展の流れにうまく乗せられなくてお蔵入りをしています。
 

 DSC07330 - コピー


 それにしてもこのFD85ミリ Lを何とか生かしたいものです。
 持っているツァイスの85ミリをα900に付けられないのがなんとも悔しいのですが、何とかして単焦点の85ミリをα900に付けたいのです。

 DSC07332 - コピー
  1. 2017/06/06(火) 00:00:21|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (122)
人物 (1025)
絵画 (216)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (130)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (169)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (255)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (32)
書 (7)
状景 (8)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (43)
働く人々 (21)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR