素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   新人登場・竹細工

 三月四月は年度の切り替わり。
 いろいろなところで顔ぶれが変わる。 ニューフェースにお目にかかる機会でもある。

DSC04832 - コピー


 最高学年が卒業すると、もう3月中に昨日までの1年生が2年生になる。
 そして彼らは卒業年度に入ったことを自覚し始める。

DSC04805 - コピー


 卒業年度の最大課題は、当然のことに卒業制作。
 2年生のカリキュラムは早い。慣れるのに精いっぱいの年を終えれば、学びの成果を示す制作に取り組まねばならない。
 
 先輩たちの卒業制作の展示を身近に見ながら自覚を深める。

DSC04812 - コピー


 現職の頃毎年「最後の挨拶」をされる先輩諸氏の姿を見ながらいつか自分もああして皆に別れを告げ自分なりにそれまでを総括するんだろうなあと、その日の自分を想像していた。

DSC04817 - コピー


 そして、それぞれに人に対する人物や仕事に対する評価はともかくとして、人生の一区切りを迎えた先輩に対してはしっかり敬意を示したいと思ったものだ。
 自分もあとに残る人たちのそういう眼差しを裏切らないように区切りを越えたいと思っていたのだが・・・・。

DSC04822 - コピー


 そういう区切りは遠い昔になり、自分に対する意識としては、毎年訪れるこの時期に対する感慨も次第に薄れて、時間の進み方、展開の仕方の違う「今」を大切にしようという意識が湧いている。
 日曜日が他の曜日に対して特別な意味を持つ生活は終わり、毎日が同じ顔をするようになった生活のメリハリは強いられたものではなく、お仕着せられたものではなく自分で設計していくことができる。
 そのことを楽しみたい。

DSC04823 - コピー


 ここにいる職人の卵たちを見ていると、一層自分の立ち位置を意識せざるを得ない。

 ここに写真を撮りに来るのは彼らを激励する気持ちとともに、自身の姿を見るためなのかもしれない。

DSC04825 - コピー


 「少年易老學難成   一寸光陰不可輕   未覺池塘春草夢   階前梧葉已秋聲」
 の句は、若者に対して「うかうかと時を過ごしたらいけないよ。」という諭として引かれるが、そういうことを言われても、凡庸な私などは、言われた時には到底実感できず、何ほどか実感を込めて理解するのは色づいたあお桐の葉を眺める今更になってなのだ。

 だから、いま人生の先輩たちが言う言葉に耳を傾けることができる人生の季節となっているわけだが、そこで「後悔先に立たず」を苦くかみしめることになるわけなのだろう。

 先に立たなかった「後悔」の苦さを感じることで、残された時間の愛おしさが増すというものだ。

DSC04827 - コピー

 
  1. 2017/04/27(木) 00:00:25|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    竹細工 まだ始めて間がないんです。  Ⅱ

 桜の枝には緑の若々しい葉が混じり、満開の花は高い山か北国に行かないと見られなくなりました。(・・と予約投稿では書きましたが、実際は開花が遅れて今まさに満開です。今日は晴れて青空が広がっていますから、花見には最高ですね。)
 新緑の世界もまたすがすがしくほんわかしていいものです。
 春の山が「笑う」と表現されるのは、言い得て妙だと思いますねぇ。

DSC04437 - コピー


 この竹かごには何が入れられるのでしょうか。
 
DSC04438 - コピー



 指に巻かれたテープが気になりますね。
 「まだ時々傷を作ってしまうんです。」
 職人の手指は仕事とともに出来上がっていくんですね。

DSC04439 - コピー



昔はその人の手指や体つきを見ればその人の職業が分かると言われました。

確かに今でもそういうことは一面いえますね。
猫背気味で首にS字カーブが無くなっている人は一日中キーボードに向かっている人かもしれません。

 いえいえ、それはスマートフォンが手放せない人かな。

DSC04441 - コピー


 そういう体や手指の人が築かないほどの微細な特徴を見て「あなたの職業は○○系ですね。」なんて占う人もいるのでしょう。
 名探偵××なんていうのもそういう才がありそうです。

DSC04442 - コピー


 職業は長く続ければそれだけ身体に反映されます。
 私などもスナックのママさんたちから職業を当てられなかったことは、ごく若いころだけでした。

DSC04443 - コピー

 
続きを読む
  1. 2017/04/13(木) 00:00:59|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    竹細工 まだ始めて間がないんです。  Ⅰ 

 職人の世界に若い姿を見る、それも若い女性の姿を見る機会は少ないですが、ジャンルによって事情は少し違うようです。
 竹細工の世界では・・・・印象としては・・・・比較的女性が多いでしょうか。


DSC04432 - コピー



 「春の職人実演まつり」に指物や象嵌などに並んで「京竹工芸」の分野からも実演の方出ておられました。

 職人さんたちの実演を無料で間近に見られる機会が作られていました。

DSC04433 - コピー


 ご自身や会社の工房でも仕事とは環境、条件が違いますし、何しろ人の視線を集め作業中にも声をかけられますから、身体的にだけでなく精神的にもお疲れになるでしょう。
 まして、仕事の経験があまり長くないとなれば・・・・。

DSC04434 - コピー


 その上私のようになんだかんだと長い話をしたり、挙句写真をしつこく撮るような者がいればなおさらです。

 けれど、工芸仕事を広く理解してもらおう、できれば後継者になるような人が出てくればなおいいなあなどと思うお気持ちで『実演』を業界(組合)としても個人としても引き受けておられます。

 それで?私も少しでもその様子が広がるようにこうして写真を撮ります。

 まあ、もっとも、主たる動機は別なんですが。

DSC04435 - コピー


 この人は「写真は苦手なんです。」とおっしゃいますのでたくさんは撮りません。・・・・かな?


DSC04436 - コピー
  1. 2017/04/12(水) 00:00:11|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと   by 蒼樹   仏具を作る   Ⅱ

 機会があって出会った人に私の撮った写真を見ていただくと「職人さんたちのうちこむ表情がいいですねぇ。」とおっしゃっていただくことがあります。
 たまたまそのファイルにそうした写真が多いのもその理由の一つでしょうが、高度な技を持った方たちに対するある種のイメージも働くようです。

DSC04362 - コピー


 そうした高度な技を…外見上・・・・淡々とやすやすと見せてくれます。
 いちいち最大限に緊張して、やり遂げられるかどうか・・・・と固唾をのむように仕事をしているようでは、職人ではないのかもしれません。
 ある意味で「ルーティンとしてこなしていけるほどに身体化した技能」ということになるでしょうか。

 野球のイチロー氏のバットコントロールのように。

DSC04366 - コピー


 考え、意識していたのでは間に合わない世界だろうと思います。

 前にも書いたように「意識の無意識化、無意識の意識化」ということがやはりカギですね。
 写真も同じだろうと思います。

DSC04371 - コピー


 そこで大事なのは、まず「無意識の意識化」です。
 ここがまず難しい。その意識化のためには科学的知見が必要になります。
 そこが私には弱い。

DSC04373 - コピー


 さて、いろいろお話しているうちに、ある工程を一周やり終えてから、次へと進むステップを「道具と作業の様子」の紹介として、一か所で次々と進めていただきました。
 道具の数ほど工程がある、いえ、加工の違いによって道具が生まれるという事でしょうか。
 加工が複雑になればなるほど道具が増え、道具によってさらに難しい加工が可能になる。
 まさに弁証的発展過程だなあ。

 彫る彫刻刀ではなくて、山の背に凸のアールをつける彫刻刀です。

DSC04375 - コピー


 そして今度はその山のラインが反るように形成しています。

DSC04380 - コピー

 
 そしてまたアールを調整して・・・・・・。

 

DSC04381 - コピー
  1. 2017/04/11(火) 00:00:07|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   仏具を作る   Ⅰ

少々撮影条件が悪いです。
もっと高感度で撮れるカメラなら問題はないのかもしれませんが。

DSC04351 - コピー



 仏壇の一部を作っておられます。

 鉛筆で見当がつけられていますが見えない側から彫刻刀を入れて雲形の線を描いて掘り込みをきちんと鉛筆の線に削り口がそろえています。
 線が見えていても難しいだろうなあと思いますが、すべて経験に裏付けられた感と手指の感触でピッタリです。

DSC04354 - コピー


 「それほど意識して彫っているわけではないけど、まあそこはね・・・・。

 それにまだこれで完成ではなくて・・・・。」

DSC04358 - コピー


 谷になる部分も山になるところもまだまだ形成していくのですから、そこで修正も利くとはいえ・・・・・。

DSC04360 - コピー


 全身が彫刻刀の先に集中しています。
 
DSC04362 - コピー
  1. 2017/04/10(月) 00:00:41|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (885)
絵画 (202)
陶器 (52)
染色 (16)
工芸 (120)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (34)
装身具 (41)
お店 (36)
音楽 (198)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (25)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR