FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   春ですねぇ  銅心さん

これまでに何度撮ったことでしょう。
銅心さん。
彼も僕も、もうそんなにいつまでも生きられるわけじゃないし、ここまで人生を過ごしてきたことをほろ苦く思い出しながら、
さあこれから残ろ少ないけれど、どうするかね。
今やれていることを最後まで続けるしかないよね。
そうだね。そうしようかね。
と話す…友達とも言えないけれど・・・まずは「よっ!ご同輩」という間柄の    人です・・・かな。


DSC00002 - コピー


 この日はご婦人がお二人先ほどまで居られて二つ三つのモノを買っていかれました。
 口ぶりではどうもとても気に入って、またお仲間を連れて来られるような気配でしたね。
 そして私の横には先客として水彩の道具一式をお持ちの絵かきさんです。
 何枚かこの辺りの風景を描いたものと、同心さんを書き込んだものを持っておられましたから、もう長いことこの辺におられたのでしょう。

DSC00003 - コピー


 絵描きさんは、銅心さんの売り方にずいぶん感心していて、「買うように説得しないんだよね。勧めないんだね。でもあれじゃ買うよ、結局。」と銅心さんの話しぶりにいたく感心するのでした。

DSC00005 - コピー


 欲しいと言おう人には売るよ。でも「材料の銅の卸価格は○○で、出来具合は◇◇で…じゃあよほどお買い得だから買っておくか。転売してももうかりそうだ。」などと計算している人には売らないよ・・・というのが銅心さんの流儀。
 自分の店で扱いたいから月に△△個作ってくれなんて言う注文もあったらしいけれど、それじゃあぜひ欲しいと言って遠くからわざわざ来てくれる人に回らなくなるからと言って断ってきたことも一度ならず・・・。

 DSC00011 - コピー


 金属工芸の経験があるから、自分もこの仕事を覚えたいという人が来ても、たいていは音を上げて続かないね。
 問題は指だよ。10歳前からやった者でないと指先が割れるからね。
 道具を使えば銅線に必ず傷がいく、それじゃあいいものはできないしね。

 絵描き氏に 得々と話す。

DSC00012 - コピー


 絵描き氏はその服装を見てもそこそこの暮らしぶりの人らしく見えます。
 少なくとも私や銅心さんより、相当裕福でしょう。

 「路面店を出すよりコストから言って大分有利だね。」などと経営分析をする。まあそうなんでしょうね。
 でもその絵描き氏には同心さんの生い立ちや経歴が分かっていないから、ここに座り続ける銅心さんの覚悟や事情が見えていない。

 DSC00010 - コピー


 まあ、斯くいう私だってもう7,8年越しの付き合いだけれど彼のことが分かっているとはいいがたい。
 時々ちょっと下ネタを振ってくる銅心さんに対して大笑いでかわして、現代の女性観察の鋭さに触発される。
 行きかう高齢富裕女性に対する批評眼も鋭い。

 私のように表面をなぞって一知半解で暮らしている盆暗とはちょっと訳が違う。

DSC00008 - コピー


 写真は撮れるときに好きなだけ撮っていけばいいよ、と言う。
 
 この前もちょっと有名ならしいカメラマンが撮っていったけど「わしはそういうのさ。」

DSC00015 - コピー


彼は少し手を休めた時にタバコを喫うけれど決して灰や吸い殻を地面に残していかない。
何時もほぼ正確に午後4時には引き上げる。時々その後通るときがあるが、決して汚れていたことがない。
前にも書いた通り服装も何時だって清潔でこざっぱりしている。だjから女性に人気があるのだろう。
私のように風采の上がらない風体では決してない。それは一年を通して。

DSC09999 - コピー



 仕事ぶりもそうだが、日々の処し方に筋が通っている。
 まあ、大げさに言えば、毎日の生活のレベルに「哲学」があるともいえようか。
 
 こういうところがすがすがしい。

 私自身のないものねだりをかなえていて羨ましいともいえる。

 COVID-19の感染もうまく逃げおおせて、安倍不況も乗り越えて命あるうちは生きましょうね。銅心さん。

DSC09998 - コピー
  1. 2020/03/30(月) 00:00:23|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   手描き友禅

 もう四月が目前ですねぇ。
 ずいぶん暖かくなりました。  それにしても京都の風景は昨年と大違いです。 毎年桜の木の下にたくさんの床が作られて、おでんやら焼き鳥やらが販売されてあちらでもこちらでも職場の仲間町内の集まりが酒を飲み交わす姿であふれていた平野神社でも「飲食お断り」です。
 桜を愛でてそぞろ歩くのはいいとしても・・という事ですね。

DSC09971 - コピー


 あの錦市場だって歩く私の前後ろに広く空間ができますからね。
 清水坂の歩きやすいこと。

DSC09975 - コピー


 それでもまあ腐っても鯛というところでしょうか、京都には観光客は多いですね。
 ホテルなどは宿泊費が半額というところも少なくないようで、名所旧跡も空いていますから、今が却って行き時だという人もい多いのでしょうか。
 土日には他府県ナンバーの車がたくさん入りこんでいます。

DSC09978 - コピー


 最近目立つのが・・・・まるで主観的ですが…愛知県ナンバーでしょうかね。
 愛知県は報告されている感染者数も多いですが、多分表面上出ていない・・・何しろ検査はずいぶん抑制されていますから・・・知られていない感染者数はけた違いなんでしょうね。

DSC09981 - コピー


 この際トヨタが検査キット作りとかマスク製造とか、あるいは人工呼吸器などの制作会社を作ったらいいのにと思うのですがね。何故しないのでしょうねえ。利潤も内部留保資金も世界有数なのに、こういう社会貢献はまるでしないで知らぬ顔を決め込めると言うのはどんな企業風土なのでしょうかね。 
 ずいぶんたくさん税金で補助を受けたり、税金を軽減してもらっているのに「恩知らず」と言っていいんじゃないかな。

 さて、この方は日本画の素養のある方だそうで、それが大いに役立っているそうです。

DSC09979 - コピー


 京都には市立芸大など日本画を学ぶ学校が少なくないのですが、昔はよく画家になる人や、なった人がこうして友禅の手描きにかかわっていたそうですから、そういう意味ではある意味で普通のことと言っても良いかもしれませんね。
 芸術と工芸の間で人的な交流があったわけですね。
 プロの画家が扇子なども描いていましたね。

DSC09988 - コピー


 伝統工芸の世界に若い人の姿を見るとちょっとうれしくなりますね。
 
DSC09990 - コピー
  1. 2020/03/29(日) 00:00:45|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   木工  家具から「おひなさま」まで  Ⅱ

 もともとは長野県で家具製作に携わっておられたのだそうです。

DSC06224 - コピー


 私が目を止めたのは「おひなさま」と「kabuto」でした。
 ことに「おひなさま」はそれぞれ二種の木を組み合わせて作られているいのですが、形が徹底的に単純化されていて、もうこれ以上省略したら男雛、女雛であることが分からなくなるという限界まで突き詰められている、その素晴らしさでした。
 大したものだなあと眺めすがめしていたのです。

DSC06220 - コピー


 写真でも抽象化ということを少し意識しないといけないかなあなんて思うこともありますので、よほど感心しました。
 写真は、第1感では、具体も具体、具体でしかないというものですから、抽象とは縁遠いと思われるわけなんですが…抽象の無いところに芸術はないということを言う人がいるくらいですからね、考えてみる価値はあるわけです。


DSC06229 - コピー


 森山大道氏のあの「犬の記憶」の犬なんて、べったりとした具象ではないですよね。
 それであれほど印象的なんだと思いますし。

DSC06230 - コピー


 しかしまあ、徹底した具体性ってものが写真の強みでもある訳なんですけど・・・・ブツブツブツ・・・。

DSC06231 - コピー


 人出が少なくなったと言っても京都のこの辺りなどはまだまだ行きかう人は絶えないわけで・・・やはり皆さんそれぞれに用事がある訳なんでしょうねぇ。

DSC06228 - コピー


 斯くいう私は、果たして不要不急なのかと言えば、どうなんでしょうかねぇ。

DSC06232 - コピー
  1. 2020/03/27(金) 00:00:22|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   木工  家具から「おひなさま」まで  Ⅰ

 COVID-19の影響で各種のイベントが中止や延期に追い込まれ、博物館や美術館もまたオ・ヤ・ス・ミです。
 手作り市もまた例外ではなく・・・大手?手作り市は中止。
 ですから出店者は多大な打撃を受けているわけで・・・・。

DSC06212 - コピー


 たまたま別の用事で出かけてきたところ、ふと7,8店舗が並んでいるのを見つけました。
 実はこのイベントを、私はこれまでずっと知りませんでした。もともと10店舗くらいで続いてきていたのだそうです。

 背後の文化博物館がほぼ閉じていますから、なかなかお客さんをつかまえられません。

DSC06214 - コピー


 オープンな場所ですからCOVID-19の感染の危険性はごくごく少ないでしょう。
 お客さんもひしめき合う訳ではありませんからね。
 (ひしめき合うほど来れば、商売としてはありがたいでしょうが。)

DSC06216 - コピー


 モノづくりの人はお客さんとお話しするときに作り手としてのうれしい表情が出ますから、「お客さんが来た時に撮りたいですね。」と言っていたのですが、しばらく時間を置いてその機会が訪れました。

DSC06219 - コピー


 売れたらそれは当然うれしいのですが、作ったものを見てくれて興味深く眺めてくれて、これはどういう風に作るのですかなどと尋ねられたりすると、どの方もそれはそれは良い表情になります。

DSC06218 - コピー


 その時が私のチャンスという事ですね。

 「この卵型は、こんな風に開いて、中が空洞になっているんです・・・・。」

DSC06221 - コピー



 きっちり作られていますから嵌め込んだり、取り外したり、回したりすると「キュッ キュッ」ときしむ音がします。
 でも固すぎはしないのです。



DSC06222 - コピー
  1. 2020/03/26(木) 00:00:31|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   清水焼・ロクロ成形    Ⅱ

 いくつ作っても同じように作ることができる。
 だからと言って型にはめて作るわけではなく、また機械で作るわけでもない。
 同じなのだけれど、違うという矛盾したモノづくり。
 職人の技は不思議だ。

DSC06180 - コピー


写真を撮るときに手わざに注目して、指先に焦点を当てることがあります。
あるいは、その手技を駆使する職人さんの指先や材料に対して集中する気迫ある表情に
またそういう集中する緊張は全身が統一的に連動してこそ現実化されるので膝や肘や、首・頭部や背中など姿態を
更にはその作業の場の持つ積み重なった「技」を支える空間とその人の在り様を
そして、そういう職人さんの姿態や表情を・・・例えば…日本画に見られる造形に寄せて・・・
更には生み出される作品の感動的な出来を通して職人を語る・・。
写真を撮るという刹那に選び取られる方向性はもっともっと多様にあるはずです。

DSC06183 - コピー


 そうしたことを考える訓練を自分に課さないと、この暗さで、ともかく撮るためには・・・・などというようなところで終始してしまいます。

DSC06184 - コピー


 「スタディ、ステディ・・・プラクティス、プラクティス  添えrが写真には是非とも必要だよ。」とおっしゃるドキュメント写真を撮られる写真家がおられます。
 そのスタディなりプラクティスの中には絞り設定やファインダーを覗いて、その瞬時に構図を判断することなどのことのほかに、上記のような選択を繰り返し繰り返しスタディすることが含まれていると私は思ってその話を聞きました。

 DSC06182 - コピー


 人以外の被写体を撮る方たちもまた沢山の選択肢の中から選び取っているのだろうと思います。
 が、「人を撮るのは難しいでしょ?!」と尋ねられて「そうですね、やはり難しいと思います。」と答えるときに、つい話し損なう内容です。

DSC06185 - コピー


 他と比較してということではなくて、やはり人を撮ることは難しい、奥の深いことだと思います。


DSC06187 - コピー


 もう一息で1600人ですが、「スタディー、スタディー・・・・プラクティス、プラクティス」がどこまでも続きます。

DSC06188 - コピー


 ああ、一寸も進んでいないなあと嘆息しながら。

DSC06192 - コピー


☆「ためしてみたこーなった」さんへ  返信ができませんので、ここから失礼します。
 「どうぞ。今後ともよろしくお願いいたします。」
  1. 2020/03/25(水) 00:00:12|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (164)
人物 (1318)
絵画 (267)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (182)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (424)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR