素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと     手捺染のストール    Ⅲ  

 工場の二階ではストールの染色をしていましたが、下の階では服の布地の染色をされています。

 この姿勢を一日に何百回と繰り返すのです。   う~~ん。
 手先を見ると体重を支えているようには見えません。そうだとすれば腰が、大腿部の後ろが、背筋が・・・・。

  DSC02337 - コピー


 次から次へと場所を移して同じ作業をするのですが、その動きが早いのでついていくのが大変です。
 画面の中で絵を決めて、自分がついて動いてフォーカスを決める。  と、もうその時はには体の間近に引き寄せられています。
 さっと横に移動しますが、私もついていかねばなりません。
 すると今度は向こうからこちらに来る作業。私は後退します。ファインダーを覗いたままの後退ですが、足元には染料の入った容器が何列にもなて並んでいます。狭い通路で躓いたら大変なことになります。
 
 振り返って周囲の安全を確認し、自分の姿勢を決め、職人さんの位置とポーズの予想をして、置きピンをして・・・・・。

 醍醐味といえば醍醐味なんですが・・・・撮れているんだろうかと不安がよぎります。
 
DSC02349 - コピー


 もしフィルムなら・・・・・と思うとぞっとします。
 

DSC02352 - コピー


 ご覧のように作業している方たちは半そでです。
 真夏はどんなでしょう。   そのころまたぜひ撮りに来たいものです。

DSC02354 - コピー

 
 表情まで撮れるようになるためには幾度も通わせていただかないといけないようです。

DSC02359 - コピー
 

 働く人の尊さを撮りたい。
 人は「人材」じゃない、そういう写真を撮りたい。
 それも私の目標の一つです。

DSC02372 - コピー


 絵を見ても写真を見ても「労働」がまれにしかありません。
 ずいぶん減ってきているようにも見えます。
 人の生活の主要な部分は労働で成り立っています。何に労働に対する感慨が人の中心を占めていないことに芸術界はいぶかしく感じないのでしょうか。

DSC02380 - コピー

 

 「労働疎外」という言葉を耳にすることもなくなって久しいように思います。その言葉が消えていくのは疎外の実態がなくなっているからではなく、労働疎外を告発する哲学・力が日本社会に衰弱しているからだと私は思っています。
 そしてそのことはとりもなおさず人々が労働の中で非人間的な呼吸をさせられ逼塞させられているということだと思っています。

 私はこの工場(工房)で、それとは違う姿を見たように思いました。

DSC02383 - コピー

 
  1. 2015/04/19(日) 00:02:04|
  2. 染色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと     手捺染のストール    Ⅱ 

 染色された部分の間に白地の部分が交互にありますが、そこには別の柄が入ります。
 今、色が施された部分二つとそれに挟まれた部分とで一枚のストールの長さになります。
 幅は、この長く続いた布の幅の半分です。

 京友禅の「手捺染」という手法ですから「色に深みがあ」るのだそうです。

 DSC02277 - コピー


 この工場は京都市の北区にある岩倉という地域にありますが、「岩倉の住宅地ってこんなに北まで続いていたの?」と思うほど奥まったはずれにありました。
 染色工場ですから郊外に立地せざるを得ないのでしょう。
 社長さん曰く
 「ストールは私の趣味なんです。本業は布地のプリントなんです。」とのことです。
 他業者からの注文ではデザインも色指定も「注文」になるけれど、ストールはご自身が気に入って依頼した作家さんの原画にもつづいて制作するということで制作も販売も熱が入るということかなと推察しました。
 それで「写真を撮ってみてくれないか。」というお話になったのでしょう。まさに自社ブランドですから、やりがいがありますよね。

DSC02281 - コピー


 私はこの話をしていただいた時に
 私がしているアクセサリーやフラワーデザイナーの方を思い浮かべました。
 そして、もう一つはこのストールがぴったりあって映えるだろう方をフォト・マヌカンとして思い浮かべたのです。
 そういう人たちと社長さんの自慢のストールとのコラボは実現できないかと。
 むろん撮影は、不肖このわたくし目ということで。

DSC02286 - コピー


 「そうすればお互い生かしあえますよね。」と賛同をいただきました。

 そして、もう一つ、この「染めの さきら」さんのHPを見ると
 「社名の「さきら」とは、京ことばで将来(未来)を意味します。
高齢化が進む京都の友禅業界(型による手捺染)で、
熟練した職人の知恵と技術を20年後、30年後へ引き継いでいける若い人材を育てながら、
京都の伝統工芸、京友禅、手捺染業界の未来に貢献し、共に進化していきたいと考えております。」とあります。
 これを応援したいなという気持ちがわきます。

DSC02305 - コピー


 さらに
 「  学生の街である京都では、芸術やファッションを志す学生がたくさんいます。
しかし残念ながら、多くの学生が学んだ力を表現できる場が限られているのが現実です。
さきらの庭では、京都に集う若き才能ある皆さんと一緒に、
一枚の布に自由で新しい感性を表現できるアートな庭を造っていこうと思います。
私たち、さきらの仲間と共に種を蒔いてみませんか?  」とあります。


 私のブログの精神とも通います。
 すぐに知らせたい若い作家もいます。

DSC02310 - コピー


 求める人と求めれたい人が往々出会わないまま時を過ごしてしまいます。
 それを結び付けられるとしたら…という思いも今回の「私でよければ。」という話の裏にはあるのです。

DSC02325 - コピー


 写真は何をどうとるべきなのか。自分は何を撮りたいのかなどという問いとともに
 写真に何ができるか。   これも私にとって大切な問いなのです。

DSC02326 - コピー

 
  写真を撮ることを通じて求め合える人たちを結ぶということができれば、これもまた愉快だなあと・・・。


DSC02330 - コピー



 私の写真にそういう小さな力があればいいなあ。

 下の写真は染料の色の調合をしているところです。

DSC02332 - コピー
  1. 2015/04/18(土) 00:04:53|
  2. 染色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと     手捺染のストール   Ⅰ

 いつものようにギャラリーめぐりをしていると、あるギャラリーでストールの展示販売をされていました。
 そのギャラリーではよく若い方たちがイラストの展示をされていたりするのですが、この日は少し違いました。
 入るか入るまいか多少躊躇したのですが、「色やデザインを学ばせてもらおう。何でも見てやらまい。」と踏み入りました。

 「染めの  さきら」さんです。

 で、中に入ると社長さんがいろいろお話をしてくださって、そこにある写真パネルから「モデルさんにストールを着せ掛けた新たな写真がほしい。」という話になり、さらにいろいろあって工場の職人さんを撮らせていただく話になりました。(こういうのを文字通り「我田引水」というのでしょうね。)

 で、さっそく工場に押しかけて・・・・。


DSC02220 - コピー


 私が突然お邪魔をすると、お仕事を中断してお話をしてくれ、「今日はカメラを持っていますか?」とさっそく工場内を見せていただけることになりました。
 わたしは、「いつでもどこでもカメラ持参」をモットーにしていますので早速車からカメラを取り出して・・・・。

DSC02229 - コピー



 シルクスクリーンの手法ということになるんだと思いますが「手捺染」といって多色刷りの場合一版ごとに職人さんが写真のように染料を塗りこめていきます。
 この作業相当に体力を使うと思いますが、しかし力任せに刷り込んでいるのではない力加減を感じます。
 それだけに体はきついと思います。

DSC02238 - コピー


 小学生のころ児童会の印刷物を毎週のように謄写版で摺ったことを思い出します。
 インクを含ませたローラーを押しては引き、そして押す時に紙を左手でタイミングよくめくる。友達とその速さを競い合いました。
 一枚の原紙で何枚まできれいに摺れるかとか、蝋原紙に鉄筆で書くのにどんな工夫ができるかなど面白かった記憶があります。
 「つぶし」なんて言うのもありましたね。

DSC02241 - コピー


  ここではストールの「捺染」をしていますが、ずっと向こうまで布が続いていて、同じ判で繰り返し捺染していきます。
 斜めになった台の下辺部に「見当」が等間隔に続いています。

DSC02253 - コピー


 ある色をずっと向こうまで染め終ると、版は下の写真のように洗浄します。
 ノズルから水を勢いよく吹き付けて洗浄します。

DSC02260 - コピー


 その版についた水を丁寧に拭き取っています。

DSC02267 - コピー


 この写真はストールの制作過程を説明するためのリーフレットに使うつもりで撮っているのです。
 が、クライアントさんの要求通りの写真を撮るという商業写真と違って…そういう能力もないのですが・・・私が作品にするつもりで自分の「ワクワク」のままに撮った写真のうちから使えそうなものがあれば使っていただくというスタンスです。

 DSC02268 - コピー


 ですから、写真を送られた社長さんは今頃戸惑っておられるかもしれません。
  1. 2015/04/17(金) 00:03:48|
  2. 染色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    友禅(糸目糊置き)  yuzen

友禅染にはたくさんの段階があります。
 図案描き。下絵描き・・・これは紫ツユクサの「青汁」でします。 
 その下絵の輪郭に染料がはみ出ないようにする「糸目糊置き」という工程があります。

(⇔) 
 DSC04992 - コピー

 下絵を白い生地の下に敷いてそれをなぞるように「糊置き」をしていきます。
 ケーキ作りの時にクリームをおし出す袋を使いますね。あれと同じ原理で糊を入れた細い筒にさらに細く穴をあけた口金をつけて描いていきます。

 手前に作業台からつり下がっている部分には既に糊が置かれています。

DSC04993 - コピー

(⇔)
DSC05004 - コピー

 下絵をなぞる単純な作業のように見えますが、とてもとてもそんなわけにはいきません。
 下絵の線を意識しすぎて、おどおどとなぞっていけば、生きた線を描くことができません。

 写真右手に松を描いた作品がありますが、ここでは糊を置いて染まるのを避けた生地のままの色で松の葉などを見事に描いています。そのとがった様子などは糊をおし出す微妙な塩梅で描かれます。ここでは普段はわき役の「糊置き」が主役となっています。こうした表現もできる技なのです。

DSC05005 - コピー

 口金(ノズルといった方がいいでしょうか)には各種あって幅広く糊を置くものから実に繊細な細さのものまでたくさんあります。
 まるで筆ですね。

DSC05007 - コピー

 完成品から見れば地味な工程でもその一つ一つがまさに工「芸」です。
 職人さんたちは、みなさんその自覚と誇りをお持ちです。

DSC05012 - コピー
続きを読む

テーマ:ある日の風景や景色 - ジャンル:写真

  1. 2013/01/07(月) 00:05:24|
  2. 染色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  ろうけつ染 Ⅰ

 京都にもたくさんのギャラリーがあります。著名な作家の高額な絵などを展示する、少し足を踏み入れがたいギャラリーもたくさんありますし、また貸しギャラリーもあります。
 私が行くのはもっぱら貸しギャラリーです。
 今日は河原町四条を少し上がったところにある「maronie」というギャラリーです。
 ここの3,4,5階が貸しギャラリーのようです。

 ろうけつ染めの展示がありました。といっても和服などに描かれる絵柄ではありません。
(⇔)
 DSC04610 - コピー

 初め私は、水彩絵画かと思いました。
 多くは向こうむきの人物が描かれています。その人物は皆学生くらいの若者です。
 夜遅くに、一人旅行に出る風で歩く女性を見て、その過去、現在、未来を感じてスケッチしたのだそうです。
(⇔)
DSC04587 - コピー

 作者です。
 毎日必ず人物のスケッチをするそうです。実によく観察されています。
 このフロアに来る前に「3・11」を主題とした3人展を見せていただいていたのですが、そこに陶板などを出展されていたT氏と「デッサンの重要性」を語り合っていたばかりでした。そのT氏が私に「この人はデッサンができてるよ。」  見てやってくれという感じで声をかけてくれました。
(⇔) 
DSC04590 - コピー

 T氏には「個展の時には写真を撮ってもらおう」といっていただいて「若者を撮ってあげてください。」とも言われて、・・・。
 この絵は京大の交響楽団のメンバーの練習風景。
(⇔) 
DSC04591 - コピー

 話を聞いてみると私の徘徊エリアと重なる部分があって、「どこかできっとすれ違ってますよね。」
(⇔) 
DSC04594 - コピー

 ご自身はある学校で美術講師をされながらの作家活動だそうです。

DSC04595 - コピー

 とにかく写真でも絵画でも人物を対象としているものには一段と興味を惹かれるのです。
 彼の絵にはしぐさの表情が豊かで、単に写生しているのでない情感があります。情感というとウエットな語感がありますが、湿った感じはありません。
(⇔)
DSC04598 - コピー

 私よりずいぶん学生世代に近いわけですから当然と言えば当然ですが、学生世代への親近性がとても感じられます。
 生活の一コマへの共感性というのでしょうか。

DSC04600 - コピー

 ご自身のファッションにも「色々意識してるねぇ」・・・すると「こんなポンチョを着てきているのですが。」と絵に前の立ってくれました。

DSC04601 - コピー

 色を多用しない、むしろモノクロの世界だということも今の私には興味深いところです。
 ギャラリーのコンクリートの壁にもマッチしたよい作品群でした。

DSC04603 - コピー
  1. 2012/12/17(月) 00:04:28|
  2. 染色
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (920)
絵画 (204)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (208)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (27)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (0)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR