fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   私は『人』を作る   Ⅱ・・・ギャラリー知にて

DSC00142 - コピー


 初日に伺ったのですが、たくさんの方が見えていました。
 バイト先のお知り合い、大学の先生?・・・この人の人柄だろうなあと思いました。
 私より一つ二つ先輩かなという方も熱しに話し込み、また写真を繰り返し撮っておられました。
 
DSC00145 - コピー


 作品は着色されています。
 肌の色をリアルに出すために油彩画と同様に下から色を何度も何度も重ねているのだといいます。

 「皺がとても難しかった。皺を彫りこむと、ただの傷のようになってしまうことがあります。肖像画などを克明にみて皺を再現した。」と。

DSC00146 - コピー


 しかし、彼は単にどこかの蝋人形展示会場の作品と同じようなものを目指しているのではないのです。
 今、絵画でも超リアルな作品が注目されれいますが、そういう時流に乗ろうというのでもないのです。
 「技術そのものが高いということは、まあ前提的なことだから、いいのです。 肝心なことは・・・・。」という点にしっかりと意識をフォーカスさせているところが、悪い意味での職人に終わらない表現者の自覚があります。

DSC00148 - コピー



 彼が学んだ大学では人物(具象)彫刻に優れた教育がされています。
 つい先だっても、その大学の研究生のグループ展があって、すぐれた作品に出合いました。
 その作者のおひとりに「製作するところを撮らせていただけませんか。」とお願いしたばかりです。

DSC00136 - コピー


 確かに今少しの課題が感じられます。が、この作品たちをスタートにした彼の今後の作品群がとても期待されます。
 写真家の野上透氏が佐藤春夫氏や遠藤周作氏などを撮った写真があります。その作品には私のようにたんに出合い頭に撮ったというのではない人物把握があります。
 彼もそういう作品を目指してくれるのではないかと思っています。
 例えば、ミケランジェロの社会的歴史的な存在のありように迫った作品を作ってくれるのではないかと期待したいです。


DSC00137 - コピー


 また、楽しみな青年に会うことができました。

DSC00149 - コピー



 後日、再びうかがって撮りました。
 カメラとレンズを替えて撮ってみました。

IMG_9722 - コピー


 同じものを撮っても・・目の悪い私が撮ってさえ…これだけ違います。

IMG_9725 - コピー

 と言っても縮小してブログにあげるとあまり違いが分からないかも知れませんが。

IMG_9732 - コピー


IMG_9726 - コピー
  1. 2015/03/08(日) 00:03:40|
  2. 彫刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   「私は『人』を作る」   Ⅰ

分類を彫刻としていいのかどうか門外漢の私にはわかりませんが、・・・。

 3月3日から15日の日曜日まで、京都寺町通太町の東南角近くの「ギャラリー知」さんで上路市剛さんの個展が開かれています。
 「re:meale」

 作者は20代半ばの若い男性です。

DSC00140 - コピー


 展示されているのは立体が3点と、絵が3点です。
 
 作られた「人」について「同時に私の心を慰めるセックスドールでもある。」と書いている通り、三作の絵も含めて自身の「男性性」についての省察が基盤にある作品群となっています。

DSC00141 - コピー

 DMには、私のブログではご紹介しないもっとも初期の作品が取り上げられています。(ギャラリーのHPをご覧ください)

 ここに掲載するのは中間の作品となります。
 もっとも製作の時間経過から完全に段階的になっているのではなく並行する期間があったそうです。
 若々しい像です。

DSC00127 - コピー


 こちらの人物は世界的に有名な方ですし、お名前を聞いて「知らない。」という方はほとんどおられないと思います。
 しかし、ソクラテスやレオナルド・ダヴィンチの肖像は記憶にあっても、それに劣らず有名なこの人の顔を思い浮かべられる人は案外少ないかもしれません。

DSC00125 - コピー


 私自身、「そういえば、この人の風貌は知らなかったなあ。」というのが率直なところでした。
 この人の肖像画や彫刻の絵や写真を丹念に収集して詳細に研究した成果だそうです。

DSC00126 - コピー


 もし私が3枚目の写真の後に、ちょうどこの時にこんな方がギャラリーを訪ねてきましたと書いても、「ほう、そうなのか。」と思い込む方が一人や二人ではないのではないかと思えるほどリアルに人物が造形されています。

 しかし、これは作品なのです。
 お分かりのように「ミケランジェロ」氏です。
 参考にされた肖像画や彫刻を見ると、無論、作者により、あるいは時間的な経過により、あるいは手法によるブレはあるもののミケランジェロは斯くあったであろうという象に形象されています。

DSC00129 - コピー


 頭髪などは「人毛」を植え込んでいるんだそうで、ハリウッドなどの特殊メークの技法を独自に学んで製作したそうです。
 1作目からこのミケランジェロ像までの半年余りの制作過程で技法の獲得は飛躍的に進み青年作家の成長の見事さを示しています。

DSC00130 - コピー


 私は作家さんの作品を撮ることはあまりしません。
 写していいですよとお許しいただいたり、その作者を撮る際にその成果も写しこむことがあっても、なぜか無意識に抑制が働いてしまいます。
 しかし、今回「『撮っていいですか?」とお聞きして撮らせてもらいました。

DSC00144 - コピー
  1. 2015/03/07(土) 00:00:50|
  2. 彫刻
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (285)
人物 (1600)
絵画 (313)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (221)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (72)
音楽 (700)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (74)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (46)
版画 (5)
手作り市 (74)
働く人々 (63)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (9)
美術 (9)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR