fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   街路樹の根を抜く  Ⅱ

 写真を撮るのに、本当は車道に回りたいのですが、そういう訳にはいきません。
 安全管理のためにカラーコーンやスライドバーが施してあるんですし、安全のための要員がそこに立っているのですから。


DSC_6314 - コピー


 ここは交差点の横断歩道のすぐわきです。
 人や自転車がすぐそばを通ります。ですから私自身がそうした人の通行を邪魔するようなことになれば撮影を許してくれたこの人たちに迷惑をかけます。
 ファインダーを覗き込む前後には背後や道路の横断者の有無や動きを何度も確認します。

 
DSC_6313 - コピー


私は元来〔仕事をする人々」を撮るつもりでこの活動を始めたのですが、なかなか実現しません。
憲法は工場(職場)の塀の前で立ち止まってしまうということがよく言われます。職場の中には憲法は届いていない、それが現実なんですが、私のカメラも入り込めません。
 私の場合はそのために手を尽くしているというような「熱」の乏しさが原因ではあるのですが。

DSC_6317 - コピー


 何か工芸の素材にしたいくらいのしっかりとした硬い木ですねぇ。

 昔は道路工事などの時にその辺の瓦や割れた陶器や手当たり次第に石などを埋め込んでいるので、レスキュー隊が使うような堅い歯をもったチェーンソウでも難儀するんだそうです。

DSC_6318 - コピー


 重機で一挙に引っこ抜きたいところですが、根は広く硬く張っているし、何しろ道路は壊せないし・・・・

「一本を抜くのに丸一日かかりますねぇ。と言いますと、「いやもう、こいつに4日かかってるよ。」とのこと。いやはや難工事です。

この木も懸命に生きたんでしょうからね。  人間の都合ばかり聞いてはくれないわけでしょう。

DSC_6320 - コピー


 今働くことそのものより、それでいくらの金になったということが極端に重視されています。
 金を手にしたら正義という考えがあまりに広がっていて、どんな世界にもその考えがはびこっています。
 「汗水たらして働く」は尊いことでしたが、今や最も避けたいことの一つです。
 そうした価値観では、この国はますます増長満した人間がはびこった空疎で騒がしいだけの国になると私は思っています。

DSC_6324 - コピー



 労働こそが私たちの社会、生活を支えているということをもっと素直に認め合い尊敬しあえる世の中を取り戻したいものです。

 DSC_6331 - コピー


 
 汗が額から滴り落ちます。
 

DSC_6327 - コピー
  1. 2022/08/29(月) 00:00:01|
  2. 働く人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   街路樹の根を抜く  Ⅰ

 この日は、太陽のギラギラした熱戦こそありませんでしたが、湿度の高い、全身から汗が流れるような日でした。
 自転車で走っていると交差点のところで何か工事していました。
 どうやら街路樹を切った後の根の処理をしているようです。

DSC_6285 - コピー


 最近の京都の道路管理を見ていると、広い濃さ店の四隅に「日本庭園」もどきの空間を作ったり、道路形状が悪くて、空間が歪んでいたり、横断歩道の点け一が悪いのを直したりしています。
 それで市内は確かにきれいな感じ、整頓された漢字に放っているのですが、大きく成長した泣き軒を機をあっちこっちで切っています。

DSC_6287 - コピー


 その後に、ひょろっとした若木を植え直すのですが、しばらくは陰小さくて、照り返しが眩しく、暑いですね。

DSC_6293 - コピー


 並木の木を伐採した時にすぐに寝の始末迄すれば、この人たちのように大量に汗を流す仕事は残らなかったんでしょう。
 ずいぶん苦労されています。木の根なのに岩を掘り起こすような仕事です。

 「いやコンクリや岩なら、ずっとやりやすいよ。」だそうです。木は根を張っていますし、割ろうとしてもよここに裂けたりしますしね。

DSC_6295 - コピー


 「一年か放ってあたtから好かkり乾いて固く締まってしまっている。」
 で、大変なんだそうです。
 根は道路の方により広く張っているんだそうですが、その道路を傷つけないように注意を払わねばなりません。

DSC_6296 - コピー


 安全のためにヘルメットは必須でしょうが、中は汗だくでしょうねぇ。
 滴り落ちています。  ヘルメットの縁に汗の雫が。

DSC_6302 - コピー


 その汗を撮りたいのですが、どうもうまくいきません。
 未熟です。

 DSC_6310 - コピー
  1. 2022/08/28(日) 00:00:06|
  2. 働く人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  暑い夏に働く

 毎週、最低一日はこの寺町に行きます。
 この寺町通には幾つかギャラリーがありますので、そこにお邪魔しています。
 
 この日も出かけたのですが、暑い暑いと言いながら歩いている人々をよそに、仕事をしています。

DSC06168 - コピー

 壁の塗り替えだそうです。
 
 私はこうして働いている人を見ると・・・道路工事にしろ何にしろですが・・・撮りたくなるんです。

DSC06171 - コピー

 
 ですが、人が働いているときにお気楽でいいねと、そういう気持ちが湧くのが分かるんです。
 それで、なかなか声をかけにくくて、いつも躊躇した挙句に声をかけるのをやめてしまうのです。
 全くアカンタレなんです。

DSC06175 - コピー


 これが自分の仕事なんだとか、芸術の追求なんだとかいう大義名分があればいいなかなあなんて思うこともありますが、ただ「仕事している姿が好きで撮りたいんですが・・・。」としか言いようがないですからね。

DSC06176 - コピー


 でも、そもそもこういう活動の始発の気持ちは「働く人を撮る」ということだったのですから、初志はもう初めから躓いているという訳で、例の「写真家として撮れ!」というせっかくのお声にもこたえられないわけです。

 全くなんてことだい、と思うんですがね。

DSC06177 - コピー

 
 多分ここには私の人間観が反映していると思うから、ますます凹むのですが、
 
 それでこうして撮らせていただいた時には「うん、やったね!」と上機嫌で帰ることができるのです。

 
DSC06181 - コピー


 それにしても、このところ貸しギャラリーが閉まっていることが多いですね。
 COVID-19の影響でしょう。
 そのCOVID-19の感染者数が、またもや増加傾向ですね。
 東京などは先週の同じ曜日の倍の日が続きます。
 2年前だったら大騒ぎになっている数ですね。しかも検査は極めて抑制されていての数です。


 DSC06183 - コピー

 
 この夏の例年以上の猛暑。マスクに利用の仕方も賢くならないといけないように思います。
 
 とにかく打つ手なしの政府ですからね。

DSC06186 - コピー
続きを読む
  1. 2022/07/08(金) 00:00:07|
  2. 働く人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   取材です

 6月の下旬は猛暑でしたね。
 そんな中にも自転車で出かける私です。
 炎天下に誰かを見つけると「こんな日によく出てきましたね。」と何やら同志的な感情が湧きます。

DSC_5562 - コピー

 
 そんな時、鴨川の向こう岸に使い所に上半身裸で水に浸かっている方がいました。

 もう長い期間、雨が降っていませんから、鴨川は渇水気味ですから、流れは浅く、ぬるいですが。

DSC_5563 - コピー


 その方の後姿を遠くから見て、あの頭部の様子は見たことがあるなあと川を渡っていくと、案の定、その旧知の方でした。
 短パンで川底に腰を下ろして涼んでいましたが、愛犬が同伴でした。

DSC_5565 - コピー


 久しぶりでしたのでちょっと立ち話。そこにテレビカメラを担いだ記者さんと、マイクを持ったスタッフさんが近づいてきました。
 「猛暑の夏の」様々なシーンを取材しているんだそうです。
 この人の様子を見て撮りたくなるのは分かります。が、声をかけて撮らせてもらえるかどうか、ちょっと心配はしたんじゃないでしょうか。
 でも、「いいですよ。」との返事。
 しかも、すっかり水に寝そべってお腹の上にワンチャンを載せて・・・相変わらずのサービス精神。 いいひとだ。

DSC_5566 - コピー


 カメラを回すというので、「じゃ、私は、働く人たちを撮ってるんですが、いいですか?」
 「どうぞ、構いませんよ。」ということで撮らせてもらいました。
 MBSの記者さんです。
 
DSC_5567 - コピー


 社によっては「撮影はちょっと・・・・。」とお断りになる社もあるんですが。
 人を撮るのに撮られるのはダメだって、それはダメなんじゃない?!なんて密かに思ったりして・・。

 DSC_5569 - コピー


 写真の色がおかしいでしょう?!
 D850です。相変わらず苦戦しています。

DSC_5573 - コピー


 7月に入ると、長雨ですね。
 渇水気味の鴨川も一息ついています。

DSC_5576 - コピー
  1. 2022/07/06(水) 00:00:01|
  2. 働く人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

私的な人たちと  by 蒼樹    壬生の魚屋さん

 京都の街の変化史の一面を表しているかもしれません。
 町の魚屋さんです。

DSC_2212 - コピー


 この頃の買い物はスーパーかコンビニというケースが増えているんだと思いますが、こうした魚屋さんがまだあります。
 八百屋さんもあるにはありますが、それとは別に小さな野菜販売店がぽつぽつできているような感じもします。
 皆さんの町ではいかがですか。
 
DSC_2213 - コピー


 先ほど客の依頼で「おつくり」を作っていました。刺身包丁できれいに鯛?を切っておられましたが、声をおかけするのを逡巡してその様子を撮る機会を逸してしまいました。

DSC_2215 - コピー

 
 この辺りは壬生です。ここから北に上がれば新撰組ゆかりの壬生の屯所跡のある辺りです。
 南に下がれば中央市場に近くに出ます。
 一筋西には小さな商店街があるのだと思います。ここは、ですから、人の往来から少し離れた住宅街の一角です。
 でも多分、こうした住宅街の「おなじみさん」である人たちの生活を支えるお店になっているのだろうと思います。


 DSC_2216 - コピー


 「新規のお客さんはほとんどないねえ。皆お馴染みさんばかりだ。」とおっしゃっていました。
 ご主人は、「私の代で終わりになるよ。」と言われていましたが、そうかもしれません。

 この辺りも街の住人の高齢化が進み、それで大いにこのお店が役立っているのでしょうが、その一時期を過ぎれば町も再開発されてしまう運命なのかもしれません。

DSC_2217 - コピー


 スーパーは便利です。確かに便利です。野菜も魚も肉も味噌もしょうゆもお菓子も・・・・一回りすれば手に入りますしパック詰めされていますから買い物袋にもおさまりやすい。
 支払いも一括ですし、ポイントもたまる。
 自動車でも来れますしね。

DSC_2219 - コピー


 「この頃のお客さんは、話しかけられたり、会話しながら買うのが嫌なんじゃないかな。」とご主人がおっしゃっていました。

 「現金ですか。ポイントカードはお持ちですか。  袋はご入用ですか。 ○○○円です。 お箸はお付けしますか。 ありがとうございました。」  ただ一方的に言われるだけです。  その間お客は「ハイ か イイエ」を答えるだけ。 無言でレジを通ることだってできます。もうお金の受け渡しもしないで済むんです。

 職場で疲れて来てるんだから買い物を済ませたらら早く帰りたい、煩わし会話はいらないという人も少なくないのでしょうか。


 DSC_2220 - コピー


 便利なのはいいですが、便利だから幸せな街だとは、幸福な暮らしだとは言えないと   私は思いました。

DSC_2221 - コピー

続きを読む
  1. 2022/03/11(金) 00:00:03|
  2. 働く人々
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (281)
人物 (1583)
絵画 (310)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (220)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (71)
音楽 (679)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (71)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (41)
版画 (5)
手作り市 (71)
働く人々 (58)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (8)
美術 (7)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR