FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    3年ぶり?!   Ⅱ

  最近、数か所ある手作り市への出席率の悪い私ですが、ここへの出席率はまだかなり高いのです。
 それで今日、久しぶりの出展だというこの方にお会いできたという訳です。

DSC05488 - コピー


 懐かしいお馴染みの出店者と再会し、またあの頃には見かけなかった新たな出店者の顔ぶれを新鮮に感じながら・・・・も出展です。

 私の顔を認めて、つい懐かしさもあってでしょうか、撮影をすぐさま受け入れてくれました。

DSC05483 - コピー


 女性同士だと案外すぐにプラーベートなことまで話すようなんですが…家族がどうとか、結婚してるのだとか・・・、私は相手が女性であれ男性であれ、そういうことはほとんど聞かないようにしているのです。 せいぜい「お住まいは大雑把に言うと何処あたりですか?」くらいですね。
 聞いて知れば、どこかでつい口走ってしまって秘密が守れない人間ですから。
 だって「素敵だな」と感じる人についてはあれこれ話したくなるじゃないですか。 でも知らなけりゃ話せませんしね。

DSC05493 - コピー


 それでこのブログにも私の感じたことやその人の作り手としてのお話くらいしか書かれないということになるわけで・・・。


DSC05496 - コピー


 無論、市の常連さんで、もうすでにいろいろ話しこんできた方々とはお腹の中に息づいているお子さんのお話とか、奥さまの話とか、逆に夫君のお話とか…色々聞かせていただいているわけです。

 目的は違えど猛暑の入道雲の下に、厳寒の厚い曇り空の下にわざわざ来て幾時間も過ごす同志のような気持になるわけです。

DSC05497 - コピー


 それで常連さんからは「今日は誰かいい人が見つかりましたか?」と声をかけていただくことも一度や二度ではないわけで。


DSC05498 - コピー


 これからまた、手作り市への出店を継続されるんだそうです。
 私も楽しみが増えました。

DSC05489 - コピー




続きを読む
  1. 2020/01/29(水) 00:00:37|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    3年ぶり?!  Ⅰ

 通路の正面に出店しておられましたので、まっすぐ歩けば顔が見えます。
 それで「え?! 見かけた事がある。」という反応をされました。
 私の方はと言えば・・・・。

DSC05469 - コピー


 マフラーに顔を半分うずめておられましたし、午前中の雲がすっかり晴れあがって、その人は明るい日差しを浴びておられましたのであまりに陰影が強くて判別ができませんでした。

 でも、数秒を置かずに私も記憶の底からこの人のあの頃の表情を掬いだしました。

DSC05471 - コピー


 手作り市への出展は「2年?!  もう3年になるかな、出なくなって。」と記憶の糸を手繰っておられました。
 それにしてもよく覚えてくれていましたね。

DSC05484 - コピー


 うん?! メガネが変わりましたか?

DSC05486 - コピー


 今日はもう3月くらいの暖かさです。
 ですから、私は・・・出るときには寒かったので着込んでいた・・・・上着を脱いでいます。
 勿論手袋もとっています。

 でもこの人は案外寒がりなのでしょうか。
 恥ずかしがり屋さん?!

 マフラーを深く撒いているのは・・・、 「写真に撮られるのは苦手だから・・・。」とは言っておられましたが、どうもそれだけじゃなさそうです。

DSC05487 - コピー


 実に細かな仕事をした「貼絵」を、フレームに入れて販売されています。 


DSC05490 - コピー
続きを読む
  1. 2020/01/28(火) 00:00:58|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    人生、三倍速  ?!   Ⅱ

 どうもこの人の辞書にはリタイヤという語句はないようです。


DSC05449 - コピー


 
 「ジーパンは最近になってようやく履いているけれど、それ以前は『危ない』ファッションだった。」と言います。
 多分その『危ない』ファッションはこの方の「戦闘服」だったのだろうと思いますが、私には到底縁のないような、高価で怪しくて、ある種の異様さをたたえていて、しかもこの人の才を存分に誇示したようなものだったのではないかと思います。

 DSC05452 - コピー


 私は写真のボードを見て、個展の時にこんな風にプリントして提示できたらいいなあと思いました。
 ただ、一枚のポジフィルムから何百枚もプリントする権利を得て生産するから単価を抑えられますが、そうでなければあまりに高価なプリントになってしまって・・・・写真展では一枚ですからね。そうなればどうしたって高価なものになってしまいます。販売しないといけませんね。


DSC05456 - コピー


 この方を見た時に、最初の瞬間から、この人を撮りたい!と思いました。
 こう言うととても僭越なんですが、何十年かを生きて来て、他人に撮りたいと思わせるような相貌を形成できてきているその人の人生ってすごいと思いませんか。
 人物写真を撮るってことはそういう何十年もの人生の帰結というか作品というか、そういうものを「撮る」「採る」「獲る」という事なんですよね。

 これほど面白いことはそう多くはないんじゃないですか。

DSC05460 - コピー


 この人はスーパーモデルたちに混じって仕事をしたこともあるのだそうで、しかも映画にかかわってきたのですから映像に関してはプロだと思うのです。
 それでその人に「撮らせて。」「いいよ。」というのも、何だか妙に興奮する快事じゃないでしょうか。

DSC05459 - コピー


「業界」の人が、私のブログに 
この人の顔を見つけたとしたら ・・・・・・・。
それを想像するのも面白い。


DSC05464 - コピー

  こんな良い顔をして現在を過ごせたらいいですね。

 またこれからも出展されるようですから、時々覗いて、私の見も聞きもできなかった世界のことをいろいろ話して聞かせてもらいましょう。
 また一つ楽しみができました。


DSC05462 - コピー

 
  1. 2020/01/27(月) 00:00:37|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    人生、三倍速  ?!   Ⅰ

 「波乱万丈の人生」という言葉があります。
 この方の人生も、まさにそれにあたるのでしょうね。
 今この瞬間に見せている「やっていること」の中にそれが凝縮しているのです。
 そして何よりこの方の表情、たたずまいからして「ただモノじゃないな。」です。

DSC05434 - コピー


 懐かしの銀幕に登場した人たちの写真を金属板に印刷したものを販売されています。
 言葉にすればただそういう事です。が、実はこれを実現する、形にすることができるということは、そう誰にでも可能なわけではないのです。不可能じゃないでしょうが、それは藁山から憧れの人のブロンドの一すじを探しだすくらい難しいことなんだろうと思います。
 
DSC05436 - コピー


 この人の過去の経歴があればこそ実現できている楽しい「商売」です。
 この人は焦って売ろうとはしていないのです。こうして銀幕のスターたちの希少な写真を写した・・・・しかも相当な高画質でです・・・・ボ-ドを並べて、それに誘われて集まる映画好きと話すことも至上の楽しみなんですね。

DSC05437 - コピー


 実際、映画ファンにして見れば垂涎の写真ばかりです。
 何しろ本物のポジフィルムから起こしたプリントなのですから。
 こんなことはこの世界の精通して活躍してきた人でなければ到底思いつきも実行もできないことでしょう。

 貴重な映画雑誌に掲載された写真も、その雑誌の中ではせいぜいのところ2Lか大きくてもB5以上ではないでしょう。
 それがB4あるいは全紙くらいの大きさになっているのです。

DSC05442 - コピー


 懐かしのポスターもあります。

 「50年はもつんじゃない?!」とのこと。

DSC05448 - コピー


 アメリカでも日本でも映画の世界におられて随分大きな仕事に取り組んできたようですし、またいろいろなイベントのプロデュースにもかかわって来られたようです。


 私の人生とはあまりに大きな隔たりがあります。

DSC05440 - コピー


 私の人生が四畳半だとすれば東京ドームくらいの人生の広さでしょうかね。
 私の人生にかかわる人はまさにその四畳半に小さなちゃぶ台を置いて茶を飲むようなものですが、この人はそれこそ東京ドームに満員の人々と緊張感あるやり取りをしてきたような人生です。

DSC05450 - コピー


 
  1. 2020/01/26(日) 00:00:27|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   写真+織

 向こうで立ち話をしていた時に「あれっ?! あれは写真だな。写真と何かを組み合わせている。そのセットで販売しているのかなあ。」と気になっていたのです。
 
 手作り市で写真を販売する人はいるのです。
 「撮影します」としている人もいます。

DSC05356 - コピー


 私も写真展をして「投げ銭」か、「拝観料」をいただくようなことはできないかなあなんて思ったこともあるんですが。

 この人はお客さんの大切な写真をあずかってその写真の色イメージで織物を織るということをしているらしいのです。

 手機です。

DSC05357 - コピー


 これは新しい!!
 寡聞にして、他に聞いたことがありません。

DSC05361 - コピー


 写真は学生時代から撮っていたそうです。
 そして織物に興味をもって、その織ったものと撮るときに、その「色再現」などのために、「はじめて色々(カメラの)ダイヤルを回しました。」とのことです。

 それまではほぼカメラ任せに撮っていたようで・・・。

DSC05363 - コピー


 それにしても面白いことを思いついたもので・・・何か表具師に通じるものを感じました。

 それで、最近は写真の方に関心が傾いて・・・とおっしゃっていました。  もっと創作的に、表現をという事でしょうか。

DSC05362 - コピー


 外国旅行でもたくさんの写真を撮って来られたようですが、若い時から意識して写真を撮る経験を積んでいるのは羨ましいことです。

DSC05365 - コピー


 この頃は、土日にいろいろ予定が入ることがあって手作り市にご無沙汰気味なんですが、ここは毎月15日で曜日で固定されていませんから、私にはありがたいですね。
 そしてこういう新しい顔ぶれが、また私の好奇心を掻き立ててく入れます。
 
DSC05364 - コピー


  1. 2020/01/19(日) 00:00:15|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (164)
人物 (1318)
絵画 (267)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (182)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (424)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR