素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   小枝笛   Ⅰ

ホーホケキョー  ケキョケキョ ホーホケキョ

小さな小枝をくりぬいて鳥笛にしています。

そしてそれが可愛らしいペンダントに。

DSC04278 - コピー


この愛らしい鳥の「鳴き声」に誘われてお客さんが集まります。

私くらいの年恰好のものは懐かしさもありますね。  子供のころ竹を削って作りましたし、縁日でも売っていました。

DSC04281 - コピー


 お父さんが製作をされているようですが娘さんもとても上手に吹かれます。
 
 お父さんが作ったものを娘さんが楽しむ・・・・・幼児や学童期ならそういうことも珍しくないでしょうが、大人になってもこうして一緒に出展を楽しめる親子関係。

 お二人の仲の良さをとても感じさせます。 羨ましい親子関係ですね。

DSC04285 - コピー
 
 
プレゼントするとか一緒に旅行に行くとかもありますが、むしろこういうことが親孝行ですよね。

DSC04288 - コピー


 ピチクピチクピー

DSC04289 - コピー



 材料の木の枝は拾ってきて磨き、穴を穿つのだそうですが、木の種類はいろいろです。
 そしてその木の魅力を語るお父さんの表情は「埋もれていたり汚れていたりするものの中から見つける」ワクワク感に輝いておられます。

DSC04294 - コピー
  1. 2017/04/06(木) 00:00:19|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   今日はお一人?   Ⅱ

 このページを書いている日は「明日は京都ライカ店で安珠氏の写真展のレセプションがある」という日です。
 あるギャラリーのオーナーさんが毎回「「一緒に行こうよ」と誘ってくれるのでもぐりこめるのです。
 幸い私には「ライカほしい」熱がありませんので会場であるライカ店に行っても心穏やかに写真を見ることができるのです。

 「いい写真を見て『もっと撮りたい』衝動を掻き立てたい。」というのが誘われる理由のうちの一つです。


DSCF1958 - コピー


 現代の技術のお蔭で自分の机の上のモニターで、内外の写真家の作品を・・・・当然「生」ではありませんが・・・・・見せてもらえます。
 そしてそれを見て「う~ん。」「なるほどねぇ」「すごいなあ」とうなることが度々あるのです。
 写真の世界の魅力を大いに感じさせてもらえます。
 ありがたいことですね。・・・・ただそれで「生」を見ないで、見た気にだけなってしまう落とし穴があると思うので、先述のような写真展に出かける意味があるように思っているのです。
  
 DSCF1963 - コピー


 ただ、残念なのは、件のオーナー氏とともに「期待外れだったね。」と言って飲みなおすことの方が多いのですが。
 (お店の客寄せ企画という条件下では十分なことができないのかもしれませんね。)

DSCF1964 - コピー


 さて、この人の笑顔を見れば「どんなロケーションでどんなアングルならもっと笑顔の魅力を捕まえることができるだろうか。」と思うのです。
 人の気持ちまで明るくする笑顔を持つ人は素敵ですねぇ。
 私にはない力です。

DSCF1965 - コピー


こういう手作り市のようなところでも、店の前を通りかかって一瞥した刹那に、「立ち止まって話をしたい。」「商品の事を聞いてみたい。」と直感させ、話しかける前に「どうぞ」という空気を感じさせてくれる人と、そうでない人がいます。
  

DSCF1967 - コピー
 

 私など、元来が「人見知りする」タイプの人間にとって、「何か用!?」という空気を出している人はどうしても苦手で、敬遠してしまいます。
 それに反して・・・・。

DSCF1970 - コピー



  1. 2017/04/04(火) 00:00:41|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹  小枝笛  Ⅱ

 今日が手作り市デビューなのだそうです。
 京都市内にはいくつもの市がありますから、どこを選ぶか迷う事でしょう。
 「手作り市」だから「何なら出品していいのか」が問題です。
 ・・・・そういう風にお考えになるところが至ってまじめな方だなあと思いますし、逆に最近のあれこれの市の一部に見える実態は「手作り」市というイメージからかなり外れてきているように思います。

DSC04296 - コピー


 あまり野放図にまあ何でも受け入れよう、もうこういうことになってしまっているのだからと惰性になると、長期的には自らの首を絞めることになると思うのですがね。

 まあ、そうなれば、また新しい市が立って、新機軸が生まれるかもしれません。

DSC04301 - コピー


 そのためには「ものづくり」を楽しめる人が増えなくちゃいけませんね。

 写真についていえば、ポストカードを中心に販売される方は何人かいますが、撮ることを販売される方はお一人かな。
 見ることを販売する人はいません。この角度からの参入はできないものか色々空想してみます。
 
 別のストリートでは音楽をする人は演奏して「投げ銭」を得ています。

DSC04303 - コピー


 初めて参入される方は事前にはお客さんが立ち止まってくれるかどうか心配でしょう。
 でも、どうです・・・。

DSC04305 - コピー




DSC04312 - コピー



DSC04326 - コピー



 お父さんは「娘よりお風呂が長い」のだそうです。
 というのも、「枝をきれいに洗っているとつい時間の経つのを忘れて・・・。」
 「そうなんです。気づくとこんなにたくさん持ち込んで・・・・・。」
 「いや~ どうも、アハハハ」

DSC04327 - コピー
  1. 2017/04/04(火) 00:00:20|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   今日はお一人?   Ⅰ

 6年前に手作り市なるものに足を運ぶようになり、その頃は見るもの聞く物珍しくて、出店者の方々から多くを学ばせてもらいました。
 そのおかげで瀋陽に仕事をしに行く気持ちにもなれたわけで、その経験はその後の私に大きな影響を与えました。
 その手作り市では、一部の方からはお馴染みさんになりました。

 それで逆に「おや、珍しい方が。」「最近出展された方ですね。」ということが生まれます。

DSCF1947 - コピー


 以前、かわいいお子さん連れで出店されていましたが今日はお一人で。
 そのお子さんがとても賢くされていましたし、「はじめてお目にかかりますか?」ということで少しお話をさせていただいたことがありました。

DSCF1948 - コピー


 この日は少し暖かさのある日でしたので「お客さんもちょっと増えたかな。」
 前回は寒い日だったのでした。

 カメラを向けると・・・・・。

DSCF1949 - コピー


お仕事や子育ての合間を見つけて作られたアクセサリーを販売されています。
大切な気分転換にもなっているようです。

この日は「リュックを軽くしよう。」とX20しかもっていないのがちょっと残念でした。
どうもこの頃、体のあちこちがガタピシしてきて・・・持久力も落ちてるし・・・・困ったものです・。

DSCF1950 - コピー


 それにしても、私の感じで言うと、このごろ手作り市への新規参入者が少ないのじゃないかと・・・・。
 まあ、その時の流行もありますからね、いいんですけど、少し寂しいですね。
 何か物作りを楽しんでいて、ちょっと人と楽しさを共有したいなあ、共感できる人を見つけたいなあという人が・・・・別の仕方が広がっているのかもしれませんが・・・・・少なくなっているのかな。

DSCF1951 - コピー


こうして一日、立ってお店番をするのは、楽しい面と同時に苦労、苦痛もあるのです。
どこかのお店に置かせてもらう方が楽ですから、そういう方向に流れているのかもしれません。
いろいろな人とお話しできるのが一番楽しい・・・と、そんな人がもっともっと出てきてほしいなあ。

DSCF1955 - コピー
  1. 2017/04/03(月) 00:00:35|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと   by 蒼樹   「絵本なクッキー」   Ⅱ

 上賀茂の手作り市は出店の場所によってとても寒いところと日当たりが良くて暖かいところの差が大きいです。
(夏は、だからとても涼し場所と酷暑のところができるという事ですね。)
 主催者が出店場所を指定します。

IMG_7569 - コピー


 一方、百万遍・知恩寺の手作り市は「自由競争」で場所取りです。
 「自由主義の弊害」が露骨に表れているケースもちらほら見られますね。
 自由がそのまま公正公平になるには「自由を「放任」してはいけないということがよくわかります。

IMG_7574 - コピー


小さなお子さんにそそぐ眼差しはやさしく暖かいです。

ふと自分はどういう顔をしているのだろうか、と考えます。
でもそんなとき鏡を見るわけでもないし、写真を撮ってくれる人がいるのでもない。
そうなると自分の普段の表情、人に向けるまなざしを自分で知ることはできない。
そういう意味でも写真を撮るという事には意味があるのかな・・・と。

IMG_7575 - コピー


 手作り市に来て出店者やお客さんを見ていると人生の様々を思う。
 実にいろいろな人生が出会っているから。 

IMG_7578 - コピー


 私自身は「市」に来ているにもかかわらず「買い物」も「販売」もしない。
 ただ人探しに来ている。

 もし人あって分類するならば「雑」に入れられることだろう。

IMG_7579 - コピー


 何がどうしてだか知らないがお馴染みさんからはいつの間にか「センセイ」と呼ばれている。
 「センセイ」と言われるほどのバカでなしと言いたいところだが、「八目」のアドバンテージは無論のこと何の役割も果たさない「岡目」である。野次馬である。

 それで、せめてのことに、ぱちりとシャッターボタンを押して人々の人生の行き交う場所に一点を記すのである。

IMG_7580 - コピー
続きを読む
  1. 2017/03/31(金) 00:00:32|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (885)
絵画 (202)
陶器 (52)
染色 (16)
工芸 (122)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (36)
音楽 (198)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (25)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR