素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹     「 SMALL WORK CAMP 」   Ⅱ

お店に並んだコースターなどにそれぞれ工夫とアイディアがあります。
コースターは通常コップの底面より二回、三回りほど広いと思いますが、ほんのわずかしかはみ出さないモノが作られていました。
まず一目「あれっ!」と思わせることで、そもそも成功しています。

IMG_9512 - コピー


 ご夫婦のお二人とも画素の工夫に参画していて、お客さんの反応をお二人で共有しているという空気がとても良かったです。

IMG_9513 - コピー

 
 おいでになったお客さんがいろいろ細かな注文をしています。
 
IMG_9514 - コピー


 
 それに応えることでどれだけ喜んでもらえるだろうかとイメージを膨らませています。
 こうしてメモしながら、段取りを考えたり、新しい工夫をイメージされているんでしょうね。

IMG_9515 - コピー


 お客さんもやり取りを通じてどんどん楽しくワクワクしているようです。
 
 撮影しながらの会話でもこういうことがありますね。
 

IMG_9516 - コピー




IMG_9518 - コピー
  1. 2017/08/19(土) 00:00:33|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹   「 SMALL WORK CAMP 」    Ⅰ

木工です。
う~ん、商品を写して紹介するんだったなあ。
やはり百聞は一見に叶わないですからねぇ。 そして写真はそういう時に役に立つ。

IMG_9503 - コピー


 お店の看板に木製の「箱」の字があるんですが、その「目」の部分がちゃんと引きて付きの「引き出し」になっているんです。
 で、じっと見ていると「引き出しは引き出せるんですよ。」と声をかけてくれて・・・・、一番上の引き出しを引き出してみました。

IMG_9505 - コピー


 その引き出しは箱状になっていなかったので、もう一息だなあと思いながら「引き出してみたら赤いビーズかなんか入っているとよかったね。」なんていうと・・・・、「ぜひもう一度・・・。」というので・・・・・、

 今度は中段を引いてみると・・・・・・、「あたり」と印字されていました。

 「どうぞ」の声とともに景品をいただけました。端材を利用したストラップでした。
 こういう仕掛け、好きだなあ!!

IMG_9506 - コピー

 
 客が驚いたり喜んで笑顔になったりするのを想像して楽しめる仕事人はいいです。
 ご夫婦ともにそういうユーモアやウイットを楽しめる方の様で、その成果の話は尽きません。

IMG_9508 - コピー


 そしてお客さんからの注文、アイディアをどんどん吸収して商品化します。
 それがまさに「手作り」の良いところですね。
 お客さんの楽しみと作り手の楽しみが相乗していく。そこが手作り工房の小回りの良さですね。

 今のお客さんンお細かな注文、期待に耳を傾けています。

IMG_9509 - コピー


 私もこういう作り手お会いし、面白みが込められた製品を見るとついいろいろアイディアが出て来て口にしてしまいます。
 それを真に受けて商品に加味してくれたお店もいくつかあります。
 

IMG_9510 - コピー
  1. 2017/08/18(金) 00:00:19|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹

 店の前を通る人たちが「彼はあなたのハズバンドですか?」と尋ねます。
 何だか映画を見ているようにお似合いに見えるからでしょう。

 「いえ、彼はボスです。」とのこと。

 何だかカッコイイ。


IMG_9497 - コピー


 レンズの絞りを解放にすればファインダーはいくらか明るくなってピントをもう少しきちんとできるのでしょうが、逆に被写界深度を深めて、ざっとピントの中に入れようなんて思って絞るものですからファインダーが暗くなって見えないのです。その中途半端さが仇になりました。

IMG_9498 - コピー


 下手な考え休むに似たりですね。  オートフォーカスに甘えているとこういう体たらくになります。 
 だからEVFを使えばいいじゃないかと言われそうですが。

IMG_9499 - コピー



 これは手前の女性にピントを持っていこうとしています。
 
 IMG_9500 - コピー


 欧羅巴の街にある「広場」が日本の街にもほしいとつくづく思いますね。
 京都は「文化庁」を引っ張ってきたりしていますが、「伝統」と名の付くものばかり大切にされて、今、現在の市民の日常生活に絵や芝居や音楽を楽しむ文化を厚くしていくことには随分無頓着に感じます。
 それは芝居の小屋がほとんどないことや学校のカリキュラムを見れば一目瞭然です。

IMG_9501 - コピー


 私自身、音楽の祭日について長い間知りませんでした。
 来年の清水寺で100本のトランペットがこうしたムーブメントに前向きの力になればいいなあと思います。
 そして日仏友好、世界平和と友愛を深めるために。


 何故、女性にだけはピントが来るんだろう。

IMG_9502 - コピー
続きを読む
  1. 2017/08/17(木) 00:00:54|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   音楽の祭日   Ⅰ

「カヌレはフランスの洋菓子。正式名はカヌレ・ド・ボルドー。 フランスのボルドー女子修道院で古くから作られていた菓子。蜜蝋を入れることと、カヌレ型と呼ばれる小さな型で焼くことが特徴である。そもそもカヌレとは、「溝のついた」という意味である。 ウィキペディア」だそうです。

手作り市で少し前から見かけていました。
美味しそうなお菓子にびっくりするほどのフランス美人のお店です。

そこに私としては初めて男性の姿を見つけました。

それで話しかける勇気が出ました。

IMG_9485 - コピー


 神戸にお店を出しているのだそうです。

 私はリュックの中には、2018年の6月に行われる「音楽の祭日」・清水寺で友愛の100本のトランペット演奏のためのトランぺッター募集のためのフライヤーを入れています。

 先日も鴨川でホルンの練習をしていた方に「交響楽団の方ですか。それでしたらトランぺッターをご存知ですよね。・・・・・」と話しかけて「私の属している楽団は東京なんですが・・・・・いいですよ、一部もらっていきます。」なんてことがありました。

 トロンボーンやユーホニュームを持った数人の集団に声をかけたらトランぺッターの引き抜きか何かと間違えられたらしくひどく無作法な対応をされて「楽器ができるからと大きな顔をしなさんな。」という言葉を飲み込んで帰ったこともありました。

IMG_9486 - コピー


 それで「来年はパリと京都の姉妹都市提携60周年などで『音楽の祭日』を一層盛大にやろうという事で・・・・。」とお話しすると

 音楽の祭日のことをとてもよくご存じで「小さいころから親しんでいましたよ。私も自分のマンションの階下で仲間と演奏をして人に聞いてもらったりしていました。」という事で、「音楽の祭日」はすっかり市民の文化として根付き広がっているのだそうです。

IMG_9489 - コピー


 しかも彼は京都のフランス総領事館を会場にして行われてきた「音楽の祭日」の催しにフランス菓子のお店を開いて協力しているのだそうです。
 私などの話を聞くまでもないのでした。

IMG_9491 - コピー


 「私のお店にはフランスに関心を持つ人が多く集まりますからフライヤーを40部くらい持っていきましょう。」と言ってくれましたが、残念ながら私のリュックには20部ほどしかありませんでした。

 「日本の人も音楽が好きですからもっと広がるでしょう。」と・・・。

IMG_9493 - コピー


 写真がひどいでしょ?

 この日私はキヤノン5Dにゾナーの180ミリをつけていたのです。
 このレンズの練習をしようと付けてきたのですが、成れてレンズで来ればよかったと後悔しました。
 F2.8で明るいのですが、この店の立地が・・・・・暑い雲で曇っているうえに樫の木の下でさらに暗く・・・・それでいて向こうは木立が途切れて明るくて・・・・一杯言い訳をしたくなるような条件で。

 なのに?美人さんにはピッタリフォーカスだと稲田か山本か蒼樹かと・・・言葉にまるっきり信頼感が無くなってしまいそうです。

 彼に合わすべきピントが外れて結果的に・・・・・、なんですが・・・。

IMG_9494 - コピー


 まあ、日ごろの行いが行いですから信じてはもらえないでしょうが。

IMG_9496 - コピー

続きを読む
  1. 2017/08/16(水) 00:00:06|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   はるばる東京から出店    Ⅱ

 この若い男性はご両親が中国人で日本で生まれ育っているのだそうです。

 ご家族が障害を持つ人たちに就労の機会をと尽力されているとかで、「これまでパン作りとかいろいろ考えられてきているんですが、それはどこでもしていることで、収益も今一つなので何か良い工夫はないかとこれを考えたんです。」とのことでした。

 ご自身もそうした障害を持つ人のために役に立ちたいという思いを持たれているのだそうです。

DSC07268 - コピー


 そういうことは仏の慈悲心にもかなう事で・・・・というような話をしているのかどうかは分かりませんが。
 御坊も随分関心を持たれた様子で・・・・。

DSC07270 - コピー


 窯変は百発百中で期待通りに結果を得られるものではありません。
 お話では「5枚か4枚に一枚の割合」でしか、商品化できるものが得られないようです。
 基盤の銅も最近はお高いですから課題はあるようですが・・・・。

DSC07272 - コピー


 この日は午前中しか出店していることはできないという事で帰りの電車の時刻を気にしながら片づけをされていました。
 ですから到底十分な売り上げはなかったものと思いますが、いろいろ話が聞けてうれしかったですと後にメールをいただきました。

DSC07276 - コピー



DSC07282 - コピー



DSC07283 - コピー



 とてもさわやかな感じの良いお二人でした。

DSC07286 - コピー
続きを読む
  1. 2017/05/28(日) 00:00:36|
  2. 手作り市
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (117)
人物 (947)
絵画 (209)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (147)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (219)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (22)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (31)
働く人々 (15)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (2)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR