素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   幸せな「前撮り」

 ページ冒頭でお見苦しいお知らせですがご容赦ください。

 一昨々日、PCを起動しいつものようにメールのアイコンをクリックすると開くことができません。私のミスもあって使用できなくなりました。
 それでブログをご覧の方でこれまでに私のメールアドレスをお知らせしている方々には改めてお伝えしようと思います。

 このブログのコメント欄で管理者のみが見られる設定であなたのメールアドレスをお知らせください。返信させていただきます。

 よろしくお願いいたします。




 最近よく見る光景です。
 結婚式の前撮りですね。

 これも人物写真ですから時々自転車を停めて「どう撮るんだろうか。」と遠目に見学させてもらう時があります。

 けっこう長い望遠レンズで撮っていることが多いですね。
 背景を暈す意味もあるでしょうし・・・・なかなか思うように人がはけてくれませんからね・・・・・・普段とられ慣れてない人を撮るには距離を置いたほうが緊張されないのでしょう。

 それに・・・というか予想するにこれが一番かなあ・・・・一眼レフに白い大きな望遠レンズ付けて撮ってくれたら・・・・・それ自体が一つの演出で・・・・・撮られる方の非日常感はグンと膨らむでしょうしね。

DSC01907 - コピー


 「新郎」君に声をかけて了解をいただいて撮りました。

 一日かけて撮るんだそうで高鷹体力的にもハードですが「普段しない格好をして一日あるいていると何だか気持ちもそれに慣れてきて不思議な感じです。」とのこと。
 
DSC01909 - コピー


 一日中カメラを向けられて写真を撮るなんてことはそうそう経験するモノじゃありませんからね。

 背後に若い男性二人が飛び石の上で完全にくつろいで座り込んでいます。(上の写真の右手に写り込んでいるのはそれとは別の中国人?男性二人。)こちらからカメラがむけられていることは視野に入っていると思うし、写真に写り込んでいるのは容易に想像できると思うのですが、だからといってどうこうしようという気持ちはさらさらないようで、カメラパースンはそれをどうしようかと随分困っています。
 少しすれば移動してくれるかなと時間を稼いでいましたが、まったくそんなことは意に介すような気配がありません。そこで諦めて・・・・。

DSC01915 - コピー

 
 カメラパースンやスタッフたちは「すみません。ちょっとどいてもらっていいですか?」とは言えないようです。「後から来て勝手に写真を撮っているんだからどけとか言われたくないね。」という反応が予測できるからでしょうか。
「あんたらの営業に協力する義理はないよ。」でしょうか。
 まあそういう理屈もあながち理解できなくはないし、一般の写真撮影者に対して、そちらの方が傍若無人だったりするのでそういうことを言いたくなることも重々承知ですが、その若者二人にはあまりに周囲への気配り・遠慮がないなあと感じます。
 ほんの数分どいてあげるだけでいいのになあ。

DSC01910 - コピー



 ここ白河あたりでも前撮りは盛んです。

DSC02119 - コピー


 せっかくこういう衣装なんだから全身を入れて撮らないとダメですね。


DSC02120 - コピー


ウエディングのカメラパースンもいろいろとポーズを提案したり、少し遊びを入れたりして工夫をしているのが見られますが、こういう場所を選んでいる時点で、どうなのかなと思いますね。新郎・新婦の要求なのかもしれませんが。
顔を寄せ合ったりしてもらっている場面では大概女性の方が積極的で腹が座っていますし、うれしそうです。

DSC02121 - コピー


 自分ならどう撮ってあげるだろうかと思いながら見ているのですが、あんなに逆光を多用するんだなあとか、逆光でストロボを使わないのに順光で使うのはどういう理由なんだろうかとか教えてもらいたい場面によく出くわします。
 それにしても大概クリップオンストロボを付けたままずっと撮っていますね。
 あれも不思議です。必ずスタッフがついているのに。

 DSC02123 - コピー




DSC02125 - コピー
  1. 2017/11/18(土) 00:00:00|
  2. 状景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

素敵な人たちと   by 蒼樹   宮川町に来てみれば  

 ぞの昔私は京都の町の景観を撮った写真をアップするブログをしていました。
 開店休業のまま長いこと放置してあるというのが実情ですが、
 事情があって見返してみましたが、これもまたなかなか楽しい。

 DSC02335 - コピー


 特に私がしなくちゃいけないというブログでもないのでこれからも開店休業ですが・・・。

DSC02340 - コピー



 新年に入ってもまだまだこれから冬本番ですが、ちょと華やいだ雰囲気をお送りしようと思いまして・・・・。

DSC02341 - コピー



 次の写真を見て、あれここは宮川町じゃなくて、あそこだな・・・と気づかれた人は大変な京都通ですね。

DSC02350 - コピー
  1. 2017/01/16(月) 00:00:21|
  2. 状景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   花見小路寸景

 フジのXプロ2は魅力的なカメラだと思います。
 ドイツに行く前は本当に悩みました。 実際には決断できないで、手元にあるX20で撮ってきて、「この発展形で撮りたい!」と随分思いました。 
 でも、結局自分が撮るのはポートレートなのでXt-2に傾いています。

 それでも「(XT-2の)ファインダーが、ファインダーが・・EVFだしなぁ。」とつぶやきながら決断できずに、ずるずると日を送っています。


DSCF0748 - コピー
  1. 2016/09/19(月) 00:00:38|
  2. 状景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

素敵な人たちと   by 蒼樹   ベルリンの壁で  

 マイセンの職人さんにはまた後日登場していただくとして、

ちょっと話題を変えまして・・・・、
 ここはベルリンの「東西」を隔てていた、あの壁の跡です。

DSCF8786 - コピー


 ソ連のスターリニズムも、それに対抗したアメリカのマッカーシズムなどなども、それぞれが互いに悲劇のスパイラルを作り出し、その先端で、こういう東西冷戦の悲しくも深刻なことが生まれてしまいました。
 ドイツにしてみればそれをナチの扇動に駆り立てられて犯した自らの誤りの落とし子として受け止められています。そしてそれが、一面では、ドイツ国民が東ドイツ・東ベルリンの人に負わせた戦争の惨害なのだと。

 沖縄の悲劇はそのように日本の犯した戦争によって負担させてしまったものだという思いで見られているでしょうか。千島問題はどうでしょうか。アメリカの責任、ソ連の悪行として、日本政府・国民が自らを問う声は弱いのではないのでしょうか。


 DSCF8792 - コピー


 
 こういう場所では、観光気分では落ち着かないのですが、しかし、一面ではここからまた未来を作る明るさも感じました。
 そしてこういうところに見事にアートの力が発揮されています。

DSCF8793 - コピー



 おっ!!  何か来たぞ。
 みんなで足漕ぎペダルを踏みながら街を周遊して大いにビールを飲もうという事らしいです。

 いいですねぇ。楽しそうです。

 私が、親指を立てながら、カメラを向けて、君たちを撮るよと合図すると、一斉に、イェーッと声をあげて応えます。

DSCF8795 - コピー



DSCF8794 - コピー

  

 他の観光の人たちも大いに盛り上がってカメラを向けますから、彼らも・・・・。

DSCF8797 - コピー



 日本では「飲酒運転!!」ということになりますね。

 誰か素面の人がハンドルを握っているんでしょうか。  どうやら運転手はいるようですね。

 楽しそうです。  でも早く酔いが回りそうです。

DSCF8798 - コピー


 日本のアートでは政治的なアピール、政治的な格闘がとても弱くて、諧謔やパロディーの力もひ弱です。
 大規模な公募展などで見る絵などはほとんどその大半が人畜無害の目黒のさんまです。
 アートの力が違いますね。

DSCF8800 - コピー



DSCF8801 - コピー
  1. 2016/08/11(木) 00:00:48|
  2. 状景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと      耽美情念の世界 Ⅲ

  山や林や池の風景を撮る人、海や港を撮る人、街の雑踏や祭りを撮る人、花や木々を撮る人などなど・。・・・写真のジャンルもいろいろあります。
 それぞれ好みや意図があるのですから、学ぶことは多いはずです。

 人を撮るといってもこれまた様々です。

 この刀は、当然のことですが・・・・模擬刀です。
 映画の撮影に使うものじゃないかと思いますが・・・・。真剣は重いですからね。
 塗り鞘に入った刀も数振りありましたが、その意匠がかえって邪魔になるような気がしてこれを選びました。
 が、やはり短刀がほしかったですね。 後になってみれば簪や、小柄でもよかったなあと。

 DSC05725 - コピー


 こういうポーズは十代とか二十歳そこそこの人ではちょっと難しいでしょうか。
 この人自身が求める絵というものがありますから、自然にポーズが出てきます。 

 髪へのしぐさにこだわるのは私です。

 DSC05731 - コピー
 

 


DSC05737 - コピー



 「赤い布を噛んでください」とお願いしますと・・・・・このようになりました。
 

 私は「情念」というものについてあまり考えたことがありませんが、それもまた人の属性ですから、無視はできません。ある意味でとても深いものでしょうから、主題として考える価値はあると思います。
 ただこのような絵になってあらわされるような情念がどのようなモノかは、人生経験が不足していてよくわかりませんが。

DSC05742 - コピー


 

DSC05745 - コピー


 「色っぽい」とか「艶っぽい」とかいう言葉はもう死語なんでしょうか。
 『色気がある』とも言いますね。

 最近は「色『気』」ではなくて、むき出し過ぎるように思いますが、いかがでしょう。

DSC05748 - コピー



 
DSC05750 - コピー



DSC05752 - コピー
  1. 2015/07/03(金) 00:02:34|
  2. 状景
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (122)
人物 (1027)
絵画 (216)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (130)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (169)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (255)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (32)
書 (7)
状景 (8)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (43)
働く人々 (21)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR