FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   出町に二人のカメラ女子  Ⅱ

 昨日の写真だと、「盗み撮り?!」なんて思われてしまうかもしれませんので・・・・。
 今日は少し前に回った写真も。

DSC01203 - コピー


 人物を撮るときには大概の場合に設定を「ポートレート」にしています。
 今日は・・・・ソニーのカメラですので・・・「ヴィヴィッド」にしています。光の強さ、それによる色の鮮やかさを出そうと。

DSC01205 - コピー


 人を撮るにはやはり少しやわらかめがいいという場合が多いです。
 スタンダードも使うことがごくごく少ないです。

 やはり、ヴィヴィッドは色的にくっきりはっきりですね。

DSC01207 - コピー


 この人たちの撮り方について、あまり話しかけることはしていません。
 だって<お楽しみ>ですから。
 それぞれの世界がありますよね。

 むしろ黙って学ばせてもらっています。

DSC01209 - コピー


 世代の違いや性の違いで思いや感性が違ってきますから、気づかされることがいろいろあります。

 おじさんが「知ったかぶって」講釈を垂れれば、それだけおじさんが学ぶチャンスは減ります。
 どうせこちらは大したことが無いのだし、若い人から教えてもらう方がずっとお得です。

DSC01211 - コピー


 
 先ほどは瓶を透過する光を、今度は湧き上がる白い雲を背景に。
 意識的に工夫していますね。


DSC01216 - コピー



DSC01215 - コピー



 お一人は京都の方で、もうお一人は大阪の方、だそうです。


DSC01214 - コピー



 男性同士でこうして撮影を楽しみ合う姿はあまり見ませんね。

 男性同士だとたとえ一緒にいても別々に撮っているという場合が多いように思います。知らず知らず競っちゃうんでしょうかね。そして密かに「おれのほうが・・・。」と。



DSC01217 - コピー
  1. 2019/10/24(木) 00:00:11|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   出町に二人「カメラ女子」  Ⅰ

 「カメラ女子」などという言葉は使わない方がいいのかな。
 
 通りかかると何やら川面に顔を近づけて覗き込みながらカメラを構えているのが見えます。

 小魚でも見つけたのでしょうか。

DSC01187 - コピー


 私が飛び石を渡って近づいていくと、道を開けてくれましたが、

 「いや、あなた方が二人ともカメラを二台も持って写真を撮っているので、そのことが気になって・・・・。」
 そうなんです。お二人ともそれぞれフィルムカメラとデジタルカメラを一台ずつ持っているのです。これは本格的です。

DSC01190 - コピー


 聞くと写真サークルに入っておられるとか。「メンバーにはプロの人もいるんですよ。」とのことです。

 アルミ箔をかざして光の反射を利用しようとしているようです。 小道具がいろいろあるようです。


DSC01191 - コピー


 「撮っているところを撮っていいですか?」とお願いして、撮影を許してもらうとともに、楽しみ方を「盗もう」と思って・・・。

 何やらオシャレな瓶ですね。それをただ写そうとするのではなくて光理の透過の仕方や反射の仕方・・・いろいろに試しています。
 水の中、空にかざして・・・・。

DSC01196 - コピー


 
 私がモデル撮りをするときにこういう工夫をすることが無いので、ちょっと反省。
 道具が増えるとレンズをあきらめることになるのでついつい楽な道を行きます。担げる重量も年々減りますしね。

DSC01194 - コピー


 フィルムカメラは手間がかかるし失敗も多いけれど、そしてランニングコストもかかるけれど・・・・それだけに楽しいとおっしゃっていました。
 
 瓶に着いた雫も撮ろうとしているのでしょうか。

 二人で取り組めばできることも増えます。

DSC01200 - コピー
  1. 2019/10/23(水) 00:00:12|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   京都グラフィエ・藤元敬二氏    Ⅰ

4/12-5/12まで「京都グラフィエ」が続きます。
中でアワードのファイナリストとして選ばれた人たちの作品が「元・醇風小学校」に展示されています。
西本願寺の裏手あたりですね。

 藤元敬二さんは写真と絵とで参加していますが、それぞれが彼の内面の葛藤とそこからもがくようにして生み出されてきた世界観とが形象化されています。

DSC01655 - コピー


 会場は彼のアトリエを持ち込んだように雑然としていますし、この写真にあるように絵の制作中、それ自身もまた作品です。

DSC01656 - コピー


 写真は思想なんだなと言うことをこの人の作品からも強く感じます。
 
 思想というとある傾向性をもったイデオロギーとか〇〇主義だとしか考えられない傾向が日本人の文化意識にあります。そのように思想を片付けてしまうことで一人一人の思想形成の弱さ曖昧さを生んでいると私は思っています。
 そしてそれが芸術世界にも深刻に影響していて、写真ジャンルもまたその幣を免れていません。


DSC01659 - コピー


 作家性というのはそこにかかっていると私は思うのです。
 そういう意味でこうしたイベントは多くの事を教えてくれますし、まさにそれを継承しようとしている世界の写真家たちの格闘を現前に見せてくれます。

DSC01660 - コピー



 ですから私はこのイベントを心待ちにしているのです。

 イベントが誕生したばかりの頃にはがっかりするようなものもまま見られましたが、毎年レベルが上がっているように感じます。

 ですから、ワクワク感一杯なのです。  今年はどうかな。

DSC01662 - コピー


 ここで藤元さんのような若い人と写真について世界について話ができるのはとても楽しいのです。
 
 海外からの写真家も多く参加していますしね。私には言葉のハードルが高いのですが。

DSC01664 - コピー



 私の理解力、共感力を越えたというかはみ出した作品も実にたくさんあるのですが、それこそこうしたイベントの存在意義の一つですね。

 

DSC01665 - コピー


このイベントでは毎回、「素敵な人たちと」で会えるのがうれしいのです。
  1. 2019/04/22(月) 00:00:23|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  「四の五の言わずに京都で個展 vol.10」 天津優貴さん

 もう終わってしまいましたが、天津優希さんがgallery Main  で「四の五の言わずに京都で個展」をしていました。
 
  天津さんの写真展は以前にも見せていただいたことがあって「若いお嬢さんがこうして京都に来て写真の個展をしている。潔いし行動力があるなあとずいぶん感心しました。
 それで私自身何かと理屈をつけて一歩を踏み出そうとしていなかったのを「四の五の言わずに・・・」個展をしようと鞭撻された記憶があるのです。

DSC07317 - コピー


 この人はずっと人物写真を、それも女性を撮ってきています。
 それで個展10回目ですから、私より数段先輩になります。
 人物撮影の作品をなかなか見ることがないこの京都で、私は飢えているのです。

DSC07321 - コピー


 前回見せたいただいた時には、この人より年長の女性たちの、美化しない写真でした。
 幾分かはニヒルで、多少シニカルで、少しアナーキーさもデカダンスもあって・・・けれど根底にしっかりしたリスペクトがあってという感じでしたか。
 しかし、同性を見る目が鋭く光っていました。

DSC07323 - コピー



 今回はある女優さんを数年撮り続けてきた成果を展示されていました。
 いいモデルさんを見つけているなあと思いました。
 素直にフォトマヌカンに接して、変に見る人に阿ったり、あるいは評価されようと思ってどこかで見た形を模してとろうとしていない、素直な写真だと思いました。

 一周したのかな。

DSC07324 - コピー


 私の事を覚えてくれていて、「写真撮らせてもらえませんか?」というお願いにすぐ答えてくれました。

 そして私の6月の写真展を楽しみにしますと、も。
 関東にお住まいだったと記憶していたので、でも見てはいただけそうもないですねと言いますと、実は少し前に京都に転居されて、喫茶テン」で働いているんだと教えていただきました。
 でしたら見に来ていただけるかもしれませんね。

DSC07326 - コピー


 私は人物写真を撮る人に対しては「Oh1 同志よ!」と言うような感情を抱いてしまいます。
 
 専門的・技術的な知識も私よりずっと豊富な方ですから、これからいろいろ教えていただけるんじゃないかと・・・・。

DSC07327 - コピー


 写真が紡いでくれる新しいご縁です。

DSC07330 - コピー
  1. 2019/01/20(日) 00:00:15|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹    Old soldiers never die, but fade away.   Ⅱ

 スマートフォンやコンパクトデジカメには「パノラマ」撮影のモードがあります。
 私たちはそれを使って手軽にパノラマ絵画像を楽しんでいるのですが、例えば周囲をカメラについてレンズの画角で撮ってはスライドさせて、また撮るという風に連続した・・・つもりの・・・カットを撮ったとします。
 しかしそれらを横に並べても決して連続した一枚の写真にはなりません。

DSCF1508 - コピー


 水平線も山並みのつながりも、又木立や地層の連続もそれを、まさに連続して不自然の無い画像にすることは、通常ほとんど不可能です。
 その画像の接続のための計算式を研究完成したのがこの方なのです。
 スマフォやコンデジにこの人の研究成果が組み入れられていればこそ私たちは正確なパノラマ写真を楽しむことができるのです。

DSCF1511 - コピー


 月面探査機がいくら月の景色を画像で送て来ても、探査機の周囲の景色を正確に一連のかつ一連の画像にできなければ、研究は大いに支障を抱えます。
 それでNSAはこの方の研究成果の利用を懇請してきたのだそうです。

DSCF1513 - コピー


 この方はこの写真のクラブの創立者のお一人ですが、この方を誘ったのは画家の藤波氏でした。
 画家がこの方の仕事を写真倶楽部に相応しいと考え、こうがく博士はまた、やはり写真倶楽部においてこれを発表するというお互いの見識!!ここに敢えて「文人」を名乗る主体的自己主張の一面があります。

 DSCF1515 - コピー


 23回を重ねてきた階ですが、創立からの会員は、もうお一人になりますか。

 この方も今回を限りに退会されます。
 それで打ち上げの「反省会」の際に、ご挨拶の中で「Old soldiers never die, but fade away.」とおっしゃったのです。

 この方がいつも4メートルを超す壁面を保持してきたのは創立会員の特権でも何でもなく、会員の氏に対する、又業績に対する尊敬の現れであったわけです。
 計算式はあってもそれを現に画像を加工する段になればコンマ1ミリ以下の誤差にしてこのようにつなげるには相当の神経の集中を要するわけで、費用もバカにならないし体力もいるわけで、もう今回で限界かなというお申し出になったわけです。

DSCF1516 - コピー


 かつて旧職に就いていた時にも先輩方の「退職に当たって」のご挨拶を耳にし、姿を目にしてその時様々な感慨があったわけですが、リタイア後の趣味の世界にあってもこうして「Old soldiers never die, but fade away.」を耳にすることになったわけです。

 この方のこれまでの事や私自身の将来を想うと感慨一入でした。

DSCF1518 - コピー


 足に痛みがあって、毎日杖を突いて開場に来ておられましたが、お客さんから質問があると目を輝かせ一度に顔に笑みが広がり、矍鑠として説明をされていました。
 さらに「理系」のお客さんが来ようものならば別室で数人が大西さんを囲んでミニゼミが始まります。

 これもまたこの会が敢えて「文人」の言葉を使い「写真なんかどうでもいいんやで、こうして皆がいろいろなテーマで談笑するのが本来の目的なんや。サロンであることが目的なんやで。」と創立者のお一人が毎回いうのです。

 決して高感度画とか毎秒何枚でとか、次はどんなカメラが出るなんて言うことは話題にはならないのです。
 写真を介してお互いの人生観や哲学、様々な事柄に対する見識を披瀝し交流して会話を楽しむのがこの会の趣旨なのです。

DSCF1521 - コピー


 それで先ほどの創立者の一人である高名な画家さんは「写真は下手でええ。何を考え、どう表現しようとしたか、その工夫が面白いんや。その人の教養が問題なんや。」というわけです。
 それを聞かされる度にそっと手を上げて「退会します。」と小声で言うのですが。

DSCF1523 - コピー

 
  1. 2018/09/02(日) 00:00:10|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (197)
人物 (1330)
絵画 (267)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (187)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (436)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR