素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹    英国で写真を

私はこの日、三か所で写真展を見ました。
(そのうちの一つはJPSの関西支部のものでしたが、いつもの通りの感想でした。何だかなあ~、とても上手なんですがそれ以上でもそれ以下でもない感じでした。日本の写真はこれでいいのかなあといういつもの感じでした。)

三つの中で私として一番興味を持ち関心を持てたのがこの方の写真展でした。

DSC02731 - コピー


 イギリスで写真を学んだんだそうです。
 日本で写真を学んだうえで渡英したのでも、それ以前に強く写真に関心を持っていたのでもなかったとのことで「イギリスで暮らしているうちに関心を持ち、学校に入った」んだそうで、私のような人間には到底想像もできないような決断ですね。

DSC02732 - コピー


 ジャンル的には「ストリート・フォト」でしたから、まずイギリスでのそうした公道上での撮影に対する考え方はどうなのか、市民の反応はどうなのかが気になるところでした。
 撮影は少々時間的にさかのぼるので、今現在の状況は違うかもという事でしたが、「あまり拒否的な反応はなかったと思いますね。」

DSC02733 - コピー


 私は写真の専門的な教育機関では、そういう点をどう教えているのかにも関心がありました。
 最低限のエチケットというか節度というか、そういうものをどう考え教えているか。
 「技術的なことは教えられましたけど、(いわゆるプライバシーがどうのこうの、肖像権がどうだというようなことは)本人任せで、特にこれといった話はなかったですよ。」

 少なくとも周囲からの抑圧的な空気は感じておられなかったようです。

DSC02734 - コピー


 「ネットの普及の前と後では状況が大きく違っているのかもしれませんねぇ。」

DSC02738 - コピー


 一回目の個展だそうで「これからもやっていこうと思っているんです。」とのことでした。
 ストリート・フォトでやってもらえるといいなあ。
 撮影者が男性か女性かというところでも周りの反応も、受け取り方も違うように思いますし。

DSC02740 - コピー


 私はこれまで書いてきたように、写真を撮る人の中に他の人に対して粗暴粗雑な感性の人が少なくなくて、時に「撮り鉄」の人がやりだまにあげられているのと同談の「人や街を撮る」カメラマンが散見される現状を苦々しく思っているのです。
 ですから、そうしたことに対して批判・非難が起こることには少しも異を唱えるわけではないのです。
 が、反面、過度に膨らんだ自己肯定や自己防衛の感情があり、他人の視線に対するひどく狭小で自己本位な受け止め方があるのも事実だと思っています。
 撮る側がもっている他人に対する粗暴粗雑さと同根の心理なんでしょうか。

DSC02741 - コピー


 この方も現在を「人との関係が希薄になっている」と意識して、上述のようなことを含んで心配されていました。
 それで人間同士の関係をもう少し優しく柔らかくできないか、そこに写真が役に立てないかと・・・・。
 私のコンセプトと重なるスタンスでしたので心強く思いました。

DSC02749 - コピー




  1. 2017/02/06(月) 00:00:02|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹    カメラウーマン・二眼を持つ

 川辺に腰を下ろして二眼カメラにフィルムを装填していました。
 『カメラ女子』などという言葉がありますが、そういう括りには入らないだろうなあと思って声をかけました。

 案の定専門的に写真を学んでおられました。

DSC09938 - コピー


 近いうちにご自宅に暗室を作りたいと目下資金作り中だそうです。

 本格的です。

 私のようなアマチュアではありません。

DSC09939 - コピー


 けれど同じ写真仲間として楽しくお話しさせてもらいました。

 「撮っていいですか?」と尋ねられましたので「僕も撮ります。」とお互いに。

 ワンカットずつという感じでしたが、相手はコストのかかるフィルムですし、こちらはデジタル。

 しかも年の功は図々しさの違いとなって表れます。

DSC09940 - コピー


 ごちゃごちゃ言いながら数カット余計に撮りました。

 「あっ!!白飛びしちゃった!」
 「でも女性は白飛びくらいを喜びますよね。」

 よくご存じで。  その辺をお分かりなのは当たり前ですね。

DSC09941 - コピー


 写真のお友達ができそうです。

DSC09942 - コピー


  続きを読む
  1. 2016/11/08(火) 00:00:22|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

素敵な人たちと  by 蒼樹    楽しいかな  写真談議

 年末から年始にかけての写真展だそうです。
 同じ建物の4階では、同じ期間に「木喰」の彫った仏像を絵に描いた作品の個展がありました。

 三が日に写真展が開かれているなんて・・・・実は・・・・想像もしていませんでした。
 ある人を撮る撮影のロケハンのために街歩きをしていたついでに、今後の予定を確かめるために立ち寄ったのです。

 人は休みなく活動しているんですねえ。

 「おっ!! 職人の手だ!」と、それらの作品に見入っていると
 「それは私のものです。」と声をかけてくれました。

IMG_2813 - コピー


 写真でも絵画でも、グループ展で、その人の作品御前になった時に作者が声をかけてくれることは、・・・・ないのではありませんが・・・・いつものことだという事はありません。

 私はぜひそうあるべきだろうなあ、そうしないではいられないはずじゃないかなあと思っているのですが。

IMG_2815 - コピー



 バイオリン制作の職人さんたちをその工房に訪ねて撮影されたそうです。
 しかもご自身がバイオリンを練習し始めるほど親密に交流して。
 「いや音楽にはならない、ただの音です。」と謙遜されていましたが。

IMG_2816 - コピー


 職人を撮る経験は私にもありますから、いつも持ち歩いている写真を見てもらいました。
 
 大阪や京都の有力な写真グループをご存じで、よくよく調べ、知ったうえでこのグループに加入されて活動しているとのことでした。

 私が、昨年とてもルーズな、しかし魅力的なグループに加えてもらったことを話師ながら、なぜ大半のグループには入ろうと思わなかったのかをお話しすると、「わかるわかる」と共感してくれました。


IMG_2818 - コピー


 お嬢さんをかわいく撮りたいという思いから写真を始められたそうですが、写真に対する意識は相当高いと感じました。
 
 イタリア生まれとのことですが、それまでどういう仕事をし、どういう生活をしていても、すぐに芸術に入ることができるという国民的素養というものを感じました。

 私があなたを撮りたいというとすぐに快諾してくれて、写真を照らす照明の下に立ってくれました。

IMG_2819 - コピー


 この会場は何時も暗くて撮りにくいのです。しかも今日はカメラがキアノンの5Dで、しかもf3.5からの暗いズームレンズをつけているのです。
 このところピントを外しっぱなしで大いに凹んでいるところでしたが、どうぞどうぞ撮ってみてください、と励ましていただいたので撮りました。
 背面液晶モニターでは「やった!!相当いいぞ。」なんて思ったカットも大ボケでした。

IMG_2820 - コピー


 この人ならピントを追い込む時間をちゃんとまってくれたのになあと後悔しました。 この写真もピントが来ていませんね。

 いいポーズに、黒く沈んだ背景に聡明そうな額や、雄弁に語る指先が浮かび上がったいい写真になるはずだったのになあ。

 しかし、小一時間交わした写真談議は実に楽しく有意義でした。

 ぜひまたお会いしたい人でした。

IMG_2821 - コピー



 尻込みしないで、撮る!!  
 う~ん、まだまだ弱いなあ。 頑張ろう。

IMG_2823 - コピー
  1. 2016/01/07(木) 00:00:38|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと     世界で撮る   Ⅱ

原田氏のブログから

「・・・・・色々な人が来てくれて 楽しかった
一人は 森山大道と 友達で 東京に行くと 飲みに行く という 質屋をしている人や
70カ国 旅している人(年上の友人)
京都でガッツリ 人物像を撮っている 写真家のおっちゃん
この人の 話は面白くて ブログを読むと
スナップではなく ちゃんと交渉して フォトマヌカンとして 撮っていた。(フォトマヌカンという言葉を私は知らなかった)

この人の話を聞いて 日本で人物を撮る事に 私は、ただビビって 撮っていなかっただけと 反省した。
日本でも人物を撮るぞ!」
 と書かれていました。

 この「写真家のおっちゃん」というのが私のことらしい。
  ( ちなみに、私は関西で年配の男性を「おっちゃん」と呼部ぶことがあります。これはあまり好きではありません。)

 「フォト マヌカン」は、たぶん私の造語。辞書を引いても出てこないから原田氏がご存じなくても当然。
 モデルという言い方があまりに手あかがついてしまっていて私の気持ちにぴったりしないのでフォトマヌカンを使っている。「マネキン」もそれ自体こういう場合に使うと好きな言葉ではないが。


DSC04461 - コピー


 彼のブログのコメント欄には「京都での人物写真は甲斐扶佐義氏と私の領分だから侵してくれるな」と・・冗談で・・書いておいた。
 こういう力のある人が日本でも大いに人物写真を撮ってほしいものだ。


 この方の少数民族の人々を撮った写真も相当な枚数に上るといいます。ポジフィルムで撮っていた時代も長いそうで、こういう人々の生活の様子を知ってもらいたいのでぜひ個展をしたいとおっしゃっていた。
 これまたぜひ実現していただきたいものです。

DSC04457 - コピー


 世界70か国といえば、例えば「中学生が世界の国名を覚えておいで」という宿題があったとして、これほどたくさん覚える生徒は少ないでしょう。
 それを単に名前を憶えているというのではなくて実際に踏破したというのですから・・・・なんともすごいものです。

DSC04458 - コピー


 こういう先輩がおられると私など実に青二才に思えてきます。
 顔艶もまた体の動きの機敏さもとても私より年配とは思えませんでした。

 不思議なことに話している途中から「そういえばなんだかあなたに以前お会いしているような気がするのだけれど・・・・。」とまじまじ顔を覗かれました。が、残念ながら私にはその記憶がなく。
 記憶のない私が・・・・なのか、何だか会ったような気がすると記憶を保持しているらしいこの方が・・・なのか。

 どう見てもこの方のほうが若々しい。

DSC04459 - コピー


 海外に行っても「なんでも、おいしく食べられますよ。」と食事で困ることがあまりないらしい。
 ただお腹を下すことはどうも避けられないらしく・・・・、国によるんですがね。 タイは美味しかったですよ。
 数年続けて中国・瀋陽で仕事をしたかったのに食事を受け付けられなくて断念した私としては羨ましい限りでした

 かなりディープな世界にまで足を運び入り込んで写真を撮ってきています。
 警戒も敵対もされずに撮ってくるのは相手に対する敬意や周到な安全情報の収集やと様々な要因があるんではないかと思いました。

DSC04462 - コピー


 世界を股にかけるお二人です。
 

DSC04463 - コピー
 
  1. 2015/05/20(水) 00:00:29|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと     世界で撮る  Ⅰ

 世界で撮っておられる。
 


「写真家の原田正規です。

私は、29才でラーメン屋を始め餃子専門店 ピザ屋 不動産など多角経営をし
長年の夢であった セミリタイアを40才の誕生日前に実現させました。

40才で写真家宣言し
現在は 次の夢「50才までに写真集を出す」を掲げて
年2回の個展 年2回の海外撮影旅 コンテスト出品 電子書籍の出版など
依頼を受けての撮影は行わず 作品を作る事だけに専念し活動を続けています。」

写真家原田氏のHPの文章です。

なんときっぱりとしていることでしょう。  潔い覚悟です。

実際、作品自身が「写真家の作品」になっています。

DSC04455 - コピー


 この方は写真家原田氏の年上のご友人。
 世界の70か国以上を回った経験の持ち主。
 どうやら世界を歩く上での経験とノウハウを大いに原田氏に注ぎ込んでおられるようで、二人の間には高圧線が結ばれているように見える。

DSC04454 - コピー


 私が、「もう6,70%はお二人を撮るつもりになっているんですが。」とお話しすると、この帽子を取り出してかぶられた。
 自分をどういうイメージに演出するかということを、写真展会場での写真の選択・配列、紅茶のサービスやDVD上映や、お土産の歯磨セットの用意などと並んで周到に意識されている。 

DSC04452 - コピー


 写真家に、しかも多くの人の支持される遊泳な写真家に「なる!」という意識が実にくっきりとしている。
 ただその意識に「良い作品を撮らなくて良い写真家はない」という気骨が通っている。
 当たり前のように聞こえるが、実は案外そうではない。

 私よりもう少し年配のこの方はアジアやアフリカの少数民族を訪ねて回ることが大好きで、もうすっかり熱中しているとのこと。
 国に数にして70を超えるなら民族の数は、おそらく200とか300とかあるいはそれ以上かも知れない。

 民族衣装の素晴らしさを話す時の氏の顔の輝きはちょっと表現することが難しい。


DSC04451 - コピー


 それを聞く原田氏の胸中の高鳴りも。


DSC04453 - コピー


 この方はもうすぐキューバに行かれるのだそうだが「キューバはいいですよ~。一度行ったら帰りたくなくなる。今度は音楽を聴くのがメインで・・・・。」と。
 キューバの人々の貧しさもよくご存じで子供たちの鉛筆やノートを届ける活動もされている。

 アメリカによる不当な封じ込め政策の結果だしスターリンソ連の愚策の結果でもあるが、キューバはよく耐えてきた。


DSC04454 - コピー



 この金盥の中にバングラデシュで撮ってきた4000枚の写真が積み重ねられている。プリントするだけでも時間も費用も大変だ。
 ここにも氏の写真家としても覚悟が見える。

DSC04456 - コピー
  1. 2015/05/19(火) 00:00:06|
  2. 写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (110)
人物 (880)
絵画 (199)
陶器 (48)
染色 (16)
工芸 (114)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (34)
装身具 (39)
お店 (36)
音楽 (194)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (19)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR