素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと    by 蒼樹   金属造形作家・渡部慶二郎氏   Ⅱ

 私はある違和感をずっと持ていました。

 ある工芸作品の展示会場。それは個展でした。
 そこに展示してある作品はある程度高い技能で仕上げられていて、デザインも面白いものでした。

 作者を見るとまだ30才に届かない若者でした。

DSC05593 - コピー


 それで、ここまで綿密で精度高く作るのは大変でしょ? とその才を高く評価しながら訊ねると「私がデザインしたモノを他の技能者に発注して作ってもらったんです。」という答えでした。
 安藤忠雄氏が建築物の設計をし建物を建てた場合「これが私の作品です。」ということがある。だから、その若い作家がそうしたモノを展示して「私の個展」だというのも、あながち間違ってはいないだろう。
 いろいろな素材の知識や技能者の力を結集するコーディネートも作家の力だと、そういう評価。

だが、と私は思うのです。

DSC05597 - コピー


 私は「はじめに言葉ありき」という思想が好きではないので、余計にそうした作家の在り方に疑問を感じるのです。
 無論、全面的に否定はしません。否定はしませんが。その作品の魅力を作っているのは「他人のふんどし」じゃないかという何かしらの落ち着かなさを抱えさせるのです。

 ですから渡部さんの言葉に対しては深く頷く気持ちがありました。

DSC05598 - コピー


 完成まではまだまだ相当道に利が長いようですが、焦っておられる様子は微塵もありません。淡々と手順通りに続ければ「明後日には多分完成形を見てもらえると思うよ。」だそうです。

 そして二日間完成作品を展示したらその翌日には搬出を目指して解体だそうです。

DSC05601 - コピー



 ネットで渡部さんを検索するといろいろな過去の作品が出てきます。
 
 「ずいぶんたくさんの作品があるのですね。」というと「すべて個展での発表だね。僕は公募展には出さないから。」とのことでした。
 この点でも私は共感するものを感じました。

DSC05602 - コピー





DSC05605 - コピー




DSC05606 - コピー
  1. 2018/02/04(日) 00:00:12|
  2. オブジェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹   金属造形作家・渡部慶二郎氏   Ⅰ

 個展の会期に入っているはずなのにどうしたのかな・・・と思いながら、時々制作が間に合わなくて・・・という事もあるので、とにかく足を踏み入れてみました。

 制作の過程そのものをパフォーマンスとして作品にしている場合もあるし・・・・。

 
 それにしてもあわてず騒がず穏やかな良い空気が流れています。

 今立ち上がっている方が作家の渡部氏です。

 手前に銀色に光っているものが作品のコア的要素になるようです。

DSC05582 - コピー


 ネジ一つからご自身が図面を書いて、制作しているのだそうです。
「自分自身が作りたいものがあって、そのために必要な部品があって、それがすでにこの世に存在している・・・・、と、そういうことはふつうはないんじゃないかな。だから自分で作るというのは当たり前至極のことなんだよ。私は作家だからね。」

DSC05583 - コピー


 「無論、規格品を使って作る人がいても、それはそれでよいのだけれど、少なくとも私はそうではないね。」

 機械工業によってメーカーで作られたカメラとレンズを使っている私にとっては、かなり考えさせられるお話ですね。

DSC05586 - コピー


 金属材料の裁断も、穿孔もねじ切りも、ご自身でコツコツされているのだそうです。
 ですから素材づくりにとても長期間かかるのですが、「同じ作業を長い長い間繰り返しているときに、別の構想が次々に浮かんで作りたくなる。」のだそうです。


DSC05588 - コピー



 お尻の下の木箱に数千の部品が入ってい居るのです。


 会場に部品を搬入されて二日がかりで組み立てていきます。  制作途中ですが「撮影してもいいですか。」というお願いを快く受けてくれました。
 そして私があれこれ疑問をつぶやくたびに腰を上げて丁寧に図面を開き、また実物を見せて説明をしてくれました。

DSC05590 - コピー


 図面はT定規やコンパスで厳密に書かれているかと思いきや、ほとんどフリーハンドの図に寸法が書き入れてあるばかりの図面でした。
 「制作はどこか専門のところに発注するのですか?」 「それをしたら作家としての制作じゃなくなてしまうだろ?」
 それで図面は誰かに見せてご自身の意図を伝えるためのものではないので、つまりアイディアの発信者と受信して製作するものとが同じなので「これでいい。」のです。

 私は、ある意味で、意を得たりと思いました。

DSC05591 - コピー

 
  1. 2018/02/03(土) 00:00:26|
  2. オブジェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   「ホロコースト」    

 私は「遠江の国」に生まれたのですが、やがて山城の国の学校に留学をすることにし、卒業後は先進国だった山城の国に職を求め、そのまま帰国することなく、この国に「終の棲家」を見つけようとしています。
 「思えば遠くに来たものだ」と感じます。

 私の時代は徳川さまの御代とは違い、長崎や京に留学することはずいぶん容易になっていて、むしろ若者は競って他国へ他国へと出ていき、故郷に残る者はむしろ時代の流れから取り残された者とさえ感じられるほどになっていました。
 留学を終えて故国に戻るものもたくさんいたとはいえ、私も、相模の国に暮らす畏友もまた故国には戻らない道を選びました。

DSC02698 - コピー - コピー


 聞くところによれば、かつては長崎留学などの際には二度と生きて家族には会えない覚悟であり、分かれの水杯さえ交わしたという事です。後顧の憂いを断ち切って学を志せという事でもあったでしょうか。
 私たちの世代では、そのような別離の覚悟もなく、まるで時代の流行に押し流されるように他国へ他国へと出ていきましたが、それは又学問に対する決意の希薄化を伴うものでもあったように思うのです。

 徳川さまの時代には「お前はなぜ敢えて故国を離れて学びに行くのか」ということを本人も周囲も深刻に思い悩んだそうですが、いまや物見遊山と変わらぬ気持ちで留学するのです。


DSC02701 - コピー - コピー


 おそらく現代の「国境」を隔てての留学も、こうした経過の一段階にあるのではないかと思います。
 そしてやがては、今、日本国のなかで分国間の移動がほとんど何らの心理的な抑制・葛藤もないのと同じように東アジアや、地球的規模でもおこなわれるようになるのだとおもいます。

DSC02703 - コピー - コピー


 それはトランプ氏がメキシコとの間に如何に高層強力な壁を作ろうと、また政治家たちが竹島や魚釣島に摩擦を作って国民同士の敵愾心をあおろうとも、とうとうとして止めることのできない流れになるでしょう。

 
DSC02704 - コピー - コピー


 今、長門の国に行って会津の、会津や庄内に行って薩長の悪口を言っても、酒の席の余興以上にならないないように(いや、それ以上に腹に含む感情を持つ者もことによったらおられるのかもしれませんが)、それを種に本気で激したり諍いをすれば嘲笑されるのと同じようになるのです。

DSC02705 - コピー - コピー


 無論だからと言って現在進行形の諍いを、どうせ未来には収まるのだからと言って軽んじ、正義や論理や検証を軽視・無視すれば、それこそ将来に禍根を残すことになるのですが。
 
 しかし、そこにはおのずと「目くじらを立てる」立て方、作法というものも歴史的未来を視野に入れたものがあるはずなのです。 
 政治家というものはそういうことができる人たちでなくてはならないのです。

DSC02706 - コピー - コピー


 「ホロコースト」について「鳥肌が立った」という韓国出身の留学生が、この日本でそれを表現した作品を展示し、日本などの学生と交流している。
 

DSC02707 - コピー - コピー


 すべての事柄には多様な側面があり、一色に評価することはできませんが、私はこうした留学生を未来の「世界」の平和と民主主義の種だと思っているのです。

DSC02708 - コピー - コピー
続きを読む
  1. 2017/02/04(土) 00:00:26|
  2. オブジェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   同窓の人たちと展覧会   Ⅱ  1000,1001

 この写真を見て、「なんだこの光は、ひどいな!」とお思いの方が多いだろうと思います。

 そうなんです。実は最近簡易型の小さな照明器具を購入して、初めて使ってみたのです。

 「実験を兼ねて。」とお話しての撮影です。

 器具を手持ちしてくれていますので光が強すぎるのです。私もそれに対応できていません。

DSC02417 - コピー


 大学で表現に関する分野を専攻されている方たちですから興味深く付き合ってくれています。

 もっと光量を落とすように調整できますし、カメラの方を絞ればいいのですが・・・・。

 こうなったのには、部屋を明るくするというほどの光量でないことが分かって、「(この照明器具は)案外暗いなあ」と思い込んでしまったことにも原因がありました。

DSC02420 - コピー


 今月8日からの高瀬川での撮影会に・・・・たまたま撮る場所に条件づけられてどうしても逆光で撮るケースが多いので・・・・こうした照明がほしかったのです。
 簡単に持ち運べますから、これまでのように暗所や逆光で困らなくてよいのではないかと。

 
 さて、この人の作品も私たちの思いを、ちょっと角度を変えればこう見えませんかと提示してくるものです。

 ここでもたまたま磔刑のイエスが登場してきますが、特に打ち合わせがあるのではないようです。お二人の作品にイエスが登場しているのは、ひょっとしたらこの人たちの大学がキリスト教系の学校なので、普段からなじみが深いからかもしれません。

DSC02427 - コピー


 この透明のボールを逆さにすると、多くの場合雪が降る・・・・のですが、中には人がたくさん降り注ぐなんてものもあります。
 これは意味深ですね。

DSC02424 - コピー


 LEDの光は少し青くて5500Kくらいかもしれません。気を付けないといけませんね。
 ただ周囲の光を支配するほどの光量はありませんから、やはりそのほかの人工照明や自然光の量に注意を払う必要があります。そこはやはりプロの仕様とは程度がかなり違います。


DSC02428 - コピー


 男女のフィギュアが少し離れて立っている作品があります。
 二人の小指はしっかりと赤い糸で結ばれています。喜びに包まれるように蝶結びは大きく表現されています。

 で、グッとのぞき込んで玉の底を見るとそこには二人をつなぐ金属の太い鎖がありました。

DSC02432 - コピー


 実は、最初にこの会場を訪ねた時には三人の方がおられて、「写真を撮らせて」というお願いをしたのです。ところがその時もうすでに夕刻が近くて、ただでさえ暗いこの会場がさらに暗かったので、後日出直しますという事になりました。
 そして改めてお訪ねしたところ、間の悪いことにもうお一人が体調を崩されて在廊されていないと言うことでした。

 ですから記念すべき1000人目は、このお二人のどちらか・・という事になったのです。

 今日不在だった方にも是非とも機会を・・・とお伝えください。

DSC02433 - コピー
  1. 2016/04/07(木) 00:00:50|
  2. オブジェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   同窓の人たちと展覧会  Ⅰ   1000、1001

 会場を一巡りします。

 なんだろう、何を表現しようとしているんだろう、自分にこうしたものを鑑賞する素養がない分よく見るようにします。

 (そういう意味で写真は『一目見たらわかっちゃう』と一般に思われているように感じます。少なくとも私のものなどはそうですね。)

DSC02399 - コピー


 この人の作品の含意は現代的に意味があると思います。
 というかまさに現代を写していると思いました。
 
 「現代と取り組まないものは作品とは呼べない」(誰かがどこかで言っていたような記憶が)・・・・私もそう思います。

DSC02402 - コピー


 「神は死んだ」と言われる時代は、誰でもが「超人」として正義を振りかざせる時代でもあります。
 不遜が正義となる時代!!  

 そして正義が乱立して、果てしなく諍う時代です。

DSC02404 - コピー


 この人の作品の眼目はそこにあるようです。

 昔、あるスーパーヒーローの登場するTV番組で「正義の味方よ良い人よ」と歌われました。
 今ではそのように手放しで正義をかざし、よい人ぶることはできません。そういうことに対しては鼻白む時代でもあります。

DSC02406 - コピー


 それは価値が相対化した時代だとは、ずいぶん以前から言われてはいますが、こうして「相対化した」という事態に対してどう対処するかという、個人としての、またマスとしてのありようが不安定なままです。

 そこにまた、その相対的で確定しないことに対するイライラ感や不安感からオカルトへの憧憬や、強いリーダーへの拝跪や屈従した思考停止の態度が蔓延するようになってきています。

DSC02409 - コピー



 これはアメリカの国民大衆の動向にも我が国の少なくない人々の意識状況にも顕著に表れています。

 ここに一つの現代人が正面から見なければならない問題があるように思います。

 そしてこの人はこうした問題をこのように表現しました。

 十字架にかけられたウルトラマンは、決してキリスト教を揶揄しているわけではありません。もっと普遍的な提起です。

DSC02410 - コピー


 「だから、一神教の世界は・・・」といい、「我が国は多神教だから・・・」などと言っても何の慰めにもなりません。

 若い院生が、こうした作品を提示していることに注目したいと思いました。

DSC02414 - コピー


  1. 2016/04/06(水) 00:00:28|
  2. オブジェ
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (131)
人物 (1077)
絵画 (227)
陶器 (55)
染色 (17)
工芸 (134)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (173)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (40)
音楽 (295)
瀋陽 (68)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (41)
書 (8)
状景 (10)
パフォーマンス (31)
版画 (3)
手作り市 (48)
働く人々 (25)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR