FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹    ヴァイオリンを作る prio music&craft  Ⅱ

 ヴァイオリンは通常四弦ですが、五弦のものもあるのだそうで一番の低音部に弦が足されて音に広がりが出るのだそうです。
 最近の音楽環境では他の電子楽器の音量や音の多様性に負けないような楽器への進化が求められるのでしょうね。


DSCF6627 - コピー


 こちらでも筐体の中にマイクと増幅器が仕込まれたものを作られていました。
 そういう楽器の場合には、替えてt楽器自体の音は抑え気味に作るのだそうです。
 「そうしないとハウリングしてしまう。」のだそうです。

DSCF6634 - コピー


 こうした白木のうちに幾度も調整し表面をさらに削ったりするのですね。

 箱自体に構造的な剛性を作るためにも、この独特の曲線の組み合わせが必要なんでしょうね。 多分。

 それとも弓が作る角度の制約をなくすためのものかな。  そこまでは質問しませんでした。

 DSCF6639 - コピー


 こうした時にふと出てくるのがヴァイオリンをいつくしむような笑顔です。

DSCF6641 - コピー


 モノづくりの人に共通している・・・ように思います。

DSCF6642 - コピー


 

DSCF6643 - コピー




DSCF6647 - コピー
  1. 2019/10/02(水) 00:00:45|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹    ヴァイオリンを作る prio music&craft  Ⅰ

先日ご家族4人のユニットで演奏をしていた方。そのお父さんです。
この方はヴァイオリンの制作をされている職人さんです。
京都の宇治に工房をお訪ねしました。

DSCF6588 - コピー


 私はこれまで西陣の職人さんに「良かったら自宅の工房においでよ。」とお誘いを受けてもなかなか腰の重い状態でしたが、今度は思い切って訪問することにしました。
 こういうところにも何がしかの変化が私にあるのかなと、最近感じています。
 いいのか、悪いのかわかりませんが・・・。

DSCF6592 - コピー


 もともとコントラバスの制作会社で仕事をされていたのを、数年前に独立されて今日に至っているのだそうで、「基本的な作り方は同じですから。」とのことでした。
 なるほど両者は相似形ですもんね。

DSCF6595 - コピー


 それにしてもいつも思うのですが、あの妙なる音を作り上げるためによくぞこのような特異な形状を生み出してきたものだなあと。
 そして板を、箱状に貼り合わせた筐体がどうしてあのように強く張った弦のテンションに耐えられるかが不思議です。
 しかも曲によっては「バリバリと弾く」という感じで弓が踊り弦が悲鳴を上げるのによく壊れないなあと。

DSCF6590 - コピー


 「それに、あれでよく弦が緩まないのですねぇ?」

 いろいろな質問をさせていただきました。 撮影に来たの?質問に来たの?という感じでした。

DSCF6605 - コピー


 勿論、種明かし的に言えば、こうした質問をしながら、制作の苦労や勘所を話していただくと、そこに職人の表情が浮かび上がってくるという「手錬」があります。
 が、しかし、とって付けたような質問ではかえって専門家の鼻を白ませてしまいますから、率直なお話をしないといけません。 

DSCF6616 - コピー


 工房を公開していただけるというのは文字通り有難いことで、こうして撮影の機会をいただけることに感謝です。

DSCF6622 - コピー
  1. 2019/10/01(火) 00:00:46|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   岐阜の瓦職人

 私が度々通る道なのですが 
 木屋町通り松原の公算角に見慣れない状景がありました。
 閉じていたはずのおうちの入り口が広く開いて何やら展示されているのです。

DSC01539 - コピー


 どなたかが個展でもされているのだろうかと、道の反対側からしばらく観察すると・・・・。
 どうもそれは「瓦」を展示しているようなんです。鬼瓦が見えます。

DSC01540 - コピー


 「えっ?! 瓦なの?」

 「ええ、岐阜で瓦を作っているんですが、なかなか振るわなくて・・・。」

DSC01542 - コピー


 現在では瓦を葺かない建物が増えていますし、そもそもマンションなどの住む人が増えて戸建て住宅でもないケースが多いわけですから瓦の需要は減少する一方なわけで。

 さすがにこんな大きな鬼瓦を一般住宅で使うこともないわけですが、これは寺院への売り込みと、趣味で求める人もいるだろうということで・・・。
 和式の庭を作っているお宅では、その庭にこうした鬼瓦を設えるのも一つの手ですからね。

DSC01544 - コピー


 ここの瓦職人さんでは、仕事が順調な方もおられるでしょうが、その産業全体として右肩下がりが続いている事実は否めないわけで・・・。

 京都の職人さんでもそうですが、何とか需要を増やそうと様々に工夫はするのですが、それがバラバラな個人の努力になっているのですね。
 「それで、販路を開拓したり、販売戦略を練る専門の役割を担う人がいないといけないんじゃないかと。  それで私がその役割を担うことにしたのです。」

DSC01546 - コピー


 それで数人の職人さんの期待を担ってこうして展示販売を始めたのだそうです。
 この人自身が瓦制作の職人なのですからなかなか思い切りましたね。

 DSC01547 - コピー


 京都には寺社も多いし日本庭園を・・・・坪庭としてでも・・・持つ御宅も少なくないわけですし、そこに可能性はあるでしょう。
 でもそこに食い込むためには、既に京都の職人さんが築いているネットワークに食い込んでいかねばなりませんね。それはなかなか難しい挑戦になるでしょう。
 京都の要求は高いですしね。

DSC01551 - コピー


 他方、町屋はどんどん減っているし、代わりに立っている民泊では瓦ではない新しい屋根建材が目立ちます。
 目につくところには軒丸がわらなどで飾っていますが。

 それでストラップの飾りなども工夫しています。

 この鬼瓦の制作者は、相当な腕前の方のようですね。 ご高齢の方だそうです。

 そういう方もこの人に期待しているのでしょう。 というか、こういう活動にご自身お優れて制作物を提供されることで励まし支援しているのでしょう。

DSC01554 - コピー


 手作り市などにも出して、マーケットリサーチをしてみたらというようなお話もしてみました。

 写真にはありませんが、よくできた鍾馗さんも飾られていました。

 関心を呼ぶといいですね。

DSC01557 - コピー
 
  1. 2019/04/21(日) 00:00:04|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  

国産の生糸にこだわってモノづくりをされている方々の展示会がありました。
その主宰ともいうべき方がこの御仁です。

 14代目塩野屋当主さんです。

DSC08879 - コピー


 展示会場に入ると、自ら私に近づいてきてくれていろいろなお話を聞かせてくれました。
 
 塩野屋さんによれば今や国産の生糸の自給率は1%にも満たず0.5%程度だという事です。

 そもそも桑畑自体がほとんど見られません。

DSC08880 - コピー


 そんな生糸の現状を憂いて桑畑の存続継承に努めておられ、桑の木の植樹にも貢献されています。
 桑の木オーナ-図倶楽部も立ち上げて、桑や蚕、絹糸などについて広く知ってもらうとともにに桑の木栽培を復活するように努めておられます。
 そのあたりの事情は「織道楽 塩野屋」さんのホームページからご覧ください。

DSC08882 - コピー


 大変重い病にかかられて、そこから回復する過程で生きることの意味の捉え方などに大きな転換があったというお話でした。
 ご自身の自覚としてはまだまだ回復は道半ばだという事です。確かに発語などに幾分の障りがありますが、とにかく表情の生き生きしたこと、話の力強さに圧倒されました。

DSC08885 - コピー


 顔はその人の魂を映し出すヒントを持つとおっしゃり、また、今後も何人もの人の「命の写真を見せ」よと言ってくださいました。
 
 個展の開催を知らせればおいでいただけるそうです。

 「命の写真」とは本質を突いた言葉だなあと思いました。

DSC08893 - コピー


簡単に請け合うことができそうにない重い言葉ですが、人を撮る写真というモノに意味があるとすれば、それを表す言葉の一つが「命の写真」ということになるでしょうか。

DSC08896 - コピー


 重たくなりすぎず軽妙にそういう写真が撮れたらいいなあとも思います。

DSC08897 - コピー


 私自身が軽いですから、その点はどうしようもないですからね。

 ただ、やはり写真をそういう視点で見てくれている方がおられるということはいくらかは私のマジメを引き出す契機になるとは思います。

DSC08900 - コピー
  1. 2019/03/07(木) 00:00:24|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵人たちと     銅の心を編む   Ⅱ

 通りかかる人の中には、私のようにこの人の写真を撮る人が時おりいます。

 「お父さん(私のことを私より年長の銅心さんがこう呼びます。)のように大きなカメラで撮る人もおるし、携帯で撮っていく人もいる。声もかけんで撮る人もいるがわしはいちいち怒らんよ。好きにすればいい・・・。」と
 「でも、声もかけずに撮る人と、お父さんみたいに声をかけて撮った写真を持ってくる人と・・・・、気持ちは違ってくるね。」

DSC01850 - コピー


 「わしももうそう長くないけん、、好きなだけ撮っておいて。」
 「そんな寂しいこと言わないで・・・・。まだまだ撮れたって気になれないんだから何度も来るから。」と大笑いしながら撮ります。

 「写真のことはわからんが、その人の撮り方でいい写真かどうかわかるような気がするな。」
 「ええ?!  それはまずいな。」

DSC01857 - コピー


 銅のことについてよくご存じの男性がまじまじと籠を見ています。
 奥さんもご一緒です。  ずいぶん感心されて、「銅もこの頃安くないし、これだけの手間をかけたら・・5000円くらいに・・・・?」

 「・・・・そんなに高くはないよ.。   3000円でいいさ。  まあ他ではそういうわけにはいかないだろうけど。これでおおもうけしようと思ってないから。いいものだ、大切に使いたいという人がいれば、この値段でいいよ。」

 「え?!  その値段?」   お客さんはしばらく考え込んで。 

DSC01859 - コピー


 どうやら男性は、ご自身がものづくりに関心があるようで「作り方」に目が向いておられました。ひとしきり銅線の始末などの仕方について尋ねると「そう?! じゃあ自分でもやってみる。」とお礼を言いながら立ち去っていきました。

 銅心さんは惜しまずにノウハウを話されていました。

DSC01863 - コピー


 銅心さんには、買ってほしいけど買ってほしくないというような気持ちがあるようで、「そうそう次から次へと作れるというわけではないし、これを楽しみに来てくれる人がいて『売れてしまってこれしかない。』とここが寂しくなるのも辛いしね・・・。」

DSC01872 - コピー


 この人と出会っていろいろな話を聞いていると、思わぬことを気づかされることがよくあるのです。
 人生について学ぶための教室はいろいろなところにあるということでしょうか。

DSC01874 - コピー
  1. 2015/04/04(土) 00:00:08|
  2. モノづくり
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (152)
人物 (1285)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (162)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (201)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (45)
音楽 (390)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (51)
書 (13)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (35)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (0)
美術 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR