FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   今からちょっと演奏します。   Ⅰ

 私が河川敷を自転車で走っていると、男性一人女性一人の学生を思しき人たちがマイクスタンドなどを取り出してセッティングしていました。
 見かけない顔ですが、これから何かするのかな。

DSC03431 - コピー


 話しかけてみるとこれから順番にここでギターを弾きながら歌うのだそうです。
 「聞いていかれませんか?」というので、「僕が聞くと写真を撮ることになるよ。それでもいい?」

DSC03432 - コピー


 「僕はいいですよ。」と言いながら他の二人の女性を振り返る。
 お二人もOKのようです。
 マイクやアンプのセッティングがほぼ終わると、今まで話していた男子学生が・・・・始めるのかなと思いきや・・・・「すみませんちょっと昼ご飯を買いに行きます。」とその場を離れてしまいました。
 えっ?!今はもう午後の4時近いよ!

DSC03435 - コピー


 残されたお二人に聞くと、彼はどうやら昼頃にライブを一つやってきて昼食を摂る時間がなかったらしいのです。
 それで、実際には女子学生の方が先に歌ったのですが、写真ではこの人が先。

 周囲は土曜日とあって観光の人も多くてたくさんの人がこちらを振り返ります。
 まだ設置されたばかりの床からもたくさんの人がこちらを見ています。注目されてますねぇ。

DSC03436 - コピー


 中高年カップルさんが「リクエストしていい?! サザンをやってくれる?」と声をかけました。
 「僕の好きなやつでいいですか。」   
 いとしのエリーでした。
 
DSC03442 - コピー


 そのカップルはそれぞれに投げ銭していました。周囲からは「もう一曲!」などとも。

 こういう場所でもパフォーマンスには議論もありましょうが、・・・・音はいやおうなしに耳に飛び込んできますから、せっかく京都の情緒を楽しもうと思っていたのに台無しだなどと・・・・・幸い、大方は好意的に見えました。

 京都には・・・いや全般的に日本の町には市民的な広場があまりに少ない、と私は感じています。

DSC03445 - コピー


 いろいろなパフォーマーに聞くと「まだ京都はいいですよ。受け入れてくれる空気があるから。」と。
 広場で市民が自由に交流する、自己表現をするという・・・そういう文化が乏しいなあと思います。
 
DSC03446 - コピー


 他の人のすることに不寛容というか非寛容というか、そういう気分がますます垂れこめてきていますし。

 もう少し晴れやかで伸び伸びした文化空間を作らないといけないなあと思います。

DSC03448 - コピー


  1. 2019/06/18(火) 00:00:25|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹    中国琵琶を弾く   Ⅱ

  この人の背後に一人の女性が腰を下ろして聞いています。
 その人にも声をかけて「耳を傾けている人」として撮らせてもらおうかなとも思ったのです。
 
 ですが、このところどうも女性に声をかけるきかっけがつかみにくくて、撮影をさせてもらった人の男女比が54%強:46%弱にまで差が広がっています。 もうじきその差は10%にまで達してしまいます。(もっとも今や「男女比」などと言うものの考え方が適切かどうかは大いに考えなおしてみる必要があると思うのですが。)

DSC03363 - コピー


  

DSC03365 - コピー


 音楽を目で聞くということについてある朝の半覚醒の中で考えました。
 それは以前にも書いたことなんですが、絵画や造形物、あるいは写真でできることは何かを考えました。

DSC03368 - コピー


 まあ音は見えないわけですし、音楽は一瞬ではなくて時系列的に表現されますから、やはり根本的には難しいわけで、演奏をという範囲内の事かなとも思うのですが・・・。
 まあそういうことを考える契機に「写真を撮る」はなるわけだということはありますね。
 そういうことで世界についての二のぞき穴として、大いに楽しみたいところです。

DSC03372 - コピー


 

DSC03374 - コピー

DSC03376 - コピー


 私は鴨川で、こうしてとても贅沢な時間を持つことがあるのです。
 非常に高いスキルの音楽を間近で聞かせてもらって、かつそれを撮らせてもらうのですから。
 しかも、自由に周囲を歩かせてもらって、です。

DSC03379 - コピー


 
  1. 2019/06/04(火) 00:00:42|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   中国琵琶を弾く   Ⅰ

 今年の2月にも撮らせていただきました。その時はまだ寒かったですね。
 その写真は拙ブログに3月25日にアップさせてもらいました。

 あの時はもっと上流の出町柳だったと思います。 今日はそこから少し下流の橋の下です。
 「今日は暑いので陽射しを避けたのです。」

DSC03335 - コピー


 実に上手に弾かれます。
 今度8月に台湾に戻って演奏会に参加されるのだそうです。 琵琶協奏曲だそうです。

 とても熱心に練習されているので、なかなか声をかけて撮影の許しを得ることができませんでしたが、ほんの少し息を整える瞬間にカメラをかざして「いいですか?」と。
 それに頷いてくれました。

DSC03341 - コピー

 
多分その時にはすでに以前撮影されたことがあるということは思い出してくれていたようです。

DSC03346 - コピー


 もうすっかり暗譜されているようなのですが「何度も練習しているうちに覚えてしまいました。」と何の気負いも自慢そうな気配もなく淡々とお話してくれました。
 とにかくとても謙虚な人です。

DSC03349 - コピー


 私の写真展で、この人にもぜひ演奏していただきたかったです。

 次の個展でしてくれるといいなあと・・・ひそかに思っています。

 今度の写真展ではこの人の写真を出せませんでした。とても迫力のある写真になってそれと組む写真が見つからなかったのです。

DSC03350 - コピー


 他にも河川敷で橋梁の意壁に向かてtギターを弾く人の写真(これは構図と光とてもうまくいた写真だと自画自賛しているのですが)なども展示できません。単体ではよいのですが、たまたまこの時の組み合わせにはまらないのですね。
 私がよく利用させてもらっているプリント店の支店長さんも、これはいいねぇと言ってくれましたが、難しいものです。

DSC03357 - コピー


 面板の傷み具合を見るとよほど熱心に練習をされているものと見えます。

DSC03358 - コピー
  1. 2019/06/03(月) 00:00:01|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  板前氏・ギターを弾き歌う   Ⅱ

 清水寺での写真展が終わったら、またペースを戻して人を撮る活動を楽しんでいこうと思います。
 今度の写真展では、これまで撮ってきた音楽関係のものをある意味で根こそぎ見直したので、それで、ちょっとテンションが回復しなくなったのかなとも思います。
 分不相応な心理かもしれません。

DSC04024 - コピー


 ずっと依然、私は自分の写真のスタンスを「ドクキュメンタリー ポートレート」なんて言っていました。
 そこからちょっとずれて来てはいたけれど、そこにはちょっと欲もあったし、いいかっこしいもあったように思う。
 まあそれも悪くはない。
 良くも悪くもこれまでの課程のその一つの現れが今度の写真展だったと思います。

 DSC04028 - コピー


 まあ理屈をつけているうちは「撮りたい!」が膨らみ切っていないのかもしれませんが。

 「踏み切れない」状態は、もう開き直って越えたらどうだとも幾人かから背中を押してももらうのだけれど、なかなかそういう風にはいかない。そこができるかどうかは今後の5年の様相を決めると思うのに。

 こういういっぱしの写真家気取りみたいなことを言っているだけ那ところが歯がゆいと言えば歯がゆい。
 
DSC04030 - コピー


 しばらく使わないでおいたこのカメラの使い方が分からなくなっていた。
 人に会って撮らせてもらう呼吸も忘れてしまわないうちに再開しないとまずいなあと思う。

DSC04033 - コピー


 心身のエネルギ-を相当必要とするこの活動を何時まで続けられるかは分からない。が、こういう撮り方を他にあまり例をたくさん見ないというだけの価値はあるだろうから、リタイア後の第三次5カ年計画段階までに、もう一皮むけたいものだと思っている。

 そうやって大層に思い入れているような自分を経験するのもこれまた一つの人生だろうから。

DSC04034 - コピー


 次は京都ファインダー倶楽部の写真展がある。
 でも正直言うと、次は5回目の(あるいは7回目かも知れないけれど)個展を目指したい。
 10回は、やりたいから。
 そのためにはそれを阻害する要因はなるたけ排するようにしたいと思っているし、それに向かうことには貪欲になりたいと思う、  今日この頃。

DSC04039 - コピー
  1. 2019/06/02(日) 00:00:52|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   板前氏・ギターを弾きながら歌う   Ⅰ

 人を撮るための心理的熱がなかなか起こってこないのは、俗にいうスランプに陥っているという事でしょうか。スランプなどとは何か大物ぶっているようで身に沿わないですが。
 そんな時期でもこんなに魅力的な人を見つければ、自転車を大きく転回して「撮らせてもらってもいいかなあ。」になります。

DSC04013 - コピー


 ギターは自己流だそうで、弦を押さえる指の形も「目コピー」なんだそうです。

 「長渕剛が好きで・・・・。」

DSC04014 - コピー


 そして私の年恰好を見て「60年代、70年代のフォークも好きでよく歌うんだ。」と話してくれました。
 なんでもお父さんの仕事を手伝う時に自動車の中でよく聞いたんだそうです。
 
 随分年季の入ったギターです。


DSC04015 - コピー


 一枚目の写真を見ていただくとお分かりのように、かなり気合の入ったサングラスをしています。
 髪はパンチパーマ?
 でもサングラスを撮ると、実に人懐こい目をされています。
 私はついこういう青年と話したくなります。

DSC04017 - コピー


 そして、写真のそのやさしさのある人懐こさを撮りたくなるのです。

 DSC04018 - コピー


 私の人を撮る写真はそのようなものです。

DSC04022 - コピー


  1. 2019/06/01(土) 00:00:41|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (149)
人物 (1208)
絵画 (250)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (145)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (196)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (42)
音楽 (367)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (49)
書 (12)
状景 (13)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (55)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR