FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   お店を始めました。   Ⅱ

 注文したお料理もオシャレで、そうかといって奇抜になり過ぎない、目にも楽しい美味しいものでした。
 ワインが進みます。

DSCF8107 - コピー


 夫君は本当は「写真は少し苦手・・。」なんだそうですが、彼女の後押しで撮られてくれています。
 とても暗いのでISOを思いっきり上げています。
 それで暗いのでシャッター速度を上げられないということを察する彼女が夫君に「あまり早く動いちゃだめだよ。」と声をかけます。

 DSCF8086 - コピー


 でも彼はずっと以前かなり熱心いフィルムカメラを使って撮っていたのだそうで「デジタルになってたまりに鮮明な画面になってしまったので撮らなくなりました・」とのことでした。

 レコードコレクションといい、こういう発想といい、なかなかよい拘りのある人のようですね。

DSCF8109 - コピー


 私は「大海獣」が一体何者かを知りませんでした。

 DSCF8111 - コピー


 このお店は島原の大門から少しのところにあります。
 JR嵯峨野線丹波口から10分くらいかな。
 新しいスーパー銭湯の程近くです。

DSCF8118 - コピー

この辺りも私が以前いた職場のテリトリーだったころとはずいぶん変貌しています。
輪違屋などの貴重な文化財的な建物は存続していますが。

 DSCF8121 - コピー


 それでも木屋町あたり、烏丸通などとはずいぶん違うちょっとレトロな町空間ですから、旅のついでにでも行ってみるとよいと思います。お勧めですよ。

 昼はカフェです。


DSCF8125 - コピー


DSCF8122 - コピー



 どうぞおいでくださいね。

DSCF8106 - コピー

  1. 2020/02/17(月) 00:00:57|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   お店を始めました。   Ⅰ

 もう数年力を借りてきた素敵な女性が結婚されたのが昨年。その人から週のうち三日、夕方から深夜までお店を開くことになったと情報が届きました。
 お店を始めたのが先月半ば・・・・。
 私の健康状態などもあってなかなか「陣中見舞い」に行けませんでした。

DSCF8061 - コピー


 たまたま「孤食」になる日ができて、飲まなければいけない薬も最後の日になったので、じゃあ出かけてみようと、ふらりとお邪魔しました。夫君が好きで買い集めたたくさんのレコード盤を持ち込んでBGMを流しています。

DSCF8067 - コピー


 古民家を改装したお店です。  オーナーは別の方。 ですから時間貸しの間借りですね。

DSCF8091 - コピー
 
 
 最近はいろいろなジャンルでこうした営業形態があるようですね。
 自由な発想で自分たちの条件に合わせて無理しすぎないで取り組めるようです。

DSCF8092 - コピー


 こういう二人の何気ない気持ちの交流の醸し出す空気感は「新婚さん」らしいかな。

DSCF8082 - コピー


 私とこの人との付き合いは長いですから「ちょっとそこで、こんな風に・・・。」とつぶやけばすぐに「モデル」になってくれます。
 もっとも開店から間もない時刻に入店したから他にお客さんがまだいないのできるのですが。

DSCF8098 - コピー


これは次の個展の展示作品の候補かな。
この人が賢い人なのでとても撮りやすい・・のです。

DSCF8103 - コピー
続きを読む
  1. 2020/02/16(日) 00:00:12|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   鯛焼きはいかが?  Ⅱ

 私が写真を撮っていると一人の男性が「個人で撮っているんですか?」と声をかけてきました。
 「肖像権の問題もあるし・・・・。」と。
 それで「声をかけさせてもらって了承のうえで撮らせてもらってますが・・・。」と返事をすると、その男性は店の中にはいっていきました。
 店のスタッフ、あるいは支店長?だったのかもしれません。


DSC04350 - コピー


 カウンターのこちら側の客に混じっていましたので、客のお一人かなと思ったのですが。

 店の人だとしても、お客さんだとしても、ある意味素敵な一声ですよね。
 店の人なら、頼もしいことです。
 この人たちだけだと断りたいときに大いに頼りになりますよね。

DSC04351 - コピー


 私は撮影の許可を求める声も、断ったり、あるいは承諾するときにも率直に声を出して応答するのがいいと思います。
 そしてどちらかに力のバランスが大きく方もいているような場合には、やはり率直に助け舟の声をかける、それが大事だと思います。

DSC04352 - コピー


 スマフォでの撮影は事実上野放し状態ですし、スマフォで撮影する人に「ちゃんと承諾をもらわないといけない」という意識はないようです。そしてスマフォで撮っている人に「無断で撮っちゃだめじゃないですか。」と声をかけるシーンはあまり見ません。
 この問題では一眼レフの人ならダメでスマフォならいいという理屈はないのだと思いますし、社会全般の意識をもっと高めつつ、初めから「悪意あり」と決めつけたり、お客さんだから断れないとか上司だか我慢しようとか言わないで、やはり率直に意思を表明できるようにしたいものです。
 撮らせてもらう側としては『いいと言ったじゃないか。』と当然のように振る舞わないで、相手の表情をよく見て、相手が戸惑っているようなら、潔く引くようにしたいものです。

DSC04353 - コピー


 他の人が撮っている(例えば私が了解の上で撮っているとして)のに便乗して撮ってしまうのもエチケット違反だと私は思います。
 どういう事情で了承しているのか、それ自体にもいろいろな訳があるかも知れないのですから。
 『私も加わっていいですか?』という明確なサインを出すべきでしょうね。

DSC04354 - コピー
  1. 2019/12/14(土) 00:00:49|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   鯛焼きはいかが?  Ⅰ

 いきのいい新鮮なたい焼きが売られています。
 若い男女の従業員さんが手際よく焼いていきます。
 今日はたまたま女性二人。

DSC04338 - コピー


 「あなたたちの働く様子を撮らせてもらってもいいかな?」
 「いいよね。」とお互いに。

DSC04342 - コピー


 タコ焼き屋さんはあちこちにあるけれど、タイ焼きはそれに比べるとずっと少ないようです。
 冬場は余計に売れる様です。
 わたしもたま~に買って食べ歩きますし、近くでバイトしていた若い友人に差し入れたこともありました。

DSC04341 - コピー


 鯛焼きはB級グルメ的な存在なんでしょうが、店の作りをちょっと豪華にして従業員にもこうした衛生管理をちゃんとしてますよ的な服を着せて経営するのは 一つの行き方ですね。
 ここの地代を払って経営を成建たせるのはなかなか大変だろうと思いますが。

DSC04344 - コピー


 でもまあ初期投資額はそう大きくはないのではないかと。

 そんなことはさて置いて・・・・。
 タピオカを売る店が雨後の筍のごとくあちこちに現れて、急に行列ができて、そして消えていきます。

DSC04346 - コピー


 そこで働く人にとっては不安定就労じゃないかと。

 投資の観点からすれば「時流に乗ってちょっと儲けよう」だと思うのですが、その時そこで働く人にしてみれば・・・・。

 
  1. 2019/12/13(金) 00:00:16|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   高瀬川界隈の素敵な人たち・・・murmur coffee   Ⅱ

この店の朝は海外からのお客さんで賑わうそうです。
そうでしょうね。
 京都に来て、この辺りで朝を迎えるのも悪くないと思います。すぐ近くを高瀬川と鴨川が流れているのだし。

DSC00290 - コピー


 雨の夜に祇園や木屋町のお店で飲んできても、歩いて帰ることのできる距離ですしね。

 周囲に高いビルはないし。

DSC00292 - コピー


 宿泊業界進出の穴場かも。  ・・・・というか既に穴場ではなさそうです。

 それだけに開発は心してやってほしいですね。 既に京都はボロボロですから。

 そうなってまで観光に偏重した政策を打っているのに子供の医療費負担限度額は政令指定都市の中で断トツで一番市民負担が大きいのです。断トツでぶっちぎり。国民健康保険料も高いし、地下鉄料金も高い。  お金はどこに回っているのでしょう。

DSC00289 - コピー


 こんなに国宝や世界遺産がたくさんあっても市民の生活の豊かさにはつながっていないのはなぜ?

DSC00293 - コピー


 交通体系も抜本的に変えないとどうにもならないのじゃないかな。

DSC00297 - コピー


 そういう意味では高瀬川界隈の人たちも街づくりに、手をとり、知恵を出し合う動きを更に大きくするが必要がありそうです。

DSC00300 - コピー


 この「高瀬川界隈の素敵な人たち」もそうした動きに一役買えるといいのですけど。

DSC00302 - コピー


  「あっ お客様だ。」

DSC00303 - コピー
続きを読む
  1. 2019/09/03(火) 00:00:07|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (156)
人物 (1309)
絵画 (265)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (173)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (416)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR