fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   平安蚤の市にて   Ⅰ

 毎月10日は、岡崎公園で「平安蚤の市」が開かれます。
 蚤の市は「 marché aux puces」(仏語)の直訳だそうです。

 若手の参入も盛んでなかなか個性的であったりおしゃれな品が並べられたりしています。

DSC_6880 - コピー


 そして、・・・嬉し楽しいことに・・・出展者の風貌も人物も個性の際立った人が少なくありません。
 一つ一つの品物もさることながら、それをどんな風に見せるか、展示をどういう風に趣向を凝らすか、それぞれの趣味や価値観が垣間見られて実に楽しいものです。

DSC_6883 - コピー


 だから、品物の並んだ情景と共に撮ってこそ、という思いもあるんですが、そんなときに持っていないのが50ミリ。
 持っているのが85ミリ。下がればいいってものなんですが…それがなかなかね。


DSC_6887 - コピー



ただ、私の「人を撮る」の画角はやはり85ミリなんですよね。
でも・・・・50ミリでこそ撮れる人物像も捨てがたいのでして・・・・。

DSC_6886 - コピー


 分厚い洋書の「古書」がどんと置いてありますが、
 一方では、これは仏具の一部かなとも思えるものが、
 そしてテーブルは飴色をした格子の古い扉を横にしたものに茣蓙の上敷きをかけ敷いています。 
 こういう一つ一つの拘りに魅力がありますよね。

DSC_6890 - コピー


 私も現役の一時期、もみあげからつながる髭を生やしていましたが、この人のひげ歴は早い、長い。
 高校生の時以来、ず~~っとだそうです。  何十年なんでしょう。

DSC_6894 - コピー


 昔は髭も黒かった…とおっしゃっていましたが、いい感じじゃないですか。

DSC_6892 - コピー
  1. 2023/08/11(金) 00:00:01|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   白の世界をつくる BLANCHE  Ⅱ

DSC_5497 - コピー


 こうしてみると布と陶器の質感がずいぶんと異なることが分かりますね。

 実はテーブルクロスとして使われている三枚もすべて質も色も違います。

 統一したかったんですが・・・・まだこの仕事を始めて間もないのでいろいろとそろわないのですね。

 私にはそんなところが魅力です。

DSC_5501 - コピー


 この服、この人にあつらえて様にぴったりですね。
 ピタリ過ぎて首回りなどちょっと余裕があってもいいかなというくらい。

DSC_5504 - コピー


 お店の周囲には白爪草などのグリーンがありますから、そこに移動してもらって撮りたい感じですね。

DSC_5508 - コピー


 お客さん仕事の人はマスクをする方がいいと私は思います。

 一部の人はマスクを外すことを自己目的とするような激しい言説をしていますが、見当違いだと思います。

 0か1かの問題ではないと思います。

DSC_5512 - コピー


 状況や人も感じ方とも斟酌することができる方がいいです。そいうことを一括りに「同調圧力」だなどというのはあまり自主的自律的な思考ではないと思います。
 学校全体でマスクを外す指導をしてくれないから、先生がマスクを外さないから我が子がマスクを外せないなどという親の声はまさに「同調圧力」に負けている自身の合理化にすぎません。 お上のお墨付きが欲しいと大声を出すような人たちは、自身の弱さのゆえに人に強いる人です。自律的な思考、自主的な行動選択とは言えないでしょう。

DSC_5509 - コピー


 写真に詳しいお客さんとお話し中。

 DSC_5516 - コピー




DSC_5517 - コピー
  1. 2023/06/27(火) 00:00:01|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   白の世界をつくる BLANCHE  Ⅰ

 岡崎公園というところでは手作り市や骨董市が開かれます。
 この人を見つけたのは骨董市です。

前にも書いたことがありますが骨董市に若い人たちが参入しています。

DSC_5490 - コピー


 この人が扱っているのはフランス製の焼物が中心です。

 色は「白」。  と言っても多様な白がありますが。

DSC_5492 - コピー


 それで、テーブルクロスもご自身の服も白です。
 こだわっていますね。

 初め見たときには医療用のスタッフが着るような服だなあと思ったのですがポケットの形にも工夫があり、デザイン性に富んでいます。ボタンは背中側です。

DSC_5493 - コピー


 バックの色がおしゃれなポイントを作っていますが、これだけ白がそろうと写真撮影は難しい。

 それで立ち位置の内と外を逆転して光の強い外に立ってもらって服のしわに影を作るようにしてみました。

 DSC_5495 - コピー


 まだこの会場への参加は二度目だそうです。
 周囲のお店から学ぶことはたくさんありそうですね。
 ご自身も商品の写真を撮ってインスタにアップするために写真を撮るのだそうですが、「あまりカメラのことを分かっていないんです。」「ブツ撮りは専門学校で学んだような人の方が詳しいからそういう人の教えてもらう方がいいよ。」

DSC_5494 - コピー


 そうしたら「自作なんですが・・。」と商品紹介のパンフレットを見せてくれたんですが、実に素晴らしい感性で、ハイチのデザイン性もいいし、写真もよく撮れていて、いいものができていました。
 

 お客さんが来て話し始めたので、私は邪魔をしてはよくないと思ってその場を離れましたが、そのお客さんは私たちの撮影の話を小耳にはさんだので近づいたという「写真を撮る人でした。それで少し教えてもらいました。」とのことでした。

 壁に耳あり、障子に目あり・・・・・まして遮るもののないここでは油断は禁物です。

  DSC_5496 - コピー


  1. 2023/06/26(月) 00:00:02|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   世界と交わる人間交差点  Ⅱ

 「生化学」を学んでいるそうです。いや「生科学」かな。
 日本語で教えてくれたので最初は「性科学」かなと思ったのですが、ここが日本語の難しいところです。
 音が50個しかありませんから同音異義語が実に多い。学ぶ人は大変でしょう。
 漢字表記のほうが分かりやすいですよね。
 ・・・・・・「明治」期に漢字を廃止する案もあったようですが、そんなことをしたら日本文化は相当なダメージを受けたでしょうね。漢字の表現力は実に壮大ですからね。(日本語を廃止して英語にしようともしていたようです。そうすれば今頃日本人はネイティブの英会話者だったわけで、いろいろな苦労がなくてよかったと思う人もいるいるかも知れませんね。そうなれば俳句も短歌もなくなっていたでしょうし、盆踊り歌や民謡も消えていたんでしょうね。そしてもっと声高に「美しい日本」を取り戻せなんて言う人たちがいたに違いないでしょう。)・・・・

DSC_0152 - コピー


 留学生といっても学部に入学しているわけではなくてて院生ですから、そこはさすがに精神的にはずっと大人です。
 お国柄もこの方の個性もあるわけでしょうが物腰が柔らかく落ち着いています。

 DSC_0156 - コピー

 写真を撮る(撮られる)ということについての意識も育った国の文化によって異なるでしょうか、誘うのに気を使います。 そこは率直に質問してこそ交流の意味があるんでしょうし、今度はよく訊いてみたいと思います。
 「話せばわかる」   これを世界の公準にしないとね。

 DSC_0155 - コピー

 
 私のように外国語ができない人間は、こうして写真を撮るときに掛ける言葉に困ります。
 単にポーズを求める言葉だけではなくて、そうでない言葉のほうが大事ですからね。そしてこちらの言葉はニュアンスが大切ですから。 例えば「あなたはスマートですね。」といったら「あなたのファッションは端正ですね。」とか「あなたは賢いですね。(小賢しいというニュアンスを持つ場合もあるから難しい)」ということで「体の形がすっとしてるね。スタイルがいいですね。」ということではないですからね。私の英語力では誤解を招くのがおちなんです。

DSC_0158 - コピー


 習うより慣れろとは言いますが、そこに私の壁があります。  なんて言ってもう人生も終わりなんですが。

DSC_0161 - コピー


 知性と深いやさしさを感じさせるまなざしですね。

 DSC_0159 - コピー
  1. 2023/01/31(火) 00:00:05|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   SNACK ファニー

 いつでもどこでもカメラです。
 何はなくともカメラです。

 この日は親しくして頂いているお二人と久しぶりの会食でした。

DSCF3729 - コピー


 2018年にある写真集づくりの時に一緒に関わったお二人です。

 また食べながら呑みながらお話ししましょうという希望が、このままではCOVIDO-19に負けて実現できないね、というのをようやく今年実現しました。

DSCF3730 - コピー


 前回は私がお店を紹介して集まったのですが、どうも話足りなかった感じで、今回は別の方の紹介で集まったお店の流れで先斗町のスナックへ。

DSCF3731 - コピー


 私はこういう場所は敷居が高くては入れないのですが、私などとは「交際」のレベルの違う方が、ここなら気楽でいいでしょうと。

DSCF3733 - コピー (2)


 お店に先客があって、なんとこの店に連れて行ってくれた人の職場の大先輩が。広告業界のレジェンダそうです。
 大変素敵な笑顔をされる方で、押し出しが強いようにも見えないのですが往年は相当な活躍をされた方だそうです。品のある紳士でした。

DSCF3733 - コピー - コピー


 お店の女性の方は、明日ライブを控えているというバンドのボーカリストだそうです。明日声が出るかなあと。

DSCF3734 - コピー


 広告業界のレジェンドさんは、常連さんだそうですが、こうしてお店のスタッフを楽しくさせるところが私などとは、遊びの格が違います。


DSCF3737 - コピー


 私は、ちゃっかりこのスタッフさんたちに、次の11月の個展について宣伝させてもらい「今度フライヤーでもいただけたら・・。」といっていただきました。

 カメラと一緒に宣伝物も常に持っていないといけないですね。

 楽しい時間でした。

DSCF3744 - コピー






DSCF3739 - コピー
  1. 2022/09/03(土) 00:00:04|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1758)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR