fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   そろりそろりと旅に出る?

 この方が「そろりそろり」と旅に出られたかどうかはわかりませんが、京都の街を見るとそんな感じがします。

 長く抑制されていた「楽しい、癒しの、冒険の・・・旅」に出ようという気分が次第に湧き出しているようです。

DSC03445 - コピー


 中高年の姿はまだそれほど多くはなくて、若い、しかも女性が散見されます。 それも女性の二人連れ。

DSC03446 - コピー


 でもこの方はどうも御一人旅のようです。  それもまた、大いに良し。

 こういうところでゆっくり好きな本を読むのもおつなもの。
 普段の生活を忘れて・・・・かな。

DSC03453 - コピー


  TVの報道や、政府の本音は、例の「Go To・・・」をやって金ずくで人々を外に連れ出し、消費(=金を使わそう)をさせようということのようですが、いやいや、じわっと国民の気持ちの自然な流れで進めればよいと私は思いますね。
 旅行に行きたい、音楽や芝居を見に行きたい、などなどという気持ちはしっかりとあるんですから。
 消費税5%にすれば、自ずと進みますよ。まずは生活の安心。
 鉦や太鼓でやるのは良くないと、私は思いますね。

DSC03454 - コピー


 そのまま本を読んでいてくださいとお願いしたのがまずかったかな。
 顔を起こしてこちらを見てもらえばよかった。
 
 きれいな脚の方でしょ?    背も随分高いのだそうです。  モデルでもしている人なのかなあ、なんて。 それも訊いてみればよかった。

DSC03456 - コピー


 
 私は以前、ここで韓国から来ていたとても魅力的な色白の女性に出会い写真を撮らせてもらったことがあって、毎度ここを柳か木の切り株と思って通っているのです。あながち間違ってはいないようです。


DSC03457 - コピー


 日本に京都があってよかったなどというセリフがありますが、本当にそう言えるかどうか、そうであってほしいとは思いながら、この京都が壊れて来ているのを感じている毎日です。


DSC03459 - コピー


 いや、保守するだけでは京都を良い街として続けることはできないのですが、変えていく方向がまるっきり頓珍漢だというのが京都府市政のように感じています。
 
 京都にリニア新幹線はいらない、 仁和寺門前のホテル建設を止めさせたいと、私はそう思うのです。


 DSC03460 - コピー

  1. 2021/10/13(水) 00:00:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  逆光に映える

 帰宅時にたまたま回った出町柳付近。

 秋の太陽が西に傾いて・・・・そういえば日が短くなりましたよね・・・・たっぷりの黄金の光。

 が、それを捉える力もなく。

DSC03428 - コピー


 そこにいて足を流れに浸している方にお願いして撮りました。

DSC03430 - コピー


 緊急事態宣言が解除されてこの辺りの人でもやや増えました。

 でも観光の人はまだ少ないようです。  本当のところは分かりませんが。


DSC03433 - コピー


 こういう時のノウハウがまるでわかっていないなあと改めて思います。

DSC03434 - コピー


 でも一番はっきりしているのは、一番いい撮影ぽじしゅんを撮るためには靴を脱ぎ、靴下をとり、足裏の痛みに耐えて水に入る勇気と決断心がないという事。
 ネイチャー写真撮る方はその点すごいなあと思います。

DSC03436 - コピー


 「水、冷たくないですか。」
 「ええ、あまり冷たくないですよ。気持ちいいです。」

DSC03439 - コピー


 ファインダーを覗いてのピント合わせでは、太陽がまともに入ってきます。
 瞬時に決めないと目をやられてしまいますね。

 こういう時にEVFならファインダーの明るさを調整できますね。  

DSC03444 - コピー


DSC03442 - コピー
  1. 2021/10/08(金) 00:00:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  五条の窯跡で

 京都グラフィエの会場も八割がたまわって、もう楽しみはわずかになってしまいました。
 そんな中、期待していたのが東山五条近くにある清水焼の窯跡。

 今は市中で煙を出すことができませんから、お引越し。  その跡です。

DSC03294 - コピー


 この窯が現役の頃焼かれた多くの陶器が雑然と、又一部整然と積み残されたままの会場です。

 これまでの写真家が遮光をしていたために会場hが何時も暗くて足下もおぼつかないというイメージでした。

 しかし今回は屋根の明り取りもほぼそのままでしたので暗がりとか何か怪しい、危険という感じはありませんでした。

DSC03296 - コピー


 この会場には二つの期待がありました。無論、写真の作品。もう一つは、昨年たまたまここでまさに「素敵な人」に出会いましたので、夢よもう一度・・・・。

DSC03298 - コピー


 この人はあるイベント会社の方で、ここも仕切っているようです。本来はアルバイトかボランティアの人が受付をするはずなのですが、緊急事態宣言解除のタイミングなどいろいろごたごたバタバタしたようで、搬入、展示も大変だったそうで、今日は自身が受付・案内業務。

DSC03301 - コピー


 それで大変幸運なことに私はほぼ付きっ切りで案内、説明をしてもらい、その上に写真まで撮らせていただきました。

 ご自身イベント好きだとおっしゃっていましたが快活なはきはきした感じの良い人でした。

DSC03302 - コピー


 これから写真家本人も後援企業の社長も来るということで、私にはその点でも幸運なチャンスでしたね。

 そう言う人たちが来ていては私が横から写真を撮るなどということは難しい。

DSC03304 - コピー


 昨年とても素敵な人に会えた会場なので「柳の下の泥鰌」を見つけに来たなどと、去年の人にも今年の人にも失礼なことを言ってしまいました。

 ごめんなさいね。

DSC03305 - コピー
  1. 2021/10/06(水) 00:00:09|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   枡形商店街にて   Ⅰ

 京都グラフィエの「首謀者」の活動拠点がここです。

 私はよく知らないのですが「京アニ」のある作品の舞台となった商店街のモデルがここだそうです、若者の姿もよく見られます。

 京都の中でいくつか成功している商店街の一つだと私は思っています。

 その商店街の中にある「DELTA / KYOTOGRAPHIE Permanent Space」は商店街の活性化にも大きく貢献しているようです。

今回はそこの・・たまたまこの時にいた・・・スタッフが「被写体」

 私が「撮らせてほしい」とお願いすると、真ん中の女性が「いいですよ。いいよね。」とOKしてくれたのですが、向かって左手の男性が「3人揃ってなら・・。」というのであまり乗り気ではないのかなと思いながら・・・・じゃあそこに並んで・・と。

DSCF2338 - コピー

 その後この DELTA / KYOTOGRAPHIE Permanent Spaceの役割などについて、女性スタッフにいろいろ教えてもらいながら、見回していると、奥の調理スタッフである二人がなかなかのお茶目で・・・「いい感じのスタッフですね。あの表情を見ていると撮りたくなる・・。」なんて話しながら

DSC02992 - コピー


 そもそもここの主催者が・・・私の記憶に間違いがなければ・・・フランス人のはずで、この二人の左側がUSA人、右の人がUSA生まれの韓国人、そして女性が「台湾」人・・というインターナショナルな集まりです。
 それがいいですよね。
 
 DSC02994 - コピー


 この店のインテリア自体オーナーの好みで実にインターナショナルなんです。
 椅子・テーブルはアフリカのデザイナ・兼制作者のモノ。 後で女性の写真の時に見えますので・・。

DSC02995 - コピー


 ずっと以前イタリアに行った時に街を散策しているときに、日本人の若い女性が店のスタッフとして働いていて、そこに今日は店が休みだという更に若い男性がふらりと顔を出して、しばらく話したことがありましたが、外国で働きながら様々な体験をしたり学校で学ぶ青年の姿が重なります。

DSC02996 - コピー


 私とは自己形成の仕方が大きく違いますね。挑戦心、行動力、適応力…羨ましい限りです。

DSC02997 - コピー


 彼らの間の「公用語」は、どうも英語らしいです。

 お客さんには外国人も少なくないのですが、そこはやはり日本人が多いですから、勿論?日本語を話します。
 日本語の習熟度は、三人の中では女性ですが、なんと4年の在日でここまで日本語ができるとは、と驚きます。

 まあ、中国(台湾を含む)、韓国などから来ている若者の日本語習熟度にはいつも驚かされますね。

DSC02998 - コピー


 日本政府はこういうインターナショナルな交流を画期的な規模で増やす支援活動をすべきです。
 外務省なども『観光≒金儲け』にばかり狂奔をしないで、若者の様々なレベルとジャンルでの交流を、しかも長期滞在の交流を数倍規模に高めるべきだと思います。
 「研修」という名ばかりの「安価な労働者狩り」を止めてまともな賃金と労働環境を整備して、たくさんの外国人青年を呼び込むべきです。勿論、日本からどんどん出ていく。 ことに東アジア、東南アジアに意識的に。

 そうして「嫌韓、嫌中」など何の役にも立たない歪んだ意識をきれいさっぱり清算すべきです。
 ダメなことはダメ、好きなこと、素敵なこと認めて尊敬できることはお互いに率直に評価しあえる若者を百万の単位で育てること。ここに安全保障政策費をた~ぷりと使う。 そうすればオスプレイやイージス艦などに無駄金を捨てるよりずっと日本の安全保障は強化されます。(現在、在日外国人は約300万人)
国同士の利害対立や軋轢はなくなりはしないでしょうが、戦争は大きく抑制されるでしょう。

 椅子が見えましたか。

DSC03000 - コピー


 京都グラフィエが楽しいのは、日本の写真家たちと並んで欧米圏以外の作家の作品もたくさん見られることです。
 そうすることでお互いを理解し合えることが魅力です。

DSC03002 - コピー


 

 DSC03003 - コピー
  1. 2021/09/29(水) 00:00:05|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   京都グラフィエ巡り  Ⅲ

 どうも水平・垂直感に問題があるようです。
 気持ちで撮ってしまうのでこういうことになるようです。
 体と心の歪みの反映でしょうか。


 DSC02983 - コピー


 それにしてもこうした規模と水準の写真展を見ると、いろいろ考えさせられます。
 
 が、それはさておきとにかく「撮りたい!」という気持ちが刺激されます。
 それは毎回の感想です。 
 それで会場についても、そこにいる素敵な人に対しても「撮りたい病」の発症です。

 DSC02984 - コピー


 これは別の会場=京都文化博物館の別館です。
 これでは写真展かどうかわかりませんね。

DSCF2289 - コピー



 DSCF2290 - コピー


  この人はそうではありませんでしたが、最近マスクから出た目の化粧が皆同じようで、なんだかなあと思うことがあります。
 ちょっとピンク系が多いですよね。

 DSC02986 - コピー



 この会場ではワインと絵のコラボでしたね。
 写真はどこにある?という会場でした。
 
 
 DSC02987 - コピー


 この人がたまたまスタッフルームから出て来て、やや明るい紺色の壁の前に立った時にはとても印象的でした。
 その時に「ほら素敵でしょ?!」とそこにいた若い男性スタッフに同感を求めたのですが、その私の言動に対して微妙な否定感というか拒否感がありましたね。
 どうもね。

DSC02989 - コピー



 こうして背後から撮っている写真も、無論のこと、事前に了解を得ているのです。
 念のため。

 
DSC02988 - コピー


 お客さんが増えてきてしまったので、ご迷惑を考えて、これだけで止めました。
 惜しかったなあ。

DSC02990 - コピー
  1. 2021/09/25(土) 00:00:02|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (244)
人物 (1467)
絵画 (290)
陶器 (60)
染色 (19)
工芸 (225)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (208)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (56)
音楽 (572)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (24)
料理 (31)
写真 (57)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (39)
版画 (4)
手作り市 (65)
働く人々 (49)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (6)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR