FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   初秋に ちょっと嵯峨野散歩   Ⅵ

 背景に見られるようにこの撮影の頃でも桜の木の枝には色づいた葉がちらほら見えますね。
 まさに初秋といった感じです。

 紅葉と言えばモミジ、カエデの色づきを言うことが多いですが、何もそれだけが色づくわけではないのです。

 DSC06703 - コピー



 でも京都の紅葉は、少なくとも観光的にはモミジですね。
 それが本格的に色づくのは11月の終わりころ。
 その時には私の写真展(『音楽・人・人生』 京都写真芸術館  11月12日~17日)は終わっていますが、写真展の頃には既に様々な広葉樹が綾錦を競っているはずです。
 ぜひ京都においでになって、私の写真展にもお運びください・・・・と宣伝しておきます。


DSC06719 - コピー



 そんなかで着物を着てもらって撮影をしたいものです。

 この人の親友で、これまた魅力的な人がいるのですが、ツーショットでソフトクリームを食べようという宿題がまだ実現していませんしね。

DSC06720 - コピー


 この人には京都の街歩きもしてほしいし。

DSC06773 - コピー



 写真の順番がおかしいでしょ?!   パソコンがそろそろ寿命かも知れないのです。
 最近こうしていろいろな場面で不調を訴えます。「末期ですよ、覚悟してください!」と。

 ダメ! とても覚悟できない、と言っているんですけど。

DSC06705 - コピー


 この人も、親友さんも「好きな人ができた」とか「いない」とかいうことを実に率直に言ってくれるのですが、これくらいの年齢の人は、突然境遇が激変して」「これから撮影は難しい、」ということになることが多いのです。
 かつて、そのことは秘密にしておいて、駆け込み的に撮らせてくれた人もいたりして・・・。


DSC06784 - コピー



 そうして撮れなくなる・・・・「だめ! とても覚悟できない」なんて言えませんしね。


DSC06788 - コピー
  1. 2019/10/18(金) 00:00:39|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   初秋に ちょっと嵯峨野散歩   Ⅴ

 多分無事に沖縄・石垣島から帰って来ていると思います。
 実はこの沖縄・石垣<出張>に備えて予約投稿をしています。
 というのも、その前後はこの撮影に集中したいからなんです。
 趣味を仕事にしたという面が幾分あるからということもあるのですが、何よりその撮影を通じて平和や民主主義の前進のために針一本、毛一筋でも貢献したいという思いがあるからです。


 そういう撮影を受けられるものこの人たちがこうして撮影に協力してくれて、少しでも印象的な写真を撮るために機会を与えてくれるからです。

DSC06684 - コピー


 来年五月にこの人も含めた女性たちの写真展をしますが、そういうことを通じて私が世の中煮込みとする窓を開いてくれているのもこの人たちです。
 有難いことです。
 8月の写真展の時にこの人を最初のページに入れたアルバムを置きましたが、やはり目を引いていました。

DSC06692 - コピー


 数日前にアップした鳥取砂丘での撮影の写真と並べて、そのエネルギーがそん色のないようなモノをまたこの人で撮りたいと思います。(すでに候補何枚もあるのですが、更に濃密で力のあるものにしたいと思います。)
 そしてそのことはこの人にも言っているのできっと力を合わせられるだろうと期待しているのです。

DSC06693 - コピー


 とにかく人物写真は 一人×一人= 爆発だぁ  になることが期待されますからね。

 そこが楽しさのカギです。

 ただなんといってもフォトマヌカンの存在が決定的ですから。

DSC06697 - コピー


 11月の初めころにある人の写真展があります。
 その人はもっぱら女性ポートレートを撮っている人なのです。
 一旦FBで友達になったこともあるのですが、関係を絶ちました。 とにかくその発言が女性に対して侮蔑的で、写真もまた・・・別にエロでもグロでも暴力的でもなくて、普通なのですが・・・・なんともつまらないと感じるのです。
 けれどその人は花街にも食い込んで芸子や舞妓を撮ったりしているのです。

 そういう写真に対するアンチも提示したいので・・・・ハハ、私は何様なんでしょうね。・・・・来年の女性ばかり写真展を成功させたいなあと・・・・。


DSC06694 - コピー



 自分なりに、担えもしない課題を立てて、大げさに取り組むわけです。
 人生『物語』ですから。
 
 身の程を知ってしまったら、つまらない。

 ネズミ一匹だって出ないよりましなんですから。

 DSC06699 - コピー


 この人の写真を見てなんだか楽しいような嬉しいような気持ちになれるだけでも幸せじゃないですか。

 浜(崎伝助)ちゃん的に言えば「僕が幸せになれるので、結婚してください。」ですよ。


DSC06704 - コピー

  1. 2019/10/17(木) 00:00:22|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   夏を惜しんで 鳥取大砂丘  Ⅶ

 写真は男子の本懐にあらず・・・・かな。
 

 DSC00863 - コピー



 まあ、しかし、ないものねだりをしていても始まりませんから、・・・。


DSC06386 - コピー


 一番の問題は私の写真がまだまだ人の気持ちを動かさないというというだけの事です。

DSC06388 - コピー




DSC06389 - コピー


 日暮れて、なお道 遠し。


DSC06436 - コピー


それにしても魅力的な人ですね。
この人の力を借りているのに・・・申し訳ないなあ。

DSC06438 - コピー


 ドンマイ!

DSC06467 - コピー
  1. 2019/10/14(月) 00:00:47|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   夏を惜しんで 鳥取大砂丘  Ⅵ

 衣装替えです。
 帽子の黒いリボンがよくマッチしています。
 上から羽織る白い服を手にしていますが、これも画面では効果的ですね。いいセンスですね。



 手にしているケースには・・・・が入っています。


DSC00853 - コピー

 私はフェイスブックもしていてそちらにも時々こうした写真をアップします。
 フェイスブックでは一枚一枚の写真について「いいね」を示すことができますので、どの写真が好評だったかわかります。
 つまりどの写真が不評だったかもわかるわけです。

DSC00860 - コピー - コピー
 

 こちらはブログです。しかも「写真ブログ」ですので見ていただいている方の少なくない人が「写真」に興味関心を持たれています。
 その点フェイスブックは違います。個人的なつながりが基本です。 ですから何を食べた、どこに行った、「いいね」と同じ地平で私の写真についても評価されます。
 そして「いいね」をされた方がお名前で特定できます。

DSC00856 - コピー - コピー


 この一連の写真、ことに下の写真のようなものに「いいね」をされるのは画家などの一握りの芸術関係の方です。


DSC00862 - コピー

 
 この方の友人知人の中にも芸術・芸能に携わる方々がいて・・・そこがこの人の魅力の一つでもあるのですが・・・そういう方が「いいね」をされますが、全体としては一挙に減ります。
 まず顔が写っていなければ「あっ、〇○さんだ。やっぱり美人だなあ。かっこいいなあ。がんばってるなあ。」などの感懐が起こらないので、「いいね」はしないのかもしれません。
 写真を作品としてみるということが少ないのかもしれません。


DSC00888 - コピー



 「いいえ」の数が少ないと不平を言っているのではないのです。
 
 風景を撮った写真に対して「あ、ここは清水寺だ。私も行ったことがあるよ。あそこは、いいね。楽しかったでしょ。『いいね』」といわれると、ちょっと「なんだかなあ」と思うのと同じ心理でしょうか。
 そういう事じゃないんだけどなあ、僕が撮っているのは、と。


DSC00889 - コピー


 先は長いなあ・・と。

DSC00894 - コピー


  1. 2019/10/13(日) 00:00:23|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   初秋に ちょっと嵯峨野散歩   Ⅳ

 彼岸花は球根によって増えるのだそうですが、田んぼの畔などに列をなしているのはそうかなあと思うのですが、こうして他から離れたところに「突如」として現れるのはなぜなのかなあと・・・。
 彼岸花からしてみれば「突如」としてではないんだと思うのですが。
 
DSC06630 - コピー


 オオイヌノフグリやヘクソカズラみたいに、命名でそのイメージが凹んでしまうものがありますが・・・・もっともヘクソカズラは葉をすりつぶしたりすると林田さんも鼻を曲げるほどの匂いがするようですが・・・・この彼岸花もあんまりnなという様な別名があるようですね。

 名前で彼岸花の毒性から人を忌避させようと仕向けているのでしょうかね。


 
DSC06660 - コピー


 う~ん、やはりちょっと痩せましたね。
 自分でもモニターを覗くたびに「痩せた!!」と叫んでおりました。

DSC06655 - コピー


 無理なダイエットをしているわけではないので心配することもないようですが。
 ちょっと忙しすぎたのですね。

DSC06664 - コピー


 この人に送った写真だけでこれまでに数千枚にはなりますから、不思議といえば不思議な縁ではあるわけです。
 
 送った写真はお母さんやおじいちゃんおばあちゃんにも喜んでもらってるようです。
 

DSC06666 - コピー


 


DSC06679 - コピー




DSC06680 - コピー
  1. 2019/10/12(土) 00:00:28|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (152)
人物 (1263)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (159)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (201)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (45)
音楽 (389)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (13)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (0)
美術 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR