FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   二胡奏者

 いやはや、絵の世界でも写真の世界でも、また舞台などの世界でも、例の自粛の影響は深刻です。
 私の知るあるミュージシャンは6月までのスケジュールが見事に消えてなくなったそうです。
 またある写真家の個展で聞いたお話でも「深刻ですね。」と。


DSC06282 - コピー


 この方は二胡の奏者で、やはりいくつものライブが無くなってしまいました。
 この時も本来は演奏会があるはずでしたが中止になってしまいました。
 しかしいつも感心する義理堅さで遠方から会場の主にご挨拶に来られました。
 そこにたまたま私がいたという訳で・・・。

DSC06285 - コピー


 これまでご縁で何度か演奏の様子などを撮らせていただいてきたのです。
 人を思いやるこの方は、それをとても喜んでくれて、私のわがままを聞いてくれました。

 せっかく窓の外には川が流れ桜が見事に咲いていますから・・・。

DSC06301 - コピー


 ここは毎年夜桜を楽しむために河床に照明装置が据えられています。

 今年は、それを絶素に無人の姿は例年と比べると寂しいのですが。

 ちょっと桜の木の下まで行って撮ってみました。

DSC06320 - コピー


 演奏してくれますかと言えば、多分してくれたのでしょうが、今の時期あまり目立つことははばかられますので遠慮しました。

 こうした夜景の中では10代や20代の人よりも少し年を重ねたくらいの人の方が良い空気を醸しますね。
 艶めかしさが出るというか怪しくなると言うか。 艶が出ますね。

DSC06321 - コピー


 少し先輩になる日本画家に女性を対象に描いたり撮ったりという話をした時にとても良いお話を伺いました。
 その人は若いころに石本正氏からも教えを受けていたそうで、石本氏の女性画のあの存在感を生んだ背景にある考え方というか意識を表す言葉を聞かせてもらいました。
 なるほど女性の持つ美や魅力に向き合う念慮は尋常なものではないのだなあと思いました。
 ああ、それで私の写真は甘くて作品というほどのものにならないのだなあと痛感しました。

DSC06328 - コピー
 

 これから残された生命の時間はあまり多くはないとしても、一層気持ちの熱を高めて描きたい〔撮りたい〕ものだねえと話したことでした。

DSC06331 - コピー


 こうした人たちと交わりながら何か一つでも写真を撮ることについての核というものを掴んだ写真を撮りたいものと思いますね。


DSC06335 - コピー


 まあ、見果てぬ夢・・・・というところかなあ。

DSC06345 - コピー


  1. 2020/04/06(月) 00:00:33|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   琵琶湖周辺を歩こう    Ⅱ

 COVID-19の感染防止のために屋内で過ごすように要請されていますが、一律に屋内に閉じこもりをするべきじゃないと思います。
 という訳で、琵琶湖なら大丈夫・・・・と考えての撮影、というのではないのです。事態がそこまで深刻になっていない時期の撮影です。
  
 
DSC05974 - コピー


COVID-19の感染者が滋賀県であまり多く出ていないのはこの琵琶湖の広がりのお蔭でしょうか。
大津などは京都、大阪のベッドタウンですし鉄道を使えば行き来はたいしてこんなっではないのですから早晩感染者が出るでしょうけれど、奥琵琶湖までは随分タイムラグがあるでしょうし、あるいは顕著な感染の広がりはなくて終るかもしれませんね。
鉄道・道路で大阪などと結ばれている以上可能性がないわけでは、無論ないわけですが。 

DSC05976 - コピー


私の故郷は北にアルプスの山並み、南には波の音轟く太平洋という環境でしたから、そもそも空が広いのです。
その広い空がないと、開けた海がないと、どうも時々息苦しさを感じます。
それでこうして琵琶湖周辺に出かけてきます。

DSC05979 - コピー


ただ砂浜が遠州などと比べてとても狭小ですし、波というほどの波も立ちませんので、やはり物足りなさはあります。
もう少し遠州灘が近ければ、この人たちも誘って撮りに行きたいところです。
「うなぎパイ」を・・ではなくて、ウナギをご馳走するよと言えば一緒に行ってくれるかなあ。

DSC05983 - コピー


 琵琶湖周辺の旧道の風情も好きですから基本的にこちらは好きなんですが、ただ琵琶湖の西側の幹線道路沿いの一部の街の景観は、まあ悲惨というほかなくて、実に悲しい思いがします。
 大きくて下品な色遣いの看板が乱立して、それらからは街を作ろうという気持ちが毛筋ほども見られません。
 ただただ私利私欲、欲望が乱雑に乱暴に表出しているだけの猥雑な街です。

DSC05996 - コピー


 これはわが故郷の国道沿いの景観とほとんど変わりません。
 地方都市の非文化性がむき出しになっている景観です。 大小を問わず企業経営に公共意識がほぼ見られないのです。
 近江の国は山城は言うに及ばず大和に比べても古い歴史を持つ地域です。
 一部の町や地域やお店は自覚的に街を守り、作ろうとしていますが 総じて残念としか言えませんね。 ただこれは湖西の一部に限るのかもしれませんが。

DSC05999 - コピー


 京都でも基本は同様な動きが進んでいます。
 ヨーロッパで言うところの旧市街地でさえ相当に危ないのですが、京都駅の南に行けば、もうこうした滋賀の一部の景観とさまで変わりません。

DSC06011 - コピー



 

DSC06019 - コピー
 ・・・・・・・・・・・・・・・


続きを読む
  1. 2020/03/20(金) 00:00:52|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹   琵琶湖周辺を歩こう    Ⅰ

 前にアップした写真はフジで撮ったモノでした。
 今度はソニーです。
 フジは彫というか陰影が深い絵になりソニーはそれに比べればあっさりと・・した感じでしょうかね。  それぞれケース バイ ケースで選べば、いいですね。


DSC05896 - コピー


さて、3月ももうあと10日ばかり。四月は目の前ですね、と各月の終わりころ同じようなことを言っています・・ね。
3月の終わりは年度末にもなりますから、このブログも9年続いたことになります。いやあ、なんという事でしょうねぇ。
リタイア直後には「リタイア後10年」は随分先のことだと思っていたのに、今はもう目の前です。

DSC05898 - コピー

 一休禅師の言葉をいまさらながら思い出して生きねばなりませんね。
 そしてあまり遠くない時期に、ああついにこの時が来てしまったなあ、とつぶやく日が来るに違いありません。
 その時までは「生き」ましょう。
 そしてそれまではいくつかの、例の「一喜一憂の種」を数えながら。

 DSC05902 - コピー

 
 リタイア後の15年を三つに分けて、第一次5カ年、第2次5カ年、そしてその後を第3次五カ年と何か意味ありげに区分してたどってきました。
 そこから言えば4月からの1年365日は第2次五カ年の最後の年となります。
 5月の個展。そこでちょっとした仕掛けをするつもりです。 そして、その日までに累計1600人撮影を達成します。
 8月のグループ展では、「蒼樹は人を撮っている」ということを今一つ確実に認知してもらおうと思います。
 そして8回目の個展を具体的に計画します。   
 
 DSC05951 - コピー
  
 
 私がなぜ人を撮っているかということを、また人を撮る写真とは何かということを、更に尖らせていきたいと思います。
 何故わたしが他の人の撮った人物写真を見てこれじゃだめだと感じるのかということの正体をもう少しはっきりさせたいと思います。だからそれは、自分の写真についても同じです。

DSC05952 - コピー


 そうしないと第3次五カ年で私が目指す写真生活が姿を現してきませんから。

DSC05965 - コピー


 この人をはじめとした何人もの人が私にシャッターを切る機会を与えてくれたためにこんな不遜なことを考えられるのですから、これまで撮らせてくれた多くの方々には本当に感謝しなくてはなりません。
 でも、これからもっともっといろいろな素敵な人を見つけることが必要です。
 
 私の時間はもうあまりないのですから、きょろきょろしている暇はありません。
 (いや逆かな。)
 とにかく寄り道をしている場合じゃないのです。

 5月の写真展の仕掛けが功を奏すれば、私はかなり揺さぶられることになりますが、それが私の写真活動の意味を明らかにしてくれるかもしれないのですから、それも又楽しみです。
 
 
DSC05969 - コピー

  続きを読む
  1. 2020/03/19(木) 00:00:52|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  会場にて  Ⅲ

 やはり、先の先輩仲間に誘われて会場に来てくれた若者です。

 2,30分前には知りもしなかった人間がカメラを向けているのにこんな表情をしてくれるのです。
 わたしは大笑いをしなくてもいいし、ポーズも決めなくてもいい、こういう笑顔が欲しいのです。
 昨日のお二人もそうでした。
 
DSCF8515 - コピー


 こういう人たちで作られている社会は悪くないと思えるのです。

 まあ、確かに事はそんなに簡単ではないのですが、話せばわかる・・という感じがしませんか、お互いに。そういう事ですよね、社会の安定感というのは。

DSCF8521 - コピー


 閣議で真ん中やその両隣などに掛けている人たちの人相とは大分違う様に思います。

 
DSCF8520 - コピー


 この日はちょっと春めいた陽気でしたから、あるいはそんなことも影響していたかもしれません。

DSCF8517 - コピー


 男性のシャツにはダンクシュートする人物のシルエットが・・・・。
 チームのセンターをしているんだそうです。
 外からもうてるセンターだそうです。  こういう人を止めるのは難しい。

DSCF8528 - コピー


 窓枠に肘をかけていただきましたが、やはりそれぞれの特徴が出ますね。
 
 こういうところが面白い。


DSCF8526 - コピー


 

 この方がもっているのが今回発効された冊子です。なかなか充実して、しかも落ち着きのある品の様冊子になったと思います。
 その中に私の写真のページ・・・・背後にある写真たちです・・・・が挟まれています。
 良い機会をいただきました。

DSCF8529 - コピー

  1. 2020/03/13(金) 00:00:33|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   会場にて   Ⅱ

 川の向こう岸を歩いていて、ここのスタッフに「どうぞ見ていってください。」と案内されて、覗いてくれたお二人です。
 その呼び込みをしていた私たちの先輩格の方が、とてもフットワークの軽い、そして実に粘り強い活動をされる方で、「ちょっと古い友人を誘います。」と出て行かれたり、電話をされると、びっくりするような大物が登場されて、我々はちょっと慌てさせられるのです。

DSCF8503 - コピー


 この人たちはついさっきまで二階で鈴木先生のレクチャーを受けていたのです。

 上にあがる際に、あとで写真を撮らせてくださいねと声をかけておきましたので、早速椅子に掛けていただきました。

 周囲に写真があるので私がどんなものを取っているのかよく分かっていただけますし、ここにいる実行委員会のメンバーなどがwあたしを「写真家の・・・。」と紹介したりするものですから、ある意味で心理的なハードルが下がるようです。


 DSCF8504 - コピー


 向かって左の男性のシャツで阪大生であることが分かります。お二人ともドイツ語を学ばれているとのことでドイツへの留学生仲間だそうです。

DSCF8510 - コピー


 京都に遊びに来てこんなところに足を踏み入れてみるのもいいですね。
 神社仏閣ばかりが京都じゃありません。
 京都で集う人たちがどんな文化を発信しているか、そういうことも見ていただきたいですね。

 「観光行政」もそういうところをもっと意識できるものであってほしいと思います。なんでも「経済効果」が云々と金勘定でしか考えない今の観光行政は時代遅れで、しかも歪んで退廃しています。

DSCF8509 - コピー


 若者のこうした笑顔に接するとおじさん、おばさんは癒され勇気づけられます。学びになります。

DSCF8513 - コピー


 そして、僭越ながら何か私たちから吸収し、受け継いでいてほしいなとも。

DSCF8508 - コピー

 


DSCF8514 - コピー
続きを読む
  1. 2020/03/12(木) 00:00:42|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (164)
人物 (1318)
絵画 (267)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (183)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (424)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (4)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR