fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   懐かしい人  Ⅳ

 昨日、私の写真について「個性的」だという評価をした人がいると書きました。
 それは、残念ながら?当たっていないなあと思います。

 陳腐という自虐の意味を少し含めて「オーソドックス」だなあというのが私の自覚です。

 ただ、少し粋がって言うとあたかもスバル インプレッサ ST AWB みたいな写真だったららいいなあと思うのです。
 つまり、上質の素うどん、ざるそば、あるいは塩むすび、旬の焼きサンマに白ご飯…みたいな、そんな写真です。

 ただ、そう書いてみたかっただけです。


DSC_3949 - コピー
  1. 2024/02/27(火) 10:46:02|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  懐かしい人  Ⅲ

 ある人が私の写真を見てと「ても美しい写真が撮れました。撮影を習ったことがありますか。」とコメントしてくれました。
 それで「自己流です。」と返信しますと、「あなたのスタイルはとてもいいです。 個性に魅力がある。 (笑)」と書き送ってくれました。

 これは褒め言葉?! 最後の(笑い)は、からかいの意味でしょうかね。
 それとも肯定的な意味の微笑なんでしょうかね。(笑い)

 まあ、それはいいとして、・・・・。

 この人は私の健康のためにマスクをしてくれていました。そのせいもあって口紅が塗られていません。暑い時期で汗をかくからと言って化粧しないわけでもありません。化粧は最低限度しかしない人です。というより多くの場合、ほぼ「スッピン」です。
 
 普段、街を歩いて、幾層にも化粧した人たちをたくさん見ているので、この人に会うといつもスッピンの気持ちよさを感じます。

 この人の話す事、考えることも「上げ底」ではありません。

 
 DSC_5345 - コピー


続きを読む
  1. 2024/02/27(火) 00:00:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  懐かしい人たち  Ⅱ

 私が次に目指している11回目の個展。
 その個展でも、ただ人物を写した写真青並べるに過ぎないのです。
 「人間交叉点」という標題を得て撮りやすくもなったし展示しやすくもなりました。
 また、見てくれる人たちも、受け入れやすくなったようです。

 今日の写真の人はこの人の絵の個展でお目にかかったことが始まりでした。
 アフリカの「ティンガティンガ」と教えてくれたのもこの人でしたね。
 この人が人物を描くと深みがあって実に魅力的な絵になります。

 こういっては失礼なんですが外見と絵とが一致しない…(笑い)

 それでこの人を撮るには、「リンゴ」がいいだろうと思ったのです。

DSC00156 - コピー
  1. 2024/02/26(月) 00:00:05|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   想い出の人たち   Ⅰ

 「蒼樹 殺すにゃ 刃物はいらぬ 雨の三日も降ればよい」
 全くです。
 このところ天候不順で、なかなか撮影の機会が得られません。 とにかく自転車で出られなければ家に閉じこもるしかないですね。

 ところで、ブログを続けてきて、多くの人の写真を見ていただいてきましたが、その多くは一日か二日で終わってしまい、その後皆さんの目に触れることなく〔お蔵入り〕になります。
 もっとも個展やグループ展に展示したりはしますが、それでも繰り返し見ていただくことはありません。

 その点は写真集にして手元に置いていただける写真家はいいですね。

 せっかく撮影にご協力いただいた方にも、それでは何か申し訳ないなあという気持ちがずっとありました。

 それで過去にも数度「リバイバル」したことがありましたが、 この機会にちょっと、昔の写真を取り出します。ご覧ください。


45770013 - コピー


 振り返ってみると、実際「素敵な人たち」との出会いに恵まれてきたなあと感じます。
  1. 2024/02/25(日) 00:00:01|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと by 蒼樹

 私が図々しいからでしょう、結果的に見るとその分野でよく知られた作家さんの写真を少なからずとってきたことになります。
 ある程度の年まで現役で制作展を継続されているのですから、「作家」として制作、生活を続けてこられた実績があるわけで、当然仲間内ばかりではなくて、外の世界にも知られる方々というわけです。
 ただ、私がその世界の「門外漢」で、だから、知らなかったという訳で、そういう「知らない」という事は、若い頃の私には大きな大きな壁だったのです。それでずいぶん自分御世界を狭くしていました。それが、自分自身が還暦を過ぎて、こんなことをしているうちに、「図々しさ」を身に着けるようになりました。
 年をとるのもあながち悪いことではありませんね。


IMG_4730 - コピー
  1. 2024/02/12(月) 00:00:01|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1758)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (248)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR