fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  デルタは京の社交場  Ⅰ

 おいおい冗談じゃないぞ。昨日は「サムライ」で、今日はもう師走だよ。
 ちょっとは手加減してくれよ。まだまだ棺桶は早いぞ。
 「今までは人のことだと思ふたに俺が死ぬとはこいつはたまらん」など言う覚悟はまだできていませんからね。

 ここは高野川と賀茂川が合流する通称『デルタ』
 京の素敵な社交場になっています。

DSC_8551 - コピー


 鴨川の流れには飛び石が設けられていてこれが人気で他府県の方々もわざわざここにきて跳んで写真を撮っています。
 誰が作ろうと思ったんでしょうねぇ。偉い人です。 こういう人こそ顕彰されなくてはいけません。

 二人の芸術系大学4回生が、卒業制作の一環として亀形の飛び石にラップのフィルムをかけてそこに模様を描いて「遊んで」いました。この様々な「遊び」の提案が二人のうちのお一人の卒業制作テーマなんですね。

DSC_8552 - コピー


 その学生お二人とこの方は既に以前からのお知り合い。
 杯も交わした仲だそうです。もっとも杯は紙コップだったそうですが。

 そしてこの方は、私が写真家の「川」さんに撮られているのを目撃していたそうです。

DSC_8554 - コピー


 先の女子大生お二人は、その写真家「川」さんのインスタのファンなんですって。
 それでインスタの主にあって大感激。

 「川」さんはすでに私に撮られていて、私の写真展にも足を運んでくれた人です。

DSC_8558 - コピー


 そういう訳でこの狭い京都の人の網がグッと絞られて今日何の因果か一堂に介したわけです。  
 盛り上がりましたね。
 今度一人一品持って来て楽しくやろうとか、じゃあ「今日の日本を語る青空教室をやろう。」「やってやって。」

DSC_8559 - コピー


 この方は私より少しばかり先輩ですが2万保以上歩いても平気な方で、今も元気に働いておられる。
 京都に出て来て半世紀の「カゴッマ」です。

 「鹿児島も雪は降るし積りはするけど、昔の京都の冬は寒くてこんなに深い雪が積もることもたびたびだったなあ。」と、手のひらを膝の高さに。「最近はそんなことないねえ。」
 「鹿児島には雪も降るけど灰も降るでしょう?」「そうなんだ、あれが厄介で・・。」「掃いてもハイテモ・・。」
 「やっぱりあんたは教養があるし話が旨いねぇ。ハイても灰てもか。」
 「・・・・・。」

 人の教養の高下の分かる人は教養の高い人ですよ。

DSC_8564 - コピー
  1. 2022/12/01(木) 00:00:05|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  第9回写真展を終えて  Ⅷ

 人物の写真を撮るときにその被写体の近くにその人の知人友人、あるいは恋人などがいるのはどういう影響があるか。

 周囲が乗せたり笑わせたりしていい影響があるか、却って緊張するか。どうなんでしょうねぇ。

DSC_8128 - コピー

「人の目を気にする」と言います。まあこれは「世間をはばかる」という事でしょうが。もっと単純直截に「人の視線を気にする」のはまるで知らない人が見ているからではなくて、旧知の人が見ているからじゃないかと思いますね。

DSC_8133 - コピー


 「へ~ あんな表情するんだ?! いつもと違うねえ。かっこつけてる??」なんて言われる気がしませんか?
 だから友人知人にカメラを向けられると案外、ぎこちなくなる。

DSC_8136 - コピー


 撮る側の私も「その表情がいいなあ、ちょっと優しくなって・・・そうそう。。」なんて言うのをその人の彼氏に聞かれていたらやりにくい。

 DSC_8145 - コピー


 勿論、友人・知人がいてくれて維写真になることもある。 

 この人の場合はどうだったろうか。

DSC_8149 - コピー

 
 この人は私の知り合いでもある人と一笑に会場に来てくれた。
 そしてもう一人たまたま会場においでの人も注目していた。

 部屋の向こうの方にも見に来てくれた人が・・・。   そりゃ平常心ではいられませんよね。
 それを解きほぐすのが私の役目なんですが、なかなかどうも、修行が足りません。

DSC_8151 - コピー


 ちょっと建物の前に出て撮るなんてことも考えられましたね。

 DSC_8156 - コピー
  1. 2022/11/24(木) 00:00:02|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  第9回写真展を終えて  Ⅶ

 個展の期間は自分の写真を見て暮らします。
 そうすると「何か決定的に足りないなあ」という印象がじわじわと湧き上がってきます。それは今回に限ったことではないのですが。
 ことに今回のように若い女性たちの写真を展示しているときにはそれを感じます。

DSC_8095 - コピー

 
 自分の好みの女性を、しかも魅力的な女子を撮れたことを自慢しているだけじゃないのか。

 「もしよければ、まあこの一枚は気に入ったかかなという写真があったら教えてくれますか?」とお訊ねすると大概の方は、一瞬迷ったり、あるいは即座に「これがいいです。これが好きです。」とどれかの写真の前にいかれます。
 その時ん密かに自慢の写真であった時にはうれしいものですし、自己満足だけじゃないんだなと思う訳なんです、が・・・・・それでも何か、得心のいかない何かがあるんですよね。

 DSC_8099 - コピー


 ある米国青年は「あなたの写真を見ているとあなたの視線に人間を大切にする気持ちが見えます。」(これは多分そういう意味のことを言ってんだろうという意訳ですが)
 出口に向かった若い外国人女性に声をかけると、振り返って「Beautiful work!」だと言ってくれました。
 だから多分、それほど悪いことはないんだろうと思います。
 でも、・・・・なんですね。

DSC_8104 - コピー

 
 それが自分の感覚だから仕方がない。

DSC_8107 - コピー

  
 そうかといって・・・・何がどう足りないのか。
 言語化できないもどかしさがあります。  
 人間追及が甘いんだよ!!  かも知れませんねぇ。

DSC_8106 - コピー


 この方は、お友達と来られて、一緒に、ぐるっと写真を見てくれて、もう一度廻って・・・、出口にいかれたのです、が。
 また戻ってこられて・・・・しばらくベンチに腰を下ろして・・・。

 その間私は別のお客さんと話していたのですが。

 意を決するように、「写真撮ってくれますか?」

 私たちの会話を妨げてはいけないと思って遠慮されていたんでしょうか、それとも「写真を撮ってくれ」ということが言い出しにくかったのでしょうか。
 ずいぶんお待たせしてしまいました。

 DSC_8109 - コピー


 こんな狭い空間の中で、それぞれ小さな人生が展開します。
 そして私と交わってできたこの写真が「人間交差『点』」。
 
 DSC_8114 - コピー

続きを読む
  1. 2022/11/23(水) 00:00:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  第9回写真展を終えて  Ⅵ

 個展会場で…誤解とはいえ写真家に・・・写真を撮ってもらえると思うからかもしれませんが、このように申し込んでくれる方々が居られるということはうれしいことです。
 展示された写真を見て、私もこんな風に撮ってもらいたい。こんな写真を撮る人になら撮ってもらってもいいかな。・・・、どんなお気持ちなんでしょう。


DSC_7909 - コピー


 のちのメールでこんなことを書いておられました。
 「元々写真展に興味があったり、ギャラリーに行くと作家さんとよく話したり、する人ではなかったんですが、先週はなんとなく1階のポスターも気に入って入りました。
  写真もかなり気に入りましたし、蒼樹さんとの話も楽しかったんですし、写真も撮っていただいて、なかなかない楽しい経験になりました。
 他の作家さんの写真展も見かけたら見に行きたい気持ちになりました。
 いい写真とは何だろうか、これからも考えていきたいです。
 蒼樹さんのブログも見させていただきます。 」

 写真展に興味があったりはしなかったこの人が、 「いい写真とは何だろうか、これからも考えていきたい」というところまで思考を深める。この人は相当な知性の持ち主なんでしょうね。

DSC_7912 - コピー


 すぐれた知性の人を撮るのは楽しみです。

DSC_7913 - コピー


 もっといろいろなお話をしたい人でしたが、何しろ写真展会場で、次のお客さんも来られますし。

 そのために引き留めるワインもあったのですが、成功しませんでしたね(笑い)

DSC_7916 - コピー


 それにしてもこの会場は、会話のしやすい会場です。
 さすがに元お料理屋さん。

 DSC_7915 - コピー


 この写真は、写真をクリックして、更に右上の虫メガネ❓をクリックして見ていただけるとよいと思います。

 DSC_7939 - コピー


 ここにも「人間交差点」が生まれます。

 DSC_7945 - コピー


 

 DSC_7946 - コピー
続きを読む
  1. 2022/11/22(火) 00:00:00|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  第9回写真展を終えて  Ⅴ

 11月も下旬間近だというのに暖かいですね。 いえ、私としてはありがたいんですが紅葉の色付を気にしている人は心配でしょうか。
 でもケヤキもイチョウもきれいですよ。

DSC_8021 - コピー


 今回の個展ではDMを1500枚作りました。 そのうちの200枚ばかりを私が配りました。
 来るはずのない遠方の友人知人に年賀状代わりに送りました。
 「えっ?! 京都まで来いってか?」なんて思ったことでしょうね。

DSC_8028 - コピー


 これまでの個展ではDMをとても軽視していました。
 今回は、私はDMができる前には私なりのビラを作り・・・・DMよりこちらのビラの方がいいものだったと思います・・・り、DMができてからはいつもリュックに入れて歩きました。
 そして『初めまして』の人をとったときにも、たまたまであった作家さんたちにも配りました。別に必死の形相で配ったわけではないのですが。

 そしてその直接に手渡して、きていただいた人の一人がこの人です。

DSC_8030 - コピー


 学生さんです。

 カウンター越しに撮ってくださいという要望。

DSC_8033 - コピー


 写真も熱心に見てくれました。

 将来に向けていろいろ思うところがあるようです。

DSC_8035 - コピー


 一年間には、何人の学生と話し、また写真を撮らせてもらっているでしょうか。

 鴨川の土手で、作品展のギャラリーで、大学の卒展や修了展で・・・・。

 学生の色々な姿を見ます。

DSC_8039 - コピー


 私の青春期は高度成長期の終盤、途絶えがちな「高度成長」に無理やりカンフル剤を注入して世界一の幻影を追いかけていた頃です。
 今は「失われた30年」が展望なくだらだらと転げ落ちていく時です。
 その中に生きる青年のマインド、価値観が違うのは当然です。

DSC_8043 - コピー


 しかし、「未来は青年のもの」だということは不変の心理であってほしいものです。
 今の政治も経済もその「未来」を施年から奪っているとしか言いようがないです。
 青年から奪っているということは日本社会、日本国民から奪っているということに他なりませんが。

 そんな現在に生きて未来を語る青年です。

DSC_8040 - コピー
  1. 2022/11/21(月) 00:00:00|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (281)
人物 (1583)
絵画 (310)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (220)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (71)
音楽 (679)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (71)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (41)
版画 (5)
手作り市 (71)
働く人々 (58)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (8)
美術 (7)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR