FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   文人光画展にて   Ⅰ

 21日から「現代・文人光画展」が始まり、盛況の中推移しています。

 私は既に書いたように「アラウンド団塊世代±α 男たちの肖像」で参加しているのです。

 男ばかりの、しかも還暦を過ぎた・・・。

DSC00190 - コピー


 しかし、それが意外にも?好評でして・・・。
 
 アメリカからの3人の若者が熱心に見てくれていろいろお話しました(というと誤解を招くなあ・・・お話は対話として成り立っていたかどうか大いに疑問なんですが。  そのうちの一人と話していて、そこに別の一人が加わってきたときに「英語で話しても大丈夫なのか?」と尋ねると先ほどから話していた青年が「大丈夫で、話せるよ、この人。」というのです。私はその言葉に驚いて「ほんの少しだ。」と言葉と指の表現で大いに強調したsのです。案の定その後はボロボロでした・・・・。

DSC00193 - コピー


 私の写真をとても高く評価してくれて、・・・私の意識の準備が全くできていない方向から・・・・「この写真を買うことはできるのか?」と尋ねてくれました。
 そういえば清水寺での写真展でもそう聞いてくれる外国からのお客さんがありました。
 写真を対価を払って手に入れるという文化があるのですね。

 私の答えは「ノー」でしたが。  いや、そろそろ売ってもいいのかなあと思うのです。

DSC00204 - コピー


 今回41人が写真を出していて、しかも一人一人の点数が多めでしたから、なかなか見るのは大変です。
 一般の写真展では見ることのできない表現の写真も数多くあります。そこが魅力なんですけど。

DSC00210 - コピー



 それでおおむね一周してきたそのアメリカ青年のうちの一人に「どの写真が好みだった?」と聞くと目の前にあるヨーロッパの町の写真を指差して「これらと・・・・、そしてあなたの写真だ。」と言ってくれて、またうれしくなりました。
 別のちょっと長く話した青年も帰り際にとても素敵な笑顔で挨拶をしてくれて「グーッ」の合図を送ってくれました。

DSC00211 - コピー


 さて今日の写真は、清水寺の時に味をしめた「ポートレート写真を撮りませんか?」募集に応じてくれた方のものです。

 なんと長年にわたって中判カメラでスタジオ撮影をしてきたという御仁です。
 いやあ、手が震えます。

 最初の二枚はキヤノン 854ミリ f1.2 Lをα900に付けた時に起こる不思議な現象で生まれたものです。
 まるでソフトフォーカスフィルターを付けたような写真ですね。

DSC00216 - コピー


 この場所に二人で足を踏み入れた刹那にこの方が口にされたのが「ここは色が多すぎるなあ。」でした。

 さすが、その通りです。

 でも、こんな私に撮らせてやろうと思ってくれたこの人には大いに感謝です。

DSC00220 - コピー
  1. 2019/08/23(金) 00:00:33|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   夏の京都はお好きですか?   

 なじみのギャラリーを訪問しようと小さな交差点で右折の機会を待って停まっていると・・・・・。

 写真を撮っているお二人が「どうぞ、構いませんので通ってください。」と手で合図してくれました。

 お二人の撮影を邪魔しないために停まっていると思われたようです。

DSC00175 - コピー


 そういうことに気が付いて声がかけられると言うのは気持ちがいいですね。

 ただ私の場合は「写真撮っているなあ、どう撮るんだろう。」とか、「カメラ付携帯端末で撮っているなあ、せっかく浴衣を着たのにちょっと、もったいないなあ。」、なんて思いながら見ているのです。

 DSC00178 - コピー


 暑い中を走ってきているので早くギャラリーにたどり着いてホッとしたいなあという気持ちもありながら、つい撮ってあげたくなってしまうのです。
 私が撮ったからと言って何か特別な写真になるわけではないのですが、少なくともツーショットは自撮りで撮るよう第三者が撮ったほうが良いだろうと。

DSC00176 - コピー


 最近の浴衣はいろいろな、着方があるようですね。
 
 携帯用手持ち扇風機を持って歩く姿を見て、日本の女性の美しい姿が壊れると批判的な高齢男性の声を時々耳にし、目にしますが、そういう人からすれば、どうなっちゃってるんだとため息の一つも二つもつくような新し浴衣ルックが見られますね。

DSC00180 - コピー


 声をかけられたお二人は初め戸惑いを見せていましたが、・・・。

 DSC00183 - コピー



  撮った写真を背面液晶画面で見せてあげると「やっぱり綺麗ね、いいカメラで撮ると・・・。」ということでした。
 「いいカメラはやっぱり違うわ。」

 「・・・・・。」

DSC00186 - コピー


 まあ、アドバンテージはそこにしかありませんしね。

DSC00187 - コピー



 どうぞ暑い京都を楽しんでください。

DSC00185 - コピー
続きを読む
  1. 2019/08/20(火) 00:00:18|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   もう夏ですよ   Ⅶ

 橋の下です。
 こういう風に光に方向性のある場所だと陰影が出て写真は一段と魅力的になりますね。
 肌の質感も出ますし。

DSC04568 - コピー


 撮り方は定番です。 レンズはミノルタ 80-200 f2.8です。
 背景のボケはあまりガチャガチャしないでいい感じだと思います。
 もっと絞りを開ければ、一層柔らかな優しいボケになると思います。

DSC04580 - コピー


 木陰で撮っています。
 こういう条件だとプラナ―85ミリ f1.4の方がもう少し立体感が出るかもしれません。
 このレンズは自動でも手動でも合焦しやすくて、精度も高い気がします。

DSC04582 - コピー


 写真機がα99ですからEVFのファインダーではいまひとつ目の輝きまでは目でとらえられません。
 結果的には捉えているのですが。
 撮る瞬間に撮る主体がこの目のきれいさに心が動いていないということが、私にとっては問題です。
 焦点さえ合わせれば、こう撮れているだろうというのでは、ちょっと気分が治まらない、納得しないのです。撮る楽しさにならないという事でしょうか。

DSC04584 - コピー


 この日も暑かったのですが「案外、涼しい顔をしていましたね。」というのがこの人の後日談。
 全くです。私の方は汗が噴き出し、流れ落ちているのに…ケロッとしてますね。

DSC04588 - コピー
 


 
DSC04591 - コピー


DSC04590 - コピー
続きを読む
  1. 2019/08/04(日) 00:00:59|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   もう夏ですよ   Ⅵ

 台風が東に進み温帯性低気圧になる。
この記事を書いている日は、湿った暖かい風が太平洋から吹き込んで、大変暑くて湿度が高い。
 外から帰ると、シャワーを浴びてすべて着替える。 よくぞ男に生まれけり・・・。

DSC04525 - コピー


 リュックには水を凍らせたペットボトルを挟んでいく。
 これも夏の定番。  途中の自販機で冷たい水を買っていたのでは、それだけで、破産しそうだ。
 水道が使えるところでは首筋や腕に水をかけて、帽子にも水を含ませて被る。
 こうして冷(涼)をとるのが気持ちがいい。 だから夏が好き。

 DSC04526 - コピー


 中高生の頃、バレーボール部の夏練習で、バケツや大きなヤカンの、既に暖まって生ぬるくなった水でも生き返った。
 今のように冷水器もなければ、凍らせて持って行くなどということもできなかった。
 屋外のコートには水を撒くが、その散水の下に入り込んで全身ずぶぬれになるのがこの上なく気持ちよかった。

DSC04534 - コピー


 全身ずぶぬれになったそのままで土のコートで「回転レシーブ」などをするから、頭からつま先まで土まみれ。
 それがムズムズしたりはするのだけれど、この「もう破れかぶれだ」感を味わえたことが楽しかった。
 そうしてその土まみれ汗まみれに汚れた全身をシャワーの下で洗う。
 そのうえで水泳部の大顰蹙を買いながら、服を着たまま、又水泳用パンツに履き替えて、プールに飛び込む。

 こんな気持ちの良いことはない。だから夏は好き。

DSC04542 - コピー


 この撮影場所でかの襲来に会いました。
 私の方は長ズボンを履いていますから、まあ大丈夫なんですが、この人の足にはすでに赤い「刺された」印が。
 京都では「蚊に噛まれる」と言います。怖いですねぇ~。

 DSC04546 - コピー


 「かゆい。」
 それで急遽防虫スプレーを手に入れようと。
 そんな時に携帯端末が役に立つのですね。
 この人や、若い留学生の友人たちと一緒の時には、彼らが携帯端末を縦横無尽に使いこなして、私の願いが実現していきます。
 植物の写真を撮れば、それでその植物の名前などを検索できるアプリがあるというのです。驚きました。
 
DSC04551 - コピー


 そのうちに人の写真を撮ればその人の人相身見をして「あなたとの相性は」とか「その人の将来性は」なんて言うアプリが登場するかもしれません。えっ?!既に存在するですって?!!!  か、どうか知りませんが。


DSC04559 - コピー

 
 私はこの人の切れ長の目が大好きで、もう何度も飽きることなく撮らせてもらっているのです。

 DSC04565 - コピー


  1. 2019/08/02(金) 00:00:15|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   もう夏ですよ   Ⅴ

 私の額から汗がぽたぽたと落ちます。

 それに引き比べ、「足を水に浸けているとさすがに涼しいですよ。」、とこの人。

DSC04509 - コピー


 背景を夏の地面らしく撮ってみました。 そういうつもりなのですが、いかがでしょうか。

 実は反対岸にいってもらうと背景に木々の緑があってもう少しすがすがしい感じに撮れるはずなのです。が、子供連れが数組、先着でそのあたりに陣取っていましたので諦めました。

DSC04512 - コピー


 「手足の白さを撮りたいから・・・。」

 私の注文や指示はいつもこんな感じです。

DSC04481 - コピー


 気楽にしていてくれたらいいからね。


DSC04514 - コピー


 お互いにある程度慣れ親しんでいないと、こういう注文の仕方ではフォトマヌカンは戸惑います。
 この人なら、はい、そこで昼寝してしまって!でも応じてくれるかもしれません。
 昼寝は得意です。

DSC04515 - コピー




DSC04518 - コピー


 脚をきれいに撮るためにこちらに回りました。

DSC04521 - コピー
  1. 2019/07/31(水) 00:00:59|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (151)
人物 (1234)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (154)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (197)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (44)
音楽 (378)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (12)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR