素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   また、新しい「素敵な人」と出会えました。   Ⅰ

 「ボチボチと生きてくよ!秋田篇」というブログがありました。いえ、あります、と書かせていただきましょう。管理人は「pipco1980」という方です。
 ブログを開くといつも「Welcome to my blog!」と迎えてくれました。

 病を得て活躍していた都会を離れて故郷の秋田に帰られました。再起を期しておられた方ですが、そこまでの波乱万丈の人生から掬い取って見せてくれた文章は非常に豊かで刺激に富むものでした。

 きついきつい体調のために数歩歩いても昏倒するようなときもあるようで、まずいのかなあと思っていました。それが先月、ふつりとブログの更新が途絶えて、そのまま再開されることはありませんでした。

 しばらくはブログもこのままだろうと思います。遡って読ませていただこうと思います。そのために「あります」と書かせていただきましたが、皆さまにもpipco1980さんをお尋ねになることをお勧めします。

 豊かな才能をお持ちの方でした。  直接の交流はありませんでしたが、心よりご冥福をお祈りいたします。


 私にもいつかそんなときが来るのだなあ・・・とそんなことも感じました。



 さて、まだ命のあるものは、この人生を大いに楽しみいつくしんでいこうと思います。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 昨年は、それまで私の写真づくりに力を貸してくれていた若い魅力的な女性たちが、相次いで、結婚、出産、進学、帰郷準備と人生の新しいステージに入り・・・・今まで通り力を貸しますよとは言っていただいたものの・・・・なかなか撮影の機会を得にくくなっていました。

DSC05821 - コピー


 無論、別の幾人かは機会を作りましょうといってくれているのですが、そうはいってもなかなか難しいものがあります。
 それで、「またおおいに出かけていっていろいろな人に出会う中から新たな協力者を見つけるしかないなあ。」などと、自転車のペダルをこぎながら独り言を言っていたのです。

 DSC05823 - コピー


 こんなことを言うと差し障る面もありますが、私は容姿容貌が整っていたりして周囲の関心を集めている人でも、あまり撮らせてもらいたいなあと思えない人が案外に多いのです。
 正直に言えば、私もパッと見た瞬間にきれいな人だなとかスタイル抜群!などと咄嗟に興味関心を引かれることは、それはたくさんあります。

DSC05825 - コピー


 でも、人に対する接し方や言動、そのしぐさなどをもう少し観察すると、その観察が数秒であっても、「この人は私の『素敵な人たち』とは違うな。」と感じることが、これまた少なくないのです。

 まあ、半分以上は「酸っぱい葡萄」に類する負け惜しみだろうとは思うのですが。

DSC05826 - コピー


 そんなことを思っている今日この頃だったのですが、この人を見かけ、活動内容を知り、またお客さんとの接し方を見ていると、これは、と感じました。

 手作り市には顔なじみの出店者さんもちらほらおられるし、お客さんの中にも顔なじみの方が時に混じります。

 そしてその方たちは、私が手作り市に来ているのは「(素敵なモノ作りに携わる素敵な)人探し」だという事をご存知です。

DSC05827 - コピー


 それで、私がこの人と話し込んでいると「素敵な人を見つけたね!」とサインを送ってくれたり話しかけてくれたりするのです。
 
 そして、中には「この人はこれまでたくさんの『素敵な人たち』を撮ってきた人なんだよ。」と応援してくれる人もいて、照れくさいやらありがたいやらうれしいやら・・・。

DSC05829 - コピー


 それで、この人も、私の「素敵な人」の仲間に入っていただけることになりました。

 そして、この人が推進している犬や猫の保護活動について、私の蒙を啓いていただける機会ができそうです。

DSC05830 - コピー
  1. 2018/02/09(金) 00:00:26|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹    豆大福     Ⅰ

 和菓子店というものが各町にどれくらいの割合であるものなのかは知りませんから、京都に多いの少ないのとは言えませんが、あちこちに目につくことは確かです。

 皆さんは普段、どれくらい和菓子を楽しんでおられますか。

DSC05423.jpg


 千本通を走っていると・・・たまたま今日は比較的暖かい日だったこともあってか・・・・戸をあけ放って仕事をしている姿が見えました。

 DSC05425.jpg


 「豆大福」の制作中です。

 最近大福は中にいろいろ入れるのが流行りですが、これは小豆の餡です。この定番が、またいいのですね。

DSC05426.jpg


 甘い案を包んだ餅の皮には塩味を「塩梅よく」利かせた豆をこね入れていますから、その加減がいいのです。
 ただ甘いんじゃないんですね。

 ちょっと店頭にいる奥さんから声がかかって目を上げても、きちんといつもの量(ボリュームが)が握り分けられます。

DSC05427.jpg


 衛生管理が大切ですから、当然中に入るのは遠慮します。
 
 イタリアに行った時に立ち寄ったレストランで、厨房との境にぎりぎり近づいて撮らせて貰っていたら、中のコックさんが
 「何してるんだ、そんなところで。」というのです。
 「えっ?!」と顔を上げると・・。
 「中に入って来て撮ればいいじゃないか。」という事らしいのです。  でもほんの一歩だけ入らせていただいて・・・そこからは遠慮した経験があります。.おおらかでしたね。

DSC05437.jpg

  1. 2018/01/28(日) 00:00:19|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと    by 蒼樹    二胡の演奏・楠田奈保子さん   Ⅱ

 大きなログハウスとはいえ個人宅ですから参加30人ともなると演奏のために立つ場所にも一苦労ですが 
 何しろお客さんがいいですから、それと相まって素晴らしい演奏でした。

DSCF6968 - コピー


 私は、こうした集まりでも、どうかすると枠の外に出たい心理が働いてしまう人間で・・・・この時「実は僕もそうなんです。」という人に出会い、やっぱりそういう人はいるんだと思いましたが・・・・・こうした階上から撮っています。
 その点で「写真を撮るから」というのはとても都合が良くて、そういう点からも私が写真撮影に親和的なのかもしれません。いやきっとそうです。

DSCF6970 - コピー


 クレーンでもなければなかなか得難いアングルです。
 
 アングルを大胆に変えてみるというのはありですね。

 DSCF6974 - コピー


 

DSCF6977 - コピー


 ちょっと映画撮影の気分です。
 

DSCF6987 - コピー


この角度にも予想外に音が響きます。
案外特等席かもしれません。


DSCF6989 - コピー




DSCF6991 - コピー
  1. 2018/01/27(土) 00:00:51|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹     二胡の演奏 By楠田さん  on ひとこえ   Ⅱ

 お師匠の作曲された曲や会場の皆さんになじみのある曲を織り交ぜての演奏です。
 
 曲と曲の間のお話からもこの人の人柄の良さを垣間見ます。

 それは自ずと演奏にも反映されています。

DSCF5662 - コピー


 第二部は衣装も替えて。 


DSCF5701 - コピー


 会場の空気も少し変わります。


DSCF5703 - コピー


 一部と二部の間でお客さんが入れ替わりました。その時に私は席に着いたのですが、一部の時とは角度が変わります。
 席に着いたままの撮影ですからほとんどアングルを変えられません。

DSCF5716 - コピー


DSCF5713 - コピー


 多分これが一番良い写真かな。
 上の方が二胡の曲らしい感じかもしれませんが。

DSCF5729 - コピー


 ユーチューブにはいくつかの演奏の一部がアップされています。
 どうぞ聞いてみてください。
 楠田名保子さんとおっしゃいます。

DSCF5738 - コピー




IMG_0008.jpg



IMG_0012.jpg
  1. 2017/12/21(木) 00:00:55|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹    綴れ織り   Ⅱ

 漫然と見ていると杼が舞うように右へ左へと移されます。
 そのたびに鮮やかない糸が模様へと変わります。
 それを凝視していても一つ一つの動作をなかなか見極めることができません。

DSC01732 - コピー



 そこを助けくれるのがカメラでしょうか。

 この「杼」という道具も機能美の典型のような形をしています。

DSC01735 - コピー


 ただ「美しく」作られているというのではなくて、使い込まれたからこそ備わった美というものも感じます。

DSC01718 - コピー


 調理人の包丁・ナイフが研ぎに研ぎこまれて元の形からはずいぶん違った姿になているのを見るときも、道具は使われてこそだなあと思います。
 だからこそ野元さんもこの「機」を取り出して息を吹き込んでやっているのでしょう。

DSC01716 - コピー


糸の張られていない「機」は機とは言えないですすよね。

カメラもまたフィルムが装てんされシャターが切られなくてはカメラとは言えないでしょう。

DSC01717 - コピー


・・・・・そうかといって「切らねば」刀と言えないから、ミサイルを発射し、機関砲を打って、破壊しなくては戦闘機とは言えないからと言って「実用」されては困りますが・・・・。

DSC01721 - コピー


 公開実演の場ではありますが、私はこうした方々から多くを学ばせていただいています。
続きを読む
  1. 2017/10/09(月) 00:00:04|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (122)
人物 (1025)
絵画 (216)
陶器 (53)
染色 (17)
工芸 (130)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (169)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (255)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (32)
書 (7)
状景 (8)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (43)
働く人々 (21)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR