FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  

 生活を楽しむ。
 日本も物事の数量の多寡ばかり追求し、効率、コスト計算ばかりしないでもっと人生を芳醇にする成熟した社会になるといいですよね。

DSC07596 - コピー


 軽くワインを飲みつまみを楽しみながら興味ある本を読む。

 それも鴨川を眺めながら。  大した出費をしていなくとも、こうしてみようと思い立ち実行できる精神は好きです。

DSC07598 - コピー


 しかも、本はこの近くの商店街…最近京アニの作品の舞台になったことで名の上がった・・・の古書店で「一冊100円」で購入。
 ワンコインで五冊も楽しめます。
 私が先ごろ愉快に読んだ『「日本株式会社」批判』は200円でしたがそれ以上の価値を感じましたね。

 そしてこの一冊は彼も参加して成った本だそうです。

DSC07589 - コピー


 彼自身は哲学を研究しているそうですが、臨床心理にも近い捉え方をするようで、現実社会の様々な課題にもコミットしようとする構えがあるようです。


 DSC07590 - コピー



 映画製作にも参加しているそうで、なかなか旺盛な好奇心と行動力をお持ちなようで、ここでこんな風に楽しんでいることが頷けるように思います。

DSC07592 - コピー


 もうそろそろ大学も対面式の講義が始まってきているようですね。

 学生たちが街に戻ってきます。

DSC07593 - コピー


 大学の教員も職員も学生に対する様々な対応でとてもハードな状況だと思います。
 まだ対面式講義の準備とリモート用のレクチャーの両方を準備しなくてはならないし。

 何より1回生は新たな生活に慣れるのに大変でしょう。待たされましたからね。それに経済的に追い詰められている学生も多いことでしょう。
 3回生4回生の就職活動も随分混乱していることでしょうね。

 メールでいろいろ情報をくれるそうです。楽しみにしましょう。

DSC07594 - コピー
  1. 2020/09/25(金) 00:00:39|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   2020年9月 個展のお知らせ

写真展のご案内

ご来場をお待ちしております!
9月 29 日(火)~10月11(日)11:00~18:00 
(10月5日は休廊)
〔前半「夏」と後半「秋・冬」とで作品は全て入れ替えます〕
会場: ギャラリー・ちいさいおうち
京都市下京区四条室町 鶏鉾町478 
(四条室町交差点西南角)

今回は素敵な女性たちばかりを集めました。
ご家族・ご友人とご一緒に是非ご来場ください。
                  蒼樹

私の在廊計画
 9月29日~10月4日までの前半は毎日全日在廊する予定です。
 10月6日(火)   全日在廊
 10月7,8,9日  11:00~16:00まで在廊
 10月10日(土)  13:00~18:00まで在廊
 10月11日(日)  全日在廊 


  1. 2020/09/20(日) 00:00:36|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹   本屋の御主人  レティシア書房 Ⅱ

 本屋に行っても嫌中・嫌韓本や新自由主義的なマインドづくり、生き方指南本が平積みされていて、いったいこの本屋は日本文化とか平和・民主主義についてどういう見識を持っているのだろうかと激しく疑問を持ちます。
取次店からタダ洪水の如く流れてくる本を漫然と並べて、販売〈数〉だけを意識しているような経営や、働き方では精神がすり減るでしょうね。自分がないのですから。あるいは お金の高を自分だと思っているのでしょうかね。

DSC07470 - コピー


 八百屋さんは「いい野菜」を選んで店頭に並べ、「生きのいい魚」を選んで仕入れた魚屋さんは「自信あるよ、美味しいよ。」と言ってサザエさんの足を止めることができるのです。

 入荷に意識的な選択の無い本屋が「これおもしろいですよ。そういうことならこういう本もお薦めですよ。」なんて言えないわけで。
 売っていても面白くもおかしくもないでしょう。

 「私、本が好きなんで書店に就職します。」と言っていたあの子は今頃どうしているのでしょうか。

DSC07465 - コピー


 そういう私は、最近読書量が減りました。読んだとしても昔買った本を再読三読したりして新しく購入する機会はぐっと減りました。書店の経営に、ほとんど貢献してませんね。

 昨日書いたように今読んでいるのは購入したばかりの『ジェンダー写真論 Ⅰ991-2017』ですが、その前は『ヘーゲル法哲学批判  序論』だし、『経済学・哲学草稿』なのですから、出版社、書店泣かせではあります。

 
DSC07471 - コピー

 
 この書店オーナーさんはもともと音楽関係の仕事をされていた関係でちょっと古いレコードやCDもたくさん並べられています。オーディオセットも・・・。
 かなり古いカメラも飾られているし、ミニチュアの模型もあるしと、なかなか多趣味でしかも渋い。

DSC07472 - コピー


 お店はギャラリーも兼ねていて、この日は Milton Ogura氏の作品が展示されています。私の今日の目的はこれを見ることでした。 時にはここでライブもするし、ちょっとしたお話の会もするそうで随分多角的に取り組んでおられます。

 自費出版したような本も並べてくれるのだそうで、私の若い友人であるカメラマンの「パン屋」の人たちを撮った写真集も並んでいました。 オッと、こんなところで会うとはね。

DSC07473 - コピー


 それで「小書店のオーナーを撮ったらいかがですか❓個性豊かな面白い人が多いですよ。」と勧めてくれた。個性豊かな方にそういわれると説得力がありますね。

 残念なことに私の人生は、行き当たりばったりが基本なので・・・・・。

 でも小さな書店を見つけたら、足を踏み入れてみよう。

 そしてその小書店のオーナーが何を見ているのか、ファインダーから覗きながら、耳を傾けてみよう。

DSC07474 - コピー
  1. 2020/09/20(日) 00:00:03|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  今日も街頭で呼びかけている。

 自民党の総裁選が行われている。
 つい先ごろ立憲民主党の代表が決まった。

 それらを見るにつけて改めて政治活動というものははそもそもどうでなくてはならないのか、どうであってほしいのかということを考える。

DSC07359 - コピー



DSC07361 - コピー



DSC07363 - コピー



DSC07360 - コピー



DSC07364 - コピー




DSC07368 - コピー




DSC07365 - コピー




DSC07370 - コピー




DSC07371 - コピー
  1. 2020/09/13(日) 00:00:32|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   写真をセレクトしています。

 9月29日から予定している写真展。
 京都市の四条室町交差点角(南西)の「小さいおうち」というギャラリーでします。
 目下、写真のセレクトをしています。  目がしょぼしょぼしてきました。

 ギャラリーのオーナーに「突然、10月6日からの期間が空いてしまったんだけど、二週続けてやらない?!」と言われて、「そんな金はどこをはたいても出てこないし、無理ですね。」と答えたのですが、

 結局、やることにしました。
 9月29日(火)から10月11日(日)までということになります。〔10月5日(月)は休廊の予定です。〕

 それで、前半と後半では写真の全入れ替えをしようと目論んで・・・・お金がない!のに・・・・いるのです。前半は夏の、後半は秋冬の写真にしようかと愚行中です。

 これまで様々な事情で展示できていなかったものを一挙に大放出しようという訳です。

 後半の分は来年5月くらいに「第8回個展」としてやることも考えたのですが、今年の秋・冬のSARES-Cov2の大流行で「高齢感染者の3割前後は命を失う」かもしれません。私も他人事じゃありません。
 チャンスの前髪を掴まないと、後悔することになりかねませんので、「生き急ぐ」ことにしました。

 乞う、ご期待!と胸を張るには少々難もありますが、第2次5カ年計画の最後の年ですから、思い切りました。

 オーナー氏曰く。「写真を販売しましょう。」

 一応、値段を付けることにしました。今までこれにはずっと抵抗感があり、そうしてきませんでした。
 が、跳び越えてみようかと思います。価格は気楽に買えないほど高く付けます。
 「売る気、ないな。」とオーナー氏。    「ハ、ハ  う~ん?」と私。


DSCF1999 - コピー
  1. 2020/09/04(金) 00:00:17|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (209)
人物 (1343)
絵画 (272)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (202)
雑貨・カード (29)
陶芸 (28)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (50)
音楽 (450)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (52)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (36)
版画 (3)
手作り市 (64)
働く人々 (42)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR