FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   晩秋にちょっとお出かけ   Ⅷ

 この人の写真が途切れたままになっていました。
 晩秋が、もう春近し、になっています。

 5月の個展を写真倶楽部の仲間に広告するために作ったDMをリュックに入れて歩いています。
 そのDMにはこの人と、この人の親友の写真が入っています。


DSC04857 - コピー


 若い女性たちの反応が良いようです。
 
 そして、おじさんたちの反応は「どうやってこんなきれいな子たちと出会うの?」
 私を前にしていれば、ごもっともな疑問です。

 DSC04862 - コピー



人物写真の場合にはとにもかくにも人が目の前にいてくれないと成り立ちません。
 自分自身が被写体となるという手法もありはしますし、それもまた一興なんですが・・・・私は私以外の人を撮る方が面白いですね。


DSC04868 - コピー



 この日はあまり良い天気でなかったせいか、ここに他の人がごくごく少ないのです。
 それでこんな風にも撮れました。
 こういう写真に至るにもお互いの積み重ねがありますね。 

DSC04873 - コピー


 


DSC04893 - コピー
  1. 2020/02/18(火) 00:00:04|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   お店を始めました。   Ⅱ

 注文したお料理もオシャレで、そうかといって奇抜になり過ぎない、目にも楽しい美味しいものでした。
 ワインが進みます。

DSCF8107 - コピー


 夫君は本当は「写真は少し苦手・・。」なんだそうですが、彼女の後押しで撮られてくれています。
 とても暗いのでISOを思いっきり上げています。
 それで暗いのでシャッター速度を上げられないということを察する彼女が夫君に「あまり早く動いちゃだめだよ。」と声をかけます。

 DSCF8086 - コピー


 でも彼はずっと以前かなり熱心いフィルムカメラを使って撮っていたのだそうで「デジタルになってたまりに鮮明な画面になってしまったので撮らなくなりました・」とのことでした。

 レコードコレクションといい、こういう発想といい、なかなかよい拘りのある人のようですね。

DSCF8109 - コピー


 私は「大海獣」が一体何者かを知りませんでした。

 DSCF8111 - コピー


 このお店は島原の大門から少しのところにあります。
 JR嵯峨野線丹波口から10分くらいかな。
 新しいスーパー銭湯の程近くです。

DSCF8118 - コピー

この辺りも私が以前いた職場のテリトリーだったころとはずいぶん変貌しています。
輪違屋などの貴重な文化財的な建物は存続していますが。

 DSCF8121 - コピー


 それでも木屋町あたり、烏丸通などとはずいぶん違うちょっとレトロな町空間ですから、旅のついでにでも行ってみるとよいと思います。お勧めですよ。

 昼はカフェです。


DSCF8125 - コピー


DSCF8122 - コピー



 どうぞおいでくださいね。

DSCF8106 - コピー

  1. 2020/02/17(月) 00:00:57|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   お店を始めました。   Ⅰ

 もう数年力を借りてきた素敵な女性が結婚されたのが昨年。その人から週のうち三日、夕方から深夜までお店を開くことになったと情報が届きました。
 お店を始めたのが先月半ば・・・・。
 私の健康状態などもあってなかなか「陣中見舞い」に行けませんでした。

DSCF8061 - コピー


 たまたま「孤食」になる日ができて、飲まなければいけない薬も最後の日になったので、じゃあ出かけてみようと、ふらりとお邪魔しました。夫君が好きで買い集めたたくさんのレコード盤を持ち込んでBGMを流しています。

DSCF8067 - コピー


 古民家を改装したお店です。  オーナーは別の方。 ですから時間貸しの間借りですね。

DSCF8091 - コピー
 
 
 最近はいろいろなジャンルでこうした営業形態があるようですね。
 自由な発想で自分たちの条件に合わせて無理しすぎないで取り組めるようです。

DSCF8092 - コピー


 こういう二人の何気ない気持ちの交流の醸し出す空気感は「新婚さん」らしいかな。

DSCF8082 - コピー


 私とこの人との付き合いは長いですから「ちょっとそこで、こんな風に・・・。」とつぶやけばすぐに「モデル」になってくれます。
 もっとも開店から間もない時刻に入店したから他にお客さんがまだいないのできるのですが。

DSCF8098 - コピー


これは次の個展の展示作品の候補かな。
この人が賢い人なのでとても撮りやすい・・のです。

DSCF8103 - コピー
続きを読む
  1. 2020/02/16(日) 00:00:12|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  「時とボーダーを超えたJazz 展」・森浩毅さん

 ギャラリーのオーナーさんのFBには「天才肌?の画家」と記されている森さん。
 ジャズメンやクラシック音楽のコンダクターやチェリストたちが描かれています。

DSC05807 - コピー


 線書きに墨で着彩?しているものが多いのですが、色もまたいいのです。実に秀逸な表現です。
 写真でこう撮れたらもう最高だろうなあという、音楽(家)の魂が表出しています。
 その表情、姿勢、そして時にちょっと派手めな色で表現された何とも楽しい空気感。

DSC05808 - コピー


 昨年私はこうしたミュージシャンたちの写真で個展をしましたが、こんな楽しく「じゃずだなあ。」などと感じられる写真はまずありませんでした。

 やはり私では絵にはかないません。

DSC05809 - コピー


 一枚だけギャラリーのオーナーさんのFBからお借りしましょう。

 高瀬川 森浩毅 ジャズなどの絵n

 「写真を撮られるのは苦手ですか?」とお訊ねして、暗に撮らせてくれませんかと・・・・。
 案の定「写真は・・・ね。」とおっしゃる。
 「そうですかご無理は言いませんが・・・・。」と私。 (この迫り方で今日は別のところで本当に大きな「魚」を逃がしてしまいました。多分もう一二度押せばよかったのではないかと・・・・。でもこれが私の流儀ですから。)
 すると件のオーナーさんが「撮ってもらったら?」と背中を押してくれて、見事この援軍のお蔭で撮らせていただきました。

DSC05810 - コピー


 何だか絵のようにほんわかしたところがある方でしょ?!


 私の写真にしてもそうなんですが、結局作者自身の性格が出るんだなあと・・そう思いました。
 (私の場合は遊びというか、ゆとりがないのでしょうね。面白み・・・かな。)

 この写真、良くないですか?

 「お会いして10分程でこんな写真が撮れたら、人物写真家として一流ですよ、旦那!」

DSC05812 - コピー


この森さんの絵、高槻市のjazzフェスの時に商店街にずらっと並べたらどうかな、きっと大反響だと思いますね、私は。

DSC05816 - コピー


 そんな企画に一肌脱ぎたいねえ。

 ね、森さん、やりましょ?!

DSC05817 - コピー
  1. 2020/02/15(土) 00:00:13|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

素敵な人たちと  by 蒼樹   京都造形大学・卒展にて   Ⅱ

 作者の夜見る夢、あるいは寝言かな。
 これを見ればすぐに六波羅蜜寺の「空也像」を思い出しますよね。
 彼の作品は仏像の形を借りて、自身の思いを表現しているのですね。

DSC05765 - コピー

 
 お金や彼が芸術系大学の学生として生セクに思いを込めてきたということが筆や、鑿の形であらわされています。
 (回転ずし?の)寿司が好きなんでしょうか、彼女らしい姿も見えますね。
 面白いアイディアですね。

DSC05768 - コピー


 これは「大学生活をしてみ追て改めて母の存在を意識しました。」という訳でお母さんの像。
 千手観音像ですかね。

DSC05769 - コピー


 ネクタイをしてカッターシャツを着たのは「新社会人」
 脚もとにあるのは子供が初めて乗る自転車についている補助輪。
 就活を通じて色々感じたんでしょうね。

DSC05770 - コピー


 私が会場の案内要員で座っている学生に、あの木彫作品の作者はいますか?と尋ねるとわざわざほかに行っていた彼を呼び戻してくれました。

DSC05773 - コピー


 私は、人はそれぞれ正当に褒められるべきだと考えるものです。
 それで人の写真を撮っているのです。
 ですから気になる作品があれば、できるだけ作者本人に話を聞いて率直な私の印象・評価も伝えます。

DSC05772 - コピー


 社交辞令としての美辞麗句いやお追従としての褒め言葉など毒はなるけれど何の役にも立ちません。
 作品を見に行って自慢ばかりしている人も、ご名w悪でしかありません。
 褒める力のない人が多いです。

DSC05774 - コピー




DSC05776 - コピー




DSC05775 - コピー
  1. 2020/02/14(金) 00:00:03|
  2. 芸術
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (156)
人物 (1308)
絵画 (265)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (173)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (406)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR