素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹   六斎念仏踊り   Ⅰ

私はもうすでに長い間京都に住んでいます。
浪人生の頃からですから人生の大半をこの京都で暮らしています。
ですが、正直なところ京都のことをほとんど何もと言っていいくらい知りません。
生まれ育った郷里の事はなおのこと知りませんので、日本の事はほぼ何も知らないということになるかもしれません。
海外のことは言うまでもありません。

 さて、そんな私がいつものように鴨川べりを自転車で走っていると「コンチキチン」の鉦の音が聞こえます。

DSCF1013 - コピー



 今年の祇園祭も7月1日から始まります。全国に有名な山鉾巡行の前祭りが17日、後祭りが24日です。
 ですから祭囃子の個人練習が始まっていてもおかしくはないのですが・・・それにしてもここは山鉾を持つ町内からはずいぶん離れています。


DSCF1015 - コピー



 槌の頭は鹿の角でできています。これが良いそうです。
 鉦は内側の底や縁を打ったりこすったりして音を出します。「コン チキ チン」と。

 何やらつぶやきながらの演奏です。
 念仏とか御詠歌のたぐいでしょうか?

DSCF1024 - コピー

 
 いえ、そうではないのです。
 鉦にも、そしてこの後吹いて見せていただいた横笛にも、いわゆる紙に書いた「楽譜」がありません。
 それで「口承」による伝えがあるばかりで、それをすっかり暗唱して演奏するのだそうです。
 それが独特の言い回しになっているのですね。

DSCF1026 - コピー

 
 曲は「月鉾」の囃子をベースにしているのだそうですが、実はこの人は祇園山鉾のお囃子の練習をしておられるのではなかったのです。
 この地の近辺は昔「小山郷」と言っていました。農村部なんですね。何しろ北「山」通を挟んでいるくらいですから。
 「小山」の地名はあちこちに残っています。初音だとか、上総・下総だとかかなり広い地域です。

DSCF1029 - コピー

 
 その小山郷には「六斎念仏踊り」が伝承されているのです。
 空也上人の踊念仏を起源とするとも言われているようですが、そうした宗教的な内容を保守する流れ(「念仏六斎」)と、笛を入れて芸能化する流れ(六斎念仏踊り」)とがあって、幾流かが存在するのだそうですが、私は詳しく知りません。

 小山郷のそれは芸能的なもののひとつで「六斎念仏踊り」と称しています。

 「さて、じゃあ、次は笛を吹いてみましょうか。」

DSCF1034 - コピー




DSCF0984 - コピー
  1. 2017/06/27(火) 00:00:29|
  2. 伝統芸能
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  少し会わない間に・・・。  Ⅲ

 あくまで撮影用ですからね。
 お行儀の方は大目に見てください。

DSCF1161 - コピー



「少し会わない間に」こんなかわいい仕草をするようになりました?
それは多分お会いしないうちにこの人の身の上に起こった幸せな事情の所為でしょう。
女性(人)の不思議なところです。

DSCF1165 - コピー



こんな色と輝きを撮れるところにフジのカメラの良さがあるように思うことがあります。

とにかく一年のうちに得意不得意を見極めて、操作にも慣れなくてはなりません。
失敗して「ごめんで済まない」その時のためです。

DSCF1174 - コピー


 それにしても、これからもっともっと素敵な人たちに出会ったときに、そのさまざまな「素敵さ」にマッチした場所探しもしなくてはなりません。
 不審者にされて手が後ろに回らない範囲で・・・ですが。

DSCF1183 - コピー


見つけておけばこんな楽しい時間が持てます。
そこに入り込んだだけでフォトマヌカンの心が動きます。
「いいねえ、かわいいよ! それいいねぇ きれいだよ!」という声掛け以上に場所(環境)で心を動かす、そういう事が人を撮る一つのカギでしょうか。それができればワザとらしくなく、まさに「自然の表情」が撮れます。
「自然の表情」を意図的に演出(導出)する、それが私流の演出する写真です。

DSCF1189 - コピー


 そう言う意味ではもっともっと位相の違う色々な絵の具(ロケーション)がほしいところです。
 京都には見つけにくいなあと感じていますが、多分私の消極性、ものぐさというべきでしょうが、災いして見つけられていないのだと思います。
 

DSCF1176 - コピー




DSCF1193 - コピー
  1. 2017/06/26(月) 00:00:19|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  少し会わない間に・・・。  Ⅱ

 この人を撮るときには町にある色やデザインが気になります。
 なぜか最初の時からそうなんですね。
 不思議なことに、案外そうでない人もいるんです。この違いはどこから来るんでしょうねぇ。

DSCF1114 - コピー


 今度の個展でも・・・・若い女性はパネルに6枚の写真を並べたのですが・・・・すべてがモノクロになった人もいれば、逆にほとんどがカラーになった人もいます。
 この人はしばらく音信が途絶えていましたので今回は写真がありませんでした。
 この人の場合だったらすべてカラー・・・・?  多分そういう事にはならないだろうけれど、比較的多数にはなるように思います。

DSCF1117 - コピー


 礼拝の妨げにならないように・・・・気を付けて気を付けて・・・・・。
 ドイツに行った時に、ある教会では入らせていただく前にとても厳しく「撮影はなりません」と注意を受けました。
 それでもカメラを取り出す日本人の女性がいて気が気ではありませんでした。
 こうこうこういう場合には遠慮してくださいねと制限をしっかり示してくれるところもありケースバイケースでしたが、とにかく「信仰の場ですから教会にも信徒にも敬意を払ってくださいね。」という事だったでしょう。
 先の教会ではとある日本人ツァー団体の傍若無人によって暫し出入り禁止になった旅行社もあったとか。

DSCF1128 - コピー


 X100Fは無音で撮ることができますからこういう時には、確かに便利です。
 去る5月の「エリー アメリングさん と イェルク デームス氏」による「歌曲マスタークラス」の撮影と、来年6月21日の二胡のコンサートの撮影のために買ったのですから、当然に期待する働きです。

 DSCF1130 - コピー


 今まではα900の「バシャリ」の音におっかなびっくりでした。
 
 まあ気合は入りにくいですが背に腹は代えられません。・・・・うん?!これは適切な表現かなあ。

DSCF1133 - コピー


 蒼樹さんには気に染まない場所かもしれませんが・・・・撮ってほしい場所がありますという事で。

 それで私の行動も拡張されます。それが異なった人間が出会う良い点ですね。

 夫婦の場合も、「違った二人だからこそ人生が二倍に」なんて言われますが・・・・そうは容易くないところが生きる難しさ・・・・ですよね。
 と、同意を求められても困りますよね、皆さん。


 うって、かわって・・・。

DSCF1147 - コピー


 

 DSCF1152 - コピー
  1. 2017/06/25(日) 00:00:10|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  少し会わない間に・・・。  Ⅰ

 先日の個展にひょっこりと顔を出してくれました。
 以前こうしてフォトマヌカンをしていただいた方です。 そしていろいろ指摘してくれました。
 その時に「また機会があればよろしくね。」とお願いしていたのが実現したという訳です。
 

DSCF1081 - コピー


 私は日本に広がっている「ポートレート」にちょっと異を唱えながら写真を撮っているわけです。
 言葉だけじゃ批判になりにくいですからね。

DSCF1082 - コピー


 一方ですごいプロ、写真家たちの「被写体の本質を内奥からつかみ取るような写真」にたいしても、ちょっとそのままでは受け取りにくいなあと思う気持ちからのささやかな実践でもあります。
 何しろ「下半身」が活躍しないと対象となった女性の本質、人格の深い部分を写し取ることができないなどと言われると、そういう写真は撮りたくないなあと思うのです。それで「じゃあ写真家になどなれないのだからやめたら」と言う事にもなるのですが・・・。

DSCF1084 - コピー


 いいんです。私は素人なんですから。
 それで「文人光画展」に出品するようになったわけで・・・。・・・・「文人」という言葉も相当なものですが。
 こんなことを書くのも最近根拠もなく私が増長しているからです。

 というようなことはまあいいとして・・。

DSCF1087 - コピー


今日は幸い良いお天気です。

今日はフジX100Fを試させてもらっています。

DSCF1089 - コピー


 X20を使って「フジはなかなかいいなあ。」と思ったわけでしたが、ではX100Fが宣伝されているほど使い勝手がいいかどうかと言うことになると、どうもなかなかそういう風には簡単に評価できそうもなくて・・・。

DSCF1101 - コピー


 まず最大の難点は
 Qボタンの位置が決定的に悪い。サムグリップでも付けないと、撮影に夢中になるとカメラをしっかりグリップしようとしてついこのQボタンを押してしまいます。
 ファインダーをのぞいたまま操作できることがいいことだなどという注文がどこかからあったのでしょうけど、そういう注文は的外れだと思いますね。そう言う注文は他の役割を与えられたカメラで実現すべきものです。そして、少なくとも、その解決策の一つとしてQボタンをここに置いたのはまずかったと、私は強く思います。

DSCF1106 - コピー


 もう一つはEVFファインダーと確認用の背面液晶画面とでは象の明るさも色も大きく異なるという事です。
 これが大いに混乱と不安を生じさせます。
 撮れた画像はEVFファインダー像に近いという印象です。
 ですから像の確認はファインダーでしたほうがいいと思います。液晶画面の色味と明るさを調整して近づけましたが、やはりそれは二つの別ものです。
 フォトマヌカンと撮影画像を共有するのが難しいです。これはとても困ります。

DSCF1108 - コピー
  1. 2017/06/24(土) 00:00:56|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  緑麗し   Ⅵ

 個展には7人の若い女性の写真を並べたのです。
 ある日ギャラリー巡りの時にたまにお目にかかる女の方が会場に来てくれて「あら、あなたの写真なの?」と・・・。
 で、とても時間をかけてじっくりと写真を見、文章を読んでくれたのですが、若い女性たちの写真のパネルの前を何度も行きつ戻りつして、それぞれの女性の魅力を認めていろいろお話しくださいました。
 さすがに女性の視点、眼力は違います。

IMG_8348 - コピー


 男性諸氏の感想とは一味も二味も違いますし、深みが違うと思いましたね。
 そう言う眼力を持った女性を徒や疎かにできません。
 翻って考えればそういう女性を撮っているのですから、「キレイに撮れた」なんて喜んでいたら、内心色々深い批評をされているんだと思わねばなりませんね。
 
IMG_8349 - コピー


 以前撮らせてもらってしばらくお会いできていない女性も来てくれて、的確な批評や改善点の指摘をしてくれました。むろん若い方ですが、まさに的確で、いろいろ助言をくれました。
 写真集という形で表現をしたほうがいいんじゃないかというのは私がこのところずっと考えていたことでしたので意を得た感じでした。

IMG_8356 - コピー



 やっぱり個展はしてみるべきものですね。

 いいですねぇ、このお二人。
 大いに可能性を感じます。
 「夏」を意識した写真を撮りたいですね・・・・・・ぜひやりましょう!!
 
 IMG_8431 - コピー


 女性は春から夏に向けて急速に姿を変えていきますからね。
 撮り逃がさないようにしたいものです。

IMG_8446 - コピー
 
続きを読む
  1. 2017/06/23(金) 00:00:25|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (114)
人物 (920)
絵画 (204)
陶器 (53)
染色 (16)
工芸 (127)
雑貨・カード (29)
陶芸 (26)
伝統工芸 (145)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (208)
瀋陽 (67)
モノづくり (13)
オブジェ (18)
料理 (28)
写真 (20)
書 (7)
状景 (7)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (27)
働く人々 (14)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR