素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと   by 蒼樹    京都グラフィエ・シグマ会場にて  Ⅰ

 KYOTOGRAPHIE 京都国際写真祭が展開されています。
 今年は少し盛んになってきているかな。私がよく訪ねる「ギャラリー知」さんでもこれに参加していて、そこで展示されている女性の写真家さんの作品がファイナルに選ばれています。

 私もこの「祭」を楽しみにしていて、暑い日の中を自転車で出動しています。

DSC00547 - コピー


 ここはシグマのカメラやレンズ、そしてそれらを使って撮影した写真が展示されています。
 昨年もここに来たのですが、ずいぶん熱意のある展示だなという印象でした。

 階段を上がってこのフロアが見えたとたん「あれ?! 君、何故ここにいるの?」という言葉を思わず飲み込みました。

 私が上がりきるのと、私に気付いてこの人が立ち上がるのとで、この人のお顔の全体が見えて、「オッと、違った。」と言葉を飲み込んで、かろうじて人違いを避けられて良かったわけですが、ちょっと動揺をしたまま写真を見に奥に足を進めました。

DSC00537 - コピー


 そこにある写真の解像感とすっきりとした混じりけの無い色再現に驚かされながら、「これ、いいなあ。」とシグマのレンズ、カメラはどういうものだろうと興味が湧きました。
 シグマのカメラは独特のデザインですが、カメラを一から構想すれば案外こういうところに行きつくのかなあとも思います。

 既存カメラの多くはそれ以前のカメラの持っていた記号を引き継いで大衆に親和的なものを提供していますから、基本デザインは大きく異なりません。

 大胆なのはリコーとシグマでしょうか。私はあまり詳しくないですけど。

DSC00540 - コピー


 よく知られているカメラメーカーのものは何でもできます、もっとできますを詰め込んだ「何でも屋」が多いのですが、シグマのカメラは撮りたいものをもの核に意識した人に提供されるカメラだと感じました。
 家庭に一台的なカメラではないようです。

 AFはゆっくりした合焦ですし、合焦点も少ないです。でもそもそもそういうAFで事を済ませようという人を意識したカメラではなさそうです。

 潔いいなあ。

DSC00541 - コピー


 ソニーがα7を高感度に優れたモノ、高解像度を誇るもの、連射性能やオートフォーカスの敏捷なものと区分分けして、需要者に、これで何を撮りますかと提起しているのと同じように、シグマのレンズは三つのジャンルに性能を特化して洗練させたものを展開する戦略をとっているようです。
 実際、スポーツもネーチャーも、街でのスナップにもポートレートにも対応できるカメラとレンズという事は、そのどれにもまあ不足は感じないという程度のものにならざるを得ないでしょうしね。

 アートを使ってみたくなりました。

 私は今ここではソニーのα900とミノルタの50ミリ単焦点で撮っていて悪くないと思っているし、α900のファインダーからは離れがたく思っているんですが、もう7年以上酷使していますから、いつ何時「もう働きたくない」と言い出すかしれないのです。
 そうなったときに写真人生の後半を見通してカメラとレンズについて考えてみようと思っています。

DSC00543 - コピー

 
 中古のα900を求めて、それにシグマなどのレンズを付けることになるかもしれません。
 α7sにしようかな。 5DマークⅡ、D810 フジのX-H1・・・・、条件が複雑すぎて「解無し」かもしれません。

DSC00545 - コピー
  1. 2018/04/26(木) 00:00:42|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   ギター担いで、イタリアから世界へ   Ⅱ

 一方で国境はますます低くなっているしボーダーレスになっているのに、日本を含めて世界にはそれに逆行して国家や民族を排他的に保持しようと声高に叫ぶ人とたちがいます。
 国民国家というものも歴史上の産物であり永遠不変ではありえません。
 
 第一次大戦時に「民族自決」ということが言われましたが、その肯定面と否定面の両方を見ながら、国際協調、民族の相互尊重と和解の道を探求するのが今世紀の課題でしょうか。

DSCF9587 - コピー


 日本にとても多くの観光者が訪ねてきてくれています。
 そんな今こそ、国際協調、友好を築くチャンスです。
 金勘定に終始していてはいけません。迷惑がったり悪態をついているだけでは歴史的なチャンスを逃します。

DSCF9589 - コピー


日本は国連においてアメリカの下請け投票機でしかありませんし、合衆国の「ポチ」と揶揄される存在だという事は世界の共通認識でしょう。自国の憲法さえ守れない政府を持った気にという事でも知られていることでしょう。女性の地位は殊の外低く、セクハラはごく日常だという事でも知られているでしょう。そういう意味で尊敬されているとは思えませんが、他面、日本の町は清潔で治安が比較的よく保たれ、人々は穏やかで優しいと思われているようです。
欧米とは異なった文化の国としては高度に経済も発達しているということで注目もされています。
そういう肯定的な側面のあるうちに国際的な信頼を勝ち得ることをやり始めないと手遅れになります。

DSCF9590 - コピー


もっと留学生を受け入れ、もっと留学生を送り出す・・・例えばそんなことでも旺盛にやるべきだと思います。
イージス艦よりF35よりずっと安上がりで日本の安全を保つために効果的だと思います。

DSCF9592 - コピー


かつてライシャワーは日本の知識人や芸術家たちを意識的にアメリカに呼び寄せてアメリカを見せました。
すると大概の知識人や芸術家はすっかりアメリカナイズされその人たちが盛んに日本国内で発言するから、たちまち鬼畜米英を叫んだ国民をアメリカ一辺倒の国民にしてしまったのです。
あれを真似ればよいのです。お安いことじゃないですか。

DSCF9593 - コピー


 日本の街で「写真撮ってくれませんか?」と見かけた外国人に声をかけてスマフォを手渡している外国人をよく見ます。
 

DSCF9595 - コピー


 観光政策を友好政策に転換する政策。そういうものがないと早晩日本の観光も行き詰ると私は予想しています。


DSCF9596 - コピー
  1. 2018/04/25(水) 00:00:16|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹    ギター担いで、イタリアから世界へ    Ⅰ

 音楽に国境はない、音楽は世界共通言語・・・などなど。
 楽器演奏の出来ない私にとっては羨ましい限りです。

 外国のある街のあるお店で、置いてあるピアノを見つけて弾きだしてみる。
 夢物語ですね。

 DSCF9564 - コピー


 ギター一本、ハモニカ一本でも外国の人と交流できるでしょうね。
 革の鞄を太鼓代わりにして、ハモニカを吹き、歌っている外国人男性がいました。
 その男性に若い日本人女性がお金を投げ入れてにっこりほほ笑んでいましたし、「Which country did you come from?」と話しかける素敵な帽子の外国人女性がいました。


 DSCF9566 - コピー


 この人にも様々な人が歩み寄ってお金を差し出したり、話しかけたり、そして写真撮影をしたりしていきます。

 ただ、私のほかは撮影を許可を得てからする人は見かけませんでしたけど。 まあ、彼は気にするそぶりも見せませんでした。から、世界を歩いてすっかり慣れているのでしょう。
 撮られたからと言って特に何の被害も被らないでしょうしね。そうかといって物質的には特に利益もないでしょうが、ほんの少し仲良くは成れそうですね。

DSCF9572 - コピー


お互い「愉しめよ。」と言える関係・人間観はいいねと思います。

DSCF9576 - コピー


 それにしても世界は狭いというか、広いというか。
 京都国際写真祭にも多くの写真作家たちが参加して私たちと交流してくれます。

 DSCF9583 - コピー


 そして京都は多少は世界に知られた年ですから、異国情緒を求めて世界から・・・・と言っても一定の豊かさのある国々からという事ですが・・・・訪問してくれます。
 
 京都も単にみられる街、通過する街にならないように早く手を打つべきですね。

DSCF9586 - コピー




  1. 2018/04/24(火) 00:00:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹    清水焼  Ⅰ  

清水焼です。

 急須と言って良いんでしょうか。

 取っ手は「型」で作りますが、他の部位はそれぞれ手で作り出していきます。
 本体は轆轤で引きます。

IMG_0707 - コピー


 ここは実演の会場ですから、それぞれの部位はあらかじめ作ってケースに入れられ乾燥しないようにして保管されています。
 
 今、把手の接着面の形成をしています。
 本体(胴)の局面に合うように削り込んでいきます。


IMG_0709 - コピー


 接合部がぴったり合っているか確かめています。

IMG_0711 - コピー


ご自身の工房とは色々環境が違いますから、難し面があると思いますが、土の感想の進行が違うようです。
エアコンの影響ですね。

IMG_0712 - コピー


まだもう少し削るようです。

気さくな方でいろいろなお話をしながら進めていかれます。

私以外にも関心をもって立ち寄り話しかけたり質問をされたりする方がいますから、それに答えます。

中には煎茶道に通じておられてご自身やご親戚がもたれている名器について長々とご自慢をしていかれる方もいて・・・・。

実演は「楽しいですよ。いろいろお話しできる機会は少ないですから。」と言われますが。

IMG_0717 - コピー


陶土を溶かした水を筆に含ませて胴を湿らせます。

それで把手を接着するのです。

IMG_0719 - コピー


垂直線に合わせて、うまい具合に着きますでしょうか。


IMG_0725 - コピー



IMG_0730 - コピー




IMG_0733 - コピー
  1. 2018/04/23(月) 00:00:34|
  2. 陶器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹    音で描く人    Ⅰ

お礼:
 うっかり見過ごしているうちに皆様から頂いた「拍手」の累計が9万を超えていました。間もなく9万だからその瞬間を・・と意識することもあったのですが、最近はいくつかのことを並行して注意し続けることができなくて、そういえばと思い出したのが昨日でした。
 皆様どうもありがとうございます。

 最近の私の態度が大きくなっているのもこうして皆様から頂いている「拍手」を勘違いしているためです。
 こういう事では「恥ずかしい与党政治家・官僚」たちと同類になってしまいますので日本の伝統的美風、もはや死語になっている感のある「実るほど首を垂れる稲穂かな。」を思い出して精進したいと思います。
 今後ともよろしくお願いいたします。


 JBLのスピーカーのセッティングをしていましたの、ジャズでも流すのかなあ、ディスクジョッキーかななどと思っていましたが、どうもそういう事ではないようでした。

 DSCF9474 - コピー


 映像とともに彼の音の作品を流して、そのプレゼンをしています。
 先ほどまでオーディオシステムを前にいろいろちょうせいをし、作品を流していましたが、その時私は、昨日の人と話し込んでいましたから写真が撮れませんでした。
 そして、プレゼンが終わると、今日のもう一つの・・こちらは始まりの時刻が決められた…集まりに移動しなければならない時刻になってしまって、彼の「演奏」の様子を撮ることができませんでした。
 残念。

DSCF9475 - コピー


フランスの方だそうです。

 風の音、水の流れる音などを構成して流しています。
 
DSCF9477 - コピー


 この画像処理エンジン+フルサイズ映像素子とツァイスレンズを組み合わせてみたい。

 会場で撮影されている方の中に、富士フイルムのXーH1をお持ちの方がいました。
 「もってみますか?」とのことでしたので、持たせていただきましたが、レンズに比してボディーが軽く、ちょっとバランスは悪いなあと思いました。が、多分単焦点レンズならばバッチリだろうと思いますし、ボディー自身が軽い!のはとても魅力ですね。
 そして握りが画期的に・・・フジのカメラとしては・・・深くて保持しやすかったです。こういうのは疲れなくていいです。
 フルサイズで出さないかなあ。そうしたら大きくて重くなっちゃいますね。

DSCF9478 - コピー
 

 ここから帰って、夕方からの集まりでシャンソンについての話を聞き、またフランス語の歌を聞くことになるのですから、何か不思議です。
 もっともこの会場で耳にするのは日本語と英語ですが。

DSCF9481 - コピー

 
 様々なアートに深い関心、今日もをお持ちの方々がお客さんですから・・・・私にお知らせをくれた方もピアニストです・・・・私も気持ちだけ芸術家もどきになって、撮影をします。
 でもそのことが大切だとこの頃一層思うようになりました。
 「芸術的」という枠組みを習うのではなくて、自分の撮りたい意識を解き放って、気持ちの動きに任せて積極的に撮るということ、それが芸術の一つの要件かなと思うからです。

DSCF9482 - コピー

 
 プレゼンの間、缶を手放しませんでした。  

DSCF9483 - コピー

 


DSCF9487 - コピー




DSCF9490 - コピー
  1. 2018/04/22(日) 00:00:06|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (123)
人物 (1051)
絵画 (220)
陶器 (55)
染色 (17)
工芸 (132)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (170)
服飾 (35)
装身具 (41)
お店 (38)
音楽 (276)
瀋陽 (68)
モノづくり (13)
オブジェ (20)
料理 (28)
写真 (33)
書 (8)
状景 (8)
パフォーマンス (30)
版画 (3)
手作り市 (45)
働く人々 (23)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (4)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR