FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  By  蒼樹  お久しぶりです

 出かければ「マスク、マスク、また、マスク」です。
 私が出かけるときには「忘れ物がないか。」幾度となく確かめなくてはなりません。
 あるものを忘れたことを思い出して二階へ上がれば、その時にふと脇に置いたものをまた忘れます。

 度々忘れるのが携帯電話。 それを忘れないように気を付けるのが精いっぱい。

 で、自転車をこぎ始めて、ふとマスクを忘れたことに気付くのです。

DSC06785 - コピー


 私は何のために出かけるのかと言えば、「素敵な人」を見つけて「撮らせていただけますか。」とお願いすることです。
 しかし、そうであればその人に話しかけなくてはなりません。 話しかけるにはマスクが必要です。
 マスクがなければ人には会えないのです。

 ああ、マスク、マスク、また、マスクです。

DSC06787 - コピー


 組みひもです。
 
 横に赤糸威の鎧の写真があります。 これらに組みひもが使われています。
 そして、伝聖徳太子像。 腰には、剣が下げられていますが、その紐がやはり組みひもの一種です。
 元来、中国から伝えられた技術です。 唐紐と呼ぶものもあるそうです。


DSC06788 - コピー


 この方がいろいろなことをお話しくださいます。
 「マスクがあると話しにくいですね。 いろいろ説明したいのだけれど・・。」とおっしゃいます。 そうでしょうねぇ。

DSC06786 - コピー


 この場所のある照明は実にフォワイトバランスの調整が難しい。ご覧の通りです。
 こんな照明のもとで、様々な色の糸や絵の具を使って仕事を見せるのは、職人さんたちにとって厄介だろうと思います。
 こういうことに気付かずに差配する人たちの意識に、少しばかり違和感を覚えます。 


DSC06790 - コピー


 私の都合で言っているのでは・・・・ないつもりなのですが。

DSC06791 - コピー


 この素晴らしい組みひもをカメラのストラップにできたらいいでしょうね。
 でもこれだけの技術と辛抱強い時間の結晶ですから正直に言って私のような者にとってはいささか高価なので、残念です。
 ですが、付けたらかっこいいでしょうね。

DSC06792 - コピー
  1. 2020/07/11(土) 00:00:30|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   蒼樹   思い出しながら   13

 一番奥の方。クラリネットです。
私にとって一番楽器の音として微妙だなあと思ってきたのがクラリネットです。

DSC00125 - コピー


 多分それはクラリネット自身に責任があるのではなくて・・・・。
 中高生の頃、身の回りにある貴重な音楽演奏と言えば、同じ中高生のブラスバンドの演奏でした。
 ですから最初にクラリネットの音に出会ったのもこうしたブラバンの奏でる音だったわけで・・・。

DSC00135 - コピー


 クラリネットの音は音楽的なそれじゃないなあと思ってしまったわけです。

DSC00143 - コピー


 それに「僕の大好きなクラリネット  パパからもらったクラリネット  🎶 」も影響していた可能性があります。

 更にチンドン屋のクラリネットも??

DSC06572 - コピー


 そんなわけで、こうしてクラリネットの音の記憶が上書きされて修正される機会をもてるのはありがたいことです。

 この管の太さを生かした豊かな音を出してくれると、うん、君(クラリネット)にもオーケストラへの参加を認めるなんて妄想するわけです。

DSC00129 - コピー


 それにしても、こうしたアンサンブルを聞き、見ていると学校の芸術科目で「音・美・書」・・・これしか芸術に選択科目がないところが日本の芸術教育、文化素養を育てる教育の貧困さがもろに出ているような気がします・・・の選択で、音楽を選択する子たちが総じて賢かったような気がします。わたしだけのタダの偏見でしょうが。

DSC06573 - コピー

 そう考えるのは私の劣等感と羨望の裏返しでしょう。

DSC06585 - コピー



DSC06592 - コピー


  1. 2020/07/09(木) 10:02:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  湖畔の音楽会   Ⅶ

私にとって楽器演奏は格好の被写体の一つです。そこには様々なドラマの交錯点がありますから、とても魅力的なんです。


DSC06636 - コピー

 
 まあ、私自身の写真はとてもそんなことが見て取れるようなものになってはいませんが。

 撮っていて楽しいことは事実ですから、それでよいとしましょう。(そんなことではとても良い写真を撮れる日は来ないぞ!とおしかりを受けるのですが、そういう風に叱っていただいた方も今はもう私を見放されたようです。)

DSC06614 - コピー


 

DSC06639 - コピー



DSC06648 - コピー




DSC06645 - コピー




DSC06641 - コピー
  1. 2020/07/08(水) 00:00:50|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  湖畔の音楽会   Ⅵ

 実は昨日のブログへの写真アップで「撮影させていただいた方の数」が約3か月ぶりに「1」増えました。
 カウント累計が、ピクリとも動かない長い日が続きました。 この類型数を最大の目標にはしていない・・・というのも事実ですが、生涯2000人を達成というのも「一喜一憂の種」の一つですから、やはりうれしいです。
 それで今日は、さらにもう一人。
 コントラバスの方です。

 DSC00168 - コピー


 こうしたオープンスペースでコントラバスは厳しいんじゃないだろうかと見ている、案外そんなことはなくて結構な音量で・・・演奏者としては、やはりなかなかの苦労だったようですが・・・・効果的な演奏をされていて印象的でした。

DSC00172 - コピー


 手前のファゴット奏者に厳しく可愛がられているようです。
 確かに見込みあるなあという感じです。  

DSC06549 - コピー


 それにしてもバイオリン、ビオラ、チェロと・・経験的に極めてきたボディーの形でしょうが、見るたびに不思議です。
 これでこそ豊かにメリハリをもって共鳴するのでしょうね。
 箱の上に弦を張ってこすったり引っかいたりするわけですが。

DSC06619 - コピー

 
 先日、ユーチュ-ブでバイオリン制作の職人の方の仕事を見せていただきましたが、繊細・精緻という面と何だかアバウトという面があってとても興味深かったです。

DSC06624 - コピー


 楽器は高価で、運ぶ上でも神経を使います。
 
 私たち写真愛好者がつい高価なカメラやレンズを買う誘惑に駆られて、もっと安価ならいいのになあと何度も嘆息するわけですが、ある程度の世界に足を踏み入れようと思えば、どの世界でも、相当な投資を余儀なくされるんですね。
 それで多くの場合楽器はカメラの比じゃないです。

DSC00171 - コピー


 それだけに音楽をするということになれば相応の覚悟がいるわけですね。
(導入のところではもっとこの「高価」の壁を引き下げて多くの子供たちが音楽演奏を楽しみ一生の友達にできる環境が欲しいですね。その意味で、五嶋みどりさんのような活動は本当に貴重だと思います。)

  1. 2020/07/07(火) 00:00:34|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  湖畔の音楽会   Ⅴ

 湖畔コンサートの続きです。
 今回はオーボエの奏者に注目。
 オーボエの音、いいですよね。


DSC00109 - コピー


 今回の撮影は、事前に演奏者の演奏場所が分かっていませんでした。
今までずっと室内でしたが、今回はSARS-CoV-2の蔓延の影響でオープンスペースでの演奏と視聴ということになりました。
それで、こういう風に上下のテラスに分かれての演奏だとは想像していなくて、レンズの準備が、とにかく持てるだけ持って行こう、になってしまいました。
 次の写真は100-300です。
 脚立に登って両足立ちで望遠レンズを覗くのは骨がおれます。
 最新のカメラなら手振れ防止機能の性能も高いのですが、私のカメラは古い。

DSC06545 - コピー


 出たとこ勝負で、撮り位置を探すのがいつものやり方なんです。
 何しろ「ドキュメント・ポートレートフォト」なんて、口を滑らすこともあるので。
 
DSC06557 - コピー


 ある演奏家の方が「蒼樹さんは、いつもどこにいるかわからない。空気のようです。」とおっしゃっていましたが、「盗み撮りですね。」とも。
 体力も運動能力も大幅に衰えているのに忍者の如く動かねばなりません。

DSC06566 - コピー

 しかし、現実的には「どっこいしょ」「よっこらしょ」です。
 これじゃあいけませんねぇ。
 ナジーム・ハメドみたいに動かないと。いや、メイウエザーかな、ロマチェンコかな。

DSC06575 - コピー


 いずれにしても体の立て直しは必須です。
 など言っているうちはダメですね。トホホです。

この演奏家たちの魅力、音楽演奏の魅力を少しでもつかまえようとすれば自分の気持ちに従った動きができないといけないのは
大前提ですよね。

DSC06559 - コピー


 先ほど脚立に登ったと書きましたが、ここで落ちたら皆さんに迷惑画家丸、そう思うと、ただでさえ動きが悪くてバランスが怪しいのに、一層慎重さゆえのぎこちない動き。それで余計に危なくなります。

DSC06588 - コピー


 この人は歌を歌います。地声がいいし、耳もとても良さそうです。

 歌えるというのは実に羨ましい。

DSC00212 - コピー


 前にも書きましたが、この後、ソプラノ歌手と一緒に「オーボエだけじゃなくて、歌についてもプロに聞いてもらったら?!」と二人して「煽り」ました。  かなり可能性があると思いました。
 とても若々しい声でした。

DSC00209 - コピー
  1. 2020/07/07(火) 00:00:10|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (197)
人物 (1330)
絵画 (267)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (187)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (204)
服飾 (37)
装身具 (41)
お店 (49)
音楽 (436)
瀋陽 (68)
モノづくり (17)
オブジェ (22)
料理 (30)
写真 (51)
書 (13)
状景 (20)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (63)
働く人々 (38)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)
芸術 (4)
美術 (2)
楽しいね (5)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR