fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  画廊で本屋 by 二つの出版社

 「第2回 SURE書店 with 図書出版みぎわ」が開かれていました。同時開催として「二つの跡地 海外神社と大震災」(撮影:稲宮康人)という写真展。(25日(日)まで開かれています。23日、24日は17時以降、イベント参加者に限るという事です。)
 
 現代の私たちは、強く関心を持ち口々にある事件について語る時期は長くとも2,3か月。そのころになると次のセンセーショナルな話題を撒かれて、もう前のことは「未曾有の歴史的な、いまだかつてない、考えられる限り余りに不条理な・・・」などなどという大事件をすっかり忘れる。今や1年を経過してなお話題になるような事件・事故は極めてまれです。
 あの偉大な傑出した打者である「イチロウ」も大谷の前には過去の人。まして打撃三冠王を三度も獲得した落合博満などTVに出てきても「あの人誰」。
 ・・・いや、話が逸れました。

DSC_1885 - コピー

 
 大東亜共栄圏。私たちはこの負の遺産を忘れてはなりません。そしてそれが単なる歴史書に残る言葉だけの問題ではなくて、実際に「侵略」として、植民地政策として東アジアから東南アジア、太平洋諸島に及んだ「事実」を確認し続ける作業の一つの形が、「二つの跡地」の内の「海外神社」です。
 そして、今は復興なったと言われんばかりの東北大震災。
オリンピックも、そして今や大阪万博でさえ、あの大震災の後見事に復活したことを世界にアピールする場だと喧伝され、もはや東北は復興済みの印が政府・財界によって押されてしまっているのです。
 いや、しかし、13年前の3月11日から、何がどのように変わり、変わっていないのか、それが年ごとに「色褪せた記憶」に「させられていく」現状に抗うように撮られているのがもう一つの「二つの跡地」である「大震災」です。
 写真はこういう事のために大きな意味ある役割を果たすという良い例証です。写真家魂です。

DSC_1886 - コピー


○ 画廊の奥には臨時の書店が開かれていますが、主催が「編集グループSURE」 共催が「図書出版みぎわ」という二つの出版社です。

 60年第70年代にはごく普通の若者・学生や労働者、知識人の口にのぼっていた「単語」が今はめったに耳にも目にもしないものになっています。
 しかし、それらの単語が掬い取っていた現実自身が消えてなくなったわけではありません。むしろ、いよいよこの日本社会の「肝心かなめ」「一丁目一番地」になっているのに、人が見ようとしないし語ろうとしなくなっているという事が、この本たちによって意識させられます。
 この臨時書店に並べられている本の表紙には、そうした「跡地」であり「息づいている今」である問題が、目をそらさずに取り上げられています。

DSC_1887 - コピー


○ 駅前の、バス停横の小さな本屋さんが無くなり、床面積の広い明るい大規模な書店はいくらかは残っています。が、そこに並ぶ本の背表紙に肝心かなめの言葉が見つかりません。
 津波のように出版される本ですが、果たして半年間、書店の書架を飾ることができるでしょうか。そこに私たちの現代を切り開く知は見出されるでしょうか。問は建てられているでしょうか。

DSC_1891 - コピー


○ 店主の拘りのセレクトによる小さな本屋さんがあちこちにあります。それが京都にはほかに比べて多いのだそうです。多分先の市長選の内容とつながる精神的な何かがあると私は思います。
 書店があれば出版に尽力するこだわりの人がいてしかるべきで、その二つがここに「読んでみませんか」と実らせた「作物」を並べています。
 
今日の写真は図書出版みぎわの堀さん。
 名が私の弟と同じでした。

DSC_1889 - コピー
  1. 2024/02/23(金) 00:00:01|
  2. お店
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  春はそこまで  Ⅱ

 「プロカメラマン」という言葉だったら、まあそれなりに商業的な活動が背景になりたてちなくてはならないでしょう。
 でも「写真家」というのは、まあ言ったもんが勝ち的なところがあります。
 自分がそういう言葉を発して恥じるモノがなければカメラを持った翌日から「写真家」を名乗れます。国家試験も免許制もありませんしね。

DSC_1849 - コピー


 「自称」はあくまで自称ですから、新聞記事に「自称写真家のA氏は・・・」などと書かれれば相当いかがわしくうさん臭く感じますよね。
 こういう名称は、他人が口にしてこそ意味があるものだという反面があると思います。・・・「半面」ですが、そして大事な半面です。・・・

 DSC_1848 - コピー

 
 この3月の末には写真生活の13年目が終わります。という事は「三次五課か年計画」の最後の「五か年」も優に半分を越したことになります。
 3番目に「5か年」の目標は「写真家であることを意識して撮る」でしたが、その実現がどんどん後ろに下がってきていまして、果たしてこの「五か年」中に、そういう自覚なり意気込みがない面に形成できるのかどうか・・・。

 DSC_1853 - コピー

 先日の「クローバー牧場」のオーナーさんを撮っていて、私が彼を応援する力があるとすれば、それは写真を通じてでしかないという事をひしひしと感じましたし、しかし、果たして、自己満足以上のことができているんだろうかと思ったことでした。

DSC_1852 - コピー


 何人の人を撮ったとか、何回個展をしたというのは、数字として表れますが、それが私の写真の撮り手としての質を表示するものではないことは明らかですから、やはり他人の評価によるとしか言いようがないですね。
 
DSC_1855 - コピー


 京都の町の一角でこんな活動をしている人間が写真撮影を仲立ちにして、何か世の中(人々)とかかわれるかどうか、もう一度考え振り返ってみたいと思っている今日この頃です。

DSC_1854 - コピー


 楽しくなけりゃいけないし、楽しいだけでもいけない。

DSC_1856 - コピー
  1. 2024/02/22(木) 00:00:03|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  春はそこまで  Ⅰ

 三条大橋西詰のところに河津桜があります。毎年いち早く花を咲かせて話題になる桜です。
 今年は、暖冬。  今週は寒さが戻って、寒い2月ではありますが、全般的には、このなるの猛暑を心配したくなるような、また水不足を案じなければいけないような暖かい冬です。

 DSC_1837 - コピー


 寒い時期には戸外でのパフォーマンスはどうしても控えめになります。
 写真をお渡ししなければならないギタリストさんも「○日には例の場所で練習するよ。」と連絡をいただいて、そこに写真をお届ける手はずなんですが、もう大分経ちますが、ご連絡がありません。
 そりゃそうですよね。
 寒すぎたらギターのためにもよくありません。それに1時間近くをかけて自転車で鴨川を遡上して練習場所に来るんですから大変です。

DSC_1839 - コピー


 その寒い冬も、この河津桜の花の蕾がはちきれんばかりに膨らむような天候が続きましたから、会かと共に戸外で演奏するミュージシャンも増えるでしょう。
 
 DSC_1842 - コピー


 アンプ、マイクを使っているとはいえ、この人の声はとても柔らかくて魅力的です。
 ’70、’80の楽曲がお好きなようです。

DSC_1846 - コピー


 この日は四月上旬並みの暖かさでしたから、歌うのも楽しかったでしょうね。
 厳寒の時ならこんな石垣を背にしては歌ってなんかいられませんよね。
 もうじき春ですねぇ~♬

DSC_1844 - コピー


 このところ撮らせていただいた写真を送っ、その返事などに「送られてきた写真も良かったけど、あなたは素晴らしい写真家だ。」と言われることがちらほらあります。
 そんなお世辞を鵜呑みにしていい気になってるんじゃないよと言われるかもしれませんし、自身の写真の現実を見ろともいわれるとは思いますが、私自身としては「あなたは素晴らしい写真家だ。」という言葉にはうれしく誇らしい気持ちと同時に、背筋を伸ばされる感じがあります。
 私の写真歴にとってこの言葉は重要な意味を持つと思っているからです。

DSC_1847 - コピー

 
  1. 2024/02/21(水) 00:00:05|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  「土屋秋恆 2024」展  Ⅱ




DSC_1865 - コピー
  1. 2024/02/21(水) 00:00:04|
  2. 絵画
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹  「土屋秋恆 2024」展  Ⅰ

 水墨画家の土屋秋恆氏です。
 「脳内之万象」展ですね。

DSC_1872 - コピー


 別の個展のときのDMでしょうか、その中にアインシュタインのこんな文章が引用されていました。
 「すべての宗教・芸術・科学は同じ一つの樹の枝である。」
 つまり、いずれも脳の作用という点では同根だという事でしょうか。

DSC_1857 - コピー


 土屋氏のHPの冒頭にはこんな文章も。  どなたの言葉でしょうか。

 「一筆の勢いはその胆力を写し    一筆の濃淡はその人生を映す
  かくの如き筆致は           かくの如く生きた証なり」

 なかなか含蓄のある言葉ですね。

DSC_1858 - コピー


 水墨の方なんですから、筆をとって描いているところを撮りたいものですが、「偶然にお会いして撮る」私のスタイルでは、これもまた一興としなくてはなりません。
 おそらく氏を紹介するような動画や写真には、却って鉛筆下書きする姿は入らないかもしれませんね。

DSC_1861 - コピー


 書と同様に水墨ではやり直しの線はひけません。
 
 ですから、墨で書かれた部分は、手を置いた瞬間が決定です。
 鉛筆では、近づいては遠ざかり、書いては消して、納得のいく線を求めています。
 
 しかし、下書きは、あくまで下書きですから、生きた墨の線を引くときには、導かれつつも縛られない勢いや精気のある線にしないといけないでしょうね。

DSC_1862 - コピー


 最初に上げた写真の絵ではしゃれこうべが一つのモチーフになっています。
 今は、心の臓がモチーフです。

DSC_1864 - コピー


 ほかの、臓器にも広がっていきそうですか?
 そうですねぇ。今は心臓を描いていますが、肺ではどうかななどとも思っているので、やがてはいろいろなものに広がるかもしれませんね。

DSC_1863 - コピー
  1. 2024/02/20(火) 00:00:00|
  2. 未分類
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (317)
人物 (1754)
絵画 (329)
陶器 (65)
染色 (20)
工芸 (247)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (228)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (80)
音楽 (764)
瀋陽 (68)
モノづくり (25)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (93)
書 (16)
状景 (21)
パフォーマンス (49)
版画 (5)
手作り市 (83)
働く人々 (75)
芸事 (2)
彫刻 (8)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (15)
美術 (11)
楽しいね (32)
スポーツ (1)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR