fc2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹  デルタは京の社交場  Ⅰ

 おいおい冗談じゃないぞ。昨日は「サムライ」で、今日はもう師走だよ。
 ちょっとは手加減してくれよ。まだまだ棺桶は早いぞ。
 「今までは人のことだと思ふたに俺が死ぬとはこいつはたまらん」など言う覚悟はまだできていませんからね。

 ここは高野川と賀茂川が合流する通称『デルタ』
 京の素敵な社交場になっています。

DSC_8551 - コピー


 鴨川の流れには飛び石が設けられていてこれが人気で他府県の方々もわざわざここにきて跳んで写真を撮っています。
 誰が作ろうと思ったんでしょうねぇ。偉い人です。 こういう人こそ顕彰されなくてはいけません。

 二人の芸術系大学4回生が、卒業制作の一環として亀形の飛び石にラップのフィルムをかけてそこに模様を描いて「遊んで」いました。この様々な「遊び」の提案が二人のうちのお一人の卒業制作テーマなんですね。

DSC_8552 - コピー


 その学生お二人とこの方は既に以前からのお知り合い。
 杯も交わした仲だそうです。もっとも杯は紙コップだったそうですが。

 そしてこの方は、私が写真家の「川」さんに撮られているのを目撃していたそうです。

DSC_8554 - コピー


 先の女子大生お二人は、その写真家「川」さんのインスタのファンなんですって。
 それでインスタの主にあって大感激。

 「川」さんはすでに私に撮られていて、私の写真展にも足を運んでくれた人です。

DSC_8558 - コピー


 そういう訳でこの狭い京都の人の網がグッと絞られて今日何の因果か一堂に介したわけです。  
 盛り上がりましたね。
 今度一人一品持って来て楽しくやろうとか、じゃあ「今日の日本を語る青空教室をやろう。」「やってやって。」

DSC_8559 - コピー


 この方は私より少しばかり先輩ですが2万保以上歩いても平気な方で、今も元気に働いておられる。
 京都に出て来て半世紀の「カゴッマ」です。

 「鹿児島も雪は降るし積りはするけど、昔の京都の冬は寒くてこんなに深い雪が積もることもたびたびだったなあ。」と、手のひらを膝の高さに。「最近はそんなことないねえ。」
 「鹿児島には雪も降るけど灰も降るでしょう?」「そうなんだ、あれが厄介で・・。」「掃いてもハイテモ・・。」
 「やっぱりあんたは教養があるし話が旨いねぇ。ハイても灰てもか。」
 「・・・・・。」

 人の教養の高下の分かる人は教養の高い人ですよ。

DSC_8564 - コピー
  1. 2022/12/01(木) 00:00:05|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   陶芸家・三人展「縁」

 今日と高瀬川沿いにあるギャラリー「高瀬川四季AIR」で開催されていた陶芸家の三人展「縁」でお会いした若い作陶家さんです。
 今回「縁」有ってこの「三人展」のお一人になったそうです。

DSC06851 - コピー


 この三人の中の中心人物で千葉の作陶家さんの石井啓一さんとは旧知でしたので、ご紹介いただきました。
 石井さんがここでの2度目の展示会の時にお目にかかったのではないかと思います。
 まだ搬入のための梱包をほどいているときにその作業の様子を撮らせていただき、その写真は繰り返し彼のプロフィール写真として役立ててくれているそうです。

DSC06855 - コピー


 周囲を見渡すと公の場から退場される先輩たちの姿もあります。
 そうして新たにこうした若者が登場します。
 「ゆく川の流れは絶えずして・・・」  全く諸行無常ですよね。
 私自身はかろうじてまだ動いてはいますが、時間の問題です。

DSC06861 - コピー

 この人の様に作陶の学校を出てすぐにこういう機会を持つ人もいれば、私の様にリタイア後に何を思ったか「殿 御乱心」を遊ばす人もいるわけですね。


DSC06870 - コピー


 そういう色々な人々の綾と「縁」でこの世はできている訳で・・・。

 これからもよろしくというメールをいただきました。

DSC06876 - コピー

 

  1. 2022/11/30(水) 00:00:05|
  2. 陶器
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   人間交差点

 この日はα900を選んでしまった。
 というのも少し前に持ち出したときに案外ご機嫌が良かったからだ。
 ところがこの日はほとんど初めから症状が出て使い物にならなかった。
 この「撮ってもいいですよ。」と好意を示してくれた青年には申し訳ないことになった。
 これからは二台体制でない限り持ち出さないようにしようと心に決めた。

DSC06289 - コピー


 大変にたかなボリュームで音を出していたが、今日の狙いはそこにあったようだ。
 ずいぶん久しぶりに吹くので顎回りというか口回りの筋肉の負担が強く感じられるようだ。そうだろう、毎日毎日の練習で常に鍛えられているのならともかく、久しぶりでは辛いものがある。明日この人は食事に不便はないだろうか。
 しかし、そうしてしばらくぶりに好きな楽器を持ちだすにはそれ相応の理由があるはずだ。 私のα900も同じ・・・かな。

DSC06290 - コピー


 今日は曲を吹くというより「取り戻す」のが練習の狙いらしい。
 多分吹いているときにはかなり本格的にやっていたんでしょう。取り戻す地点が高いからちょっと好きな曲を吹いて満足するという訳にはいかないようです。

 写真を撮るときに「ロングトーンだけで撮った人もいましたよ。」というと、じゃあ僕もそれに近い形で、と。

DSC06297 - コピー


 この少し上流に エレクトリックバイオリン を弾いている人がいました。
 部屋で鳴らせないのでしょうかね。電源がないのでここでも小さな音でした。

 それに比べてこの人の音量は堂々たるものです。

 何か魂を吹き込むような音でした。

DSC06295 - コピー

 

 管楽器は呼吸で表現しますから、一層、肉体的でエモーショナルな音、音の連なりになりますね。
 そこが魅力的なんでしょうねぇ。
 私もやるならこれがいいですが、

DSC06298 - コピー


 人生の中に楽器がある、強い味方でしょうね。
 写真(カメラ)はどうなんでしょう。  今更なんですが。  音楽をやるとしたら、私には声しかないかな。でも今はすっかり呼吸器がおんぼろで、体力もシャッタ^ボタンを押すぐらいしかありません。


DSC06301 - コピー


 どんな思いを込めて吠えているんでしょうか。

DSC06306 - コピー


  1. 2022/11/29(火) 00:00:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   出町デビュー・二足の草鞋   Ⅱ

 レンズが85ミリですから下らねばなりません。
 下がればそこは流れの中。 どうするの。
 確かにズームレンズは便利なのですね。そういう意味で。


DSC_8232 - コピー


 お二人がかすかに声を出して歌うのですが、お二人ともきれいないい声をしています。
 
 周囲に人がいることに遠慮してでしょう、声を張らないので、余計に良かったのかな。

 夕暮れの空の色がいいですね。  右側の人の額にあたる光で夕陽の高さが分かります。

 この夕暮れの感じとお二人のちょっと意味の深い歌詞を優しく歌う声とがマッチしています。

DSC_8238 - コピー


 いい時間帯でした。

 DSC_8235 - コピー


 ISOを上げるとこういう写真になります。
 お二人の思い出にこういう写真も必要かなと思いながら。

DSC_8243 - コピー


 でもやっぱりこうなっちゃいます。

DSC_8240 - コピー


 明るく撮れるから明るく撮る。
 今はデジタルカメラの能力がすごいですから、つい自分がどうしようかということではなくて、撮ってしまいがちです。撮れちゃいますからね。

DSC_8245 - コピー


 選択肢を増やしてもらったと・・・そう考えましょう。

 DSC_8254 - コピー


 次回の写真展は、また音楽関係になると思いますが、この人たちの写真の中からも選べそうです。

 DSC_8272 - コピー


 青春の「靴」が中心。

 DSC_8277 - コピー


 

DSC_8273 - コピー
  1. 2022/11/28(月) 00:00:02|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   出町デビュー・二足の草鞋   Ⅰ

 出町柳の通称『デルタ』は京都の宝物でしょうね。

 神社仏閣、美味しい食べ物・・・そういうところに観光に行く人もいれば、少数でもここにわざわざ足を運ぶ人もいるようです。

 そして地元に住む人もここを好んで憩いの場にしています。

DSC_8218 - コピー

 
 声をかけて撮らせてもらえることになりました。
 この石垣の斜面の下は20センチから25センチほどの草の生えた平面があって、すぐに水面です。

 DSC_8223 - コピー


 若い時には若い時なりの運動能力、平衡感覚がありましたが、今は昔です。
 足元を念入りに確かめても危なっかしくて。  落ちても「年寄りの冷や水」を笑われるばかりでしょう。

DSC_8225 - コピー


 夕方の陽はますます西に低くなっています。
 西の空は白飛びしています。
 それでもここにしか立つ位置がなければ、ここから撮るしかないわけで。
 お二人は、「移動しましょうか?」と訊いてくれたのですが、「いえ、そのままで。」

DSC_8229 - コピー


 お二人は同じ学校のお友達(だと思います)
 今日が外での練習、なかんずく出町『デルタ』での練習・デビューだそうです。
 記念すべき日に写真を撮れました。 メジャーになったらこの写真は歴史に残るモノになりますよね。
 そして私の名は永遠に不滅に・・・・なるかな。

 DSC_8230 - コピー


 学んでいることは音楽とはちょっと遠いところにありますから「二足の草鞋」だと言っていましたが、今流に言えば「二刀流」。
 それを二刀流と言わないで二足の草鞋というところに好もしさを感じました。

DSC_8231 - コピー
  1. 2022/11/27(日) 00:00:04|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (281)
人物 (1583)
絵画 (310)
陶器 (63)
染色 (19)
工芸 (241)
雑貨・カード (29)
陶芸 (29)
伝統工芸 (220)
服飾 (37)
装身具 (42)
お店 (71)
音楽 (679)
瀋陽 (68)
モノづくり (24)
オブジェ (26)
料理 (31)
写真 (71)
書 (13)
状景 (21)
パフォーマンス (41)
版画 (5)
手作り市 (71)
働く人々 (58)
芸事 (2)
彫刻 (7)
伝統芸能 (7)
観光 (3)
芸術 (8)
美術 (7)
楽しいね (22)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR