FC2ブログ

素敵な人たちと

素敵な人たちと一緒に素敵な写真を撮ります。 なお写真のコピーはご遠慮ください。

素敵な人たちと  by 蒼樹   文人光画展にて   Ⅰ

 21日から「現代・文人光画展」が始まり、盛況の中推移しています。

 私は既に書いたように「アラウンド団塊世代±α 男たちの肖像」で参加しているのです。

 男ばかりの、しかも還暦を過ぎた・・・。

DSC00190 - コピー


 しかし、それが意外にも?好評でして・・・。
 
 アメリカからの3人の若者が熱心に見てくれていろいろお話しました(というと誤解を招くなあ・・・お話は対話として成り立っていたかどうか大いに疑問なんですが。  そのうちの一人と話していて、そこに別の一人が加わってきたときに「英語で話しても大丈夫なのか?」と尋ねると先ほどから話していた青年が「大丈夫で、話せるよ、この人。」というのです。私はその言葉に驚いて「ほんの少しだ。」と言葉と指の表現で大いに強調したsのです。案の定その後はボロボロでした・・・・。

DSC00193 - コピー


 私の写真をとても高く評価してくれて、・・・私の意識の準備が全くできていない方向から・・・・「この写真を買うことはできるのか?」と尋ねてくれました。
 そういえば清水寺での写真展でもそう聞いてくれる外国からのお客さんがありました。
 写真を対価を払って手に入れるという文化があるのですね。

 私の答えは「ノー」でしたが。  いや、そろそろ売ってもいいのかなあと思うのです。

DSC00204 - コピー


 今回41人が写真を出していて、しかも一人一人の点数が多めでしたから、なかなか見るのは大変です。
 一般の写真展では見ることのできない表現の写真も数多くあります。そこが魅力なんですけど。

DSC00210 - コピー



 それでおおむね一周してきたそのアメリカ青年のうちの一人に「どの写真が好みだった?」と聞くと目の前にあるヨーロッパの町の写真を指差して「これらと・・・・、そしてあなたの写真だ。」と言ってくれて、またうれしくなりました。
 別のちょっと長く話した青年も帰り際にとても素敵な笑顔で挨拶をしてくれて「グーッ」の合図を送ってくれました。

DSC00211 - コピー


 さて今日の写真は、清水寺の時に味をしめた「ポートレート写真を撮りませんか?」募集に応じてくれた方のものです。

 なんと長年にわたって中判カメラでスタジオ撮影をしてきたという御仁です。
 いやあ、手が震えます。

 最初の二枚はキヤノン 854ミリ f1.2 Lをα900に付けた時に起こる不思議な現象で生まれたものです。
 まるでソフトフォーカスフィルターを付けたような写真ですね。

DSC00216 - コピー


 この場所に二人で足を踏み入れた刹那にこの方が口にされたのが「ここは色が多すぎるなあ。」でした。

 さすが、その通りです。

 でも、こんな私に撮らせてやろうと思ってくれたこの人には大いに感謝です。

DSC00220 - コピー
  1. 2019/08/23(金) 00:00:33|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   京鹿の子  型彫り

 京鹿の子絞りという技術があります。
 着物地などを糸で縛って、その部分が染まらないようにして、多部分を染める技です。疋田絞り、帽子絞り、桶絞りなどがあります。

 そうした絞りの作業をするためには、どこにどのような絞りを施すかの設計図がなくてはなりません。

DSC00142 - コピー


 下絵を描き、その下絵に基づいてどこにどのような絞りを入れるかの印をします。
 そのためにこの型紙を彫って、洗えば落ちる染料で布地に印をするわけです。

DSC00154 - コピー


 この丸印のところはつまんで括る、びった絞りです。
 斜め45度で点を打たねばなりません。  45度でないと布の伸びが十分でなくて、布を塩梅よくつまめないのです。
 決して30度ではだめだ!と。

 下の写真の仕事は、こうした腺の形に絞ることを示します。

DSC00145 - コピー



それにしても迷うことなく点に「目打ち」を当てて打ち抜きます。
実に調子がいい。

DSC00162 - コピー


ここはご自身の工房ではありませんから机といい、下敷きを言い、本来のものではありませんのでやはり少々勝手が違うようです。
それに周囲に大きな音を響かせてはならないからと、いつもより緩衝のために厚い下敷きをしています。
こうした職人の仕事は手指腕への微妙な感触が影響します。
しかし、そこは長年の経験がものを言って・・・・。

DSC00168 - コピー
 



DSC00166 - コピー
  1. 2019/08/22(木) 00:00:12|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   筆の匠

 今日から、「第24回ファインド・アイズ京都 現代・文人光画展」が始まります。京都文化博物館5階にて10:00-18:00(最終日25日は17:00まで)

 この日までに、写真に撮らせていただいた人・1500名達成!!になったらいいなと漠然と考えていたのですが、昨日までに1490名でした。
 
 もっとも、冷静な予測としては10月に入らないと無理だろうな、11月の個展までには到達すれば、それはそれでいいかなくらいではあったのですが。

 今日、アップさせていただく方は手描き友禅の職人さんです。


DSC00119 - コピー


 この方は以前にも撮れせて頂いたことがあるような気がしますので、カウントはしません。

 この頃職人さんにはうっかり「初めまして・」とご挨拶すると「5~6年前に写真を撮ってもらいましたよ。」などと言われることがあって、「お久しぶりです。」の方が多くなってきているのです。

 私の記憶がどうも曖昧なので困ります。

DSC00128 - コピー


 この方は、友禅にかかわる以前には日本画の勉強をされたのだそうです。

 京都では京都市芸大がそうであるように日本画の伝統がかなり広く深く根付いています。

 そして一方には西陣織や友禅があります。

DSC00123 - コピー


 画家を志す人もなかなか世に出ることは難しですから、その間、こうした糸へん業界で下絵を描いたり、手書き友禅の職人になったりすることは珍しくないのです。
 扇子や団扇の絵などもありますしね。

DSC00133 - コピー


 この方もそういう経歴をお持ちです。

 それで西陣織や友禅の絵柄は・・・いわゆる芸術的な絵とはそのまま同じではないのですが・・・・非常に高度なものになっていったという一面があります。


DSC00134 - コピー


 親方や兄弟子の仕事を実際に見るのが一番よろしいなあ。
 弟子になったばかりの時は「あとは直しておいて(直すとは京都弁で片づけるという事です。)」と言われて、毎日毎日片付けや雑巾がけばかりさせられて、「なんでこんなことばかりせんならんのや。」とと辞めていくものも多かったけれ直す時に親方がどういう風に道具を並べているか、どういう道具を使っているか、水や絵の具うはどうかということをこの目で見られる。失敗したものも見ることができる。これだ一番の勉強やったな。」

DSC00138 - コピー


 言葉や文章で勉強するのには限界があって、やはりどうしても実際の制作の様子を毎日毎日見ることが大切だと言います。
 温度、湿度、生地の条件、絵の具の具合、混ぜ方、筆の使い方、性質、塗り重ねるのかしないのかなどなど制作の条件の組み合わせや実に多岐にわたり、その一つ一つを体験的に「盗む」ことなくして技能の向上はないとのことでした。

DSC00136 - コピー


 今は長い職人生活ののちに『絵を描く』道に戻られたそうです。
 
 ですから日本画の画家というわけです。ですが依然としてこの業界にはおられるのですから、今日はここにお座りです。

 この場では大作は描けませんからハガキに絵を描いておられますが、その筆さばきは実に見事です。

 そして最後に落款おおされるのですが、そこが画家ですね。


DSC00141 - コピー


  1. 2019/08/21(水) 00:00:34|
  2. 工芸
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと   by 蒼樹   夏の京都はお好きですか?   

 なじみのギャラリーを訪問しようと小さな交差点で右折の機会を待って停まっていると・・・・・。

 写真を撮っているお二人が「どうぞ、構いませんので通ってください。」と手で合図してくれました。

 お二人の撮影を邪魔しないために停まっていると思われたようです。

DSC00175 - コピー


 そういうことに気が付いて声がかけられると言うのは気持ちがいいですね。

 ただ私の場合は「写真撮っているなあ、どう撮るんだろう。」とか、「カメラ付携帯端末で撮っているなあ、せっかく浴衣を着たのにちょっと、もったいないなあ。」、なんて思いながら見ているのです。

 DSC00178 - コピー


 暑い中を走ってきているので早くギャラリーにたどり着いてホッとしたいなあという気持ちもありながら、つい撮ってあげたくなってしまうのです。
 私が撮ったからと言って何か特別な写真になるわけではないのですが、少なくともツーショットは自撮りで撮るよう第三者が撮ったほうが良いだろうと。

DSC00176 - コピー


 最近の浴衣はいろいろな、着方があるようですね。
 
 携帯用手持ち扇風機を持って歩く姿を見て、日本の女性の美しい姿が壊れると批判的な高齢男性の声を時々耳にし、目にしますが、そういう人からすれば、どうなっちゃってるんだとため息の一つも二つもつくような新し浴衣ルックが見られますね。

DSC00180 - コピー


 声をかけられたお二人は初め戸惑いを見せていましたが、・・・。

 DSC00183 - コピー



  撮った写真を背面液晶画面で見せてあげると「やっぱり綺麗ね、いいカメラで撮ると・・・。」ということでした。
 「いいカメラはやっぱり違うわ。」

 「・・・・・。」

DSC00186 - コピー


 まあ、アドバンテージはそこにしかありませんしね。

DSC00187 - コピー



 どうぞ暑い京都を楽しんでください。

DSC00185 - コピー
続きを読む
  1. 2019/08/20(火) 00:00:18|
  2. 人物
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

素敵な人たちと  by 蒼樹   はるばる来たよ 鴨川へ   Ⅲ

 8月も下旬に突入ですね。
 台風は来るし、五山の送り火は終わるし・・・・、すると京都はもう秋の準備です。
 
 これからは残暑との戦いですが、明日には「第24回ファインド・アイズ京都 現代・文人光画展」の搬入です。ですから冷房の効いた建物の中でこれからの一週間が過ぎていきます。
 今回の出品作への来場者の反応はどうでしょうか。 仲間内では、「へぇ~、今度はこう来たか?!」ぐらいの反応はあるんじゃないかと期待しています。
 会場は京都文化博物館の5階です。お近くの方は是非お立ち寄りください。

 DSC05033 - コピー


一人ずつも撮ってほしいと言われて、撮りました。
 昨日の方は楽器を手にして、ほんの少しポーズした写真でしたが、私はやはりこういう風にして「演奏=音を出している」のを撮る方が好きですね。 あくまで私の好みです。用途とは別の。
 
 「吹いていてください。」とお願いしました。


DSC05045 - コピー


 吹いていたら口元や眉根がゆがみます。
 他の楽器の方も多かれ少なかれそうなります。
 けれどそれだ「演奏者としてのこの人」の姿ですから、こちらがいいな。

DSC05050 - コピー


 
 たまたまの出会いですが「良い出会いになってうれしい」と言っていただけると、こちらもとてもうれしいです。

 前回こちらに来て練習した際にもカメラをもった方が近づいて来て、撮ってくれましたとのことでした。

DSC05052 - コピー


 鴨川には絵を描く人、楽器の演奏する人、走る人、日光浴をする人、よさこいの練習をする人……そして写真を撮る人も。
 実にたくさんの目的を持った人が来ています。
 
 こういう場所は実に貴重ですね。

  
DSC05054 - コピー


 
  1. 2019/08/19(月) 00:00:56|
  2. 音楽
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

soujyu2

Author:soujyu2
 人はいろいろな場所で様々な思いを抱いて頑張っています。そんな人々の素敵な表情を追いかけてみようと思います。
 「素敵な人たちと」の出会いが私をワクワクさせます。

People hold various thoughts and are doing their best at various places.
I think that I will pursue such people's great expression.
Encounter of "nice people"
excites me.


 大変恐縮ですが、無理をお願いして撮らせていただいている写真です。ご本人のためにも無断でのコピー、転載は固くお断りします。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (151)
人物 (1234)
絵画 (252)
陶器 (57)
染色 (19)
工芸 (154)
雑貨・カード (29)
陶芸 (27)
伝統工芸 (197)
服飾 (36)
装身具 (41)
お店 (44)
音楽 (378)
瀋陽 (68)
モノづくり (15)
オブジェ (22)
料理 (28)
写真 (49)
書 (12)
状景 (17)
パフォーマンス (34)
版画 (3)
手作り市 (58)
働く人々 (33)
芸事 (1)
彫刻 (7)
伝統芸能 (5)
観光 (3)

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR